無肥料、無食糧。化石燃料の世界的な停止は飢餓地獄への最短距離 - 無知な左翼のための基本的な化学のレッスン


naturalnews.comより

人工的な食糧不足は、飢饉や飢餓、社会不安を引き起こすことによって、地球全体の過疎化を達成するための武器である。

世界的な飢饉を実現する最も手っ取り早い方法は、肥料の供給を絶つことです。肥料がない=食べ物がない。

そして、肥料生産を停止させる最も手っ取り早い方法は、化石燃料を窒息させることである。

太陽エネルギーを直接肥料に変えることはできない。直接の変換ができないのです。一方、天然ガスやその他の化石燃料は、非常に効率的な方法で直接肥料(当初はアンモニア)に変換されるため、「グリーン」エネルギーとは比較にならない。それが "ハーバープロセス "と呼ばれるものだ。

N2(窒素)+CH4(天然ガス)=アンモニア(NH3)

N2(窒素)は、大気中の空気から採取する。大気は約78%が窒素なので、窒素は大気中に容易に存在する。

このアンモニアに二酸化炭素を加え、肥料として重要な尿素を生産します。

NH3(アンモニア)+ CO2(二酸化炭素)= CO(NH2)2(尿素)。

次に、アンモニアと酸素から硝酸が生成される。

NH3(アンモニア)+ O2(酸素)= HNO3(硝酸)。

最後に、この硝酸とアンモニアを合わせて、肥料となる硝酸アンモニウムがつくられる。

HNO3(硝酸)+NH3(アンモニア)=NH4NO3(硝酸アンモニウム)。

この化学反応は、現在の人口を維持するために最も重要な化学反応である。

N2(窒素)+3H2(水素)=2NH3(アンモニア)

つまり、化石燃料(天然ガス)の水素と結合させることで、空気を肥料に変えているのである。この反応は温度450℃、圧力200気圧で行われるため、成功させるためには大がかりな設備とエネルギー投入が必要となる。

https://www.youtube.com/watch?v=1_HoWz5Kxfk


約38億人の人々がこのプロセスに依存して生活している。このプロセスがなければ、現在の人類の人口を維持することは不可能である。したがって、世界人口の約半分を殺すには、ハーバー法で使用する炭化水素を供給する化石燃料を制限すればよいのである。

肥料を生産するのに必要なのは、天然ガスと大気中の空気である。天然ガス(CH4)をソーラーパネルや風力発電で置き換えることはできない。なぜなら、太陽エネルギーはCH4を発生させないし、風力エネルギーも同様だからだ。この化学反応には、実は重要なインプットとして化石燃料が必要なのです。



科学的事実:「グリーン」エネルギーの名の下での化石燃料の世界的な停止は、世界の飢饉と社会的崩壊をもたらす。

重要なのは、「グリーン」な未来を目指すと主張する科学的に無知なグローバリストによって、石炭、石油、その他の化石燃料が圧迫されると、肥料生産に使われる天然ガスを含むすべての化石燃料が不足し価格インフレが起こるということだ。

昨日、COP26のグローバリスト会議から、40カ国が今後数年間で「石炭を段階的に廃止する」ことを約束した。これは、地球全体のエネルギー不足を招き、世界的な飢饉をもたらすことが確実視されている。

実際、北半球が冬に向かう中、すでに地球を悩ませている現在のエネルギー不足は、北米、ウクライナ、西ヨーロッパ、中国、インド、中東の国々で停電が予想されており、まさに自殺行為を行うグローバリスト「リーダー」が「グリーン」エネルギーの名の下に化石燃料のインフラを停止させた結果なのである。

グリーンエネルギーは、電力を生で消費するという点では確かに電力網に貢献できるが、肥料を生産するためのハーバープロセスに取って代わることはできない。

したがって、化石燃料のインフラが停止すれば、肥料の生産も停止する。

ドイツ最大の肥料メーカーであるSKWピーステリッツ社は、「今、到達した(価格)水準は、もはや経済的に健全な生産を可能にしない」と述べている。オーストラリア、アメリカ、イギリス、その他多くの国々でも肥料生産が停止している。全てはグローバリストの「グリーンエネルギー」政策によるエネルギー不足から来る天然ガス価格の上昇のためである。

Bloomberg.comより。

CF Industries Holdings Inc.は水曜日に、天然ガス価格の高騰のためBillinghamとInceの製造施設の操業を停止し、生産再開の目処は立っていないと発表した。ヨーロッパのガスと電力の先物は、エネルギー集約型産業が消費を抑制している兆候を受け、木曜日に急落した。

危機は深刻な経済的影響を及ぼす可能性がある。ゴールドマン・サックス・グループによれば、価格の高騰はこの冬の停電のリスクを露呈している。停電になれば、エネルギー価格はさらに上昇し、インフレの懸念が強まり、企業がすでに負担している原材料費の上昇に拍車をかけることになりそうだ。

ブルームバーグ・インテリジェンスのアナリスト、アレクシス・マックスウェルによれば、CFにとって、主に硝酸アンモニウムを生産するこれらの工場の操業停止は、生産量の減少をもたらすという。他の生産者が追随する懸念が高まるため、より大きな影響を与えるのは世界の肥料価格だろう、と彼女は言う。

肥料価格はすでに高く、農家は土地や種子、設備などあらゆるものに対してより多くの費用を支払っているため、さらに高騰している。生産コストの上昇は、さらなる食料インフレの到来を意味するかもしれない。

BMOキャピタル・マーケッツのアナリスト、ジョエル・ジャクソンは報告書の中で、「ガス価格が落ち着くまで、今後ヨーロッパ中の窒素や化学物質の生産がもっと休止しても驚かないだろう」と述べている。

2022年の食糧不足の大災害は、すでに"焼き増し"されている

2021年に肥料生産が停止するため、2022年の作物生産の壊滅的な損失はすでに決まっている。それを止めることはできない。私たちは、2022年に食糧不足が、棚が空っぽになり、食糧インフレになる現状をはるかに超えて加速することを目の当たりにすることになるでしょう。

2022年に世界的な食糧暴動が発生し、一部の国では食糧不安(飢饉)と飢餓が増加すると予想されます。

エンジンによる世界規模の輸送サプライチェーンの逼迫は、この動きをさらに悪化させ、生産が可能であっても、肥料の配送に長い遅れが生じることになる。

電力網の故障は、肥料生産工場に強い影響を与える。なぜなら、肥料生産を行うためには、現地の電力網が機能していることが絶対に必要だからである。

ワクチンの義務化は、犯罪政府が労働者を締め出し、労働力がフルに機能することを妨げるので、崩壊の一因となるでしょう。

最終的な結果は、世界的な食糧暴動、飢饉、飢餓、社会不安、混乱である。もちろん、これはすべて意図的なものだ。なぜなら、世界のグローバリスト政府は人類に宣戦布告し、人類に対する大量虐殺のキャンペーンを実行しているからである。

詳しくはBrighteon.comのSituation Updateポッドキャストで。

Brighteon.com/3ad9c05d-86cb-434b-93a1-a7b4f62ef8ce


https://www.naturalnews.com/2021-11-05-no-fertilizer-no-food-global-shutdown-of-fossil-fuels-the-quickest-way-to-starvation-hell-basic-chemistry-lesson-for-ignorant-leftists.html
163 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧