ベンジャミン・フルフォード・レポート。バイデン中近東旅行の失敗の後、米国崩壊へのカウントダウンが始まる


eraoflight.comより

偽米国大統領バイデンは、最近の中東への物乞い旅行で石油を手に入れることに失敗した。これは、米国と西ヨーロッパの崩壊のカウントダウンが始まったことを意味する。革命が起こり、後戻りはできないだろう、と複数の情報筋が同意している。

バイデンのハンドラーたちは、石油と引き換えに大量の武器売却を正当化するために、イランを「敵」として利用することを望んでいた。駐ワシントン・サウジアラビア大使のレンマ・ビン・バンダル・アル・サウドは、「安全保障のための石油パラダイム」を「時代遅れで還元主義的」と断じ、この地域の考えを要約している。石油のための武器がないということは、米国とその顧客国にとって石油がないということである。石油がなければ、経済活動もない。

一方、ハザリアンマフィアは、瀕死の獣のように、恐怖ポルノ、生物兵器、戦争の脅しを吐き出し、避けられない事態を食い止めようと必死になっている。しかし、彼らの医療マフィアは、このビデオメディアが示すように、組織的に追い詰められ、殺されている。



ここで、「バイデン」の中東訪問の本当の意味を見てみよう。彼が何もないところから印刷されたお金と引き換えに、無料の石油を継続的に得ることに失敗したことは、米国をはるかに超える影響を及ぼすことになる。それは、BIS、国連、EU、そしておそらくローマ教皇庁の終わりを意味する。

なぜそうなるのかを理解するために、背景を少しおさらいしておく必要がある。まず、BIS(中央銀行の中央銀行)は、1930年にアジアの金を使って設立された。この金は、第一次世界大戦末に締結されたベルサイユ条約に基づく義務をドイツが果たすために貸し出されたもので、その代わりにアジア人は、東西の古代王家(龍家)を背景監督とする世界議会として国連を設立すると約束された。

しかし、第二次世界大戦が終わると、戦勝国は貸与された金を使って地球全体を発展させるという約束を破り、代わりに自分たちの支配する国(現在のG7)だけを発展させるマーシャル・プランに踏み切ったのである。

その報復として、アジア諸国は金塊の入手を断念した。アメリカが金を使い果たしたとき、1971年の「ニクソン・ショック」が起こりました。このとき、ドルは金と切り離された。その代わりに、世界の国々はドルを使って石油を買わなければならなくなった。

これはアメリカにとって巨大なシュガーハイだった。世界各国は石油を買うために、アメリカに対して貿易黒字を持たなければならなかった。その結果、ドルが強くなり、アメリカ人は自由にお金を使えるようになった。しかし、その結果、アメリカの産業は競争力を失い、50年以上にわたる貿易赤字によって、アメリカは世界史上最も債務を抱えた国になってしまった。

そして2008年、ついに世界中がアメリカへの融資を停止し、「リーマン・ショック」が起きた。

その時、アメリカは黒人の共産主義者を大統領にすると約束して、時間を稼ぐことができたのです。この時点で読者は、共産主義はバチカンによって、あるいはバチカンを支配するP2フリーメイソンによって作られ、オバマは彼らの家の奴隷であることを知る必要がある。

いずれにせよ、オバマの策略はアジア人に700トンの金をアラン・グリーンスパン率いる連邦準備制度理事会に渡すように仕向けた。アラン・グリーンスパン率いる連邦準備制度理事会に700トンの金を渡しました。この金は1000倍のレバレッジで23兆ドルになり、2020年までアメリカ合州国を存続させることができました。

2020年1月に資金が尽きると、ハザリアンマフィアが支配する西側諸国は、大規模な生物兵器とワクチン攻撃で対抗した。彼らは、自分たちが権力を維持できるように、十分な数の人々を殺害することを望んだ。この努力は失敗に終わった。

彼らはまた、ジョー・バイデンがフロントマンを務めるバラク・オバマを呼び戻すと約束することで、米国企業のための資金を得ることに成功した。

今、偽バイデン政権のふざけた態度に一般的に嫌気がさした結果、この資金は途絶えてしまった。このような背景のもと、まさに歴史的な出来事が目の前で繰り広げられているのである。

ニュースでは、複数の政府が倒れ、G7が他の世界経済から孤立していることに見ることができます。

この状況について、ドラゴンファミリーの担当者に話を聞いた。先週、スイスでバチカンとドラゴン・ファミリーの代表者による緊急会議が相次いで行われたそうです。その結果、スイスの銀行の金庫にある金塊はすべて、それを所有するアジアの王族に返還されたとのことだ。"金塊は今、香港にある "と彼は指摘する。これは、BIS設立のために貸し出された金塊や、清の王室から盗まれた金塊など、関連する金塊であったという。

ローマ法王は先週、スイスでドラゴン家の代表と会って状況を話す予定だったが、イタリアのドラギ政権が倒れたため、直前になって呼び戻されたという。現在、法王は来週カナダに飛んだ際に、ドラゴン・ファミリーの代表と会う予定になっていると、彼は続ける。"法王はまもなく新しい行軍命令を受けることになる "と彼は言う。

ドラゴン・ファミリーの代表が言わなければならなかったもう一つのことは、すべての極秘金融コードが変更され、新しいコードを受け取らない人々はすべて「裏切り者として殺されるだろう」と、この情報筋は約束した。

私たちは、スイスの伝説的な金塊保管庫が空であることを独自に確認する方法を探したところ、次のような部分的な確認ができました。

スイスの中央銀行は、主に首都ベルンにあるブンデスプラッツ1番地にその金と外国の中央銀行や国際決済銀行の金を保管している。

この金庫は、世界でも有数の規模を誇る。しかし、改修工事のため、現在は空っぽになっている。金属は一時的にスイスの山奥にあるカンデルシュテッグ近くの連邦政府のバンカーに移されている。

https://www.gainesvillecoins.com/blog/swiss-central-bank-moved-its-gold-mystery

筆者には、金地金現物ディーラーに、なぜ保管庫が空なのかを説明するための口実にしか聞こえません。

また、2015年に発表されたオーストリア中央銀行によるロンドンからスイスへ50トンの金塊を移動させる計画が実施されていないことも判明した。これについて、オーストリア中央銀行は次のように説明しています。

移動が延期されたことを確認することができます。しかし、関係する外部パートナーの企業秘密を保護する契約上の義務を果たすため、詳細を開示することはできません。

https://www.gainesvillecoins.com/blog/austrian-gold-via-london-switzerland-has-not-arrived

BIS、国連、IMF、世界銀行、そしてその傘下のUNITED STATES OF AMERICA CORPORATIONが資金不足に陥っていることを確認する公開ニュースがたくさん流れています。パキスタンやスリランカのような国に対するIMFの約束のお金が届かないのはそのためです。

そして、ユーロ、日本円、その他の通貨が米ドルに対して過去20年間で最も下落しているのを目にする。表面的には、企業のプロパガンダメディアが信じ込ませているように、これは米国が強いというサインだろう。



現実には、米国連邦準備制度は新しいドルを印刷することができない。なぜなら、世界の他の国々はそれを受け入れないからである。歴史的に対米貿易黒字の国が稼いだドルだけが受け入れられる。つまり、使えるドルには限りがあり、これがドル高の理由である。

日本やEUといったアメリカの顧客国は、自分たちの主人を維持するために、円やユーロを財政に注入している。しかし、このような資金注入の結果、これらの通貨の価値が下がり、現在では観察されるようになった。

米国はまだ国内経済に不換紙幣を投入することができる。そのため、Shadow Statsが計算する実質インフレ率は6月に17.4%に達した。しかも、実質的な失業率が24.3%の国でである。フルタイムの仕事を持つ人々でさえ、インフレのためにフードバンクに頼らざるを得ないほど悲惨な状況なのである。

https://www.zerohedge.com/personal-finance/food-banks-seeing-flood-families-despite-low-unemployment

一方、アメリカ政府は偽バイデンの下で、ジャンキーのように振る舞い、浮き足立つためにすべての持ち物を質屋に持ち込んでいる。このため、バイデンは戦略石油備蓄から中国に石油を売却している。米国の武器在庫が、「ウクライナに送る」という口実で世界の闇市場で売られているのもこのためだ。

これらの本物のホワイトハウスと偽物のホワイトハウスの画像が証明しているように、バイデン率いるいわゆるアメリカ政権全体は現在、一つの巨大なサイコ・オプスである。

http://www.shadowstats.com/




これらの出来事を予言したノストラダムスの写真を送っていただきました(下図参照)。



ネットで調べたノストラダムスの著作にはなかったが、現在の状況をよく反映している。

米国が革命に向かう兆候である。世論調査によれば、「米国のすべての機関に対する平均的な信頼度は27%という最低値を更新した。最も低いのは議会で、支持率はわずか7%だ」。

https://news.gallup.com/poll/394283/confidence-institutions-down-average-new-low.aspx

ヨーロッパではすでに政権がトップになっている。イギリスではボリス・ジョンソンが預けられた。EUの前中央銀行総裁マリオ・ドラギはイタリアに預けられ、エストニアの政府首脳は去った。

さて、フランスからこんなメッセージが届いています。

マクロン大統領は「フランスへの裏切り」で緊急捜査の中、辞任せよ

https://www.express.co.uk/news/politics/1638513/Emmanuel-Macron-resign-uber-investigation-latest-Uber-files-scandal-France

フランス議会は、国全体を動物農場にしてしまうマクロンの予防接種証明書発行計画も拒否している。



エネルギー不足は、ヨーロッパでも経済を麻痺させている。

ケムニッツ・シュタットヴェルケのボス、ローランド・ワーナー氏は、年間のガス代が10月の1,500ユーロから4,700ユーロに上昇する可能性があると指摘した。"社会不安が起きれば、国家は対処できない"

https://www.reuters.com/business/energy/german-firm-calls-energy-price-cap-avoid-social-unrest-2022-07-13/

「私たちは、この国がこれまで経験したことのないような大きな危機に直面しています。私たちは正直に言わなければならない。まず第一に、我々は長年にわたって得てきた繁栄を失うだろう」と、ドイツ雇用者連盟の代表であるライナー・ドゥルガーは警告した。

https://rmx.news/article/we-will-lose-the-prosperity-that-we-had-for-years-president-of-german-employers-association-warns-of-coming-crisis-over- ロシア・ガス削減/

一方、フランスでは、電力網が崩壊し、夜間の街灯を消すことを余儀なくされている。西ヨーロッパ全体の25%の電力を生産しているフランスの原子炉は、46%の稼働率でしかない。先週、電気料金は18%上昇し、1メガワット時あたり500ユーロとなり、1週間の終値としては過去最高となった。

https://www.zerohedge.com/weather/france-cuts-nuclear-power-generation-amid-record-breaking-heatwave

https://www.zerohedge.com/geopolitical/macron-announces-street-lights-will-be-turned-response-energy-crisis

同様の状況は、イタリア、ハンガリーなどでも観察できる。

破産した西側諸国は、偽の環境規制を使って、もはや肥料を支払う余裕がないという事実を隠蔽している。このため、アルゼンチン、イタリア、スペイン、ポーランドなどの農民は、オランダの農民と一緒になって、世界中で大規模な抗議行動を起こしている。




ヨーロッパの危機は他の地域にも影響を及ぼしており、自暴自棄になったヨーロッパ人が肥料やエネルギーで発展途上国を出し抜いたからである。

ヨーロッパのLNG輸入量は、年初から6月中旬までに49%増加、パキスタンの輸入量は同期間に15%減少、インド向けは16%減少、中国のLNG輸入量は5分の1以上減少している。

https://www.zerohedge.com/energy/europes-insatiable-thirst-lng-causing-blackouts-developing-countries

スリランカからパキスタン、パナマから中国まで、多くの国で社会的不安定を引き起こしている。

中国では、住宅市場の崩壊により、市民による債務免除や債務帳消しが行われている。このため、50都市以上の住宅購入者が、中国全土の100以上のプロジェクトの住宅ローンの支払いを停止している。



https://www.zerohedge.com/economics/damage-could-be-huge-chinese-banks-tumble-swept-mortgage-nonpayment-scandal-borrowers

一方、世界はG7や国連といった欧米主導の機関に代わるBRICSの構築に躍起になっている。アルゼンチン、エジプト、サウジアラビア、トルコがBRICSへの加盟を申請していることは以前から報道されていた。ドラゴンファミリーの関係者によると、インドネシアが参加することになったそうだ。

日本では、戦後の奴隷制の崩壊はもはや避けられないようだ。先週、日本政府が「殺された」奴隷首相、安倍晋三の葬儀を行ったとき、世界の指導者は一人も出席しなかった。それは、彼が本当のリーダーではなく、ただの奴隷だったことを世界が知っているということだ。また、安倍に非常に近い人物から、本物の安倍が亡くなったと連絡があった。

https://eraoflight.com/2022/07/19/benjamin-fulford-report-countdown-to-us-implosion-begins-after-failure-of-biden-mid-east-trip/
797 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧