木星の新しいウェッブ写真には、長さ1,000マイルを超える母船が写っているのか?


exopolitics.orgより

WRITTEN BY DR MICHAEL SALLA ON AUGUST 1, 2022.

2022年7月27日、ジェームズ・ウェッブ宇宙望遠鏡は、木星の大赤斑を赤外線カメラの1つを使って撮影した画像を公開した。画像には、木星大気圏の上空に浮かぶ、長さ1000マイル以上と思われる円筒形の物体が写っている。この画像は、巨大な宇宙船が最近太陽系に到着し、木星の近辺に停車したという主張を裏付けるものである。

Space.comは、木星の新しいウェッブ画像を公開した最初の報道機関のひとつで、この画像が近赤外線カメラで撮影されたことを説明している。大赤斑に加え、ウェッブはガス惑星の大気中のバンドも研究していた。しかし、ウェッブ画像には、大赤斑の方向に直接たどることができる、非常に大きな円筒形の物体も捉えられていた。

その物体は、巨大赤斑と同じようにフィルターで白く見えています。また、木星に非常に近いところにあるようで、長さが数千マイルに及ぶと推定される。もしこの天体が、地球から100万マイル離れた太陽に面したウェッブ望遠鏡の近くにあるとしたら、その天体の本当の大きさを推定することは難しくなるでしょう。重要なのは、この天体が、木星の帯を構成するどの小天体とも、巨大な赤斑の近くとも違うということだ。



私の情報源の一人で、現在アメリカ軍に所属しているJPは、上記の木星のウェッブ写真を送ってくれましたが、これは赤斑からエネルギーを引き出す母船だと考えています。これは、彼がスカイプで教えてくれたことだ。

赤斑は他の地域よりも高温です。

大気の重力波と雷による音響波。

船のための大きなエネルギー源

これは驚くべきことです。船が嵐に向かっているのか、嵐から出てきているのか、見ることは【できません】が、方向はわかります。

JPは2021年9月に木星の衛星ガニメデに渡航し、来襲する地球外艦隊の代表者と会談するという極秘任務を受けた。JPによると、米宇宙司令部はガニメデに地球外艦隊のメンバーとの会合や連絡のための施設を設置しており、そのうちの何人かは任務中に会っているとのことです。

JPはその後、「もうすぐこれらすべての船を見せられ、人々はそれを見ることになる」と話し、信じられないことに、JPによると、これらの母船の中には全長6,000マイルに及ぶものもあるそうです。このことから、ウェッブ画像は、地球外生命体の訪問に関する真実を明らかにする情報公開活動の一部であることが示唆される。

これは、NASAが現在、ウェブ望遠鏡を使って遠い宇宙と太陽系を研究するプログラムで、特に木星が注目されていることからも裏付けられている。

JPが主張するように、この円筒形の物体が全長数千キロの母船であるとすれば、その大きさは数百万人の人間と数千の小型宇宙船を収容することが可能であることになる。

ウェッブの画像とJPの木星に関するデータは、エレナ・ダナンが以前に発表した、彼女がシーダー種族(別名、銀河系連合)に属する地球外生命体の艦隊の構成に関する情報を裏付けるものである。彼女は、シーター船団に属するさまざまな船や存在を図解で示したが、そのうちのひとつは円筒形のデザインをしていた。



8月31日のスカイプでの会話で、ダナーンは、銀河系連合の円筒形の偵察船は長さ20マイルで、円盤形の母船はそれよりはるかに大きいと言った。

これは、木星の大気圏上空に非常に大きな異常を示す2枚目のウェッブ画像である。7月13日の最初の画像では、エウロパと木星の間に巨大な月サイズの暗黒地帯が写っていた。ダナンがコンタクト先のオーナ(銀河間連合のメンバー)から得た情報によると、この物体は大きな岩石と木星軌道に停まっている宇宙船が混在しているとのことだった。

結論として、木星上空で撮影された円筒形の物体の大きさを推定することは、それが木星に近いのかウェッブ望遠鏡に近いのかがはっきりしないため、困難であると言える。もし、この物体が木星に近いのであれば、JPが主張するように数千マイルの長さになる可能性がある。もし、その物体がウェッブ望遠鏡に近いのであれば、エレナ・ダナンが説明したように、長さ20マイルの円柱状の銀河系連邦の偵察機である可能性がある。

もしJPが正しければ、ウェッブ望遠鏡が公式な情報公開活動の一環として画像を公開しているため、そのほかにも最近太陽系に到着した多くの地球外宇宙船について、まもなく真実が明らかになると期待できる。木星周辺に停泊している巨大な母船を持つ地球外宇宙船団が新たに到着したことが明らかになれば、世界の政治、科学技術、そして世界の宗教に多大な影響を与えることになる。

歴史的に人類社会を形成してきた地球外文明の役割について、特に創造主の神々とその帰還を記述した世界中の歴史的テキストとの関連で詳しく知りたい方は、2022年8月13日の私のウェビナー "World Religions and Extraterrestrial Contact" を強くお勧めします。

© Michael E. Salla, Ph.D. 著作権表示

https://exopolitics.org/does-webb-photo-of-jupiter-show-a-1000-mile-mothership/
336 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧