ギザの大ピラミッド。数千年前に作られたテスラのような発電所?



ancient-code.comより

ギザの大ピラミッドは、古代のエネルギー機械の最も優れた例の1つとして多くの人に評価されています。何千年も前に作られたテスラのような発電所であると、古代宇宙飛行士の理論家は主張しています。古代宇宙飛行士の理論では、ギザの大ピラミッドは、地球の自然の特性を利用して大量のエネルギーを生成することができる巨大な古代構造物であるとしています。

このエネルギーは、古代エジプト人をはじめ、古代マヤなど世界各地の文化で何千年にもわたって利用されてきたと考えられている。しかし、この説は、主流の研究者によって断固として否定されています。


古代文明の歴史に別の視点からアプローチすると、世界中の古代文明は、実際には非常に洗練されており、主流の科学が「再発明」する何千年も前に高度な技術を使用していたことに気づくでしょう。

世界中の文明が原始的な状態からより高度なものへと進化してきたという考えは、主流の学者たちが社会や学校、歴史書の中で究極の真実として導入しようとしてきたものです。しかし、世界中の多くの研究者が指摘するように、これは事実ではありません。実際、古代文明は私たちが考えているよりもはるかに高度なものでした。

世界中の数多くの古代文明に見られる歴史的な文献を見てみると、主流の学者が押し付けているものとは異なるストーリーを物語る数多くのパターンやディテールを見つけることができます。

これらの高度な技術は、古代エジプト、古代シュメール、そして北アメリカ、中央アメリカ、南アメリカにも存在していました。電気、電気化学、電磁技術、冶金学、水文地質学を含む高度な工学、化学、物理学、そして高度な数学や天文学などが、数千年前には大々的に利用されていたのだ。

遠い昔、ファラオの国では電気が広く利用されていたことは多くの研究者が認めており、バグダッド電池はそのような高度な技術の代表的な例である。しかし、主流の学校ではそうは考えていません。しかし、古代エジプト人が残した丁寧な歴史とディテールを検証することで、古代エジプトのピラミッドなどの建造物に高度な照明技術が使われていたことがわかり、別の真実が見えてきます。

古代エジプト人が電気で建物を照らしていたという説には、学者の間では異論もありますが、それを裏付ける証拠は十分にあると考えられています。緻密な彫刻が施されていることから、古代エジプト人が使っていたのは火を使わない手持ちの松明のようなもので、何千年も前に無線で電気を使っていたと考えられています。

しかし、これらの不思議な松明は、古代エジプトだけの例ではない。アレクサンドリアにある古代の灯台は「アークランプ」で駆動していたと考えられており、これも数千年前の古代エジプトで電気が使われていたことを示す重要な証拠の一つである。 しかし、このような驚異的な構造物を日常的に動かすのに必要な電気は、通常の「巨大な」電気源でなければ供給できませんでした。

そのため、ギザの大ピラミッドの目的は謎に包まれていますが、遠い昔、エジプト中のさまざまな機器を動かすための巨大なエネルギー機械として使われていたのではないかと考えられています。ギザの大ピラミッドは、工学と建築の分野で古代の傑作とされており、古代建築の最良の例の一つとされています。

エジプトの大ピラミッドが、無料の無線エネルギーを生成する巨大な発電所として使われていたという説は、主流の学者には否定されていますが、この説は、ピラミッド自体や、数千年前にナイル川に住み着いた洗練された社会に関する数々の謎を説明することができます。

興味深いことに、ギザの大ピラミッドの外壁は「白い凝灰岩」で覆われており、石と石の間には何も入らないように組み合わされている。特筆すべきは、ギザのピラミッドの外郭に使われていた「白いタファ石灰岩」にはマグネシウムが含まれておらず、非常に高い断熱性を持っていることです。この断熱性のおかげで、古代エジプト人はピラミッド内のエネルギーの放出を完全にコントロールできたと考えられています。

さらに、ピラミッドの内部に使われていた石のブロックは、外壁とは別の石灰岩でできていました。さらに興味深いのは、大ピラミッドの内部に作られたシャフトが花崗岩で作られていたことである。花崗岩はわずかな放射性物質であり、大ピラミッドのエアシャフト内の空気をイオン化することができるが、これは導電性の絶縁ケーブルにも同様の特性がある。


ピラミッド内部の温度差を検出するために使用された赤外線サーモグラフィのレンダリング画像。画像はHIP研究所

ギザの大ピラミッドが巨大な無線発電所として機能するためには、エネルギー源が必要でした。そのため、古代のピラミッド建設者はギザ台地の水を利用しました。興味深いことに、ピラミッドのあるギザ台地には、地下水路がたくさんあります。

ギザ台地のピラミッドは、その下にある石灰岩層(Aquifers)の上にそびえ立っていて、その間には大量の水が流れています。そして、この岩層は、地下水を地表に運ぶ際に、エネルギーを上に伝えることができるのです。つまり、地下の空洞を通過する大量の水の流れは、電流を発生させることができるということです。体感電気とは、「ある種の装置を用いて、自然な身体の動きから得られる電気を体感電気と呼ぶ」と定義されます。例えば、歩くことで得られるエネルギーや、川の流れから得られるエネルギー(帯水層を流れるナイル川)などです。(出典)。)

ギザの大ピラミッドに作られた部屋は、設計上、「生理電気」を帯びた花崗岩の導体が実装されていると考えられます。つまり、ギザの大ピラミッドの素材と特殊な構造により、ピラミッドの最下層で形成された電磁場が、ピラミッドの上層に向かって伝わっているのです。

遠い昔、ピラミッドの頂上には電気伝導度の高い装置があったと考えられていますが、今では何もない空間が、昔のピラミッドの唯一の証拠となっています。

興味深いことに、この長い間失われていた古代技術の痕跡は、1900年代になって、偉大なニコラ・テスラによって再発見された。

テスラが1901年から1917年にかけて建設したワーデンクリーフ塔には、4000年以上前にエジプトで使われていたこの古代技術とほぼ同じものが応用されていました。また、テスラの塔は帯水層の上に建てられたと考えられており、テスラの電気技術が大ピラミッドの建設に使われた技術とほぼ同じであることを意味しています。ギザの大ピラミッドも、テスラの壮大なワーデンクリーフ塔も、マイナスイオンを発生させ、それを電線を使わずに伝送することができるシステムであり、完全にフリーでワイヤレスなエネルギーで、他の電気部品を広大な距離で動かすことができたのである。

しかし、この古代技術の利点を理解していたのは、古代エジプト人だけではなかったようです。

最近の研究で、チチェン・イッツァのピラミッドの下には、「セノーテ」とも呼ばれる自然の陥没穴があることがわかった。専門家によると、この穴はこの地域の他の洞窟や湖とつながっているそうです。洞窟を満たす水は、北から南へ流れていると考えられています。つまり、チチェン・イッツァのピラミッドは、テスラのウォーデンクリーフ・タワーやギザの大ピラミッドと同じように、地下水源の上に建っているのです。


https://youtu.be/vuINhmT3V8Y

https://www.ancient-code.com/great-pyramid-giza-tesla-like-powerplant-created-thousands-years-ago/
1334 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧