ベゾス、ブランソン、マスクの3人は、銀河連邦との交渉のために密かに木星に行ったのか?



exopolitics.orgより

Written by Dr Michael Salla on August 17, 2021. カテゴリー: 特集, 銀河外交

7月11日、リチャード・ブランソンはヴァージンギャラクティック社の宇宙船で、NASAが定義する高度50マイル(80km)から始まる宇宙の端への旅を行い、大きな反響を呼びました。その1週間後には、ジェフ・ベゾスがブルーオリジン社の宇宙船で、世界的な宇宙進出の基準となっている高度62マイル(100km)のフォンカーマン線の真上に到達したという。同じ頃の7月23日、イーロン・マスクは、スペースX社が2024年までにNASAの木星探査機「エウロパ・クリッパー」を打ち上げるという、非常に貴重な契約を獲得したことを発表しました。

航空宇宙産業の先駆者であるCEOたちが関与したこの3つの異なる宇宙イベントを結びつけているのは、7月中旬に木星の上層大気に浮かぶ地球外生命体の基地(都市)で一連の秘密の会合が開かれたという、フランスの元考古学者エレナ・ダナーンの主張です。
https://keen-area.net/2021/779/
彼女は、地球外生命体との主要なコンタクトであるソー・ハン・エレディオンから、会議には宇宙に進出している14カ国の政府高官や「先進的な企業のCEO」が参加し、銀河連邦やその他の銀河組織の代表者と会っていたと聞いた。

前回の記事では、この会議に出席した可能性の高い14カ国の正体について考察し、「先進的な企業のCEO」には、木星会議が行われたとされる時期に宇宙の果てに出かけたベゾスとブランソンが含まれているのではないかと推測した。さらに私は、スペースX社がエウロパ・クリッパーの会議を受注したと発表したため、マスク氏が出席したのではないかと推測しました。

トール・ハンとの最も最近の "肉体的接触 "において、エレナは木星会合に関するいくつかの新鮮な新情報を提供し、出席した CEO に関する私の推測を裏付けました。これは、エレナ(E)がソー・ハン(T)から聞いたことの記憶である。

E: CEOのことですが、マイケルは正しかったですか?

T: はい。

E: 彼ら全員ですか?

T: 他にもたくさん


ブランソンとベゾスは、地球の大気圏上層部に浮かんでいた比較的短い時間をテレビで公開していましたが、ソー・ハンズの反応を見ると、彼らは木星の大気圏上層部で太陽系の未来について何時間も交渉しようとしていた、あるいはすでに交渉していたことを秘密にしていたようです。

https://www.youtube.com/watch?v=9h2fix8sKI0

ジェフ・ベゾスが秘密の宇宙計画に関わるトップレベルの交渉に関わったのは、今回が初めてではないことは指摘しておきたい。2018年2月上旬、南極で活動するドイツ主導の「ダークフリート」がトランプ政権とハイレベルな会合を行ったことが、フォーブス誌の元作家ベンジャミン・フルフォードによって初めて明らかにされた。フルフォードの主張を裏付けるのは、トランプのレックス・ティラーソン国務長官がアルゼンチンのバリローチェに行き、そこでダークフリートの存在を明らかにし、その先端技術の一部を公開するための秘密交渉が行われたとされていることだ。さらにフルフォードの主張を裏付けるのは、ベゾスも同じ時期にバリローチェにいて、以前の記事で紹介したティラーソンとの秘密交渉にほぼ間違いなく参加していたことだ。

では、なぜ経歴に問題のある企業のCEOたちがジュピターミーティングに参加したのかという疑問が湧いてくる。ソー・ハンの答えは、人類の利益のために銀河連邦が彼らと協力しなければならないような、何か悲惨な事態が迫っていることを示唆している。以上がエレナ[E]とソー・ハン[T]の対話の該当部分である。

[E] なぜ彼らなのか?地球上の人々はそれに夢中になっているのに。

[T] 彼らは今、準備ができている人たちだからだ。他に選択の余地はない。時間がない、新しい企業ができて真新しい船団を装備するのを待っている余裕はない、今ここで使える者を選ぶのだ。彼らが純粋な心を持っていないことはわかっているが、地球人の種を未来に導くことができるのは彼らしかいないのだ。企業としての彼らの目的は金銭的なものです。彼らは勝者についていく。昔の仲間は負けているので、企業は彼らに背を向けている。


ソー・ハンの「時間がない」という回答は非常に困ったものだ。これは、銀河連邦が、大規模な宇宙艦隊の開発を緊急に必要とするような、差し迫った大災害や地球の大変動の出来事を見ていることを裏付けるものである。このような悲惨な事態の最も可能性の高い候補は、近い将来に起こるマイクロノバまたは「太陽閃光」イベントである。

スペース・ウェザー・ニュースの創始者であるベン・デビッドソンは、数年前から、今年の終わりか次の10年の始まりまでにマイクロノバ現象が起こるという証拠が増えていることを緊急に警告しています。


https://www.youtube.com/watch?v=B_zfMyzXqfI

同様に、宇宙計画の秘密のインサイダーであるコリー・グッドは、2015年以降、近い将来に「ソーラーフラッシュ」現象が起こると予測されると警告しています。歴史的な証拠によると、マイクロノヴァ現象は以前にも起きており、地球や太陽系の高度な文明を一掃しています。

ソー・ハンが「他に選択肢がない」と言い、「新しい企業が形成され、装備を整える」時間が足りないと言っているのは、デビッドソンやグッドが警告していたように、悲惨な事態がそれほど遠い未来ではないことを示唆している。

エレナは、マスク、ベゾス、ブランソンについて、次のように対話を続けた。

[E] でも、彼らを信頼していますか?

[T]いいえ、信用していません。彼らの善意を証明するために見守っていると言ったのを覚えているだろうか。今は、私が適切な時期だと言うまで、このことを公にしてはいけません。なぜなら、地球上の民間人は、まだ全体像を把握するためのすべての要素を持っていないからです。他にも様々な理由がありますが、私たちだけに関わることではないので、今はすべてを公表しないことにしています。


ソー・ハンは、この情報を公開することを許可しました。地球上のほとんどの人が、必要な「大局観」を持っていないというのは、彼の言うとおりです。多くの人は、木星会議に出席したマスク、ベゾス、ブランソンの欠点を「進歩的な企業のCEO」として取り上げますが、彼らが事業を迅速に拡大し、民間宇宙船の大規模な艦隊を建設するために必要なインフラを構築していることに気づかないのです。

マスク氏のスペースX、ベゾス氏のブルーオリジン、ブランソン氏のヴァージンギャラクティックは、10年ほどかけてロケット推進の宇宙船を開発し、かなりの数の人間を宇宙に移動させるための民間の宇宙船のフリートを安全に作り始めることができる現在の位置まで来ています。世界的な有事の際に、世界の軍隊がこのような大規模な取り組みを行うというのは無理な話です。なぜならば、政府関係者や軍人の家族を宇宙や地下の「安全地帯」に移すことを優先するのは間違いないからです。そうなれば、残りの人類は自力で生きていくしかありません。

したがって、民間の宇宙産業を現在のレベルよりもはるかに早く拡大することが急務である。特に、高度な推進技術とエネルギー技術が登場すれば、太陽系の奥深くまでの宇宙旅行が可能になり、地球の大変動を回避することができます。


https://www.youtube.com/watch?v=JqYO4rA12EE

エレナは、企業のCEOに関するソー・ハンの回答をさらに詳しく紹介し、今後の展開を示唆しています。

銀河連邦は、これらの企業に取引を提案しました。新協定の進歩的なルールに従うならば、我々は彼らの商業的利益を支援し、保護するというものです。なぜなら、分裂ではなく、団結と進歩を促すのが我々の精神だからです。私たちは、この宇宙に存在するすべての人にセカンドチャンスがあると信じています。また、相手を自分の輪に入れることで、相手は敵ではなくなり、味方になります。これが平和を作る方法であり、我が連邦がかつて退歩的であった文化を歓迎するために努力している理由でもあります。団結は進歩です。

ソー・ハンは、ジュピター・ミーティングに出席したマスク、ベゾス、ブランソンなどのCEOたちが、以前はさまざまな形でディープ・ステートと協力していたことを認めている。しかし、ディープ・ステートとその宇宙同盟者であるダーク・フリート、ドラコ帝国、オリオン連合の敗北が迫っていることから、マスク、ベゾス、ブランソンの3人は身を引き締めたのである。このようにして、彼らは2度目のチャンスを与えられ、新しいパートナーである銀河連邦から、"新しい協定の進歩的なルール "を遵守するかどうかを注視されている。

現段階では、この進歩的なルールがどのようなものかは不明だが、月、火星、南極での連邦の最近の行動を考えると、惑星間企業コングロマリットやダークフリートの主力であったような搾取行為、遺伝子実験、奴隷貿易、生物兵器などは除外されているだろうと予想される。

エレナは続けた。

[E]これで、やはり最近の木星協定で、ロシアや中国などの国がアメリカの管理下に置かれることが議決された理由がわかりました。では、なぜアメリカなのか?

[T]彼らがその任務に最も適しているからであり、我々は未来が何でできているかを知っているからだ。我々は、1950年代からアメリカを秘密のプログラムに密かに組み込んできた。

[E]トールハンがテレパシーで画像を送ってきたので、私は目を閉じました。それは3つの似たようなロゴでした。左から右へ、展開するタイムラインとして。スタートレックの「艦隊」、「アルテミス協定」、「宇宙軍」。その3つが1つに融合している。その直後、ソーラーウォーデンの8隻の船が(私がいた)GFWステーションを通過するのが見えた。縁起がいいですね。


エレナの回答は、アルテミス協定の重要性と、人類の宇宙での存在が現在のレベルよりも大幅に拡大していく中で、今後数年間の米国のリーダーシップを強調しています。アルテミス協定は、太陽系内での人類のプレゼンスを迅速に拡大するための課題に対応するために、民間、企業、軍の各部門が協力して取り組むための枠組みを作るものです。


https://www.youtube.com/watch?v=XEAXTrtsu_0

また、ウィリアム・トンプキンス氏の証言によると、同氏は1950年代以降、人間の姿をした地球外生命体(銀河連邦)が米海軍の極秘宇宙計画(ソーラー・ウォーデン)に協力していたと語っています。さらにトンプキンスは、海軍のソーラー・ウォーデン計画では、2030年代初頭に稼働予定の新しい宇宙空母の艦隊を建造していると述べている。これは、デビッドソンとグッドがマイクロノヴァの到来を予測したのと同じ時期である。偶然の一致?私はそうは思いません。

これらのことから、今後数年のうちに、海軍は新たに創設された米国宇宙軍を通じてソーラーウォーデンの資産を公開し始めることが示唆されていますが、米国宇宙軍は将来の多国籍宇宙同盟の拠点となりつつあります。このことは、オーストラリア、カナダ、フランス、ドイツ、ニュージーランド、イギリスの宇宙司令部が、アメリカの宇宙司令部や宇宙軍と緊密に連携する「Combined Space Operations Initiative」が拡大していることからもわかります。私は、最新の著書『Space Force: Our Star Trek Future』の中で、未来の多国籍軍事宇宙同盟、つまり現代のスターフリートの出現について、エキサイティングな議論をしています。Our Star Trek Future」で述べています。

アメリカ海軍は、人類が直面する課題に備えるために重要な役割を果たします。ここ数年、海軍は、サルヴァトーレ・パイス博士などの科学者を通じて、『ソーラー・ウォーデン』で使用されている高度な宇宙推進技術の一部を公開しています。

海軍長官に代わってパイスが公開した特許は5件あり、民間企業が先進的な反重力宇宙機の艦隊を作るために必要なすべてのコンポーネントと、深宇宙や地球上で電磁嵐やコロナ質量放出から人類を守るために使用できる強力な電磁シールド技術が含まれています。これらの技術は、銀河連邦や複数の秘密宇宙プログラムが予見していたマイクロノヴァやその他の大災害による壊滅的な影響を乗り越えるために使用できる、将来の民間宇宙船の艦隊を構築するために不可欠です。

結論として、ベゾス、ブランソン、マスクのような妥協したCEOにセカンドチャンスが与えられ、木星上空で行われた秘密会議で銀河連邦と合意することが許されたことは、多くの人にとって受け入れがたいことだと思います。しかし、銀河連邦は、今後の課題の大きさを考えると選択肢はないと言っています。そのため、パイスの特許に見られるようなエキゾチックな技術を使って、非常に大規模な民間の宇宙インフラをできるだけ早く構築することが必須となっています。

ベゾス氏、ブランソン氏、マスク氏は、自動車産業を電気自動車に変えたように、民間宇宙産業を化石燃料から脱却させるのに必要な資金、資源、ノウハウを持っています。ジュピター・アグリーメントの良い点は、地球外生命体の積極的な連合体である銀河連邦が、各国政府、軍、厳選された航空宇宙企業と同時に働くことで、人類がスタートレックの未来に向けて準備するのを助けていることです。

マイケル・E・サラー博士著作権表示

https://exopolitics.org/did-bezos-branson-musk-secretly-travel-to-jupiter-for-negotiations/
769 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧