米空軍大佐が南極の古代遺跡の座標をリーク


WRITTEN BY DR MICHAEL SALLA ON JANUARY 1, 2022.

exopolitics.orgより

2021年12月26日、私の米軍の情報源であるJPは、無名の中佐(米空軍)から地理座標を渡され、それを公にするように言われただけだった。JPは、現在駐留している軍事基地で参加した機密ブリーフィングでその将校を見かけ、南極、月、火星など太陽系内の他の場所で古代遺跡が発見されたことを聞かされた。

南極、月、火星、太陽系などで古代遺跡が発見され、中国を含む地球上のさまざまな国との共同ミッションで調査が行われているとのことだった。JPは、前回取材した月探査と、その前のガニメデ探査に参加した。

JPに与えられた座標(72°31'12″S 3°36'26″W) は、南極の海岸線から約150マイル(240km)離れたクイーンモードランドにある大きな建物群を示しているようです。ここはヒトラー第三帝国が領有権を主張し、第二次世界大戦中に南極植民地「ベース211」が密かに設立された地域である。

遺跡は氷のない高台にあり、航空宇宙用の車両が離着陸できる滑走路や非常に長い格納庫があるように見えます。

https://earth.google.com/web/search/72%C2%B031'12%22S+3%C2%B036'26%22W/@-72.52,-3.6072222,2468.93342235a,290.73880358d,35y,0h,45t,0r/data=CloaMBIqGeF6FK5HIVLAIco9E1CX2wzAKhY3MsKwMzEnMTIiUyAzwrAzNicyNiJXGAIgASImCiQJ3S1J6ajmKsARxeLeKnLnTMAZzI4OltW_ZEAhuswQbN2nX8AoAg

南極構造のスクリーンショット。コントラストと明るさを調整した。

この遺跡は、近くにある2つのノルウェー基地、トロール(72°00′42″S 2°32′06″E)とトー(71°53″22″S 5°09′34″E)から何マイルも離れていることを指摘するのは重要なことである。これらはJPに与えられた座標に最も近い2つの南極観測局であり、トロールのほぼ8度西、同様の緯度にこの構造物があることを示しています。以下の図に、南極観測隊に関連する構造物のおおよその位置を記しました。



JPによると、米軍は遺跡のいくつかの建物の中で作業をしており、そのうちのひとつに「スターゲイト」または太陽系内を瞬時に移動できる「ポータル」があるという。これは、JPのスカイプメッセージである。

みんなが集まる廃墟です。彼は役員の一人です。 ミーティングをする部屋で一度だけ会いました。私のところにやってきて、情報を共有するように言われました。 彼は太陽系の様々な場所に行くためのゲートがある建物で働いています。[12/26/2021].


重要なのは、このアメリカ空軍中佐が、ポータル/ゲートがある建物に勤務していると言われていることだ。Google Earthを使った遺跡の大きさの推定値は、およそ2500フィート(約830メートル)である。

JPは、与えられた座標のGoogle Earth上で建造物を表示し、その大きさをマチュピチュと比較したビデオを作成した(JPのビデオはこの記事の音声版では3:08から始まる)。


https://www.youtube.com/watch?v=aAvtgCzQFR8&t=188s

この遺跡は、ドイツ軍SSP(ダークフリート)が発見し、以前使用していたもので、米軍には立ち入り禁止であったことが、その場所から推測される。太陽系内外の瞬間移動を可能にするポータルがあるのなら、なおさらであろう。

最近、中国がこの遺跡を米軍に引き渡した可能性がある。以前の記事で、ドイツの「闇の艦隊」が、友好的な地球外組織である「銀河連邦」の介入によって、最近南極大陸から避難せざるを得なくなったという主張を検証したことがある。闇の艦隊の施設は中国に引き渡されたというが、中国側はすぐに米宇宙軍に引き渡し、木星上空7月の協定で定められた共同科学研究を行うということだった。

批評家は、Google Earthが航空写真を作成するために使用した米国地質調査所の低解像度画像のせいで、見かけの廃墟が単にピクセル化されただけだと指摘するかもしれない。この画像を近隣の他の地域と比較しながら精査すると、この物体は画像のピクセル化によるものではないことがわかる。Google Earth Proで、JPから送られた座標の履歴を確認すると、この構造物が現れたのは今回が初めてであることがわかります。

AntarcticGlaciers.orgの公式グラフィックでは、遺跡がある地域の氷床の厚さは500m以下であることが示されています。氷のない高地にあることから、ドイツ人、地球外生命体、あるいは古代文明が使用した空軍基地として、非常にふさわしい場所であることがわかる。



なぜJPは米空軍の将校からこの古代遺跡の座標を渡され、それを公にするように言われたのか、疑問に思う人もいるかもしれない。2017年、空軍の工作員が、何度かJPに、マックディル空軍基地周辺で、空を見上げると三角形や四角形が飛んでいる写真が撮れる場所を指示したことは重要なポイントである。その写真と関連記事は、
ここ、https://exopolitics.org/disclosure-of-antigravity-craft-near-macdill-afb/
ここ、https://exopolitics.org/covert-disclosure-rectangle-craft-usaf-spec-ops/
さらにここhttps://exopolitics.org/jp-articles-photos-videos/
に掲載されています。

私は、目撃者として、また軍高官が黙認する情報公開のパイプ役として、JPの信頼性に高い信頼を寄せています。このことから、グーグルアースの画像で発見された建造物は、マチュピチュで発見されたものよりかなり大きな古代南極の遺跡で、以前はドイツの闇の艦隊が使用していたが、現在は米国宇宙司令部を中心とする地球連合軍の管理下にあるという可能性が高いと結論づけています。

この記事の動画版は、YouTube & Rumbleで公開されています。

© Michael E. Salla, Ph.D. 著作権表示

https://exopolitics.org/usaf-colonel-leaks-coordinates-of-antarctic-ruins/
1922 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧