研究者がアフリカで20億年前の原子炉を発見

ancient-code.comより

20億年前、アフリカのウラン鉱床の一部が自発的に核分裂を起こした。

1972年、核燃料加工工場の作業員が、アフリカの鉱物から採取したウランの定期分析で、ある不審な点に気がついた。最も多いウラン238、最も少ないウラン234、そして連鎖反応を起こすウラン235である。フランス原子力庁(CEA)の専門家たちは、数週間にわたって困惑を隠せなかった。

地殻の中の他の場所、月、そして隕石の中にも、0.720パーセントしかないウラン235の原子を見つけることができるのです。しかし、西アフリカの旧フランス植民地ガボンのオクロ鉱床から採取したサンプルを分析したところ、ウラン235はわずか0.717パーセントしか含まれていなかったのである。このわずかな差に、フランスの科学者たちは「この鉱物は何か変だ」と感じた。遠い昔に200キログラムほど採掘されたようだが、今では核爆弾が6個も作れる量である。やがて、世界中から研究者や科学者がガボンに集まり、オクロのウランがどうなっているのかを探りました。



オクロで発見された資源は、そこに集まったすべての人を驚かせた。ウランの起源となった場所は、現在の科学知識の能力をはるかに超えた高度な地下原子炉ではないだろうか。この古代原子炉は約18億年前のもので、遠い過去に少なくとも50万年以上稼働していたと研究者は考えている。科学者たちは、このウラン鉱山で他にもいくつかの調査を行い、その結果を国際原子力機関(IAEA)の会議で発表した。アフリカの通信社によると、鉱山内のさまざまな場所で核分裂生成物や燃料廃棄物の痕跡を発見したという。

この巨大な原子炉に比べれば、現代の原子炉はデザイン的にも機能的にも比較にならない。研究によると、この古代の原子炉は数キロメートルの長さがあったそうです。興味深いことに、このような大きな原子炉の場合、環境への熱影響は側面でわずか40メートルに制限されています。さらに驚くべきことは、放射性廃棄物が、この地域の地質のおかげで、いまだに敷地の外に出ていないことである。



驚くべきは、副産物であるプルトニウムが生成され、核反応そのものが緩和される形で核反応が起きていたことである。これは原子科学の "聖杯 "といわれるものだ。反応を穏やかにするということは、いったん反応が始まれば、破滅的な爆発やエネルギーの一挙放出を防ぐ能力をもって、制御された方法で出力パワーを活用することが可能であることを意味する。

研究者たちは、オクロの原子炉を「天然原子炉」と呼んでいるが、その真実は通常の理解をはるかに超えている。この原子炉の実験に参加した研究者の中には、遠い昔、約18億年前に鉱物を濃縮して、自然に連鎖反応を起こしたと結論付けた人もいる。また、現代の原子炉が黒鉛のシャフトを使って冷却し、臨界状態になって爆発するのを防ぐのと同じように、水を用いて反応を緩和していたことも分かった。これらはすべて、「自然界に存在する」ものである。



しかし、元米国原子力委員会委員長で、重元素の合成でノーベル賞を受賞したグレン・T・シーボーグ博士は、ウランが反応で「燃える」ためには、条件がぴったり合っていなければならないと指摘する。例えば、核反応に使う水は極めて純度が高くなければならない。例えば、核反応に使う水は極めて純度が高く、数ppmの汚染物質でも反応を停止させる "毒 "になる。問題は、そのような純度の高い水は世界中どこにも存在しないことだ。



何人かの専門家は、オクロの原子炉の素晴らしさについて、地質学的に推定されるオクロ鉱床の歴史の中で、自然の核反応を起こすのに十分な量のウラン235が存在した時期はなかったと述べた。遠い過去にこれらの鉱床が形成されたとき、U-235の放射性崩壊が遅いため、核分裂可能な物質は鉱床全体のわずか3%であり、数学的に言って核反応を起こすには低すぎるものであったと思われる。しかし、不思議なことに核反応は起こり、元のウランは自然界に存在するものよりはるかにウラン235が豊富であったことが示唆された。

https://www.ancient-code.com/researchers-discover-a-2-billion-year-old-nuclear-reactor-in-africa/
1154 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧