スノーデン氏:「今年のストーリー」 - ペガサス型マルウェア、ゼロクリック攻撃



amg-news.comより

"Stop what you're doing and read this" 2013年に米国家安全保障局から大量の機密情報を流出させた内部告発者、エドワード・スノーデン氏がツイートしました。"このリークは、今年のストーリーになるだろう。" .

約190人のジャーナリスト、600人以上の政治家や政府関係者、少なくとも65人の企業経営者、85人の人権活動家、数人の国家・政府首脳など、1000人以上の人々が、ソフトウェアに頼る権威主義的な政府からの攻撃を受けています。 イスラエルのNSOグループのスパイ企業ペガサス。

マキシのスパイシステムを明らかにしたのは、パリに本拠を置く非営利ジャーナリズム組織「Forbidden Stories」と権利団体「アムネスティ・インターナショナル」が入手したデータをもとに、「ワシントン・ポスト」や「ガーディアン」など17の国際的な新聞社が行った調査です。イタリア人のクラウディオ・グァルニエリ氏が率いる同NGOのセキュリティ・テック・ラボによると、カショギ氏の恋人であるハティチェ・センギズ氏の携帯電話に、暗殺される4日前にマルウェアがインストールされていたという。イスラエル企業NSOグループのスパイウェアは、「世界的かつ大規模な人権侵害を助長するために使用されている」と同団体は糾弾しています。

また 政府は、脅威とみなされる800万人の名前のリストを保管している - MORE NEW SECRET DOCUMENTS



NSOグループは世界で最も悪名高い委託ハッキング組織であり、Pegasusは同グループの代表的なスパイウェアです。政府がテロリストや犯罪者のネットワークに侵入するために作られた軍用ソフトで、iPhoneやAndroidスマートフォンに感染し、操作した者が端末にアクセスしてメッセージや写真、電子メールを抽出したり、端末のマイクやカメラを密かに起動させたりすることができるマルウェアです。NSOグループは、同社のサーバーからデータが流出したことを否定し、「Forbidden Stories」レポートを「誤った仮定と未確認の理論に満ちている」と称しています。

NSOの顧客としてペガサス事件に関与している国は、ハンガリー、アゼルバイジャン、カザフスタン、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、バーレーン、インド、メキシコ、モロッコ、ルワンダの少なくとも10カ国である。海外の新聞が盛んに指摘しているように、5万件以上の連絡先からなるペガサスのデータベースに電話番号が登録されているだけでは、必ずしもその人がスパイされていることにはならないが、犯罪や国際テロとは無関係の人々の仕事や私生活を管理しようとする政府が存在することがデータから明らかになっている。

ガーディアン紙の報道によれば、この技術は、ハンガリーのビクトル・オルバン政権がメディア戦争の一環として使用したものでもあるという。これに対し、オルバン政権のスタッフは、Washington Post紙とともに、次のように答えています。「ハンガリーでは、覆面調査ツールの使用を許可された国家機関が、政府機関や非政府機関によって定期的に監視されています。アメリカ、イギリス、ドイツ、フランスの政府に同じ質問をしたのですか?".

サウジアラビアとアラブ首長国連邦も、ペガサスを使って、殺害されたジャーナリスト、ジャマル・カショギに近い何人かの人物の携帯電話を狙っていたはずです。アムネスティの検証によると、2018年にイスタンブールのサウジアラビア領事館で殺害された事件のわずか4日後に、カショギのガールフレンドであるハティチェ・センギズの携帯電話にスパイウェアのインストールが成功している。NSO社は、これまでにもカショギ事件に関する別のスパイ活動を行っていた。

ペガサス・プロジェクトは、Forbidden Storiesとアムネスティ・インターナショナルが入手した5万件以上の携帯電話番号のリストから、NSOの顧客が監視対象として選び出す50カ国の1,000人以上の人々を特定した。ペガサスの目に留まったのは、フィナンシャル・タイムズ紙の編集者ルーラ・カラフをはじめ、AP通信、ロイター、CNN、ウォール・ストリート・ジャーナル、ニューヨーク・タイムズ、ブルームバーグ・ニュース、ル・モンドなどのジャーナリストたちである。

関連記事 FEMA
https://amg-news.com/archives/719


このリストを分析したところ、最も多くの電話番号を選択したNSOのお客様はメキシコで、15,000件を超えていました。また、モロッコとアラブ首長国連邦は10,000件以上を選択しています。選択された電話番号は、4大陸の45カ国以上で追跡されました。ヨーロッパでは、NSOの顧客が入力した電話番号が10,000件以上あります。

今回の調査は、民主主義を脅かすスパイツールが広く使われていることについての議論を再開するものであり、監視によって、ジャーナリストが情報を収集すること、活動家がビジネスを継続すること、政治的敵対者が戦略を計画することがいかに困難になっているかを指摘していると批評家たちは述べています。元米国諜報員のティモシー・サマーズは、ペガサスがあれば、世界のほぼ全人口を監視することができると指摘しています。「データを集めるための技術を開発することは悪いことではありません。データを収集する技術を開発することは悪いことではありませんが、人類はそれほど大きな力を誰もが利用できる状態にはありません」。

アムネスティ・インターナショナルの事務局長であるアニエス・カラマードは、「ターゲットとして特定されたジャーナリストの数は、ペガサスがいかに批判的なメディアを脅かすツールとして使われているかを明確に示しています。ペガサスがいかに批判的なメディアを脅すためのツールとして使われているかがよくわかります。それは、世間のフィクションをコントロールし、精査に抵抗し、反対の声を抑圧するためのものです」。ガーディアン紙が取り上げた事例では、メキシコ人ジャーナリストのセシリオ・ピネダ・ビルトが2017年に殺害されましたが、彼の携帯電話番号が流出したリストに掲載された数週間後のことでした。スパイ活動をしている人の中には、昨年から刑務所に入っている民主主義学生同盟のインド人リーダー、ウマル・カリドがいます。

裁判で検察側は、被告の個人的な携帯電話に入っていた文書を、どのように入手したかを説明せずに提示しました。アゼルバイジャンで最も重要な記者の一人であるカディヤ・イスマイロバの携帯電話は、イリハム・アリエフ大統領の汚職や不正行為を明らかにすることを目的とした調査のために、3年間にわたってスパイされていました。バクー政府は、少なくとも48人の記者を監視していたと非難されています。

この調査により、イスラエル政府に対する国際的な圧力が再燃しました。イスラエル政府は、テロリストや犯罪者を標的にするという目的をはるかに超えた目的でスパイウェアを使用する権威主義的な政権との取引を事実上認めています。. 今回の報道は、ジャーナリストで反体制派のカショギ氏が殺害された後も、イスラエルがNSOとサウジアラビアとの取引を認め、その継続を奨励していたというニューヨーク・タイムズ紙の報道を受けたものです。

ある国でサービスを提供するためには、イスラエル政府から許可を得る必要がありますが、ソフトウェアを要求した政府に納品した後は、NSOは使用目的や使用方法を限定的にコントロールすることができます。

今回の新たな疑惑により、プライバシー保護活動家の間では、WhatsAppやSignalなどのソフトウェアを使用しているスマートフォンユーザーはもちろん、政府や適切なサイバー監視技術を持つ誰からも安全ではないという懸念が高まっています。

https://amg-news.com/archives/13827
574 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧