速報:現在破綻している暗号裏金FTXは、ウクライナの寄付金を民主党の候補者に洗浄し、中間選挙を不正に操作するために使用されました。

2022-11-14

naturalnews.comより

今は失脚したサム・バンクマン=フリード(とMITの大学仲間)が運営するFTX暗号裏金で、ウクライナ向けの資金を、2022年の中間選挙で民主党のために約4000万ドル相当の選挙寄付金にロンダリングしていた。

昨年、ジョー・バイデンと民主党は、アメリカの納税者のお金を使って、ウクライナへの500億ドルをはるかに超える資金提供を押し通した。Devex.comによると、ウクライナの大義に対する世界中の寄付と助成金をまとめたところ、国際的には1000億ドル以上がウクライナに寄付されているとのことです。

FTXは同時に、その暗号インフラを利用してウクライナへの寄付を処理した。CoinDesk.comが今年5月に報じたように、"Ukraine Partners With FTX, Everstake to Launch New Crypto Donation Website "である。

言い換えれば、腐敗したウクライナ政権は、腐敗した米国政府からドルを受け取り、不正な中間選挙に勝つために腐敗した民主党の候補者の手にそれを流すために腐敗した暗号裏金と提携しました。



OpenSecrets.orgが公開したデータによると、サム・バンクマン=フリードは2022年の中間選挙で政治家候補に約4000万円を寄付している。共和党に渡ったのは235,200ドルだけで、残りは民主党に渡った。FTXは言い換えれば、民主党の裏金マネーロンダリング作戦であり、民主党が中間選挙で勝つのを助けたのだ(明らかな不正行為、投票用紙詰め込み、投票用紙収穫作戦に加えられる)。

これは明白な疑問を投げかけている。どの民主党議員が、FTXからこの汚い金を受け取ったのだろうか。例えば、フェッターマン氏がFTXから多額の資金援助を受けていたことは分かっている。

CoinDesk.comが報じているように。

暗号取引所FTX、ステーキングプラットフォームEverstake、ウクライナのKuna取引所の支援を受けている「Aid for Ukraine」は、寄付された暗号をウクライナ国立銀行にルーティングすると、Everstakeの成長責任者のVlad LikhutaはCoinDeskに言いました。ウクライナの暗号に精通したデジタル変革省も関与している。

同国の集団的な取り組みにより、ビットコイン(BTC)、DOT、イーサー(ETH)、SOL、テザー(USDT)、その他の暗号通貨ですでに約4800万ドルを調達したという。他の推計では1億ドルに近い額とされているが、合計は市場の変動や正確にどのウェブサイトを含むかによって異なる。

別の言い方をすれば、この仕組みで「ウクライナ」に寄付をした場合、実際にはFTX(グローバリストとつながりのある人々が運営する暗号のハブとしてますます浮上している)を通じて洗浄された違法な選挙寄付によって資金を得た不正選挙で民主党に寄付をしたことになるのである。

ウクライナ政権が推し進めるプロパガンダは、このすべてのカバーストーリーを物語るのに役立つ。

ウェブサイトによると、中央銀行は「人道支援プログラム」とウクライナ軍を支援するために寄付金を使用している。「国民は自由のために戦い続けるが、より多くの弾薬と必需品が必要だ」とサイトには書かれている。

これらの資金が実際にどれくらいウクライナに渡ったのかはわからないが、サム・バンクマン=フリードが2022年の中間選挙で民主党の候補者に現金を提供した最大手の一人であることは知っている(上図のように4000万ドル近く)。

規制当局と国会議員の買収工作

DailyWire.comも報じているように、サム・バンクマン=フリードは、明らかに連邦政府の証券規制当局や議員を買収しようとしており、数々の金融犯罪やマネーロンダリングを実行する際の「保護費」として支払っていたようだ。

Via DailyCaller.com:

連邦捜査を受けている民主党のメガドナーは、彼がロビー活動をしていた機関を監督する議員をバンクロールしていた

暗号通貨のCEOで民主党の寄付者であるサム・バンクマン=フリード氏は、暗号業界の規制を担う機関である商品先物取引委員会(CFTC)を監督する主要議員のキャンペーンに資金提供し、デジタル資産市場に対する監督強化を求めてCFTCにロビー活動をしていたのである。

バンクマン=フリード氏は、CFTCを所管する上院農業委員会の委員長と委員長をはじめ、CFTCの監督に関わる多数の議員に寄付を行った。

また、FTXのCEOは、暗号業界の規制におけるCFTCの役割の範囲を拡大する法案について、議員やCFTCに何十万ドルもロビー活動をしています。

以下は、Fortune / Anthony KwanがCrunchbaseから出典して組み立てた、FTXによる買収と投資の一部のグラフィックです。



大規模な「セルフ・ハック」により、FTXの口座からさらに10億ドル近くが流出

昨夜遅く、FTXアプリが自動更新され、ユーザーのアカウントにログインしてお金を盗むトロイの木馬アプリに変身しました。これについては、NewsTarget.comの以前の記事で取り上げました。今日までのところ、残りの資金約10億ドルがFTXから略奪されたことが分かっています。これは、FTXの創設者または内部関係者による「セルフ・ハック」であり、Mt.Goxスタイルで資金を奪って逃げようとしているとの見方が強いです。

CoinDesk.comが本日報じたように。

金曜日遅く、FTXの暗号ウォレットから6億ドル以上が吸い上げられた。その直後、FTXは公式テレグラムチャンネルで、侵害されたと述べ、ユーザーに新しいアップグレードをインストールせず、すべてのFTXアプリを削除するように指示しました。

"FTXはハッキングされました。FTXのアプリはマルウェアです。削除してください。チャットは開いています。トロイの木馬をダウンロードする可能性があるので、FTXのサイトには行かないでください "と、FTXサポートテレグラムチャットにアカウント管理者が書き込んでいる。このメッセージは、FTXのゼネラルカウンセルであるRyne Millerによってピン留めされた。

要するに、腐敗した民主党の政権を維持するために世界最大の暗号裏金を築いた後、FTXの内部アクセス権を持つ誰かが、同社の最後の10億ドル相当の資産を略奪しているようなのである。

CNBCはまた、Sam Bankman-Friedが財務会計システムに秘密の「バックドア」を持ち、規制当局の監視を一切受けることなく「数十億ドルを送金」することができたと報じています。CNBC.comより。

10億ドルから20億ドルのFTXの顧客資金が消失、SBFは秘密の「バックドア」を持ち数十億ドルを送金していた。報告書

Sam Bankman-FriedのFTXが破産保護に入ると、ロイターは、10億ドルから20億ドルの顧客資金が失敗した暗号取引所から消えたと報告しました。

ロイターとウォールストリートジャーナルの両方が、現在FTXの元CEOであるバンクマンフリードが、彼の暗号取引所からデジタル資産取引所、Alameda Researchに顧客の資金100億ドルを転送したことを発見しました。

つまり、この話はジョン・マカフィーの全貌が明らかになったばかりで、まだ終わってもいないのだ。

FTXはRobinhood(ウォール街のHOODシンボル)を大量に保有しており、月曜日の朝にはHOODの市場が完全に混乱することが予想されることに注意してください。

ビットコインは、興味深いことに、混乱の中で21Kドル台から16Kドル程度まで下落した後、この嵐を比較的うまく乗り切っています。この大失敗が完全に解明された後、ビットコインと他のすべての暗号通貨が規制当局の厳しい監視に直面することはほぼ確実ですが、ビットコインのFTXの影響への暴露は限定的かもしれません。


https://www.naturalnews.com/2022-11-12-ftx-crypto-slush-fund-laundered-ukraine-donation-money-to-democrat-candidates.html
1065 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧