サッカラのセラペウムにある100トンの「箱」の謎に迫る。古代の精巧さが際立つ



ancient-code.comより

サッカラのジョセルのピラミッドの北西に、「サッカラのセラペウム」があります。考古学者によると、これはエジプトの神プタハの生きた姿とも言えるアプスブルの埋葬場所であった。エジプトのメンフィス近郊にあるこのネクロポリスは、ラーメセス2世によって紀元前1300年頃に建設されたと考えられています。

サッカラのセラペウムは、1850年に発見されて以来、考古学者や研究者を悩ませており、出土したトンネルについても多くの議論がなされています。この荘厳な古代の迷宮には、重さ70トンから100トンの25個の巨石製の「箱」があります。この驚異的な「箱」を作った古代エジプト人は、幾何学や数学などの分野で驚異的な知識を持っていたという。

信じられないような古代の精密さ:でもどうやって?

巨石箱の一部である30トンの蓋は、同じ石の塊で作られていました。発見された後、いくつかの箱は火薬を使って開けられたが、巨大な箱の中は空っぽだった。何千年も前にこの巨大な箱がどのように組み立てられていたのか、研究者たちは実際の目的を知らない。

そこで気になるのは、古代エジプト人がアピスブルの墓として作ったのではないかということと、もしそうだとしたら、なぜ遺骨が見つかっていないのかということです。アピスブルは古代エジプト人にとって非常に神聖な生き物であり、古代エジプト史における最初の聖なるカルトの一つであった。歴史家は、アピスブルはエジプトのファラオの神格化された存在であると考えています。



興味深いことに、これらの箱のほとんどは、サッカラから約800キロ離れた採石場で採掘された非常に硬い岩石であるローズグラナイトで作られており、他の箱はサッカラからさらに遠く離れた場所で発見された、より硬い素材である閃緑岩で作られていました。

箱の精度は、研究者やその場所を訪れた人々を困惑させるもう一つの特徴であり、千分の一インチ単位での誤差があります。極限の精度...何千年も前のことなのに、疑問が残ります。どうしてこんなことが可能なのか?何が足りないのか?

古代エジプト人は、サッカラのセラペウムが建設される何百年も前から、応用数学や幾何学の知識を持っていました。古代エジプト人の知性や能力が疑われているわけではありません。



幾何学に関する最古のテキストは、リンド・パピルスやモスクワ・パピルスなどの古代文書に見られることがわかっています。これらの古代文書から何百年も後に、古代エジプト人が90度の精度で角を持つ非常に精密な建築物を作ることができたと想像できるでしょう。

しかし、問題はその方法です。そして、その知識はどこから得たのか?使われた道具はどこにあるのか?そして、なぜこの巨大な箱は空っぽなのか?

多くの古代宇宙飛行士の説のように、知識や技術が実際に星から生まれたという可能性はあるのでしょうか?それとも、私たちは歴史の中で何かを見落としているのでしょうか?主流の学者が見落としている古代史の信じられないほど重要な瞬間、つまり、エジプトのような古代文明の知識と能力を説明できる瞬間があるのです。

https://www.ancient-code.com/the-mystery-of-the-100-ton-boxes-at-the-serapeum-of-saqqara-ancient-precision-at-its-best/
754 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧