アヌンナキによる地球史の禁断のタイムライン

ancient-code.comより

過去に専門家によって発見された数々の考古学的発見(遺物、記録、記念碑など)から、太陽系のとらえどころのない惑星から、極めて高度な文明を持つアヌンナキ(シュメール語で「天から降りてきた者たち」)が地球にやってきて、約43万2千年前にペルシャ湾に上陸したと考えられています。

ここ数十年の間に、歴史や人類の進化に関する主流の研究者たちの見解を覆すような、数々の物議を醸す発見がなされている。

私たちが古代アヌンナキについて記事を書くたびに、読者の様々な立場の方から多くの不快感を感じています。アヌンナキが存在し、彼らが地球に来たことで、主流の研究者が説明できない多くの説明ができると固く信じている人がいる一方で、古代アヌンナキは存在せず、極めて高度な文明は地球上に存在しなかったと信じている人もいます。

しかし、ここ2、3年、多くの研究者が方法論を変えて、心を開いて考えるようになってきています。

古代の宇宙飛行士説は、歴史に記録される以前の数千年前に、地球に別の世界から宇宙飛行士が訪れ、現在の私たちの技術を超えた知的生命体が存在していたことを前提としています。 世界中の多くの考古学者が、現代のイラクを "文明の発祥地 "と考えている。紀元前3500年から1900年の間、チグリス川とユーフラテス川の流域には、シュメール人が繁栄していました。

今日、私たちがシュメールやアヌンナキ、あるいはその地域に住んでいた人々についての情報を探したり、読んだりするときには、物議を醸している作家のゼカリア・シッチンに出会う。 シッチンは1976年にシュメール語のテキストを個人的に翻訳して、"The Earth Chronicles "というシリーズの本を出版した。シッチンによれば、粘土板には、金を採掘するために地球にやってきたアヌンナキと呼ばれる異星人が描かれているという。シッチンは、地球外生命体が過去に地球を訪れたのは、彼らの故郷の惑星が生き延びるために金を必要としていたからだと実質的に示唆している。

シッチンは、考古学者や言語学者が過去に発見した数々の考古学的発見(遺物、記録、記念碑など)に基づいて、太陽系内のとらえどころのない惑星から来た非常に高度な文明であるアヌンナキ(シュメール語で「天から降りてきた者」)が、約43万2千年前に地球にやってきて、ペルシャ湾に上陸したことを示している。この高度な文明は、地球を植民地化し、大量の金を採掘することを唯一の目的としていた。



シッチンによると、今から約25万年前、古代アヌンナキはホモ・エレクトゥスの遺伝子に自分たちのエイリアンの遺伝子を融合させ、ホモ・サピエンスと呼ばれる種を作り、結果的に遺伝子的に二分された種を手に入れたという。しかし、人間はハイブリッド種であり、子孫を残すことはできなかった。労働者としての人間の需要が高まったため、古代アヌンナキは再び古代人類を操り、自力で繁殖できるようにしたのである。

原作は「The Cosmic Code」です。ゼカリア・シッチンの『地球年代記』第6巻に基づいた、私たちの地球の本当の歴史年表です。


大洪水の前の出来事


今から45万年前。
太陽系の遠方に位置するニビルでは、惑星の大気が侵食され、生命が徐々に絶滅していく。アヌに追われた支配者アラルは、宇宙船で地球に逃れる。彼は地球にニビルの大気を守るための金があることを知る。

445,000
アヌの息子エンキが率いるアヌンナキ族が地球に上陸し、ペルシャ湾の水から金を採取するためのエリドゥ(地球ステーションI)を設立。

430,000
地球の気候がまろやかになる。より多くのアヌンナキが地球に到着。その中にはエンキの異母姉であるニンフルサグ(最高医療責任者)もいた。

416,000
金の生産が停滞する中、アヌは後継者エンリルと共に地球に到着。肝心の金は、アフリカ南部で採掘して手に入れることになった。くじ引きの結果、エンリルが地球ミッションの指揮をとり、エンキはアフリカに追いやられる。地球を離れる際、アヌはアラルの孫の挑戦を受ける。

400,000
メソポタミア南部に宇宙港(シッパル)、ミッション・コントロール・センター(ニップール)、冶金センター(シュルパック)など7つの機能的な居住地ができる。鉱石はアフリカから船で運ばれ、精錬された金属はイギギの乗った軌道船に送られ、定期的にニビルから到着する宇宙船に移される。

380,000
イギギの支持を得たアラルの孫は、地球の支配権を握ろうとする。エンリル人は古の神々の戦争に勝利する。

300,000
金鉱で働いていたアヌンナキが反乱を起こす。エンキとニンフルサグは猿の女性を遺伝子操作して「原始人」を作り、アヌンナキの仕事を引き継ぐ。エンリルが鉱山を襲撃し、原始人労働者をメソポタミアのエディンに連れて行く。子孫を残す能力を与えられたホモ・サピエンスが増殖を始める。

200,000
新たな氷河期に突入し、地球上の生命は後退する。

100,000
気候が再び温暖化する。アヌンナキ(聖書に登場するネフィリム)が、エンリルの怒りを買って人間の娘たちと結婚する。

75,000
新たな氷河期となる「地球の呪い」が始まる。退行型の人間が地球上を徘徊する。クロマニョン人が生き残る。

49,000
エンキとニンフルサグがアヌンナキの血を引く人間をシュルパックの支配者にする。エンリルが激怒。人類の滅亡を企てる。

13,000
ニビルが地球の近くを通過すると巨大な津波が発生することを知ったエンリルは、アヌンナキに差し迫った災厄を人類に秘密にすることを誓わせる。

大洪水後のイベント


紀元前11,000年
エンキが誓いを破り、ジウスドラ/ノアに潜水船を作るように指示する。大洪水が地球を襲い、アヌンナキは軌道上の宇宙船からその破壊を目撃する。

エンリルは人類の残党に道具と種を与えることに同意し、高地で農業が始まる。エンキが動物を飼う。

紀元前10,500年
ノアの子孫は3つの地域に分けられる。エンリルの長男であるニヌルタは、メソポタミアが住めるように山を切り開き、川を流し、エンキはナイル川を取り戻します。シナイ半島は、アヌンナキがポスト・ディルビアル・スペースポートとして保持し、モリヤ山(後のエルサレム)にコントロール・センターが設置される。

紀元前9,780年
エンキの長男であるラー/マルドゥクがエジプトの支配権をオシリスとセスに分割。

紀元前9,330年
セスがオシリスを捕らえて解体し、ナイル川流域を独占的に支配する。

紀元前8,970年
ホルスが父オシリスの仇を討つため、第一次ピラミッド戦争を起こす。セスがアジアに逃れ、シナイ半島とカナンを占領。

B.C.8,670年
エンキの子孫が全宇宙施設を支配したことに反発したエンリル人が第2次ピラミッド戦争を起こす。勝利したニヌルタは、大ピラミッドの設備を空にする。

エンキとエンリルの異母姉であるニンフルサグが和平会議を開く。地球の分割が再確認される。エジプトの支配権がラー/マルドゥーク朝からトト朝に移る。ビーコン・シティの代わりにヘリオポリスが建設される。

紀元前8,500年
アヌンナキが宇宙施設への入り口に前哨基地を設置、ジェリコもそのひとつ

紀元前7,400年
平和な時代が続く中、アヌンナキは人類に新たな進歩を与え、新石器時代が始まる。デミ・ゴッドがエジプトを支配。

紀元前3,800年
アヌンナキがシュメールでエリドゥとニップールをはじめとする古都を再建し、都市文明が始まる。

アヌが地球にページェントな訪問をする。アヌの名誉のために新しい都市ウルク(エレキ)が建設され、アヌはその神殿に最愛の孫娘イナンナ(ルシュタル)を住まわせる。

地上の王権


3,760
人類に王権が与えられる。キシュはニヌルタの庇護の下、最初の首都となる。ニップールで暦が始まる。シュメール(第一地域)で文明が花開く。

3,450
シュメールの主権がナナール/シンに移る。マルドゥクがバビロンを "神々の門 "と宣言。バベルの塔」事件。アヌンナキが人類の言語を混乱させる。

クーデターに失敗したマルドゥク/ラーはエジプトに戻り、トートを退け、イナンナと婚約していた弟のドゥムジを奪う。デュムジは誤って殺され、マルドゥクは生きたまま大ピラミッドに幽閉される。非常口から出てきたマルドゥクは亡命する。

3,100-3, 350
メンフィスにエジプト人初のファラオが就任し、混乱の時代が終わる。第2地域に文明が訪れる。

2,900
シュメールの王権がエレキに移る。イナンナが第3地域の支配権を与えられ、インダス川流域の文明が始まる。

2,650
シュメールの王都が移動する。王権の衰退。エンリルは、手に負えない人間の群れに我慢できなくなる。

2,371
イナンナがシャルル=キン(サルゴン)と恋に落ちる。彼は新しい首都を建設する。アガデ(アッカド)。アッカド帝国発足。

2,316
サルゴンは4つの地域の支配を目指し、バビロンから聖なる土を取り除く。マルドゥク=イナンナの対立が再燃する。マルドゥクの弟ネルガルが南アフリカからバビロンに渡り、マルドゥクを説得してメソポタミアを去ることで終結する。

2,291
ナラム=シンがアッカドの王座に就く。戦上手なイナンナに導かれ、シナイ半島に侵入し、エジプトを侵略する。

2,255
イナンナがメソポタミアの権力を奪い、ナラム=シンがニップールを攻める。大アヌンナキがアガデを消滅させる。イナンナは逃亡。エンリルとニヌルタに忠誠を誓う外国軍がシュメールとアッカドを占領する。

2,220
シュメール文明がラガシュの啓蒙的な支配者の下で新たな高みに到達する。トトはその王グデアがニヌルタのためにジグラット寺院を建てるのを助ける。

2,193
アブラハムの父テラが、ニップルの祭司王家に生まれる。

2,180
エジプトが分割され、ラー/マルドゥクの信奉者が南方を保持し、彼に反対するファラオが下エジプトの王位を得る。

2,130
エンリルとニヌルタの離反が進み、メソポタミアでも中央の権威が低下する。イナンナがエレキの王権を取り戻そうとしたが、長続きしなかった。

https://www.ancient-code.com/the-forbidden-timeline-of-earths-history-according-to-the-anunnaki/
879 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧