We Will Never Let You Down,翻訳第2回

2022-07-14

Dwight D. Eisenhower, 34th President of the United states of America, and his great grand-daughter Laura.
第34代アメリカ合衆国大統領ドワイト・D・アイゼンハワーと曾孫のローラ。

翻訳第1回は以下リンク
https://keen-area.net/2022/912/

FOREWORD by Laura Magdalene Eisenhower
Just feeling into the name of the title of the book, has stirred some deep emotion, as here on Earth sometimes we ask the question, are there benevolent ET's assisting us? I have always felt this was the case, as some of the experiences I had as a child, revealed to me their presence and information in the form of images and telepathy, about timelines and the stellar activation cycle taking place around the prophesized 2012 window period.
They were helping to prepare me for what was to come. Eisenhower appeared to me often, assisting me over the years to uncover information and secrets, that they want humans to never know about. They are attempting to rewrite history and this book, is helping to rescue what might have been buried and forgotten. A book like this, can help us to align with Truth, inviting us to explore a much vaster picture than the one we face on a day to day level.
We need to step up though and help ourselves with the inspiration that some of the tasks that seem impossible, like rescuing children from underground bases, is in fact taking place. There are light forces working with Military to achieve what so many of us pray for and advocate for, by drawing awareness to the fact that these things are happening.
There is a much larger galactic War and the targeting of Earth humans, to not reach our full potential, is not something we are left to try and handle all on our own. Our galactic star families are with us and are affected as well. We all have a profound connection to the Multi-dimensional nature of reality. When we begin to switch on dormant strands of DNA and perceive higher harmonic Universes, we will begin to remember our greatness and divine potential. We have to first start with connecting with it on a consciousness level though.


序文:ローラ・マグダレーン・アイゼンハワー

この本のタイトルを見ただけで、深い感動を覚えました。
この地球で、私たちは時々、善意の地球外生命体が私たちを助けてくれているのではないか?
子供のころに経験したいくつかの出来事は、彼らの存在と、タイムラインや予言された2012年の窓の時期に起こる恒星の活性化サイクルに関する情報を、映像やテレパシーの形で私に明らかにしてくれたからです。
彼らは、これから起こることに備えて、私を助けてくれたのです。アイゼンハワーが、何度も現れては、人類に知られたくない情報や秘密を暴く手助けをしてくれました。人類に知られたくない情報や秘密を暴くために。彼らは歴史を塗り替えようとしています。この本は、埋もれて忘れ去られたかもしれないものを救う手助けをしてくれます。この本は、私達を真実に導くものであり、私達が日常的に直面しているものより、ずっと大きな絵を探求するよう、私達を誘うものです。
しかし、私たちは、地下基地から子供たちを救出するような、不可能に見えるタスクが実際に行われているというインスピレーションを得ることで、自分たちを助け、ステップアップする必要があります。私たちの多くが祈り、提唱していることを、こうしたことが起こっているという事実に意識を向けることで、実現しようとする光の力がミリタリーとともに働いているのです。
もっと大きな銀河戦争があり、地球人が狙われているのは、私たちの潜在能力を十分に発揮できないからで、私たちだけで何とかしようと思ってできることではありません。私たちの銀河の星の家族も私たちと共にいて、同様に影響を受けています。私たちは皆、現実の多次元的な性質と深いつながりを持っています。私たちが眠っているDNAの鎖にスイッチを入れ、より高い調和のとれた宇宙を知覚し始めたとき、私たちは自分の偉大さと神聖な可能性を思い出し始めるでしょう。しかし、私たちはまず、意識レベルでそれとつながることから始めなければなりません。


What they can't do for us though, is believe they are real and deprogram, but if we do call upon assistance, that is where a link and connection begins to form and the creative flow of our lives can help us to begin to find answers and ways to heal and transform and overcome these assaults. For some, they might experience direct contact. Whether that takes place in your life or not, it eventually will. This is where we are heading, into our galactic consciousness and living on an Earth that has a direct connection with our Star families, without the veils and Net that has kept us in an illusion of separation.
Elena having such visceral encounters with Thor Han and others who helped rescue her from the hostile Gray abductions she experienced, she was able to, through the assistance of Thor Han, who has stayed with her as a guide, meet Val Thor in person. She asked him questions that helped confirm so much of what I knew deep down, that Eisenhower didn't sell us out to the Grays and this was indeed done behind his back.
I started looking into Val Thor and the whole story years ago, as my path led me to meeting many who had a strong connection with Frank Stranges, who wrote the book, "Stranger at the Pentagon". Many synchronicities took place and I got more connected through a person named Craig Campobasso, who produced a movie and had contact experiences with Val and the crew of Victor One. His short film was called, "Stranger at the Pentagon", just like the book. I spent time at his house, looking through fascinating pictures and hearing incredible stories and the familiarity and connection to these beings from Venus, lit up my heart and Soul in the most activating of ways.
A woman one time approached me at a conference, her name Leslie Vanderham. Her father was very involved in things that took place during this time of history. She was told about me and to come find me at a conference. The incredible part is, is that it was her spirit guides who told her. She explained to me that Val Thor and Dwight Eisenhower were her guides since childhood and she knew much about their relationship and connection and we became great friends.


しかし、もし私たちが援助を求めたら、そこにリンクとつながりが生まれ、私たちの人生の創造的な流れが、これらの攻撃を癒し、変化させ、克服するための答えと方法を見つけ始めるのを助けてくれるのです。人によっては、直接のコンタクトを経験するかもしれません。あなたの人生でそれが起こるかどうかは別として、いずれは起こるでしょう。これは、私たちが銀河系意識に向かい、私たちを分離の幻想に閉じ込めているベールやネットを取り除き、スターファミリーと直接つながった地球に住むということなのです。
エレナは、敵対的なグレイのアブダクションから彼女を救ってくれたトール・ハンや他の人々と直感的に出会い、ガイドとして一緒にいるトール・ハンの助けで、ヴァル・トールに直接会うことができた。アイゼンハワーがグレイに私たちを売ったのではないこと、そしてそれはアイゼンハワーに隠れて行われたものであることを、彼女は彼に質問し、私が心の底で知っていたことの多くを確認することができました。
私は何年も前にヴァル・ソーとその全容を調べ始め、「ペンタゴンのならず者」という本を書いたフランク・ストレンジズと強いつながりを持つ多くの人々と出会うことになりました。多くのシンクロニシティが起こり、私はクレイグ・カンポバッソという人物を通じてさらにつながりを持つようになりました。彼は映画を制作し、ヴァルやビクター・ワンのクルーと接触した経験を持っています。彼の短編映画は、本と同じように「ペンタゴンのならず者」というタイトルでした。私は彼の家で時間を過ごし、魅力的な写真を見たり、信じられないような話を聞いたりして、金星からの存在への親しみとつながりが、私のハートとソウルを最も活性化する方法で照らしてくれました。
あるとき、会議の席で、レスリー・バンダーハムという女性が私に話しかけてきました。彼女の父親は、この時代に起こったことに深く関わっていました。彼女は私のことを聞かされ、カンファレンスで私を見つけるように言われました。信じられないことに、それは彼女のスピリットガイドが告げたことでした。彼女は、ヴァル・ソーとドワイト・アイゼンハワーが子供の頃からの彼女のガイドであり、彼らの関係やつながりについてよく知っていて、私たちは大親友になったのだと説明してくれました。

Learning about how Val Thor tried to help Eisenhower and the friendship they formed, really hit home to me. There is so much that happened during thi s time, as far as how much they attempted to tum things around in a positive way for the human race. The hostile take over of these malevolent beings that Elena goes into detail about in her book, he was not able to stop, because the Deep State and their dark agendas, were able to make decisions on behalf of the human race, that the President did not have control or authority over. Laws were signed in 1947.
After the Roswell crash in 1947 and with the help of Truman signing new secrecy and security laws, a secret cabal (who called themselves MJ-12 or Majestic 12) took over the UFO and ET issue, and took it underground. It went black.
MAJ12 had made it a secret law above the President in 1947, that the entire subject and knowledge of UFO's and their Occupants was to remain the Highest Guarded Secret only above Atomic Weapons.
The Nazi's were successful in taking over the Military Industrial Complex and much of the Government in the United States and Europe. The crushing reality that Eisenhower was up against, troubled him greatly, knowing he was in the dark and the attempts at bringing about Disclosure were constantly thwarted. His advisors and those he thought were on his side and the side of humanity, were connected to the very system of dark control, he tried to defeat in World War 2. Only to begin to discover that they had infiltrated their way into the USA, leading us down a road that would eventually seek to strip us of our freedoms and capacity to reach our human potential.
Val attempted to warn him about the coming dangers, which I firmly believe influenced his farewell speech, to bring us the grave warning about the Military Industrial Complex and the implications.
"In the councils of government, we must guard against the acquisition of unwarranted influence, whether sought or unsought, by the military-industrial complex. The potential for the disastrous rise of misplaced power exists and will persist.


ヴァル・ソーがアイゼンハワーを助けようとしたこと、そして二人が築いた友情は、私にとって本当に心に響くものでした。アイゼンハワーの時代には、人類にとって良い方向に物事が転がっていこうとしたことがたくさんありました。エレナが著書で詳しく紹介している、悪意ある存在による敵対的買収を止めることはできませんでした。ディープステートとその闇の勢力が、人類のために、大統領の権限外の決断を下すことができたからです。1947年に法律が制定されました。
1947年のロズウェル事故の後、トルーマンが新しい秘密保護法に署名したのをきっかけに、秘密結社(MJ-12またはマジェスティック12と自称)がUFOとETの問題を掌握し、地下に潜らせるようになったのです。闇に葬られたのです。
MAJ12は、1947年に大統領直属の秘密法として、UFOとその乗員に関する全ての主題と知識を、原子爆弾に次ぐ最高機密にすることを決定しました。
ナチスは、アメリカとヨーロッパの軍産複合体と政府の大部分を乗っ取ることに成功した。アイゼンハワーは、自分が闇の中にいること、情報公開の試みが常に妨害されていることを知り、直面する厳しい現実に大いに悩まされた。アイゼンハワーの顧問や、自分の味方、人類の味方だと思っていた人たちが、第二次世界大戦で倒そうとした闇の支配システムそのものとつながっていたのです。しかし、彼らがアメリカに潜入し、最終的に私たちから自由と人間の潜在能力を奪おうとする道に私たちを導いていることを発見し始めた。
ヴァルは、来るべき危機について彼に警告しようとしました。そのことが、彼の告別式での演説に影響を与え、軍産複合体とその影響についての重大な警告を私たちにもたらしたと私は確信しています。
「政府の審議会では、軍産複合体が、求めても求めなくても、不当な影響力を獲得することを防がなければならない。見当違いの権力による悲惨な台頭の可能性は存在し、今後も続くだろう。

We must never let the weight of this combination endanger our liberties or democratic processes. We should take nothing for granted only an alert and knowledgeable citizenry can compel the proper meshing of huge industrial and military machinery of defense with our peaceful methods and goals, so that security and liberty may prosper together."
Things were getting very obvious before his meeting with Val Thor. Realizing he was denied access to information about Secret Space programs and how these technologies were being used. He was furious.
According to the Freedom Articles that have gathered much Intel. Things were out of control and Eisenhower wanted to find out who these black military groups were and what they were doing. When Eisenhower contacted them, MJ-12 replied that they were outside the jurisdiction of the White House and that their material was classified on a "need-to-know" basis — which went above the Presidency. This apparently infuriated Eisenhower, who sent 2 CIA agents (including Anonymous who was interviewed on this subject and revealed most of this on his death bed) to tell the head of MJ-12 to report to him within a week — else he would take the 1st army from Colorado and invade Area 51 and S4! Eisenhower actually threatened to invade Area 51 if these rogue military operatives would not surrender control of the UFO and ET issue.
Dwight Eisenhowers farewell speech clearly spells out how important it is for us to wake up. The War must be won within, as this is a War on Consciousness. In all my research and meeting so many who have survived the torture and abuses at the hands of the Deep State, with Project Paperclip and Mockingbird and so many mind-control projects, it is a War on our minds. The tactics of using mind-control and indoctrinating social engineering strategies to dupe the masses, many of us have been watching, as we have been discarded and censored, with labels like conspiracy theorists and anything to discredit this most crucial and important information coming forward.


この組み合わせの重さが、私たちの自由や民主的プロセスを危険にさらすようなことがあってはならない。警戒心と知識のある市民だけが、巨大な防衛産業・軍事機構と平和的な方法・目標を適切に結びつけ、安全と自由が共に栄えるようにすることができるのです」。
ヴァル・ソーとの会談を前にして、事態は非常に明白になってきた。ヴァル・ソーと会う前に、秘密宇宙計画やその技術がどのように使われているかについての情報へのアクセスを拒否されたことに気づいたのだ。彼は激怒した。
多くの情報を集めたフリーダム・アーティクルズによるとアイゼンハワーはこの黒い軍事集団が誰で、何をしているのか知りたかったのです。アイゼンハワーが彼らに連絡すると、MJ-12は、彼らはホワイトハウスの管轄外であり、彼らの資料は「知る必要がある」ベースで分類されていると答えた--それは大統領職の上を行くものであった。このことにアイゼンハワーは激怒し、CIAのエージェント2名(この件に関してインタビューを受け、死の床でこの内容のほとんどを明らかにしたアノニマスを含む)を送り込み、MJ-12の責任者に1週間以内に報告するよう伝え、さもなければコロラドから第1軍を連れてきてエリア51とS4へ侵攻すると言ったのです!アイゼンハワーは実際に侵攻すると脅しました。アイゼンハワーは、もしこれらの不正な軍人がUFOと地球外生命体の問題の支配権を放棄しないなら、エリア51を侵略すると実際に脅したのである。
ドワイト・アイゼンハワーの退任演説は、私たちが目覚めることがいかに重要であるかを明確に物語っています。これは意識との戦いなので、戦争は内部で勝たなければなりません。ペーパークリップ計画やモッキンバード計画など、ディープ・ステートの手による拷問や虐待を生き延びた多くの人々に会い、調査した結果、これは私たちの心に対する戦争であることがわかりました。マインドコントロールと、大衆を騙す社会工学戦略を駆使する戦術を、私達の多くは見てきました。陰謀論者のようなレッテルを貼られ、検閲され、この最も重要で重要な情報を信用させないために何でもされてきたのです。

Meeting Elena was life-changing for me. I don't always read comments or respond, but hers jumped out at me, as there was a frequency to it and it just jumped out of my computer screen. I had never heard of her before and she mentioned a few things that absolutely alerted me, that I must reach out to her. She mentioned her contact experiences and the name Val Thor and Eisenhower, but kept it short and to the point, but so much more came to me, in just reading a few words and that we should get in touch.
I reached out to Elena and did an interview with her. I felt such an incredible sincerity, truth frequency and pure heart and Soul of profound divine love and wisdom. I was stunned when she got to the part of explaining some of the things I new deep down were true. As we have gotten to know each other more, I was even more stunned to discover that she had a conversation with Val Thor about me. The love and protection and recognition of my path and mission to bring about truth and awakening, involved needing to be exposed to the wicked darkness, so I could help humanity overcome it.
Hearing what he told her, has been a tremendous validation to this challenge me and so many others have taken on. It also wasn't something I could doubt. These accounts Elena shares, her story and many others, is a greater reality we must embrace, to dismantle the artificial. Of course with discernment. Ultimately this is guiding one closer to the self, intuition and spiritual freedom. The presence of these incredible benevolent beings of Christ light and love, they are here, they will never let us down.
May we not let ourselves down and turn the other way and look to ones who do not wish us to thrive and be Sovereign. May we all come together with integrity, compassion, humility and mutual respect and with great empowerment, may we all meet around the great cosmic campfire with joy in our hearts, as we will witness in ourselves and each other -- the trauma and weariness we might be carrying around here at times on Earth, becomes the Diamond Heart that has braved the harshness and darkest of realms, but claimed victory because of Truth and Love. We are Spirit Warriors and nothing can stop us.


エレナとの出会いは、私の人生を変えました。私はいつもコメントを読んだり、返事をしたりすることはないのですが、彼女のコメントには周波数があり、私のコンピューターのスクリーンから飛び出してきたのです。私は今まで彼女のことを聞いたことがなかったのですが、彼女はいくつかのことを述べていて、私は絶対に彼女に連絡を取らなければならないと警告を受けました。彼女は、自分の経験やヴァル・ソー、アイゼンハワーの名前について触れ、短く要点をまとめていましたが、いくつかの言葉を読んだだけで、もっと多くのことが私に伝わり、私たちは連絡を取るべきだと思ったのです。
私はエレナに連絡を取り、インタビューを行いました。私は、信じられないほどの誠実さ、真実の周波数、そして深遠なる神聖な愛と叡智の純粋なハートとソウルを感じたのです。私が心の底では真実だと感じていたことを、彼女が説明する段になって、私は唖然としました。私たちがもっとお互いを知るようになると、彼女がヴァル・ソーと私について会話していたことを発見して、さらに唖然としました。真実と覚醒をもたらすという私の道と使命に対する愛と保護と認識には、邪悪な闇にさらされる必要があり、人類がそれを克服するのを助けることができるようになるのです。
彼が彼女に話したことを聞いて、私や他の多くの人々が挑んできたこの挑戦に、大きな確信が持てました。そして、それは私にとって疑う余地のないものでした。エレナが話してくれたこと、彼女の話、そして他の多くの人の話は、人工物を解体するために、私たちが受け入れなければならない大きな現実なのです。もちろん、見極めながら。最終的にこれは、自己、直感、精神的な自由へと人を導くものなのです。キリストの光と愛に満ちた素晴らしい慈悲深い存在である彼らがここにいること、彼らは決して私たちを失望させません。
私たちが失望したり、私たちの繁栄と主権者であることを望まないものに目を向けたりすることがありませんように。私たち全員が誠実さ、思いやり、謙虚さ、相互尊重を持ち、大きな力を得て、大きな宇宙のキャンプファイヤーの周りで喜びとともに会いますように。私たちが地球上で時に抱えているかもしれないトラウマや疲れは、過酷で最も暗い領域に勇敢に挑んだダイヤモンドハートになりますが、真実と愛のために勝利を主張するのです。私たちはスピリットの戦士であり、誰も私たちを止めることはできません。

無料公開部分はここまでとなります。続きはKeen-Area Newsの有料チャンネルで
https://www.youtube.com/c/KeenAreaNew%E3%81%A7%E3%81%99/membership
830 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧