アマゾン、火災や電気爆発が相次ぎ、フルフィルメントセンターの太陽光パネルをすべてシャットダウン


naturalnews.comより

武漢コロナウイルス(Covid-19)の大流行が始まったとき、Amazonは不思議なことに、フルフィルメントセンターの屋根に取り付けられたソーラーパネルが関係する火災や爆発を見始め、小売大企業は安全のためにすべてのパネルを取り外すよう促されました。

最も古い事件のひとつは、2020年4月14日にカリフォルニア州フレズノのアマゾンの倉庫で発生した。消防士が到着すると、880,000平方フィートの倉庫の頂上にある太陽電池アレイから濃い煙がうっすらと立ち上っていたのです。

FAT1と呼ばれるこの施設では、220枚ほどの太陽電池パネルやその他の設備が3回の火災で被害を受けました。フレズノの火災調査官であるリーランド・ワイルディングは、この火災の原因を "屋根の上に取り付けられたソーラーシステム内の未確定の電気的事象 "と断定した。

その約1年後、マサチューセッツ州ペリーヴィルにあるさらに大きなアマゾン倉庫でも同様の事故が発生した。約60人の消防士が現場に駆けつけ、2回にわたる火災を消火した。

この数カ月の間に、屋上にソーラーパネルを設置したアマゾンのフルフィルメントセンターで、少なくとも4件の火災が報告されている。また、建物全体に配線された太陽光発電システムの不具合による爆発事故も数件発生している。

しかし、これらの事故に関する資料が隠蔽されたままだったため、最近まで何もわかっていなかった。今回、アマゾンの北米47拠点のうち、太陽光発電設備を持つ少なくとも6拠点で、2020年4月から2021年6月にかけて「重大な火災やアーク放電の事象」が発生したことが分かった。

これは、アマゾンのフルフィルメントセンターの約12.7%が、比較的短期間に火災や爆発の事象を経験したことになる。(関連:アマゾンはCIAの名前を変えただけだ)

アマゾンの社員が書いた内部報告書には、「危険な事故の発生率は、業界の平均を上回っており、容認できない」と書かれています。

「環境にやさしい」ということは、火をつけて燃やすことでもある

多くの企業大手が環境負荷が小さく、化石燃料への依存度が低い「グリーン」企業への転換を目指している中、アマゾンは最も積極的に、ソーラーパネルをその乗り物として選択していると言われています。

2019年、創業者のジェフ・ベゾスは、2040年までにすべての排出物を完全に廃止することを約束する「気候公約」に署名した。この計画の一部には、アマゾンの配送車両をすべて電気自動車に変えること--これは汚染と排出ガスが中国に留まることを意味するだけだが--と、すべてのフルフィルメントセンターの屋根にソーラーパネルを取り付けることが含まれている。

後者の取り組みは、パネルが引火、爆発し、皮肉にも消防士が現場に到着する前に大気中に大量の有毒な黒煙を放出し続けるため、失敗に終わっていることが証明されている。

アマゾンに起こる可能性があるのなら、あなたにも起こりうるのです。もしあなたの家や会社の屋根にソーラーパネルが取り付けられているなら、潜在的な災害が突然やってくる前に、今から質問を始めた方がいいかもしれません。

今のところ、アマゾンの太陽光発電システムはすべてオフラインになっているが、同社はこれは一時的なものだと言っている。システムはすべて再設計され、再インストールされ、「再通電」されており、完了すれば、通常通りに戻ります。

Amazonの広報担当者Erika Howardは、「第三者が所有・運営するオンサイト・ソーラー・システムで少数の孤立した事故が発生したため、Amazonは積極的に北米のオンサイト・ソーラー・システムの電源を切り、各設置物を大手ソーラー技術専門会社で再点検する措置を直ちにとりました」と声明を発表しています。

興味深いことに、アマゾンが8月初めに発表した100ページに及ぶ2021年のサステナビリティレポートには、このような記述は一切ない。どうやらアマゾンは、この事実が明らかになるまで、すべてを秘密にしておこうとしたようだ。

再生可能エネルギーの欺瞞に関する最新のニュースは、GreenTyranny.newsで見ることができます。

https://www.naturalnews.com/2022-09-02-amazon-removes-solar-panels-fires-electrical-explosions.html
335 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧