貧困と危機:人類を疲弊させる

2023-04-30

off-guardian.orgより

世界銀行は、COVID政策により2020年に極貧状態に追い込まれた7億人のうち、8割近く(5億6千万人)がインドの人々であると述べています。世界的に見ると、2020年の極貧レベルは9.3%増加しました。

2022年には、その年だけで全世界で25億人が絶対的貧困に追い込まれると試算されています。

英国では、3分の2の地域で貧困が拡大しており、数百万人が暖房をつけず、食事を抜いています。「生活費の危機」によって、1050万人が経済的困難を経験しています。さらに1,370万人が、さらなるコスト増で経済的困難に陥る危険性があります。

英国の生活水準は急落している。例えば、英国の成人の28%(COVID以前は9%)が、バランスのとれた食事をとる余裕がないと回答しています。絶対的貧困は、2021-22年の17.2%から2023-24年には18.3%に上昇し、さらに80万人が貧困に追い込まれると言われています。

イングランドでは、10万人の子どもたちが無料の学校給食から凍結されています。

アメリカでは、約3000万人の低所得者が、連邦政府の食糧援助の一部が取り上げられ、「飢餓の崖」の淵に立たされています。2021年、米国では8人に1人の子どもが飢餓状態にあると推定された。

米国では、中小企業が記録的な勢いで破産申請をしています。2023年の民間破産申請件数は、COVIDの初期段階で記録した最高点を相当数上回っている。2023年2月下旬の民間申請件数の4週間移動平均は、2020年6月と比較して73%も高い。

一方、米国の大手上場企業のうち100社近くが、2019年の水準より50パーセント以上高い2021年の利益率を記録した。

イングランド銀行のチーフエコノミストであるヒュー・ピルは、人々はより貧しくなることを「受け入れる」べきだと述べています。これは、世界最大の資産運用会社ブラックロックの共同創業者であるロブ・カピトの反応と似ている。2022年、彼は、これまで犠牲を払う必要がなかった「非常に権利がある」世代の人々が、まもなく人生で初めて不足に直面することになるだろうと述べた。

危機 - どんな危機?

もちろん、カピトが言っているのは一般の米国市民であり、自分自身ではないのは間違いない。カピトはブラックロックの社長として、2021年の報酬総額は26,750,780ドルだった。

また、ブラックロックに投資することで、飢餓から利益を得ている富裕層にも言及していません。ブラックロックは、グローバル化した食糧システムから利益を得続けている企業で、その設計上、約10億人が栄養失調に陥っています。ブラックロックは、搾取的な食糧体制から莫大な金銭的利益を上げ続ける金持ちの「納屋の野蛮人」の一人である。

KapitoとPillは、普通の人々に「新しい普通」に慣れるように言っているが、他の場所では、世界で最も財政的に有利な分野の1つである武器製造に限らず、通常通りのビジネスが優勢である。ウクライナ戦争は、欧米の武器メーカーにとって「ゴールドラッシュ」である。ヴィクトリア・ヌランドのような裕福なアメリカのネオコンが、モスクワと最後のウクライナ人まで戦うことによってロシアに「政権交代」をもたらそうとし続けているからである。

ヒュー・ピルが普通の人々に「もっと貧しくなることに慣れろ」と言うのは、COVIDの開始時に英国政府が政治的につながりのあるサプライヤーを優先したおかげで、腐敗したCOVID機器契約から(納税者の好意で)何億ポンドも儲けた個人や企業のことを指しているのではない。

そして、これは「一過性のもの」として片付けることはできません。これらの暴露は、大規模な汚職の氷山の一角に過ぎない。

例えば、Byline Timesによれば、党派を超えた議会監視団が、苦境にある町の経済成長を促進するために設けられた36億ポンドのタウンファンドからの資金の授与方法に関する決定が、政治的な動機によるものであるという懸念を表明した。また、過去5年間に40件の大臣規範違反の可能性が調査されていないことも指摘されています。

2023年1月、英国がトランスペアレンシー・インターナショナルの腐敗認識指数で過去最低の順位に転落したのも不思議ではありません。

国連の試算によると、わずか515億ドルで、世界で最も弱い立場にある2億3000万人の人々に食料、住居、救命支援を提供することができるのです。そして、穀物、肥料、食肉、乳製品分野の20社が、2020年と2021年の会計年度において、535億ドルを株主に提供したことを考慮してみてください。

グローバル・ウィットネスによると、「超過利益」とは、企業の財務的リターンが突然大きく増加することで、その原因は自社の行動ではなく、外部の事象によるものです。EUは、利益が過去4年間の平均リターンを20%以上上回った場合に「超過」とカウントするとしています。

Global Witnessの調べによると、民間の大手総合石油・ガス会社5社(Chevron、ExxonMobil、Shell、BP、TotalEnergies)の2022年の年間利益は、1950億ドルでした。2021年比で約120%増加し、業界史上最高水準となりました。

これは、これらの企業が1340億ドルの超過利益を上げたことを意味し、欧州の全政府が合わせて現在のエネルギー危機から脆弱な家庭や企業を保護するために割り当てた資金の20%近くをカバーすることができます。

ブリティッシュガスを傘下に持つセントリカは、2022年に記録的な利益を報告しています。営業利益は33億ポンドを記録し、2021年の9億4800万ポンドから増加した。これは2012年の27億ポンドという過去最高の年間利益を上回った。

2021年5月、COVIDワクチンが少なくとも9人の新たな億万長者を生み出したと報じられた。People's Vaccine Allianceの調査によると、新たな億万長者には、ModernaのCEOであるStéphane Bancelと、ファイザーとワクチンを製造したBioNTechのCEOであるUgur Sahinが含まれています。両CEOの当時の資産は約40億ドルだった。中国のCanSino Biologicsの上級幹部やModernaの初期投資家も億万長者になった。

9人の新たな億万長者は当時、合計193億ドルの価値があったが、ワクチンは大部分が公的資金でまかなわれていた。例えば、CNNが2021年5月に報じたところによると、BioNTech社はワクチン開発のためにドイツ政府から3億2500万ユーロを受け取った。同社は、COVIDワクチンによる売上の分配により、前年同期の5340万ユーロの損失に対し、今年1~3月の3カ月間で11億ユーロの純利益を上げた。

Modernaは、2021年にCOVIDワクチンの売上が132億ドルになると予想されていました。同社はワクチン開発のため、米国政府から数十億ドルの資金援助を受けていた。

この記事では、アグリビジネス、石油、武器、大手製薬という経済的黙示録の4頭の馬に簡単に触れてきた。しかし、最後に5番目、そして最も強力な存在である金融について触れておこう。いま私たちが目にしているような荒廃の火付け役となったセクターだ。

2019年後半には、金融危機が迫っていた。それは2008年のものより何倍もひどいものだった。

調査ジャーナリストのマイケル・バイラントは、欧州だけで1.5兆ユーロの資金が危機対策に必要だったと述べています。欧州の中央銀行を見つめる金融崩壊は、2019年に頭打ちとなった:

「公的資金を略奪して国家を破綻させる大金融、大投資家の意向で公共サービスを破壊する政治家、カジノ経済の収奪などの話は、COVIDで洗い流された。金融帝国が崩壊するのを見た略奪者たちは、社会の閉鎖を決意しました。自分たちが作り出した問題を解決するために、彼らはカバーストーリーを必要とした。それは『新型ウイルス』という形で魔法のように現れた。」

欧州中央銀行が1兆3100億ユーロの銀行救済に合意したのに続き、EUは欧州の国家と企業のために7500億ユーロの復興基金に合意した。数百の銀行に対する長期的な超低金利融資のこのパッケージは、企業や労働者へのパンデミックの影響を緩和するために必要なプログラムとして国民に販売されました。

ヨーロッパで起きたことは、覇権的な金融システムのより広範なシステム崩壊を回避するための戦略の一部であった。そして今、私たちが目にするのは、相互に関連する世界的な債務、インフレ、「緊縮財政」の危機であり、「生活費危機」を隠れ蓑にした史上最大の富裕層への富の移転である。

英国で何百万人もの労働者がストライキを起こすなか、Huw Pillは、彼らの苦境を必然として受け入れるべきだとほのめかした。しかし、そうする理由はない。

世界の億万長者の富は、2020年3月18日から12月31日の間に3.9兆ドル増加しました。彼らの総資産は119億5000万ドルに達し、わずか9.5カ月で50パーセントも増加した。2020年4月から7月にかけて、最初のロックダウンの間に、これらの億万長者が保有する富は、8兆ドルから10兆ドル以上に増加しました。

現在の危機で唯一避けられないのは、50兆ドル以上の隠し口座を持つ超富裕層による完全な略奪を促進するために設定された、負債を抱え、持続不可能な新自由主義が崩壊したことである。


https://off-guardian.org/2023/04/29/poverty-and-crisis-sucking-humanity-dry/

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1007 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧