調査結果 カリフォルニア州の電気自動車所有者の5人に1人がガソリン車に乗り換える



naturalnews.comより

多くの人は、環境に配慮したより良い運転方法を求めて、電気自動車に乗り換えます。しかし、現実を見ると、電気自動車のオーナーの中には、従来の車を所有することのシンプルさに憧れ、機会があればすぐにガソリンで走る電気自動車に乗り換えてしまう人もいます。

カリフォルニア大学デービス校の研究者が行った調査によると、2012年から2018年の間に車を購入したプラグイン電気自動車(PEV)の所有者の5人に1人が、ガスで動く車に乗り換えていることがわかりました。Nature Energy誌に掲載されたこの研究によると、乗り換えの主な理由は、車の充電に不便を感じたことでした。

近年、EVは技術的特徴や安全性、快適性の面で大きな進歩を遂げていますが、充電はまったく別の話です。

ガスエンジンのフォード・マスタングと電気自動車のマッハEを例に考えてみましょう。初代マスタングのタンクは、ガソリンスタンドで約3分で満タンにすることができ、V8エンジンでの航続距離は約300マイルになります。しかし、ブルームバーグの自動車アナリストであるケビン・タイナンは、家庭用コンセントで1時間充電したところ、わずか3マイルの航続距離しか得られなかったと報告しています。一晩中充電しても36マイルしか走れないというのは、かなり残念な結果です。

その理由のひとつは、一般的な家庭用コンセントでは、レベル1とされる120ボルトの電圧しか供給されないからです。240ボルトを供給するより高出力の特殊な接続はレベル2と呼ばれますが、これを見つけるのは困難です。テスラでは、480ボルトのスーパーチャージャーを用意しており、1時間強で満充電にすることができます。

ガソリン車に乗り換えたPEVオーナーのうち、7割以上が自宅にレベル2の充電設備がなく、職場にも同様の割合でレベル2の充電設備がありませんでした。米国には42,000カ所の公共充電ステーションがありますが、そのうち急速充電が可能なのは5,000カ所で、残りのステーションは家庭用充電器に近く、航続距離の長いバッテリーをフル充電するには8時間ほどかかります。

タイナンによると、急速充電器を使用しても、テストしたシボレー・ボルトでは、ほぼ空の状態から航続距離を300マイルにまで伸ばすのに6時間必要でした。これは、彼の家族が使っているSUVでは、ポンプで数分で済むことだと言います。

電気自動車はその期待に応えられていない

研究者たちは、電気自動車の普及に大きな期待を寄せている自動車業界が成功するためには、充電の面でも大きな前進が必要だと述べています。すでに多くの企業が、より早く充電でき、1回の充電でより遠くまで走れるEVの開発に力を入れていますが、利用可能な充電ステーションもそれに追従し、より早い充電に必要な高出力を提供する必要があります。

と警告しています。「一度PEVを購入した消費者が継続してPEVを所有すると考えるべきではありません」。

"明らかなのは、これがPEV市場の成長を鈍らせ、PEV販売100%達成をより困難にする可能性があるということです。"

また、充電ステーションの増設も必要で、特に超高速充電器は、長距離移動で急速充電が必要な高速道路や、アパート暮らしで家庭用充電器を利用できない人が多い都市部では重要です。

しかし、電気自動車がガソリン車と同じように便利になるまでは、業界が期待するような普及は望めません。また、多くの車を充電することによる送電網への影響も懸念されています。さらに、電気自動車の製造や充電に必要なエネルギーはもちろん、電池の材料を採取するためのエネルギーを考慮すると、ディーゼル車よりも二酸化炭素排出量が少ないという評価もあります。要するに、電気自動車は約束を果たしていないのです。

https://www.naturalnews.com/2021-08-16-california-electric-car-owners-switching-back-gas.html#
1181 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧