じーおーおーgle、ビッグファーマとワクチン産業の嘘を守るため、健康に関する真実を伝えるスマートフォンアプリをすべて禁止へ

2022-09-06

naturalnews.comより

Androidスマートフォン向けアプリストアのじーおーおーgle Playは、「既存の医学的コンセンサスに反する、誤解を招く健康上の主張、または(ユーザーに)害を及ぼす可能性がある」と見なされるアプリを含む、または宣伝することを禁止する包括的な新ルールを発表しました。

8月31日に発表されたじーおーおーgle Playの新しい「健康誤報」ポリシーは、「ワクチンはDNAを変えることができる」という考えを含む、ワクチンに関する公式の健康政策に少しでも疑問を呈するあらゆるアプリを対象とする、アプリ内検閲の一掃である。

じーおーおーgleはまた、ビタミンC、ビタミンD、イベルメクチン、または政府が「誤報」であるとみなした他の治療法の任意の数のような「有害な、未承認の治療」を提唱するアプリの後に行くされている.
関連記事:じーおーおーgleは、じーおーおーgle調査において、コビドワクチンに関する言及を一切許可しなくなった。
https://keen-area.net/2022/1036/

じーおーおーgleによると、「転換療法」もまた、じーおーおーgleプレイで利用可能なアプリで擁護することができない「有害な健康習慣」であるとのことだ。これは、聖書が不自然な同性愛行為を扱っているため、聖書アプリも禁止されたことを意味するのだろうかと思う。

ビッグ・テックは政府の真相究明省

この新しい方針転換のタイミングは、マスキングやワクチン接種などに関する政府の立場が大きく変わった時期と重なります。突然、政府がかつてのようにこれらを推し進めなくなったことで、疑問が湧いてきました。じーおーおーgleは正確な検閲についていけるのだろうか?

2020年、トニー・ファウチは、ファイザーのmRNA(メッセンジャーRNA)注射がファウチ風邪に対して90%の効果を発揮すると主張し、それを異常だと言っていました。2022年まで早送りすると、今度はデボラ・ビルクスが、自分やファウチらが注射について嘘をついたことを基本的に認めている。

最新の主張は、中国製ウイルス注射が感染予防に有効でないことを誰もが「知っていた」というものだ。ビッグファーマの私腹を肥やし、ワープスピードを実現するために嘘をついただけなのだ。

一方、大手ハイテク企業は、いつでも正しいシナリオを描くのに苦労している。ある日、ソーシャルメディアやテクノロジープラットフォームは、予防注射は効果がないと言う人々を黙らせなければならず、次の日には政府自身が効果がないと言っているのです。

今日に至っても、Facebookは、コビド注射は人を感染から守らないかもしれないと主張する有名なユーザーを禁止しています。YouTubeも同じように、世界保健機関(WHO)の注射に関する指令に逆らうことさえしている。

「コンセンサスが変わり、検閲ルールの一部が静かに取り下げられた後でも、検閲された投稿やチャンネルのほとんどは復活しなかった」とReclaim the Netは報告しています。

「新しい健康誤報ルールは、じーおーおーgle Playの既存の誤報ルールの広範なセットに追加され、「選挙の誤報」と「誤解を招く」コンテンツを含むアプリを禁止しています。じーおーおーgle Playは、これらの既存のルールに基づき、すでに数千のアプリを削除しています。」

コメント欄には、じーおーおーgleが現在行っている検閲の種類は「非常識を超えている」と書いている人がいました。

「誰かが本当にじーおーおーgleとAppleに代わる新しい検閲のないものを開発する必要があります,」この人は付け加えた.

また、「どこからがじーおーおーgleで、どこからが政府なのか?この人は、じーおーおーgleが民間企業なのか、それとも偽装した政府組織なのか、まだはっきりしないと付け加えた。いずれにせよ、じーおーおーgleはテクノクラート的ファシズムに等しい。

「ウィルスは存在しない」とも言う。「実験室で作られたスパイク状のタンパク質があるだけだ。そして、偽のテストが恐怖の風土病を作るために使われた」。

いわゆる「グレート・リセット」は、明らかに進行中であるとの意見もあった。しかし、疑問が残る。問題は、それが成功するのか、それとも潮目が変わるのか、ということだ。

「じーおーおーgleのロゴに666が隠されているのも不思議ではない」とも書いている。

真実に対するビッグ・テックの容赦ない戦いに関する最新の報道は、Censorship.newsで見ることができます。

https://www.naturalnews.com/2022-09-02-じーおーおーgle-bans-apps-misleading-health-claims-censorship.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1260 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧