研究者らは、がん細胞を自己破壊させる画期的な「スイッチ」を発見

2023-11-18

naturalnews.comより

カリフォルニア州サクラメントにあるUCデイヴィス総合がんセンターの研究者たちが、がん治療の未来にとって画期的な発見をした。研究チームは、がん細胞を自己破壊させる生物学的な "スイッチ "を発見したのである。この発見は、年間1800万人以上の浸潤性がんと向き合っているアメリカ人の生活に影響を与えるだろう。この発見は、最近『Cell Death and Differentiation』誌に掲載された。
研究チームは、がん細胞の迅速な死滅をシグナルする重要なエピトープを同定し、活性化することができた。この生物医学的発見は、がん治療プロトコルの改善への扉を開くものである。現在、がん治療の標準治療は手術、放射線療法、化学療法である。これらの治療法は初期には成功するが、より攻撃的に再発し宿主を荒廃させる治療抵抗性癌に対しては効果がないことが多い。

研究者らは、耐性のあるがん細胞を死滅させるために活性化できる重要なエピトープを発見した

癌細胞は細胞膜にCD95レセプターと呼ばれるタンパク質レセプターを持っている。Fasとしても知られるこの受容体は、がん細胞を破壊するように設計されている。いったん活性化されると、細胞を自己破壊させるシグナルを放出する。がん細胞を死滅させるコツは、CD95レセプター上の重要なエピトープ(または大きなタンパク質の一部)にある。UCデイビスのジョジェンダー・トゥシール=シン上級著者を中心とする研究チームは、今回の発見が、殺傷 "スイッチ "を標的とすることに成功した初めての例であると述べている。

「我々は、CAR T細胞のバイスタンダー抗腫瘍機能と同様に、細胞傷害性Fasシグナル伝達に最も重要なエピトープを発見しました」とTushir-Singh氏は声明で述べた。

これまでのキメラ抗原受容体(CAR)T細胞がん治療では、患者のT細胞に特定の腫瘍標的抗体を移植する必要がある。このCAR T細胞治療は50万ドルほどかかるが、白血病やその他の血液がんには有効であることが証明されているが、乳房、肺、卵巣、腸の腫瘍に対しては信頼できる治療法ではない。固形癌の腫瘍微小環境は非常に弾力性があり、人工T細胞が侵入して分子プロセスに影響を及ぼすのを容易に妨げるからである。さらに、腫瘍にはFas受容体エピトープの変異型が含まれていることがあり、CAR T細胞療法に対する抵抗性を高めている。また、一部の腫瘍は遺伝的に不均一であり、治療に対して異なる反応を示す異なるタイプの細胞が混在している。この最新のエピトープ発見の出現により、CAR T細胞療法は体のどの部分の固形腫瘍に対してもより効果的になる可能性がある。

「このレセプターを標的にするこれまでの努力は失敗に終わっていました。しかし、今回このエピトープが同定されたことで、腫瘍のFasを標的にする治療の道が開けるかもしれません」とTushir-Singh氏は語った。「患者のFasの状態、特に今回発見されたエピトープ周辺の変異は、CAR Tの投与を検討する前に知っておくべきです」とトゥシール-シン氏は述べた。

「これはCAR T療法のバイスタンダー治療効果を示す決定的なマーカーです。しかし、最も重要なことは、これはCAR T療法を開発する段階を設定することです」。


https://www.naturalnews.com/2023-11-17-researchers-discover-breakthrough-switch-cancer-cells-self-destruct.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1035 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧