タイムトラベルで情報収集と未来の大統領を予測する


exopolitics.orgより

アンドリュー・D・バシアゴ(J.D.)が、1969年から1972年にかけて正式に参加したペガサス計画に関連するタイムトラベル体験について、さらに明らかにした。このインタビューでは、2045年にタイムトラベルしたときに遭遇したことについて、詳しく説明しています。タイムトラベルの厳しさに耐えるための実験の一つとして、年齢を重ねたことについても述べている。

アンディは、タイムトラベルの技術を使って、未来の大統領や公職者をあらかじめ特定する方法について述べている。ジョージ・W・ブッシュ、ビル・クリントン、バラク・オバマの各大統領や、ドナルド・ラムズフェルド国防長官がその例である。2001年9月11日の同時多発テロのような、未来の出来事の情報収集は、ペガサス計画の重要な側面だったのです。

このインタビューでアンディは、ラムズフェルドがプロジェクト・ペガサスで果たした重要な役割と、彼がアンディや他の子供たちとの交流の中でどのように倫理的に振る舞ったかを語っています。ラムズフェルドは、ニクソン大統領とのジャッキー・グリーソン・ホームステッド空軍基地事件など、その後の出来事にも関わっています。また、9月11日のテロ事件の1日前に国防総省の闇予算を明らかにし、ペンタゴンの官僚主義に阻まれた米国宇宙軍団の創設を支持したことについても語られています。


https://www.youtube.com/watch?v=udmjTcwkfzw

このインタビューは、アンドリュー・バシアゴの継続的なシリーズの第2回目です。7月5日に公開されたマイケル・サラ博士との最初のExopolitics Todayインタビューは、こちらをクリックしてください。

https://exopolitics.org/using-time-travel-for-intel-gathering/
377 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧