グレート・リセット後の生活を垣間見る衝撃 - 世界経済フォーラムの計画

2022-09-23

tapnewswire.comより

エリートは、何を食べるか、どこに行くか、週に何回シャワーを浴びて下着を洗うことが許されるかまで、生活のあらゆる側面に口を出すことを望んでいる。

世界経済フォーラム(WEF)は、パンデミック後の世界経済を作り直すというグローバリストのな計画である「グレート・リセット」後の生活を強調した、驚くべきプロパガンダ・ビデオを公開した。

ビデオの公開は、スイスでひっそりと開催されたWEFと国連総会の"持続可能性"に関するサミットに続くものだ。長年の懸案であった"気候"に加え、世界の税制の変革、新たな"合法的"移民ルートの構築などが話し合われた。

彼らの過激なサミットの中心的な目標は、人々が所有物を持たず、薬で満腹になり、超技術的でデジタルにネットワーク化された「スマートシティ」と衣服の中で実験室で作られた肉を食べるまで、あらゆるレベルで世界を再編成することであった。

WEFは、人々がどのように世界の再設計に協力するかを強調した、短くて奇妙な、気分を良くするビデオを作成した。タブレット端末のおかげでメタンガスを吐かなくなった牛、気候変動と戦うために試験管で作られたヒトデ、アフリカの森林再生に使うドローン、コンクリートを安定させるための人間の血液からの酵素、環境を救うための貧しい衛生状態など、さまざまな動画がある。

WEFはまた、さまざまな病気に対する新しいmRNAワクチン接種を推進した。さらに、24時間体制の監視、衣服のデジタルID、人工食品とコーヒーなどを謳った。

「気候にやさしい」住宅
「スマートシティ」がまだ少し先の話かもしれない発展途上国では、3Dプリンターで作る「気候に優しい」住宅から始めるのがよいだろう。このビジネスアイデアは、誰の役に立つのでしょうか?アフリカの農民は、おそらくそうではないでしょう。

プライベートジェットを所有し、頻繁に飛行機を利用するクラウス・シュワブや彼のWEFの友人たちも、環境に配慮していることはユーモラスです。しかし、対策は常に市民から始めるものであり、このような提案や要求を出す人たちは、模範を示さないことが目立ちます。


クラウス・シュワブから学ぶ洗濯のコツ
ジーンズは月に一度、セーターは二週間に一度、パジャマは週に一度しか洗濯してはいけないというのだ。ただし、下着だけは例外で、シュワブのお墨付きで、使うたびに洗ってもよいことになっている、とWochenblickは報じている。


牛が外でゲップや排尿をすることができなくなりました。
WEFは、オランダのRoyal DSM NVが製造する飼料添加物Bovaerを牛に与え始めさせたいと考えています。Bovaerを1日にティースプーン1/4杯与えるだけで、乳牛のメタン排出量を3分の1に減らせる、とWEFは主張している。これは、農業が気候に優しく、かつ経済的に依存できるようになるはずです。



より多くの"自発的"な遺伝子注入を
WEFは、mRNA技術を用いたModerna社のHIV「ワクチン」のヒト臨床試験を推進している。これは、同社の「Covid-19注射」で成功した技術と同じものであると自慢している。WEFは質問を投げかけた。「mRNA技術は他にどんな病気を防ぐことができるのか?」近いうちに、現実のものであれ想像上のものであれ、あらゆる病気に対する「任意の」遺伝子注射が行われるようになるかもしれないのである。


実験室から生まれた人工食品
神を演じられる時はいつでも、WEFは燃えている。グローバリストたちは、海の生態系を「安定化」させるために、遺伝子組み換えのヒトデやサンゴを実験室で具体的に繁殖させるプロジェクトを祝っている。


今、ウニを取り、その内臓を珍味として寿司にすることができる。それは単なる幻なのだろうか?なぜなら、同時にWEFとビル・ゲイツ&カンパニーは、いつか世界を養う人工肉の研究をしているからだ。しかし、実験室で作られた肉を待っている間、私たちは虫を食べるように勧められている。

WEFは、小規模農家の生活を破壊しながらも、森林伐採を削減するためにラボ栽培のコーヒーを推進しています。

WEFの新しい世界では、人間が食べる動物は実験室で作られた食物を与えられるべきである。彼らはまた、あなたのペットも実験室で作られた食物を摂取すべきであると考えている。

自己修復型コンクリート
世界経済フォーラムは、建設業界のための新しい奇跡の武器、"自己修復型コンクリート "を宣伝している。 このコンクリートには、人間の血液から作られた酵素が含まれている。


24時間対応のサーベイランス
WEFは、表向きは地球を救うために、インテリジェントドローンを世界中に配備したいと考えている。コロナウイルス危機の間中、政府がドローンを使って「コロナ違反者」を追跡していたのは偶然ではないだろう。つまり、中国ですでに起こっているように、人々を監視するために使われる可能性があるのだ。

衣服の追跡は地球を救うとWEFは主張している。グローバリストが全ての人と物を追跡できれば、世界はより良くなると信じていいのだろうか?グレート・リセットとは、エリートがあなたの生活をよりコントロールできるようになることを意味する。


https://tapnewswire.com/2021/11/shocking-glimpse-into-life-after-the-great-reset-world-economic-forums-sinister-plans/
480 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧