電気自動車は詐欺である-その理由

2023-02-04

naturalnews.comより

コビド詐欺の時にマスクや「ワクチン」を売るために使われたマーケティングと、社会を電気自動車(EV)だけに変えようとする動きには、不穏な重なり合いがある。

「地球温暖化」と「気候変動」から地球を救うために、すべてのガス自動車、そして今やガスストーブが消えなければならないと言われている。これは本当でしょうか?答えは、もちろん違います。

例えば、航続距離。EVの1回の充電で走れる距離は、冬季に半分にすれば、より正確に読み取ることができます。また、積載量や牽引力についても、大げさな数値が並んでいます。

電気トラックの場合、トラックが期待されること、例えばトレーラーを引っ張るようなことをするために使われると、...代わりに、フォードの電気トラックF-150ライトニングの場合は、1万ポンド(4535.923kg=4.5t)のトレーラーを引っ張ることができると言われたのです」。それは事実です。ただ、長くは引っ張れない。Eric Peters Autosは、この欺瞞についてこう報告しています。

「実際にトレーラーを引っ張ろうとすると、80マイル(128.7475km)ごとに長い充電のために停車することになるという事実が省かれていたのです。また、自宅で充電できると言われましたが、これも事実です。その限りでは」

「しかし、それがどれほどの時間を要するかは知らされていなかった。それどころか、たった30〜45分ほどで再び走り出すことができると信じ込まされていたのです。しかし、それはいわゆる"急速"充電器を訪れることによってのみ可能であり、自宅にはないのです。」

EVは汚い、危険、信頼性がない:なぜグリーンカルトはまたEVが好きなのか?

アメリカン・シンカー誌に寄稿したジェローム・コルシーも、このテーマを取り上げ、EV化には経済的なメリットが何もないと指摘している。

EVを推進するのは、実用性よりもむしろイデオロギー、つまり彼の言う「合理的な経済計算」によるものだ。ワイオミング州の上院議員4名と下院議員2名が、2035年までにワイオミング州でのEV販売を全面的に禁止する法案を提出したのも、そのためだ。

「ワイオミング州の広大な高速道路と電気自動車充電インフラの不足が、電気自動車の普及を不可能にしている」と上院共同決議番号SJ004には書かれており、「電気自動車に使われるバッテリーには、国内供給が限られ途絶える恐れのある重要な鉱物が含まれている」とも述べられている。

もし、環境保護に熱心な左翼がガス自動車の販売を禁止することに成功した場合、特に産業車両や商用車が禁止対象となった場合、安全性や信頼性に大きな影響を与えることになる。吹雪の中、人里離れた道路脇でEVのセミトラックが死んだらどうなるのだろう?ドライバーと積載物はどうなるのでしょうか?

ワイオミング州の法案では、「レアアースは簡単にリサイクルや使い捨てができないため、ワイオミング州やその他の地域の埋立地は、安全で責任ある方法でこれらの鉱物を処分する方法を開発する必要がある」と警告している。

最後に、これらの製品を充電するための余分な電力はどこから来るのだろうか?すでに、ある州では、ある時期になると、電気インフラの問題が発生する。国全体がEVになったら、どうなるのだろう?

あるコメントでは、「彼らは、それがうまくいかないことを気にしていない」と書かれています。
「彼らは、誰もが都市に住み、歩いたり自転車に乗ったりして、言われた場所にだけ行くことを望んでいます。何も所有せず、幸せになるのです。」

EVの推進とそれにしばしば伴う嘘についての最新ニュースは、GreenTyranny.newsで見ることができます。


https://www.naturalnews.com/2023-02-03-electric-vehicles-are-a-scam-heres-why.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1367 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧