地球の自転速度が速くなり、日照時間が短くなることに科学者たちが困惑


thepremierdaily.comより

科学者たちは、地球が通常よりも速く自転していることを発見しました。実際、2022年6月29日は、地球の自転に24時間マイナス1.59ミリ秒かかり、これまでで最も短い1日となった。このままでは、時計から1秒を削除する必要があるかもしれないと、科学者は警告しています。

宇宙物理学者のグラハム・ジョーンズは、「地球の高速自転が続けば、史上初の負のうるう秒の導入につながるかもしれない」と報告した。原子時計の超安定した拍動に基づく市民時を、空を横切る太陽の動きに基づく太陽時と一致させるためには、負のうるう秒が必要となる。負のうるう秒は、時計が1秒遅れることを意味し、ITシステムに問題を引き起こす可能性がある」。


最も長く記録された日

一般に、地球の速度は長い時間をかけて変動し、1回の自転で数ミリ秒程度長くなったり短くなったりする。しかし、1日の長さは、地球が完全に自転するのにかかる時間(86,400秒)で決まり、これが24時間として知られています。実は数年前まで、地球は自転を遅らせていると考えられていました。国際地球回転基準機構(IERS)は、その遅れを取り戻すためにうるう秒を不定期に追加していた。しかし、最後のうるう秒は2016年12月31日に発生した。

地球は全体的に減速しているかもしれないが、ここ数年で確実にスピードアップしている。2020年には、アトミック時計による計時が始まった1960年代以降、最も短い日が28日記録されています。2020年に最も短かった日は7月19日で、マイナス1.47ミリ秒であった。

2021年も地球は早く回っていたが、1年で最も短い日は2020年のものよりもまだ長かった。しかし2022年、6月29日がマイナス1.59ミリ秒で最短日の新記録を樹立した。そして、その記録は7月26日にほぼ更新され、1日の長さはマイナス1.50ミリ秒になった。

地球の自転を速くしているのは何?

しかし、いくつかの説はある。ひとつは、氷河の融解が北極と南極にかかる重量を減らしているというもの。また、地球内部の溶けたコアの運動が原因という説もある。また、地震が関係しているという説や、月の重力が関係しているという説もある。

しかし、数学のレオニード・ゾトフ教授は、地球が速く回転しているのは「チャンドラーのぐらつき」によるものだという説を広めた。このぐらつきは、1880年代に天文学者のセス・カルロ・チャンドラーが初めて発見したもので、極が14カ月にわたってふらつくことに気づいた。この周期的な動きは2000年代に入ると遅くなり、2017年から2020年にかけて消滅した。しかし、ゾートフの理論はまだ査読を受けていない。



なぜ、地球の速度が重要なのか?

一日が1ミリ秒、2ミリと短くなっていることに気づくのは、よほどのことがない限り無理な話だ。しかし、地球の自転が速くなると、現実の世界に影響を及ぼす可能性がある。本来、GPS衛星に使われている原子時計は、地球の自転によって変化することはありません。つまり、衛星が使えなくなる可能性があるのです。速度が上がるということは、地球が同じ位置に戻るのが早くなるということであり、半ミリ秒違えば、赤道では10インチ、26センチメートルもずれることになるのです。同様に、NTP(Network Time Protocol)サーバーと同期しているスマートフォンやパソコン、通信システムも同様の事態に陥る可能性がある。

この問題を解決するために、タイムキーパーは、回転する惑星に追いつくために負のうるう秒(ドロップセコンドとも呼ばれる)を追加する必要があるかもしれない。もちろん、そうすれば、時間の定義の仕方や、より良い方法があるかどうかなど、さまざまな問題が出てくる。しかし、2022年6月29日を史上最も短い日として祝うことを除けば、今のところ変更の必要はなさそうだ。

https://thepremierdaily.com/scientists-baffled-earth-spins-faster/
412 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧