ツイッターが政府のやり方を公開。本当の情報を検閲し、真実を語る者を禁止するために使用された「偽情報研究所」の「コテージ産業」に資金を提供した

2023-03-08

naturalnews.comより

ジャーナリストで作家のマット・タイブビは、木曜日に発表した最新のTwitterファイル報告書の中で、国家安全保障の名の下に、表向きは誤ったオンラインプロパガンダと戦う「偽情報ラボ」の「新しい家内工業」の設立に米国政府が関わっていることを強調しました。

ブライトバート・ニュースが報じたように、「Twitter Files #17」のスレッドでは、国務省の子会社であるグローバル・エンゲージメント・センター(GEC)と、「米国、その同盟国、パートナー国の政策、安全、安定を損ない、影響を与えることを目的とした外国の国家および非国家のプロパガンダと偽情報の取り組みを認識、理解、暴露、対抗」するというその目的に焦点を当てたものが紹介されています。

Twitter Filesによると、GECを通じて連邦政府から支援を受けている大西洋評議会のデジタル・フォレンジック・リサーチ・ラボ(DFRL)は、検閲を要請するオンラインプロフィールのリストをTwitterの幹部やスタッフに頻繁に送っていました。ブライトバート・ニュースが報じたところによると、タイビは報告書の中で、ニュースメディアがツイッターとは異なり、「偽情報」に関する政府の主張を疑問視することなく受け入れようとしていることを強調しました。

Taibbi氏は、ニュースメディアのパーソナリティは、抵抗感の強いTwitterのスタッフと比較して、「偽情報」に関する政府の主張を受け入れる「容易なマーク」であったと述べています。Taibbi氏はまた、GECやDFRLといった政府出資の組織が行う虚偽で根拠のない主張に対して、ニュースメディアはより容易な標的であったと指摘しています。

22. ツイッタースタッフはプロ意識を持っていた。彼らは、外国の偽情報と断言する前に、少なくとも一度は目を通す傾向があった。そのため、GECにとっては手強い相手だった。

幸いなことに、ニュースメディアという、より簡単なターゲットがいる。
https://twitter.com/mtaibbi/status/1631338716609355776?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1631338718639398932%7Ctwgr%5E0836b328b050baac68a37a9a129ff62422068d5d%7Ctwcon%5Es2_&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.naturalnews.com%2F2023-03-07-twitter-exposes-govt-funded-cottage-industry-of-disinformation-labs.html

Taibbi氏は、新たに設立された「反情報」団体の表面的な部分を指摘し、ニュースメディアが根拠のない主張を喜んで受け入れていることを批判している。
これらの"専門家"のほとんどは何も知らない」と彼は書いている。「しかし、真の悪者を見分けるという分野では、市井の一般人以上の知識を持つ者はほとんどいない」。

さらに、「GECの怖いところは、機関よりも、その周囲に広がっている『偽情報ラボ』のインフラである」と指摘した。

45. Twitterの広報担当者イアン・プランケットは、数年前に「誤報は、それ以前の(暴力的過激派対策、CVE)のように、家内工業になりつつある」と書いています。

誤報は、テロ対策の任務を、国内のターゲット向けに作り替えたものです。
https://twitter.com/mtaibbi/status/1631338778341122063?ref_src=twsrc%5Etfw%7Ctwcamp%5Etweetembed%7Ctwterm%5E1631338780635406354%7Ctwgr%5E0836b328b050baac68a37a9a129ff62422068d5d%7Ctwcon%5Es2_&ref_url=https%3A%2F%2Fwww.naturalnews.com%2F2023-03-07-twitter-exposes-govt-funded-cottage-industry-of-disinformation-labs.html

「国内の偽情報複合体の培養器だ」と、ある元情報筋がTaibbiに語ったと、彼はスレッドで指摘している。「冷戦時代から我々が他国で行ってきたことを、一部のバカが自国に持ち帰ることにしたのだ」。

と指摘したそうです。GECは、"米国情報局"のように、調査やより公的なアプローチで、偽情報を暴露し、それに答えることに集中すれば、論争を避けることができた。その代わりに、下請け企業の秘密リストに資金を提供し、陰湿な-そして愚かな-新しい形のブラックリストを開拓するのに貢献した。

政府出資のGECは、「欠陥のある、あるいは完全に間違ったニュース記事をメディアで散見させた。さらに問題を深刻にしているのは、どちらのケースでもアメリカ人が税金を払って、こうした操作の対象になっていることです」と彼は書いている。

タイビ氏の調査によると、GECはTwitterに良い情報も流したが、ほとんどは良くない情報だったという。さらに、「根本的な問題は、多く出回っている2020年の報告書『ロシアの偽情報とプロパガンダの柱』に例証されている」とも述べている。

GECの中国に関するレポートは、Taibbiによると、「何よりもエンターテイメント性が高い」と、あるアナリストは述べています。「それは、ロシアの戦略の一部として、中国に親和的なものだけでなく、イタリアで中国に反対するものも同列に扱っています。

Twitterのスタッフはプロ意識を持っていた。彼らは、外国の偽情報と断言する前に、少なくとも一度は目を通す傾向があった。そのため、GECにとっては手強い相手だったのです」と彼は書いている。「幸いなことに、ニュースメディアという、より簡単なマークがある。」

「憂慮すべきレポートを作成し、ジャーナリズムの群れの中で動きが鈍い動物たちに送り、記者たちがTwitterのドアを叩いて、なぜこの、あるいはあの『生態系』が消滅しないのかを知りたがるのを待つのだ」。

要するに、私たちの政府は、かつて情報機関が外国で行っていたのと同じように、アメリカ人に対する心理作戦に資金を提供していた(そして今も)のです。

https://www.naturalnews.com/2023-03-07-twitter-exposes-govt-funded-cottage-industry-of-disinformation-labs.html#

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1272 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧