火星の衛星「フォボス」は、地球外生命体の支配から解放されたのか?



exopolitics.orgより

2021年7月26日、Michael Salla博士によって書かれました。
カテゴリー: 特集, 宇宙プログラム

元プロのフランス人考古学者であるエレナ・ダナーン氏によると、銀河連邦から受け取った最新のリアルタイム情報によると、火星最大の月であるフォボスが、彼女がゼータ・レティキュリから来た小型グレイ星人と特定する敵対的な地球外生命体グループから解放されたばかりであるという。彼女の驚くべき情報は、フォボスの内部のどこかに攻撃的な地球外種が実際に存在し、そこで起こっていることを人類が詳しく知ることに反対していることを示す科学的データと歴史的証拠によって裏付けられています。

7月24日(土)、エレナが9歳のときに受けた身体埋め込み装置を通じて定期的に交信している、銀河連邦との主要なコンタクトであるソー・ハン・エレディアンからの最新情報を受け取った。これは、彼女がメールで送ってくれた内容です。

今日の連絡。ソー・ハンはミッションを終えてステーションに戻ってくることが多いので、早朝に私に連絡してくるのは繰り返しのパターンのようです。今日の彼のエネルギーはソフトで穏やかで、私にニュースを伝えてくれた。火星の衛星であるフォボスが、銀河連邦軍によって解放されました。これは非常に大規模な作戦であり、この空洞化した軌道上の施設の中に多数の人間の囚人がいるため、非常に機密性の高いものであった。


フォボスが空洞化した軌道施設であるという考えは、科学的データによって裏付けられている。フォボスが空洞化しているという推測は、当初、1950年代から1960年代にかけて、その異常な軌道のために浮上しました。欧州宇宙機関が2003年に打ち上げた「マーズ・エクスプレス」は、フォボスについて発見された内容を報告しています。その報告書は、2010年5月に『Geophysical Research Letters』誌に掲載され、次のように述べられている。

Mars Express Radio Science (MaRS) チームの2つのサブグループが、Mars Express (MEX) の電波追跡データを独自に解析し、月「フォボス」のMEX探査機に対する引力、ひいては「フォボス」の質量を一貫して決定した結果を報告します。フォボスの起源に関する様々な仮説に適用すると、この結果は、フォボスが捕獲された小惑星であるという命題と矛盾します。




欧州宇宙機関の報告書によると、フォボスには大きな洞窟があり、中空月仮説の重要な要素を裏付けている。さらに、フォボスは捕獲された月ではなく、フォボスは火星の軌道上に人工的に設置されたものであり、地球外生命体のグループが基地として使用しているという主張を裏付けるものでもある。

エレナの7月24日の通信は次のように続く。

銀河連邦によって「ティアー2」と真に名付けられたフォボスは、ゼータ・レティクリから来たXrog-Shambtbahali、ネブ(オリオン座の地球外生命体)のために働く小さなグレイたちが所有してきた。この場所は、地球から連れてこられた人間の拉致被害者を治療し、追跡装置をチップ化し、さまざまなプログラムに使用するための準備を行う中心的な施設だった。これらの作戦がデリケートな問題であった理由は、不幸な人々の存在であり、軍事作戦を行う前に彼らを解放する必要があった。ここが難しいところである。敵の前哨基地のほとんどに人質や奴隷がいて、その人たちの命を助けなければならない。そのため、行動の複雑さは高いレベルになります。


フォボスが地球外生命体の攻撃的なグループによって、捕らえられた人間の奴隷基地として使われてきたという証拠はあるのか?エレナの主張を裏付ける重要な内部証拠や状況証拠がある。

1988年7月、ソ連が「フォボス1号」「フォボス2号」を打ち上げた。フォボス2号の性能は完璧で、火星軌道に入り、38枚の写真を撮影した後、フォボスに向かって進んだ。1989年3月、フォボス2号が月のフォボスに接近したとき、フォボス2号に向かう長さ20キロの楕円形の物体が撮影され、その後、すべての通信が途絶えた。


フォボス2が撮影した最後の写真。月フォボスとの間に長さ20kmの楕円形の物体が写っている。

ソ連の科学者によると、フォボス2は次の段階で、まるで何かの物体に衝突したかのように制御不能な状態で回転していたという。フォボス2の科学的データとその突然の死は、月フォボスの内部で何かが起きていて、その住人が人類に知られたくないと思っているのではないかという憶測を呼んだ。エレナが主張するように、フォボスが地球外の基地で、捕獲した人間が奴隷として扱われていたとすれば、フォボス2号の宇宙船が狙われて無力化された理由としては十分な理由になる。

さらに、捕らえられた人間を含む奴隷貿易が存在するという考えは、1980年代にシーメンス社が数十億個のRFID追跡チップを秘密裏に製造し、その後、その建設の証拠をすべて破棄したことに関連して、以前にも述べたことがある。2015年9月8日の記事では、説得力のある内部関係者の証言を引用し、銀河系の奴隷貿易が存在すると結論づけられる理由を述べた。



エレナの報告は続く。

連邦軍が次に狙うのは、メイトラ[背の高いタイプのグレイ型地球外生命体]が保有する火星のもう一つの主衛星ダイモスの別名「ティアー1」。ここは、拉致されたばかりの人間が運ばれてきて、様々な目的地に派遣される奴隷選別所である。地球の月の裏側にも同様の施設があったが、最近解放されて地球人に返還された。


月が解放されたのは最近のことだというエレナの主張は、2024年から月にミッションを送り、基地を建設することを計画している民間企業や国家が続々と登場していることで裏付けられている。その後、スペースX社などによる商業宇宙企業を使った火星の植民地化もすぐに始まる予定です。

さらに、アルテミス合意により、アメリカを中心とした多国籍宇宙連合が形成され、月や火星、宇宙での宇宙植民地化や商業活動が可能になっています。これらの画期的な宇宙開発は、以前の記事で述べたように、月や太陽系の他の場所にある天体に関しては、劇的な経営の変化があったことを示唆している。

エレナ・ダナンの驚くべき情報を裏付ける証拠は、今のところ状況証拠に過ぎませんが、ここ数年の間に多くの関係者が明らかにしてきたことと一致しています。エレナの情報源のひとりであるスーパーソルジャー、スティーブン・チュアの死や、南極で起きている出来事を調査するためにエレナと仕事を始めて以来、私は彼女の情報の正確さと、南極や宇宙に関する最近のリアルタイムデータとの一致に感銘を受けている。

1970年代のアポロ月面着陸以来、抑制されていた有人宇宙開発を公的な場で進めることができるようになったのは、外界の政治情勢に大きな変化があったからだと思われる。秘密の宇宙計画が月や火星など太陽系のどこかに基地を作る一方で、それらが公の場に出てこなかったため、大規模な公的宇宙計画が生まれなかったのである。



民間企業や国の宇宙機関が果敢に宇宙に進出しているのは、決して偶然ではないと思います。これらの民間および公共のプログラムは、明らかに、太陽系に関して人類の状況を大きく変えた最近の政治的な出来事を示しています。

エレナ・ダナーンは、銀河連邦が関与するリアルタイムの宇宙イベントに関する正確な情報を持つ、数少ない信頼できる地球外コンタクティの一人です。地球外生命体の宇宙での出来事に関する完全な真実は、公式のチャンネルでは、限定されたたまり場や完全公開コミュニティに組み込まれた工作員を通じて、確実に明らかにされないでしょう。また、情報公開法に基づいた要求をしても、その要求をした人の誠実さ、能力、決意に関わらず、真実は明らかになりません。プロの考古学者として20年のキャリアを持つエレナ・ダナンのような誠実な人物が、科学的な証拠プロセスを理解することで、私たちは妥協のない真実を知ることができるのではないでしょうか。

ソー・ハンからの最新情報によると、銀河連邦は、火星、月、地球、そして太陽系内の他の場所で、敵対的な地球外文明に対して純粋に行動しているという。火星の科学ミッションに影響を与えてきた敵対的な地球外文明が、火星の両衛星から一掃されたことは、重要な進展である。

エレナの情報によると、太陽系は確かに人類に引き渡される過程にあり、木星では最近、これを正式に決定する一連の会議が行われたという。一方で、ディープステート、ダークフリート、惑星間企業の宇宙プログラムなど、これまで地球外のネガティブなグループと協力していた人間のグループは、ホワイトハット、米海軍のソーラーウォーデン宇宙プログラム、ダークフリートの離反者など、銀河連邦と協力している地球連合に力を奪われつつあります。

© Michael E. Salla, Ph.D. 著作権表示

https://exopolitics.org/was-mars-moon-phobos-just-liberated-from-hostile-extraterrestrial-control/
629 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧