私たちは運命にある、そう。運命なの



tapnewswire.comより

最近グラスゴーで開催されたサミットを受けて、MSMと政治家たちは地球温暖化-おっと、ごめんなさい、気候変動-について大騒ぎをしています。- グラスゴーで開催された最近のサミットに続いて、地球温暖化-おっと、気候変動-について大騒ぎしている。このテーマに少しでも関係のある出来事は、詐欺をサポートするために押し込められてしまう。その結果、北極圏のセイウチであるウォーリーがアイルランドの南海岸を闊歩するようになり、この出来事を「専門家」は厳粛に気候変動のせいだとしているのだ。これは不可解なことです。きっとウォーリーは、急速に温暖化している大西洋の海から必死に逃げ出し、北極付近の冷たい海を求めて、逆方向に向かっているのではないだろうか?もちろん、彼はテレビを持っていない。

しかし、地球温暖化の専門家を馬鹿にすることは、この艱難辛苦の時代にあって、数少ない娯楽の一つである。彼らはいつでも笑いの種になります。今からちょうど50年前の最初のアースデイに戻って、両脇を割られる覚悟をしよう。ハーバード大学の生物学者ジョージ・ウォルドが「人類が直面している問題に早急に手を打たなければ、文明は15年か30年のうちに終わるだろう」と見積もったのはその時だった。ノース・テキサス州立大学のピーター・ガンター教授によれば、「人口統計学者は、ほぼ全員一致で次のような厳しいスケジュールに同意している。1975年までにインドで大規模な飢饉が始まり、1990年までにインド、パキスタン、中国、近東、アフリカのすべてに広がる。1975年までにインドで大規模な飢饉が始まり、1990年までにインド、パキスタン、中国、中近東、アフリカへと広がり、2000年までに、あるいはそれよりも早く、中南米が飢餓状態に陥るだろう」。

アースデイでは、他にも数多くの専門家が同様の予測をしていましたが、私が個人的に気に入っているのは、伝説的なポール・エーリックです。"死亡率は増加し、今後10年間で少なくとも年間1億〜2億人が餓死するだろう。人間の歴史上最大の激変で死ぬことになる人々のほとんどは、すでに生まれてしまっている」。1980年から1989年の間に、6500万人のアメリカ人を含む約40億人が "Great Die-Off "で死ぬだろう」と付け加えた。 1946年以降に生まれたアメリカ人の平均寿命は49歳に過ぎず、現在のパターンが続けば、1980年には42歳になると息巻いていた。(アースデイのチーフオーガナイザーであるデニス・ヘイズも「大量の飢餓を避けるには、すでに遅すぎる」と同調した。やれやれ、それでは仕方がない。眉をひそめた出席者たちは、2000年末までに何億人もの人々が南極に逃げてきた場合、南極はどのように受け入れられるのかと心配していた。現在の南極大陸の人口は?4,400.

生きたまま焼かれるのではなく、凍死するかもしれません。ほら、気候変動だ。ここでもポール・エーリックは笑いを誘う。地球温暖化の恐怖を予測してから間もなく、彼は突然、理由は不明だが、考えを変えて、いや、実際には、我々は代わりに凍死することになるだろうと言った。どうやら、2000年末までにイギリスの半分が氷に覆われ、マッドマックスのようなディストピアの世界で人口が餓死寸前にまで追い込まれるというのだ。「2000年には、イギリスは単なる貧しい島々になり、約7千万人の飢えた人々が住むようになるだろう」。多くの著名な気候学者が彼を支持した。カリフォルニア大学のケネス・E・F・ワット生態学教授は、「現在の傾向が続けば、世界の平均気温は1990年には約4度低く、2000年には11度低くなる」と主張した。「これは、氷河期に突入するのに必要な量の約2倍である」。

というわけで、お好きなものをどうぞ。焼け死ぬか、凍え死ぬか。

さて、私たちはこのようなマウントバンクスのふざけた行動を笑うかもしれません。なぜなら、私たちの税金は彼らの贅沢な生活のために支払われているからです。そして、アジェンダ2030が私たちの自由を粉々にしてしまうので、私たち(この世界のアル・ゴアではなく)は、金銭的にもその他の現実的な方法で支払うことになります。

https://tapnewswire.com/2021/08/were-doomed-i-tell-ya-doomed/
457 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧