10年ごとの電池交換に必要なリチウムとコバルトは世界に存在しない-フィンランド政府報告書

2022-10-23

tapnewswire.comより

影響力のあるエリートたちは、ネット・ゼロの恐ろしいコストと結果について否定的である。先週の水曜日に下院で行われた、英国ガスの採掘に対する実質的な反対票を目撃してほしい。あるいは、疑似科学の気候不安を宣伝し、実現不可能なグリーンテクノロジーに投資するために、現在提供されているほとんど無限の資金をすくい上げることに忙しい。電気が消え、暖房が効かなくなるまでは、フィンランド政府機関のためにサイモン・ミショー准教授が最近行った1000ページに及ぶ代替エネルギー調査には、あまり関心を示さないだろう。イギリスの2050年ネットゼロ目標について、ミコーは「現在の目標までにこれを達成するには、単に十分な時間と資源がない」と述べている。

ネット・ゼロがいかに非現実的かを示す一例として、ミショー氏は、電気自動車用の電池に限って言えば、「理論的には」ニッケルとリチウムの埋蔵量は世界的に十分であることを指摘する。しかし、コバルトは十分ではなく、さらに発見する必要がある。さらに悪いことがある。新しい電池の寿命は8〜10年なので、定期的に交換用電池を生産する必要がある。「これは現実的ではありません。つまり、電気自動車のバッテリーソリューション全体を再考し、鉱物をそれほど必要としない新しいソリューションを開発する必要があるかもしれません」と、彼は言う。

これらの問題はすべて、2億8660万トンの重さのイオン電池用リチウムの質量を見つけるために起こる。しかし、風力や太陽光の断続的な発電を4週間バックアップするためには、さらに25億トンの電池の「電力バッファ」が必要である。もちろん、これは世界の鉱物資源から得られるものではない。しかし、ミショーによれば、代替システムでどのようにこのバッファーを供給できるかは明らかではない。

ミショー氏は、明確な警告を発している。現在、世界の産業界が期待しているのは、1世紀以上かけて構築された複雑な産業エネルギーの生態系に取って代わることです。それは、世界がこれまで知っていた中で最も熱量の高いエネルギー源(石油)、安価で豊富な量、容易に利用できる信用、無限に見える鉱物資源に支えられて構築されたものである。しかし、エネルギーが比較的高価で、金融システムが負債で飽和状態にあり、鉱物資源が十分でないときに、その代替が必要である。しかも、数十年の間に行わなければならない。著者は、膨大な計算をした結果、「計画通り」には行かないだろうと考えている。

先週の日曜日、デービッド・アッテンボロー卿は、6つのエピソードからなる偽科学的グリーン・アジテーター『フローズン・プラネットII』の最後に、「どんなに困難でも」Net Zeroを受け入れるよう世界に要求している。Net Zeroは、政治的な命令と統制のプロジェクトであり、その恐怖の全貌は、まだ一般住民に知らされていない。ミコーは、それが何を意味するのか、はっきりと述べている。「したがって、必要とされるのは、あらゆる種類のあらゆる資源に対する社会の需要を大幅に削減することである。これは、現在とは全く異なる社会契約と、根本的に異なる統治システムを意味する」。

もちろん、根本的に異なる統治システムは中華人民共和国にもありますが、ここではNet Zeroに対する立場は少しニュアンスが異なります。過去40年間で10億人の人々を飢餓から救い、化石燃料を動力源とする西側世界のワークショップとなり、その原因はそれほど切迫したものではなさそうだ。今週初めに開催された共産党大会で、習近平国家主席は慎重な姿勢を示し、炭素排出量をピークアウトさせ、最終的にはゼロにするための中国の取り組みについて「慎重さ」が支配的であると述べた。これはすべて、「古いものを捨てる前に新しいものを手に入れる」という原則に沿ったものであろう。

一方、中国の石炭生産量は過去最高水準に達したと報告されており、議会では「エネルギー安全保障」確保の一環として石油・ガス探査が拡大されることが報告された。

ミコーは、世界のエネルギーの85%近くが化石燃料によるものであると指摘する。彼の計算では、世界の非化石燃料の年間発電能力は4倍の37,670.6 TWhが必要である。マイケル・ケリー教授は、地球温暖化政策財団(GWPF)の最近の報告書で、英国の電力網を2.7倍に拡大する必要があると試算している。これは、過去30年間の8倍のペースで容量を追加することになる。新しい容量を運ぶために、家庭や道路、地域の変電所、送電線などの配線を変更する必要があることを計算すると、追加コストは1兆ポンド近くになる。

GWPFの別の論文で、エネルギーライターのジョン・コンスタブルは、欧州グリーン・ディールは欧州の経済的、社会的、政治的力を破壊し、「欧州を、優れた大国に依存し、それに従属する、つまらない、能力のない僻地にする」ことがほぼ確実だと警告しています。

歴史上、弱い部族や弱体化した部族が強い部族に蹂躙された例はたくさんある。動物界では自然進化として知られている。96歳の「人間国宝」は、緑の神という新しいカルトを満足させるためには、どんな代償も払わなければならないと説いている。もっと合理的で、コスト効果のある考え方があるはずだ。

Chris MorrisonはDaily Sceptic誌の環境担当編集者である。

ネット・ゼロの爆弾発言。10年ごとの電池交換に必要なリチウムとコバルトは世界に存在しない-フィンランド政府報告書



https://tapnewswire.com/2022/10/net-zero-bombshell-the-world-does-not-have-enough-lithium-and-cobalt-to-replace-all-batteries-every-10-years-finnish-government-report/
395 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧