グレタ・トゥンベルグ資本主義体制の転覆を表明

2022-11-06

thelibertybeacon.comより

気候活動家のグレタ・トゥンベルグは、完全に仮面を外し、「資本主義システム全体」の転覆を呼びかけている。
トゥンベルグは、日曜日の夜、ロンドンのロイヤル・フェスティバル・ホールで、彼女の新しい「気候本」の宣伝のために出演した際に、この過激な発言をした。


以前は、彼女は5フィートの人間警鐘、気候カサンドラとして売られていました。彼女の役割は警告することであり、指示することではなかった。彼女の最も有名な瞬間は、政治指導者に取って代わろうとするのではなく、彼らを叱ることであった。彼女は、「私とは関係ない」と言いながら、プログラムの詳細を頑なに避けていた。しかし、今、彼女はステージ上で、そして本書で、自分の政治的足場を見つけた。特に、反資本主義、脱成長という左翼のイデオロギーである。

政治指導者に圧力をかける必要があるというお決まりの指示の中に、彼女のメッセージはこれまでよりも過激で、より戦闘的なものであった。元に戻る」ことはない、と彼女は言った。「通常」とは、「植民地主義、帝国主義、抑圧、大量虐殺」、「人種差別、抑圧的な抽出主義」のシステムであり、気候危機をもたらした「システム」である。気候の正義はすべての正義の一部であり、他を抜きにしては成り立たないのです。このシステムによって生み出されたエリートが、その欠陥に立ち向かうことを信じることはできない。だからこそ、リシ・スナックと同様に、彼女も今年のCOP会議には参加しないのだろう。COPそのものが、「グリーンウォッシング、嘘、不正」を助長する「詐欺」に過ぎないのです。資本主義システム全体」の転覆だけで十分なのだ。

さて、いよいよサンバーグ主義の輪郭が見えてきた。The Climate Bookの寄稿者を見れば、彼女が誰を読んでいるかがわかるだろう。ジェイソン・ヒッケル、ケイト・ラワース、ナオミ・クラインなどだ。この人たちにとって、気候危機は人為的なものではないのだ。社会を苦しめる他の社会的不公正と同様に、資本主義が作り出したものなのだ。GDPの成長、特に資本主義的な成長は、炭素排出の増加なしにはありえない。この非常事態に対する唯一の解決策は、豊かな国々が社会的な目標としての経済成長を直ちに放棄することである。


以前にも紹介したように、気候変動問題は、過激な左翼主義をより受け入れやすい形にしたものに過ぎない。

現在、その分派であるジャスト・ストップ・オイルがロンドン中の道路を封鎖する活動に従事しているエクティンクション・リベリオンの共同創設者は、自らの言葉で、自分の運動は "気候のためではない "と認めている。

2019年、スチュアート・バスデンはMediumに投稿した長文の記事で、極左環境主義者の行動集団の真の目標を明らかにした。

バスデンは、気候の問題が存在するとしても修正することはできず、代わりに西側資本主義のシステム全体を引き裂くことに運動の焦点を合わせるべきだと主張した(世界最大の汚染国である中国については一度も触れられていない)。

彼は、過去600年間、世界中に「残酷さ」と「暴力」を広げ、「拷問、大量虐殺、殺戮、苦痛」を地の果てまでもたらしたのは「ヨーロッパ文明」のせいだと主張した。

バスデンは次に、この状況の原因となる数々の「妄想」を挙げた。「白人至上主義」、「家父長制」、「階級制度」(「絶滅の反乱」の抗議者のほとんどが、労働者階級に不便と損害を与えるだけの中流階級の俗物であることからすると奇妙な話だ)などがそれである。

ヘテロセクシズム/ヘテロノルマティヴの妄想は、異性愛が『正常』であり、他の性表現が逸脱しているという考えを広める」とバスデンは書いている。

つまり、気候の問題ではなく、西洋を崩壊させ、その象徴であるすべてを悪夢のような極左のアイデンティティ政治狂の全体主義に置き換えることなのだ。


https://www.thelibertybeacon.com/greta-thunberg-overthrow-of-whole-capitalist-system/
573 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧