塊状皮膚病ウイルスで6万7千頭以上の牛が死亡、インド政府が明らかに

2022-09-17

naturalnews.comより

インド政府は、7月のLSD(lumpy skin disease─ごつごつした皮膚病)発生以来、6万7000頭以上の牛が死亡し、北西部のラジャスタン州だけで4万6000頭が死亡したことを明らかにした。

数頭の牛が死んでいる空撮映像がソーシャルメディアで拡散され、ネチズンたちの怒りを買った。この映像の拡散を受け、ネチズンたちはラジャスタン州政府が牛を守るために何もしていないと非難した。

連邦漁業・畜産・酪農省長官パルショタム・コダバイ・ルパラ(Parshottam Khodabhai Rupala)氏は、グジャラート、ラジャスタン、パンジャブ、ハリヤナ、ウッタルプラデシュ、アンドラプラデシュなど複数の州でLSDウイルスが蔓延していることを確認した。彼は、状況を評価し、封じ込め作業を監督するために5つの州を訪問していると付け加えた。ルパラによると、ニューデリーは状況を監視し、また影響を受けた州に継続的に勧告を発している。(関連記事 カンザス州で数千頭の牛が死亡、アメリカの食糧供給への攻撃は続く)

連邦大臣もこの機会に、国内ですでに入手可能なヤギ痘ワクチンを「非常に有効」であると宣伝した。さらにルパラは、州政府に対し、動物のワクチン接種を迅速に行うよう促した。

畜産酪農局秘書のジャティンドラ・ナス・スウェイン(Jatindra Nath Swain)は、動物へのヤギ痘ワクチンの適切な投与量をアドバイスしました。感染した牛には1ミリリットル(ml)、リスクの高い動物には3mlのワクチンを投与する必要がある。スウェインによると、感染した州では1500万回分のヤギ痘ワクチンが投与されたが、これはインドの総家畜頭数約2億頭からは程遠いものだという。

同長官は、国内には十分な量のヤギ痘ワクチンがあり、ワクチンメーカー2社で月産4000万回分の生産能力があると付け加えた。

インドで発生したLSDは、アジアの食糧供給に対する攻撃である可能性がある

LSDはカプリポックス属のウイルスが原因です。ダニ、蚊、マダニなどの吸血性媒介動物を介して、牛や水牛の間で急速に広がります。この病気は、乳量の減少や摂食障害も引き起こします。

主な症状は、発熱、目や鼻からの分泌物、口からの唾液、全身に結節のような柔らかい水泡ができ、最終的には死に至る。

1929年にザンビアで初めて報告され、その後、サハラ以南のアフリカ、中東、南東ヨーロッパに広がった。アジアでは、2019年にバングラデシュで初めて報告されました。その後、中国、インド、ネパール、ブータン、ベトナム、香港、ミャンマーが対応する国でLSDの感染者を報告しました。

国連食糧農業機関(FAO)の2021年の報告書によると、LSDの発生は数年おきに流行として起こります。このウイルスの特定の貯蔵庫は知られておらず、また、流行と流行の間にウイルスがどこでどのように生き残っているかもわかっていない、とFAOの報告書は述べている。

世界最大の牛乳生産国であるインドは、第19回家畜センサスによると、2019年の牛の頭数は1億9250万頭であった。しかし、当局によると、大臣が地方政府単位に死んだ牛を埋葬するプロトコルに従うよう指示する一方で、今のところ牛乳生産への影響はないとのことです。

アナリストたちは、米国の一部地域で「猛暑」によって死亡した牛に加え、南アジアでも同ウイルスによって大量の牛が死亡していることを心配している。これは食糧危機の始まりなのだろうか、それともこのウイルスがワクチン接種のための「恐怖政治」なのだろうか、と考えざるを得ない。代替メディアのポータルサイトにある様々なビデオは、これらの牛はすべてヤギ痘注射を接種された後に死亡したと主張している。

世界の食糧供給に対する攻撃の可能性についての詳しいニュースはFoodCollapse.newsをご覧ください。

ラジャスタン州の砂漠地帯に広がる何万頭もの牛の死骸を撮影した以下のビデオをご覧ください。

https://www.brighteon.com/836bf045-2d14-4a3a-afb1-e59d5990b2ca

https://www.naturalnews.com/2022-09-16-over-67k-cattle-dead-lsd-virus-india.html#
317 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧