木星会議と太陽系への銀河連邦介入に関する第2の情報源



exopolitics.orgより

Written by Dr Michael Salla on August 27, 2021.

木星上空で行われたとされる一連の会合について、2人目の情報提供者が、出来事の詳細と、太陽系に介入する銀河連邦についてのより驚くべき情報を語ってくれました。ミーガン・ローズは、米国フロリダ州の正看護師で、銀河連邦の地球外コンタクティであると主張している。

このExopolitics Todayのインタビューで、メーガンはまず、5歳と9歳の時に、それぞれ銀河連邦のメンバーに助けられた2つの宇宙人による誘拐体験について語ります。彼女は、主な救助者を2人の銀河連邦のパイロットであり戦士であるヴァル・ネクとトール・ハンとしている。

2019年、メーガンは幼少期の拉致と救出の記憶を取り戻した。メーガンは、与えられた物理的なインプラントによって、銀河連邦のコンタクティであるエレナ・ダナーンとソー・ハンが交信しているのと同じように、定期的に交信しているヴァル・ネクと連絡を取り合うことができるようになったと語った。

インタビューでメーガンは、ヴァル・ネクから受け取ったテレパシー・メッセージ(下記参照)と、2021年7月に行われる木星での会議の詳細について語りました。彼女は、地球、月、火星への銀河連邦の介入に関する新しい詳細を提供しています。ミーガン・ローズの情報は、木星会合に関する重要な第二の情報源となり、エレナ・ダナーンが以前に明らかにした情報を裏付けるものです。

インタビューはYouTubeとRumbleで視聴可能
https://www.youtube.com/watch?v=gVUtJs4aVdw

インタビューの中で読み上げられたヴァルネクからの2つのテレパシーメッセージは以下の通りです。1つ目は8月中旬にメーガン・ローズが受け取ったもので

「はい、私は連盟の代表として参加しました。企業と同盟との間の交渉や手続きをお手伝いしていました。その企業とは、3人の男性(ベゾス、マスク、ブランソン)やその他の小さな企業で、人類に奉仕し、地球を守るための宇宙船などの技術を製造し、連邦がその責任を地球人に引き継ぐために選ばれました。私は、宇宙旅行や航行に関する軍隊の訓練や、製造される技術の使用を支援するための訓練に取り組んでいます。私自身は、地球人の指導者たちと一緒に、軍の組織化を支援し、善意の宇宙人を理解する意識を持った軍の指導者を選び、銀河での平和を実現する方法を考えてきました。

選ばれた企業は厳格な管理下に置かれる。決められた協定から外れることは許されない。どのような形であれ、協定を破った場合の結果については、私は言えない。しかし、テランの人々には、企業が連邦を敵に回すことを望んでいないことは保証できる。これらの企業が選ばれたのは、時間が非常に重要であり、地球を守るための宇宙船や物資を大量生産し、地球人の軍隊(米国海軍/宇宙軍)の訓練を早急に開始する必要があるからです。これは非常に大規模な作戦であり、私は人類の成功を確実にするために懸命に働いていることを理解してほしい。これらの企業は同盟と協定を結び、必要なものをタイムリーに製造することに同意しています。テラ周辺の近隣惑星の他の地域にある彼らのビジネスは、完全に崩壊し、解体されました。人類のためにならないものはすべて一掃された。私たちは前進する準備ができています。これは非常に良いニュースです、あなたに敬意を表します。" -コマンダー・ヴァル・ネク


Val Nekからの次のアップデートは2021年8月20日に受け取られました。

"月 "だ。月は少し前に解放され、同盟国の手に渡りました。アメリカはその責任者であり、月面上のすべての国の配置を担当しています。月には安全地帯と呼ばれる区域があり、そこでは代表者同士の会議が行われています。月では技術が公開され、テストされています。GFWで開発されたこれらの技術は、人類のために使用するために同盟の手に委ねられている。これらの技術を使用するための契約は非常に厳しく、遵守しなければならない。そこには基地があり、GFWはそこの軌道上で彼らを訓練している。" - コマンダー・ヴァル・ネク


https://exopolitics.org/2nd-source-on-jupiter-meetings-galactic-federation-intervention/
530 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧