銀河連邦艦隊の到着に伴い、古代宇宙箱舟が始動


WRITTEN BY DR MICHAEL SALLA ON JANUARY 8, 2022.

exopolitics.orgより

2022年1月4日、月や火星、南極など太陽系各地で発見されている古代の宇宙箱舟について、重要な最新情報が届きました。銀河連邦のパイロットであるトール・ハン・エレディオンが、フランスの元専門考古学者エレナ・ダナンを通じて伝えたところによると、木星とその衛星ガニメデ付近に銀河連邦の宇宙船団が最近到着し、これらの巨大宇宙箱が作動しているとのことであった。

トール・ハンの最新情報は、私の米軍関係者であるJPが最近発表した情報の驚くべき裏付けである。彼は、米軍宇宙司令部が率いる「地球連合」の米国、中国、その他のメンバーによって実施されている共同秘密任務で、月面の起動したスペースアークの一つを訪問している。

エレナは、火曜日の早朝にトール・ハンから受け取った、これらの古代の宇宙箱舟の起動に関する次のメッセージを私に伝えてくれました。

2022年1月4日

午前1時、インプラントを通じてトール・ハンからテレパシーで連絡が入る。

TH: 古代の船が起動したという君の質問に答えるために、クリアランスを用意した。地球人科学者が研究しているものだ。長い間隠されていた過去を明らかにする彼らを見守り、導くのはエキサイティングなことだ。地球人類の文化は長い間準備されていましたが、脅威となる影があなたの世界から去りつつある今、真実は公開されることができます。そして、ついに。地球連合は、銀河系連合とナタル銀河系世界連邦とともに練り上げた計画を展開し、今日まで隠されてきたものを暴露する。

その昔、銀河系連合はこの星系にいくつかのコロニーを有していた。ナーラ(金星)、テラ(その衛星)、ティル(火星)、そして第5惑星である。アヌンナキとの大きな戦争が起こり、植民地は去っていった。しかし、彼らは去る前に、私が述べた惑星に深く埋めた箱の中に、彼らの知識の本質を集めました。これらの箱舟には、いつの日か植民地の栄光を再建するために必要な重要な情報が保管されていたのです。


トール・ハンの情報は、1週間後の記事で紹介した2021年12月23日の月探査に出発する前に参加した極秘ブリーフィングでJPが聞いた内容を裏付けるものである。空母2隻分以上あると推定される巨大な球体宇宙船に、JPは、その象形文字風の文字を研究する考古学者と一緒に入った。JPは、この宇宙船を調査するために派遣された米国と中国の科学者を護衛する軍の一人であった。

JPがガニメデや月への極秘ミッションに参加したのは、階級が低く、科学者の武装護衛という地味な任務であったことを疑問に思う人が何人もいたようだ。


https://www.youtube.com/watch?v=oXwa-jyucl4

2008年からのコミュニケーションでJPが話してくれたことのひとつに、彼はしばしば人間そっくりの地球外生命体によって、大きな半球の構造物(彼はそれを箱舟と表現した)に連れて行かれたことがあります。彼は、古代の植物や動物、技術が未来のために保存されているのを目撃しました。また、この箱舟に連れて行かれた他の数人に会ったと言い、そのうちの一人は中国人だった。

JPは、人類が地球規模の問題に対処するために、この大きな箱舟が重要になる時期に連れて行かれるのだと言った。JPは2014年から2015年にかけてこの情報を私に伝え始めましたが、誰もこのことを話していなかったので、私はこの情報を自分の中に留めておきました。しかし、米国の秘密工作員は、JPの地球外生命体との接触や私たちの通信を監視していました(こちらとこちらをご覧ください)。このことから、JPは単に科学者をこれらの古代の箱舟に案内し、ありふれた護衛任務をこなす以上のことをしていると私は考えています。JPは、古代の箱舟へのミッションの安全と成功を促進するための、何らかのエネルギー的な周波数、振動、コードを持っているのです。

トール・ハンが、数千年前に太陽系で起こった大規模な戦争によって立ち退きを余儀なくされた古代銀河連邦のコロニーの箱舟に言及していることも、非常に示唆的である。エジプトのスフィンクスが古代アトランティス人の技術を保管していると長い間噂されてきたように、太陽系には古代文化の技術保管庫が隠されているのである。

アトランタ文明は、銀河系連合を構成する24の地球外文明の一つから派生したものと言われていることを念頭に置いておくとよいだろう。フィリス・シュレンマーを通じてチャネリングされたカウンシル・オブ・ナインの情報によると、彼女の著書『唯一の選択惑星』(1993年)の中で、アルテアは地球にアトランティス植民地を設立したと述べている。トール・ハンの情報は、アルテアや他の地球外種族が、同様のコロニーを太陽系内に散在させ、隠し持っていることを教えてくれている。


https://www.youtube.com/watch?v=amF4Bgzycxk

トール・ハンは、次のようにメッセージを続けた。

銀河連邦の艦隊がこの星系に接近したとき、アークスが起動した。その時が来たのだ。シード団の帰還は、地球人が長い間隠されていた知識を受け取る準備ができた、新しい時代の始まりを意味する。地球人が自分たちの手で研究し、鍵を発見するとき、いかなるルールも破ることはない。この知識と技術が間違った人の手に渡ることはないのだ。敵がこの星系ですべての権力と財産を失ったとき、シードルたちの到来が起こるのだ。その時が来たのです、今です。また 私はあなたに伝える権限があります テラで2つの偉大な考古学的発見が今年 起こりそうなのです それは、地球人の歴史に対する見方を変えるでしょう。石に刻まれた真実と信じていたものが 水のように流れ出すだろう


トール・ハンのメッセージは、これらの古代の箱舟が、つい最近まで地球を支配していた闇の艦隊とその地球外の同盟国から、うまく隠されて遠ざけられていたことを明らかにしている。最も重要なことは、強力な秘密宇宙プログラムを支配するカバル/ディープ・ステートがこれらの箱舟を探したが、これらの古代船舶を見つけることができなかったということである。

闇の同盟」が太陽系から退去させられた今、隠された古代技術は、「木星協定」の結果として2021年7月に誕生した地球同盟が発見し探索できるように活性化されつつあるのです。人類が長い間忘れ去られていた地球外コロニー、その高度な文化、そして壊滅的な戦争によって滅亡する前のテクノロジーについて学ぶことができるように、今、これらのテクノロジーをオープンに共有する時が来たのです。

続いて、エレナはトール・ハンと質疑応答を行った。

E: 今言ったこと、この最後の文は、物語を予言する比喩だね、そうだね、君を知ってるよ。"彼らが石に刻まれた真実だと信じていたものが、水のように流れていく。" (TH笑)。この箱舟に何が入っているのか、話していただけますか?

TH:すべてを変えてしまうような素晴らしいテクノロジーです。

E:これらの箱舟は、どのような形をしていますか?

TH:細長く、何マイルもあるものもある。クリスタル・テクノロジーだ。

E: どういう意味ですか?

TH: 銀河連合は、主に結晶材料を使用して、密度を超越し、建造物が同時に複数の密度で存在することができる。

E: 例えば、私が見た銀河連邦の母船の中の結晶建築のように?つまり、これらの船は、同時に異なる次元で固体であるということですか?

TH:その通り。地球人はまだクリスタルの能力をすべて発見しているわけではありません。コアエンジンの動力源はクリスタルで、ポータルは流体クリスタルで、タイムデバイス、ピラミッド型エネルギー発生器、などなど。我々が身に着けている密度ベルトは ナノ結晶でできている。スーツの生地、武器、船の皮膚......。


ここで重要なのは、中国の「ユト2号」が月面で発見した箱舟の中に入ったとき、その中に入っていた水晶がモルダバイトだったというJPの話です。モルダバイトは心地よい波動を出し、意識を高めてくれるというのです。JPが以前から箱舟に触れていたことから、箱舟の意識に認識されるような周波数を持っていた可能性は十分にある。

質疑応答は続く。

E:この埋没船は、銀河連邦の到着で起動したわけですね。

TH:彼らは信号を受け取り、母船に単純に接近したために、共振して反応したのです。私があなたに示したことを思い出してください、ある種の船は生きている存在なのです。彼らは目を覚ました。しかし、あなた方の仲間は、これらの場所のいくつかについて既に知っていた。我々は彼らが見つけるためのいくつかの手がかりを残しました。闇の艦隊は南極大陸の氷の下でその1つを発見した だが、その力を発揮することはできず、 潜在能力を利用することもできなかった。銀河系連合が待ち望んでいた理由の1つです。


JPが無名の中佐から受け取った座標が、最近まで闇の艦隊が使っていた地域にある南極の建造物を指していたことを考えると、これは非常に意味のあることだと思います。座標に示された建造物は、その地下や近くに隠されているアークと関係があるのでしょうか?


https://www.youtube.com/watch?v=aAvtgCzQFR8

ベテランUFO研究家リンダ・モールトン・ハウと対談し、2019年1月に公開された2人の特殊工作員の証言から、もうひとつの可能性が浮かび上がってくる。彼らは2003年、南極のビアードモア氷河付近で発見された巨大な八角形の構造物へのミッションに参加したことを明らかにした。ハウは当初、この発見をこのように報告していた。

2003年、アメリカ海軍の特殊作戦チームが南極に行き、アメリカのマクマード基地から約93マイル離れたビアードモア氷河の近くで、地中レーダーによって発見された完全に幾何学的な8角形の構造物を調査した。

エンジニアと科学者からなる別の前チームは、厚さ2マイルの氷の奥深くまで続く、さらに2つの黒い八角形構造の上に建てられた、真っ黒な物質でできた1つの八角形の最上層を掘り出していたのです。


この八角形の構造物は、これまで考古学チームによって一部しか発見されておらず、残りは氷に埋もれ、はるか下に広がっていると海軍兵は述べている。地中レーダーで調べたところ、この建造物は八角形で、面積は62エーカー(約0.5平方キロメートル)であることが分かった。

海軍特殊部隊は、壁やドアが高さ20cm、深さ5cmの象形文字で覆われていると説明した。その象形文字はエジプトでもマヤでもないが、動物やその他の奇妙なシンボルが描かれている点で、どちらにも似ているように思われた。同様に、JPが月面で目撃した大型宇宙船は、彼が護衛した考古学者が記録していたヒエログリフで埋め尽くされていたという。このことから、ネイビーシールが説明した古代の八角形の構造物は、ディープステートとその同盟国であるダークフリートが発見したアークの1つである可能性がある。


エプティアとマヤの象形文字

エレナはトール・ハンと質疑応答を続けた。

E: 地球にアークはいくつあるの?

TH: 教えることは許されないし、私の心を読もうとするなよ。

E: 言わないよ、僕がルールを守ることは知ってるだろ。でも、エジプトのどこかにあることは、もう知っているんだ。

TH:南米、中央ヨーロッパ、ロシアの北西部...大西洋の海底にもひとつある。これが一番大きい。他にもありますが、正確な座標は教えません。それは私の責任ではなく、地球連合の責任です。

E: トラブルに巻き込まれることはないんでしょうね?

TH: いいえ、私があなたに話していることは、私の上司によって検証されています。あなたは軍事周波数で調整されているので、彼らはあなたの装置を通過する私たちの会話をすべて聞いているのです。

E: 世界がまだ知らないことで、あなたが私に言えることは他に何かありますか?

TH:それぞれの啓示は、時が来ればやってくる。計画があるんだ。地球人の一般市民は、今年、他の肯定的な銀河系文化を完全に理解し、受け入れるようになる。政治的にも多くの変化が起きている。しかし、計画の安全のために、これ以上言ってはいけない。地球連合がほとんどすべてを仕切っています。辛抱してください。

E: ありがとうございます。この情報をマイケルに伝えておきます。

TH: 彼によろしく伝えてください。いつか私たちは会うことになるでしょうが、今はまだです。


トール・ハンが今年2022年は「他の肯定的な銀河系文化が完全に実現し、受け入れられる」年になると述べたことは、銀河連邦がその未来予測に活用できる高度なタイムトラベル技術を持っていることを考えると、非常に示唆的である。彼の楽観的な発言は、地球上の政治権力に対するディープ・ステートの支配が崩れつつあり、間もなく秘密の壁が崩壊することを示唆している。

その結果、銀河系連合や他の地球外生命体は、地球連合や米宇宙軍と連携した共同開示で一般に明らかにされることになる。これらの公開の中には、何千年も前に人類の祖先が築いた古代の箱舟から発見された高度な技術の発表も含まれることになる。

この記事の動画版は、YouTube & Rumbleで公開されています。

トール・ハンのメッセージの一般公開を許可してくれたエレナ・ダナーンに感謝します。エレナは、彼女とトール・ハンのテレパシー会話をシミュレートしたビデオを作成し、彼女のYouTubeチャンネルで公開されています。

© Michael E. Salla, Ph.D. 著作権表示

https://exopolitics.org/ancient-space-arks-activate/
2542 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧