ワクチン未接種の方が自動車事故を起こしやすいという新研究 - 批判的な研究結果は「ジョーク」と呼ばれる

2022-12-26

naturalnews.comより

COVID-19の予防接種を受けないことを選択した人は、予防接種を受けた人よりも交通事故に遭うリスクが大幅に高く、未接種の人の保険料が高くなることを正当化できる可能性があることが、今月The American Journal of Medicineに発表された研究により明らかになりました。

(記事はChildrensHealthDefense.orgから再掲載)

この研究では、ワクチン未接種であることが交通事故を引き起こすということは発見されなかった。その代わりに、研究者は、"ワクチンをためらう "人々が "基本的な交通安全のガイドラインも無視するかもしれない "という心理的な理由があると仮定しています。

看護教育者のジョン・キャンベル博士やコメディアンで政治評論家のラッセル・ブランドは、この研究の欠点を指摘し、このような研究を行う動機に疑問を呈し、問題を提起した批評家の一人である。

また、もっと率直な意見もあった。ロンドン大学クイーン・メアリー校のノーマン・フェントン教授(リスク情報管理学)は、同誌が「愚かさの研究」を発表したことを非難した。

カリフォルニア大学サンフランシスコ校の血液腫瘍学者Vinay Prasad博士は、次のようにつぶやいた。

https://twitter.com/VPrasadMDMPH/status/1602867298414432256?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1602867298414432256%7Ctwgr%5E3cc1f61e935bd426350d26d69414888c6a90975f%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.naturalnews.com%2F2022-12-24-study-claims-unvaccinated-likely-to-crash-cars.html


研究者たちは、因果関係ではなく、相関関係を調査しました。

本研究の著者らは、2021年7月31日時点で84%がCOVID-19ワクチンを受けており、16%が受けていないオンタリオ州医療センター178施設と1120万人を超える住民の暗号化された政府データを分析しました。

研究コホートのうち、研究者が分析した1カ月間に、運転手、同乗者、歩行者のいずれかで重大な交通事故に巻き込まれたため、6,682人が救急医療を必要としました。

ワクチン未接種者は交通事故の25%(1,682件)を占め、ジャブを服用した人と比較して事故のリスクが72%増加したことになる。

年齢、性別、社会経済的地位、その他の病状などの変数を調整すると、ワクチン未接種者の相対的リスク増加は48%に減少した。

研究者たちは、この発見は重要であると述べている。「この大きさの相対的リスクは...現代の自動車工学の進歩による安全性の向上を超えており、他の道路利用者にもリスクを課すことになる」。

著者らは、この研究はワクチン未接種であることと危険な運転との間の因果関係を調査・実証したものではないとしながらも、見出された相関関係の原因としていくつかの可能性を提唱している。

彼らは、"ワクチン接種の嗜好と交通リスクの増加の両方に寄与する政府への不信感や自由への信奉 "があるのではないかと考えた。

その他の説明として、研究者は、"日常のリスクに対する誤解、自然の保護に対する信仰、規制に対する反感、慢性的な貧困、誤った情報への暴露、資源の不足、またはその他の個人的な信念 "があるかもしれないと述べている。

著者らは、「COVIDワクチンの接種をためらうことは、交通事故のリスクの有意な上昇と関連している」と結論付けた。これらのリスクを認識することで、より多くのCOVIDワクチン接種を促すことができるかもしれません。」

これはおかしな話だ

この研究の完全な分析を行ったキャンベルによれば、研究者は発表したデータの数々の限界に対処していないとのことである。

ワクチン投与の専門家であるキャンベルは、「これに対する明白な反応は、まあこれはおかしな話だ、それはそうだが、しかし・・・(その)証拠は解きほぐされる必要がある」と述べている。

研究期間中、ワクチン未接種者は運転する機会が多く、したがって事故のリスクも高いが、この研究では走行距離の差は考慮されていない。

カナダでは、2021年の多くの期間、ワクチン未接種の人は公共交通機関を利用できなかったので、より多く運転せざるを得なかったと思われる。通勤しなければならない非医療環境の必須労働者は、COVID-19の発生率が高く、ワクチン接種率が低い地域に住んでいた。ワクチン接種を受けた人は、遠隔地で働いているか、退職している可能性が高かった。

事故に遭った人が「危険な運転」をしていたという研究結果とは逆に、実際にはほとんどのケースが同乗者や歩行者であった。6,682件の事故のうち、ドライバーは2,856件に過ぎず、1,189件は同乗者、2,637件は歩行者で、運転行為に起因する事故ではなかったのだそうです。

キャンベルは、この研究では、ワクチン接種後14日間は未接種と分類していると報告した。

研究期間が1カ月しかなかったことを考えると、ワクチン接種を受けた人は、最大で研究期間の半分の期間、ワクチン未接種と特徴づけられた可能性がある。このように602人が誤判定された場合、2群間の差は消失する。

現場での死亡はすべて除外した。もし、心臓やその他のイベント-ワクチンに関連する可能性がある-が事故の原因となっていたとしても、それは研究に含まれなかった、とCampbellは述べている。

統計的な重大な欠陥があるため、研究は「ジョーク」になっている

英国オックスフォード大学クイーンズカレッジのクレア・クレイグ博士は、ツイッターのスレッドで、この研究を「ジョーク」と呼び、統計学上の大きな欠陥を指摘した。

研究者たちは、事故後に病院に行った人の数と、政府の予防接種データベースの人数という2つのデータを比較したため、ワクチン未接種の人を過小評価してしまった。彼らは、政府の予防接種データベースにないワクチン未接種者を考慮していない、とCraigは述べている。

クレイグによれば、ワクチン未接種の人々の数が少ないと、測定したすべての症状について、ワクチン未接種の人々が一貫して高いリスクを負っているように見えるため、数値が歪んでしまったとのことである。

彼女はこう結論づけた。

https://twitter.com/ClareCraigPath/status/1602650826278932481?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1602650826278932481%7Ctwgr%5E3cc1f61e935bd426350d26d69414888c6a90975f%7Ctwcon%5Es1_&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.naturalnews.com%2F2022-12-24-study-claims-unvaccinated-likely-to-crash-cars.html


健康データとバイオディジタルサーベイランスの台頭

研究の脚注によると、研究者は臨床評価科学研究所が保有する大規模な政府データセットにアクセスし、ワクチン接種状況と社会経済情報、詳細な医療記録、その他のデータを関連付けてリスク分析を行ったという。

彼らは、"観察されたリスクは、将来的にドライバーの保険政策の変更を正当化する可能性もある。"と結論付けています。

ProPublicaの最近の調査によると、健康保険会社は、個人単位で保険料を決定するために、膨大な情報を収集するようになってきているとのことです。

ProPublicaはこう報じている。

「健康保険業界はデータブローカーと手を組み、何億人ものアメリカ人の個人情報を収集している。

「これらの企業は、あなたの人種、教育レベル、テレビ習慣、婚姻状況、純資産を追跡している。ソーシャルメディアへの投稿、請求書の遅れ、オンラインでの注文などを収集しています。

「そして、この情報を複雑なコンピューターアルゴリズムに送り込み、あなたの医療費がいくらになるかという予測を吐き出させるのです」。

医療提供者が保護された患者情報を開示することを禁じる医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律(HIPAA)の狭い範囲外の企業(データブローカーから生理日追跡アプリまで)は、外科手術に関する情報から精神状態の情報まで、人々の健康関連情報を合法的に売ることができるし、実際にそうしているのだ。

このような行為は、病人への保険適用を避けることで業界の利益を高めることにつながる。

しかし、こうした行為は、人々の個人データの大量収集とデジタルIDの作成を通じて、デジタル監視と統制を目指すより大きな流れの一部でもある。

デジタルIDの計画は数年前からあったが、パンデミック時に牽引役となった。

2016年にマイクロソフト・アクセンチュア、プライスウォーターハウスクーパース、ロックフェラー財団、シスコ、Gavi(ゲイツ財団が設立したワクチン同盟)からの種銭で設立されたID2020アライアンスは、2030年までに世界中の人々にデジタルIDを提供するというミッションを掲げ、「デジタルIDに対する倫理的、プライバシー保護的アプローチ」を支持する提唱を行っていると主張している。

デジタルIDは、生体情報、人口統計情報、医療記録、教育データ、財務データなどと結びつけられることになる。

今年、ビル・ゲイツ氏は、世界のデジタルIDプロジェクトにさらに2億ドルの資金援助を行うことを発表した。

COVID-19の大流行以前から、これらの団体はデジタルIDを拡大する方法として、健康や予防接種の記録を利用することを提唱し、ダボスの世界経済フォーラムでもこのアイデアを推進しました。

政府はすでに、人々の健康データを使って行動を操作し始めている。1月、ケベック州はワクチン未接種の人々に多額の「健康税」を課す計画を発表した。パンデミック時には、公共スペースへの出入りに「ワクチンパスポート」が広く要求された。

先月、20カ国・地域(G20)首脳は、国際旅行におけるワクチン接種の証明に関する世界標準を推進し、既存のデジタルCOVID-19ワクチンパスポート方式を基盤とする「グローバルデジタルヘルスネットワーク」の確立を求める共同宣言を発表しました。

ワクチンパスポート、デジタルID、社会的信用システム、中央銀行のデジタル通貨を合わせると、デジタル制御のシステムを形成できると、コンピュータ科学者のアマン・ジャビはZeeMediaとの最近のインタビューで説明しています。このようなシステムは、監視カメラやスマートデバイスを通じて収集されたデータ、そして日常的な取引に利用されつつあるバイオメトリックデータに依存しています。

ブランド氏によると

"だからこそ、商業や利便性のプロセスを通じて、中央集権的なビッグテック・リソース-ご存知のように政治や政府機関と深く介在している-に、あなたのデータをさらに集める能力を与えるような新しい技術が導入されるのを、私たちが再び目にするのは、より一層懸念すべきことなのです"。

この研究の結論について警告し、彼はこう続けました。

「ある意味、予防接種を受けなかった人が交通事故を起こしたという話が、ワクチンの有効性に関する新たな調査が行われる一方で、私の記憶では、かなり積極的に推進されていたのですが、それは、たとえ彼らが最終的に他のサービスを提供すると言っていても、データ収集組織の腕の中にズボンを下げて堂々と行進してはいけないということなのでしょう。

「このようなビッグテック・プラットフォームやデータ取得の大手企業は、政府と連携して、自分たち以外には何の得にもならない議題を推進していることを示唆する十分な証拠があるのです」。

詳しくはこちらで。ChildrensHealthDefense.orgをご覧ください。


https://www.naturalnews.com/2022-12-24-study-claims-unvaccinated-likely-to-crash-cars.html


このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1310 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧