セレスと火星からのダークフリート脱出に関するインタビュー



exopolitics.orgより

地球外生命体のコンタクティであり、元フランスの考古学者であるエレナ・ダナーン氏によると、銀河世界連邦からの最新情報として、惑星セレスが解放されたとのことです。 このExopolitics Todayのインタビューで、エレナは、セレスと火星について、連邦の主要なコンタクトであるトールハン・エレディオンから受け取った最新の情報を紹介しています。また、ダークフリートの奴隷としてセレスに約13年間滞在し、火星にも数ヶ月滞在したと主張するトニー・ロドリゲスも、その経験についてインタビューを受けている。

エレナとトニーは、マイケル・サラー博士から、銀河連邦の最新情報に対する反応や、人類が宇宙に進出することの意味について質問されている。銀河連邦が地球同盟と協力して、かつてダークフリートとその地球外の同盟国に支配されていた世界をどのように解放しているかを知る。世界がかつての支配者から解放されたときに何が起こるのか、銀河連邦が太陽系の支配権を得るために地球諸国にどのような期待を寄せているのかを知ることができる。アルテミス合意が、太陽系で起きている出来事にどのように関わっているのかを知ることができます。


https://youtu.be/Mc0fubYZigA

インタビュー中にエレナ・ダナーンが読み上げたソー・ハンからのテレパシーメッセージは以下の通りです。

2021年8月21日

「セレスのコロニーの運命については、大きな関心を持って議論されてきたが、最近になってゼナエ評議会と地球同盟との間で共通の決定がなされた。

大規模な民間コロニーがあり、惑星の住民として正式に名乗れるほどの期間定住していることを理由に、セレスは退去させないことを決定した。その代わりに、そもそもの合意、あるいは必要に応じて強制的にナハトワフェンの軍人を退去させます。我々は、ケレスが正式に自由な世界になる必要があると固く信じており、いずれそうなるだろう。"


2021年8月26日

"火星は自由だ、ダイモスは避難している"

"現在、火星の状況は混沌としており、現地の火星人レジスタンスが避難した地下施設の掌握を急いでいる。人間の人員はすべて安全にテラに送り返され、入れ替えが行われる。現在、火星人は、彼らの指導者である銀河世界連邦と、コロニーを開拓して科学的・商業的活動を行うことを許された新しいテラ人企業との間で交わされた最近の合意に従わなければならないという状況にあります。これは、火星人の利益のために、繁栄と力のある協力の新しい時代であるため、うまくいくと信じています。勝利の喜びに酔いしれている彼らには、今はただ落ち着くことが必要なのです」。


https://exopolitics.org/interview-on-dark-fleet-exodus-from-ceres-mars/
538 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧