ネコが動物の死体を持ち帰ることに嫌気がさした飼い主が、問題を永久に終わらせるためにAIラン・フラップを作成

2022-08-15

studyfinds.orgより

イギリス、ノーサンバーランド発-夜中にプレゼントを届ける「冷酷な連続殺人犯」のネコちゃんに起こされることにうんざりしていたイギリスの飼い主が、ネコちゃんが獲物を持ち帰らないようにする人工知能ベースの猫用フラップ「OnlyCat」を発明しました。

Martin Rosinski氏は、定期的に彼とパートナーのMichelle Bowyer氏を一晩に4回も起こし、自慢の獲物を落として大声で鳴く、凶暴なネコのJinxに髪を引き裂かれそうになっていました。眠れないし、ジンクスのかわいそうな犠牲者を助けようとするし、後始末もしなければならないし、とうんざりしていた37歳の技術研究者は、自分の知識を有効に使って、実用的な解決策を考え出すことにしたのである。

「毎晩2~3匹のネズミの配達が殺到していたので、もともと自分用に試作したものです。ジンクスは2年前の2020年12月に、私たちと一緒に暮らすことを決めました。数カ月後、彼女は新しい家を得たことへの感謝の気持ちを、私たちにプレゼントを持ってくることで表現するようになりました」と、ロシンスキーはSouth West News Serviceのインタビューで説明しています。「初めて家で仕事をしていたとき、ジンクスがネズミを持ってやってきて、『ありがとう』と言って目の前のカーペットに捨てたので、ミシェルが騒いでいるのが聞こえました。それが彼らなりの愛情表現なのだ。諭すわけにもいかないので、たくさんお礼を言って、取り上げてあげました。」

「それからこの現象はますます頻繁に起こるようになり、夜中の2時にジンクスが大声で『ヘイ、プレゼントがあるんだ』と宣言して起こされるようになったんだ。」「私たちがすぐに駆けつけなければ、ジンクスは自分で食べることにして、カーペットにネズミのパーツの山をまき散らすことになる。夜中の2時、4時と何度も繰り返され、私たちは眠れなくなるほどでした。彼女の記録は一晩で4回。その晩はネズミ3匹と鳥1羽の狂乱だった。本当にストレスのたまることでした」。

ロシンスキーは、33歳のウェブ開発者であるボーヤーと一緒に、日頃から直面していた問題を解決しようと必死だったという。ソフトウェアと電子工学が大好きな彼は、彼女が獲物を持って中に入るのを阻止するアイデアを考え出した。彼は、カメラを設置し、獲物の存在を検知するAIソフトウェアを開発することで、マイクロチップで動くキャットフラップを作りました。獲物を検知すると、キャットフラップが一時的にロックされ、彼とBowyerの携帯電話に通知が送られる。さらに、侵入を試みた写真も添付される。

昨年6月にOnlyCatのプロトタイプを自宅に設置して以来、12歳の短毛種のジンクスが室内に42人もの被害者を持ち込むのを防いでいます。

「趣味でも仕事でも、ソフトウェアや電子機器、ものづくりが好きな私は、この問題を解決するために必要なスキルセットとツールを持っていると考えました」とロスキンスキーは説明します。「カメラと、カメラからの画像を解析して、空っぽの口か、贈り物がある口かを判断するソフトウェアを導入し、猫用フラップを改造しました。もうひとつは、私たちの携帯電話に通知が送られ、再配達があったことを示す小さな画像が即座に表示されることです。これは信じられないほどうまくいっており、昨年からは別の話になっています。」

このプロジェクトで成功を収めたマーティンは、今度はエンジニアリング会社のトランスミッション・ダイナミクス社で、この製品を商品化し、他のペットの飼い主が犠牲者のいない家庭のメリットを享受できるよう支援することにしたのです。マーティンの弟のトムは、この会社の最高経営責任者(CEO)を務めています。

「私たちは、専門知識と技術を駆使して、人々の生活を変えるような素晴らしい製品を作りたいと考えています」とTom Rosinskiは語っています。「8月16日の発売を考えています。」「"私たちにとって、とてもエキサイティングな時期です。」

ある匿名の男性は、カメラに向かって「私たちの愛猫が冷酷な連続殺人犯だったという事実を受け入れるのに本当に苦労しました」と語っています。

「ミシェルと私は外出中に、別のネズミが侵入を試みて阻止されたという通知を受け取ります。さらに、私たちが家にいるときといないときで、猫が家を出たり入ったりするときの顔を小さなビデオクリップで見ることができるので、猫とのつながりを感じることができます」とRosinskiは言います。 「キャットフラップを設置して1年後、猫が死んだもの、生きているもの、その中間など、さまざまな獲物を持ち込もうとする映像が42本も残っています」。

彼は、この発明が、猫が悲惨な習慣をやめるのに役立ったかもしれないと考えています。2ヶ月前、何かがきっかけとなって、彼女は「こんなもの家に持って帰れない」と悟ったのだと思います。「このままではダメだ」と。「彼女はまだ外で捕まえていますが、家に持ち帰ろうとしても無駄だということを学んだようです、それは救いです。

ロシンスキー兄弟とトランスミッション・ダイナミクスのチームは今、マーティンのプロトタイプの夢を実現しようと考えています。現在、クラウドファンディングで資金を調達し、2023年4月までにOnlyCatキャットフラップを発売することを目指しています。OnlyCatのクラウドファンディングのページで詳細を見ることができます。

サウスウエスト・ニュース・サービスのライター、Helen Le Caplainによるレポートです。

https://www.studyfinds.org/onlycat-flap-martin-rosinski-transmission-dynamics/

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1305 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧