燃焼問題:トロントの家主が「火災の危険がある」個人所有のEVを敷地内に持ち込むことを禁止。

2023-09-21

naturalnews.comより

カナダのトロントにある不動産会社が、集合住宅内で電気自動車(EV)や電気で動く移動手段を禁止しているのは不合理だとして、入居者の権利擁護団体が法的な懸念を表明している。
パークデールのジェイムソン通り110番地と120番地にあるオベロン・デベロップメント・コーポレーションが週明けに掲示した通知には、EVは建物内のどこでも許可されないと書かれていた。これには、アパートメント・ユニット内、ガレージ、駐車スペース、ロッカーなどが含まれる。禁止されているEVは、電動自転車、バイク、一輪車、ホバーボード、モペット、セグウェイ、スケートボードスクーターである。

"これらの乗り物をお持ちの方は、ただちに敷地内から撤去してください"と通達には書かれており、充電式バッテリーの一種であるリチウムバッテリーは"火災の危険性がある"と強調されている。

(Photo credits: Tyler Cheese/CBC News)

このため、地域の法律クリニックであり擁護団体でもあるオンタリオ州入居者擁護センターの擁護・法律サービス担当ディレクター、ダグラス・クワンは、住宅でこのような禁止令を見たことがないと言う。「セグウェイはとても小さい。セグウェイはとても小さく、掃除機よりも小さいほどです。大家がこのような行動をとるのは不合理です」と彼は主張した。同氏によれば、禁止は賃借人の権利を保護する法律に違反する可能性があり、オンタリオ州の人権コードにも違反する可能性があるという。一方、Landlord and Tenant Boardによると、家主がResidential Tenancies Actに違反していると考えるテナントは、同ボードに申請することができるという。

Eスクーターは現在トロント市では禁止されているが、市はリスクと利益を検討するプロセスに従事している。これに関連し、CBCトロントの報道によると、トロント消防局(TFS)は今年、リチウムイオン電池を含む47件の火災に対応したという。そのうち10件は高層住宅で発生した。出口の廊下や階段に電気自動車を駐車することは、オンタリオ州消防法に違反するという。「コンドミニアム法人には、建物の運営に関するあらゆるコンドミニアムの規則を実施する権利がある。それは、TFSが介入しない別の法律に拘束されます」とTFSは付け加えた。(関連記事 e-bikeやe-scooterのリチウムイオンバッテリーがニューヨークやサンフランシスコで数百件の火災を引き起こしている)

しかしクワンは、Residential Tenancies Act (RTA)は、借主の敷地の「合理的な享受」の権利を保証していると主張した。合理的な享受」とは、ゲストを招いて食事をしたり、選択した交通手段を使用したり、それを自分の部屋に保管したりすることなど、あらゆることを意味するという。RTAの規定では、貸主は借主の選択、家賃の徴収、家賃の増額、借主の退去について一定の権利を負う。しかし、借主の個人所有物に関する規則を作ることができるかどうかを定義する具体的な「規定」はない。

リチウムイオン電池については、クワンはあらゆる身の回りのものに使われていると指摘した。「これらの電池を使用する交通機関を禁止するのは異例であり、不合理だ」と彼は言う。

カナダ国家研究会議は6月、駐車された電気自動車の潜在的危険性に関する文献調査を行い、EV火災の危険性はガソリン車より高くはないが、時代遅れの駐車構造には懸念があると結論づけた。特に "ロボカー "に関しては、火災を防ぐ方法を理解するためにさらなる研究が必要であるとしている。

リチウムイオン電池の危険性は?

リチウムイオンバッテリーは、EVやコードレスドリル、スマートフォン、ビデオゲームのコントローラーなど、ほとんどの家電製品に搭載されている。カナダ運輸省によると、リチウムイオン電池は一般的に安全に使用できるという。しかし、これらのバッテリーは他のタイプのバッテリーよりも損傷しやすく、揮発性が高いため特定の条件下では危険な状態になる可能性があると警告している。政府機関のテストによると、有名ブランドのOEM(相手先ブランドによる生産)バッテリーはすべての安全テストに合格しているが、低価格のサードパーティーバッテリーは "規格外品、偽造品、粗悪品の可能性が高い "ため、火災の危険性が高まる可能性がある。

当該サードパーティ製バッテリーは、OEMバッテリーよりも安価であることが多く、明らかに認知されていないブランドによって製造されている。偽」ブランドの兆候は、ラベルがずれていたり、スペルミスが含まれていたりすることである。また、安全証明書が付属しておらず、ラベルは確認されていない情報源から購入されています。

ナショナル・ポスト紙は、この種のバッテリーに関連するリスクを最小限に抑えるための安全上のヒントを提案した。膨張していたり、へこんでいたり、摩耗や損傷の兆候があるバッテリーの使用は控えること。バッテリーを長時間日光にさらしたり、暑い車内や寒い車内に放置したりしないことにも注意する必要がある。バッテリーの過充電も発火の原因となるため、推奨充電時間内に充電することが重要である。「ソファーやベッドのような表面も、熱を閉じ込めてバッテリーが過熱する可能性を高めます。オリジナルの充電器か、CSA、cUL、cETLなど、カナダで認められた認証マークのある充電器のみを使用してください」とウェブサイトは述べ、使用しないバッテリーは約50%の充電で、5~20℃の間で保管することが推奨されると付け加えた。

RoboCars.newsでは、電気自動車やリチウム電池のデメリットに関する記事を掲載しています。

https://www.naturalnews.com/2023-09-20-toronto-landlord-prohibits-potential-fire-hazard-evs.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
858 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧