ビル・ゲイツが突然、気候破滅論を放棄

2023-09-29

expose-news.comより

ビル・ゲイツは突然態度を変え、"気候の破滅"という説話を捨てようとしているようだ。ちょうど、多くの人々が気候変動の見せかけを見破り、自分たちの生活がいかにグローバリズムに搾取されているかを実感しているのと同じように。

"気候災害を回避する方法"の著者であるゲイツは、過去10年間、世界は人口過剰であり、気候の破滅が差し迫っていると警告してきた。ビル・ゲイツは、地球を救うためには「2050年までに正味の炭素排出量ゼロ」を達成しなければならないと言う。

その一方で、ゲイツは自家用ジェット機で世界中を飛び回り、平均的な人が一生の間に排出する二酸化炭素の量を1年で上回っている」と、以下の記事を書いたNewsTargetのランス・D・ジョンソンは言う。

ビル・ゲイツ氏、気候の破滅説を突然捨てる グローバリズムに反発する住民たち

より多くの人々が気候変動を見破り、自分たちの生活がいかにグローバリズムに搾取されているかに気づくなか、ビル・ゲイツは突然、気候変動の破滅説を翻した。ニューヨークのタイムズ・センターで行われたライブ・スピーチで、ゲイツは突然、気候変動の破滅的なシナリオにUターンした。彼は、"温帯の国が住めなくなることはない "と言った。

ゲイツの最新の発言は、気候の破滅に関する著書が出版されたわずか2年前の公的コメントとは対照的だ。2021年のFox News Sundayのクリス・ウォレスとのインタビューで、ビル・ゲイツはこう言った。"シリアの内戦で見られた移住は、天候に多少左右されるものだった。

そして、なぜ彼がその姿勢を軟化させているのかを理解するのは簡単だ。

恐怖に駆られ、世界の終わりを告げるような気候変動説はもはや大衆には通用せず、ゲイツは人々が操作と搾取を見抜いていることを知っている。

気候変動を力ずくで推進しようとすれば、"気候変動は好きだが、そのコストを負担して生活水準を下げたくない"と言う人が出てくる。言い換えれば、ゲイツは自分の気候変動への投資が、世界中の何百万もの人々の生活水準を破壊する一助となっていることを知っているのだ。

ビル・ゲイツの気候変動政策によって略奪される貧困層と労働者階級

貧困層や労働者階級は、グローバリストのネット・ゼロ気候変動政策や、世界的に行われているグリーン・ニューディール・エネルギー配給制やマネーロンダリングによって最も影響を受けている人々である。

国連による農業とエネルギー生産の中央計画は、その両方を抑制し、食料とエネルギーのコストを押し上げ、多くの人々の生活水準を低下させている。

今、人々は社会主義やグリーン・ニューディール、そして世界中の企業や政府に浸透している「ESG」(環境・社会・ガバナンス)スキームに反発している。これらの政策は経済成長を遅らせ、エネルギーコストを上昇させ、何十億ドルもの税金を浪費してきた。

化石燃料は依然として米国のエネルギー生産と消費の約80%を占めている。パイプラインと掘削を停止させようとするバイデン政権の試みは、手ごろなエネルギー価格に頼って生活している貧困層や労働者階級を苦しめるだけだ。

米国では、バイデンのグリーン・ニューディールによって創設された270億ドルの「国家気候銀行」は、浪費、詐欺、乱用、そして明白な社会主義をもたらしただけだった。ジョン・ケリー気候変動担当相のような)政府の中央計画者は、経済の勝者と敗者を選ぶ権利があり、市場のイノベーションを阻害し、数え切れないほどの雇用と生活を根底から覆す。

その一方で、アメリカのエネルギーと技術革新を自滅させることで、アメリカはロシアのような外国に対してより脆弱になっている。国連の気候変動ヒステリーや人口抑制に屈しないロシアは、その強固で多様なエネルギー生産と輸送システムによって、アメリカやヨーロッパに対する影響力を増している。

こうした理由だけでも、ビル・ゲイツとグリーン・ニューディールを推し進めるグローバリストたちは現実からかけ離れている。彼らは、庶民の食事や通勤、冷暖房を難しくしているだけでなく、彼らの妄信的な政策は、国家の主権を崩壊させ、国民をより脆弱にし、その過程で世界の安全性を低下させているのだ。

ソースはNewtargetのランス・D・ジョンソン。

https://expose-news.com/2023/09/27/bill-gates-suddenly-abandons-climate-doom-narrative/


このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
887 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧