新しい研究は、ファイザーに戦術的核弾頭を投下した。

2023-12-11

expose-news.comより
画像:Pfizer-BioNTechとModernaの両方のcovid注射ではmRNAテクノロジーが使用されています

mRNA注射による「意図しない免疫反応」を説明する爆発的な新しい研究は、ファイザーに戦術的核弾頭を投下した。

ファイザーはこのところ、次から次へととんでもないことが起きていると感じているに違いない。ジャブにとって、言うまでもなくジャブを受けた人にとっても恐ろしいニュースが目白押しの1年だったが、昨日はジャブに関する重大な新事実が発見された。どの程度ひどいのか?あまりにひどいので、もうほとんど予測はしないが、こう予測しよう: この研究のせいで、FDAはmRNAコビド注射を撤回せざるを得なくなるだろう。

冗談でもなんでもない。

我々の調査は、昨日のテレグラフの記事から始まった。『モデナやファイザーのコビド注射を受けた4人に1人が意図しない免疫反応を経験した』という見出しの新しい研究である。



この爆発的で新しい、査読済みのゴールドスタンダードの研究は、 昨日12 月 6 日 に発表されたばかりであるにもかかわらず、 すでにニュースになっています。そしてそれは、「 mRNAのN1-メチルシュードウリジル化は+1リボソームフレームシフトを引き起こす」という多音節の理解できないタイトルを特集して、評判の高い学術誌ネイチャーに掲載されました。

この研究には20人の著者が参加しています。数字には信頼性がある。

気が遠くなるようなタイトルに騙されないでください。ケビン・マッカーナン氏のSV40サルウイルス発見がファイザー社の機関銃掩蔽壕に手榴弾を投げ込んだとすれば、この慎重に書かれた研究はハワイに停泊中のファイザー社太平洋艦隊に戦術核兵器を投下したことになる。この研究の意味は 膨大です。

科学の話は少し分厚いので、いや、 とても 分厚いので、先に結末からお話します。

The Telegraphの記事が研究結果を擁護的にどのように説明したかは次のとおりです。 彼らは可能な限り結果を軽視していたことに留意してください 。

しかし、ケンブリッジ大学の科学者たちは、このようなワクチンは完全ではなく、時には望ましいCovidの「スパイク」ではなく、無意味なタンパク質が作られることがあることを発見した。

『ネイチャー』誌に発表された新しい研究によると、この現象は約25〜30%の人に見られたという。


ははは!ワクチンは「完璧ではなかった!!」なんてことだ!停止してください!ハハハッハッハ!笑うと痛い!ふぅ。よし、もう大丈夫だ。続いて。

こちらが簡易バージョンです。研究者らは、mRNA ワクチンに必要な成分である 1-メチルプソイドウリジンに残念な副作用があることを発見しました。 時々歯車がずれることにより、 RNA 翻訳が3 分の 1 の確率で台無しになります 。意図した スパイクタンパク質を作る代わりに、これらの小さな誤った翻訳の失敗により、他のものが作成されます。他の 種類 のタンパク質。新しいもの。

そして、どのような種類のタンパク質が生成されるかを予測する方法はまったくありません 。それは確率的であり、完全にランダムです。

「ワクチン」は 3 分の 1 の確率で確率的タンパク質を生成します。テレグラフ紙が再び誤報したように、人間ではなく 細胞 の3分の1が 感染した。各ショットには何兆ものmRNA パッケージが含まれています 。したがって、私が何かを見落としていない限り、この研究が言っていることは、実際には言葉にしていなくても、 ジャブを受けたすべての人の内部でこれが起こっているということです。

そしてそれは たくさん起こっています。

さて、私が否定的に聞こえるのは嫌だということはわかっていますが、数兆個 の細胞が間もなく奇妙で新しいタンパク質をランダムに、そしておそらくは不確定かつおそらく長期間にわたって生成することを人々が知っていたら、ワクチン接種をためらう人はもっと多かっただろうと思います。

それはロシアンルーレットによく似ています。

このようなことがどのような問題を引き起こすかは誰にもわかりません。その主な理由は、 おそらくメンゲレ博士の研究室の下にある秘密のダンジョンの最下層を除いて、彼らがこれまでにこのようなことをテストしたことがないからです。

市民ボランティアが必然的に次 のように主張するとき、彼らを逃げさせてはいけません 。誰も彼らが 完璧であるとは期待していませんでした。」

いいえ。私たちがこのショットは「実験的」だと言うと、彼らはそれを「誤った情報」と呼びました。彼らは、このワクチンは 人類史上最もよくテストされ、 最も安全な ワクチン であると述べた。彼らは、私たちは最初の 90 日以内にすべての長期的な副作用を知ったと言いましたが、どうなるのでしょうか? 何もありませんでした 。長期的な副作用はありません。

正直に言うと、 私たちの専門家がどれほど愚かであるかに腹が立つことがあります 。

続けて、テレグラフ紙は当初、「ナンセンスタンパク質」によって引き起こされる「悪影響はない」と主張したが、その後一転して、それらが 意図しない免疫系の再燃を引き起こすと述べた。 それは 悪影響だよ、バカ。しかし第二に、彼らは古い「証拠がない」というギャグを平手打ちしているだけです。この場合、テレグラフ紙の「証拠がない」議論は、「無知からの議論」と呼ばれる、時代遅れで使い古された、よく知られた論理的誤謬です。

彼らが本当に言いたいのは、 どんな悪影響があるかわからない、ということだけです。

屁理屈を言うつもりはありませんが、「悪影響はありません」と言うのは、「これがどのような悪影響を引き起こすか分からない」と言うのとはかなり異なります。

テレグラフ紙の記事がどれほど悪質かを知るために、テレグラフ紙が「データによると、エラーによって悪影響は生じていない」と誤って報じた際に使用した研究の正確な文章を以下に示します。

BNT162b2ワクチン接種によって生じたヒトでのフレームシフト産物が有害な転帰に関連するという証拠はないが、mRNA技術を将来利用するためには、リボソームのフレームシフト現象を減らすようにmRNAの配列設計を変更することが重要である。
これにより、将来の応用用途、ホルモンの生体内生産など、より高用量またはより頻繁な投与を必要とするものが制限される可能性があるためです。


見る?テレグラフ紙が主張したように、ワクチンが安全であることを証明する「データ」は存在しなかった。この研究では「有害事象との関連性を示す証拠はない」とだけ述べられている。 それは確かに、誰も有害事象との関連性をまだ調べていないからかもしれません 。

この研究は専門的すぎて素人の読者にはほとんど理解できない、あるいは理解できたとしても、 驚くほど 書かれています。最初、読者はこの研究がジャブに対する巨大な謝罪であると誤って結論付けます。機会あるごとに、20人の著者はmRNAテクノロジーの輝かしい未来について楽観的に述べた。つまり、この1つの小さくて扱いにくい小さな(修復不可能な)しわが公式から取り除かれてしまったのだ。 こうして研究は査読を通過し、出版されたのです。

科学者たちはゲームの遊び方を学んでいます。

さて、思い出してください。この研究とそれに関するすべてのニュース報道は、 ランダムな「ナンセンスタンパク質」、つまりトランスフェクトされた細胞の 25% が現在作っているランダム化されたタンパク質による悪影響の証拠がないことを 、製薬業界の大物や落ち込んだジャブテイカーたちに常に安心させています。 心配することはありません。

しかし、この研究著者の一人であるアン・ウィリスによる非常に説得力のある引用を見てください。彼女は非常に明るいタイプの女性です。彼女は、この問題は、ジャブ作成者にとって、それを解決するための非常に魅力的な機会を生み出すだけであることに気付きました。

[MRC毒性学ユニットのディレクターであるアン・ウィリス教授]は、この問題を解決する方法があり、「 今後このプラットフォームのリスクを大幅に軽減する」方法があることは非常に興味深いと付け加えました


金切り声! ちょっと待ってください!一瞬ブレーキを踏みます。問題を修正することで 「 [mRNA] プラットフォームの リスクが大幅に軽減される」場合 …それは…修正すべき大きなリスクがあることを意味します。そして、その引用は、皆さん、ゲーム全体をその場で公開し、研究著者が実際に何を考えているかを私たちに示しました。

私たちと同じように、彼らも愕然としています。そして彼らは、エキサイティングな機会が詰まった空洞のテディベアに入れて、査読済みの国境を越えて密かにメッセージを伝えるという唯一の方法でメッセージを伝えました。

問題の成分である 1-メチルプソイドウリジンは、mRNA ペイロードを安定させるためにジャブで使用されるプソイドウリジンの一種です。この化学物質については以前に議論したことがあります。その最初の意図せぬ副作用は、mRNA が安定しすぎることでした 。 これが、プソイドウリジンで強化された mRNA が、天然の mRNA のように数時間以内に消失するのではなく、何か月かそれ以上持続する理由であり、FDA が欺瞞的に主張したように、そのためだと考えられます。彼らが最初にジャブを押していたときにそうするだろう。

皮肉なことに、 彼らは 、1-メチルプソイドウリジンを使用して人工的に持続性の高いmRNAを作成する方法を発見した2人の科学者にノーベル賞を与えたばかりです。しかし、ノーベル賞が授与されるずっと前に書かれた昨日の査読済み研究は、1-メチルプソイドウリジンの使用には致命的な欠陥があると結論付けた。それを修正するという作者の提案は?天然のmRNAを使用します 。

しかし、天然の mRNA は代謝が速すぎて機能しないため、この研究からの本当のメッセージは、mRNA 技術は本質的に安全ではなく、 未知の多大な リスクを引き起こすということです。何百万、何兆もの細胞が一日中ランダムなタンパク質を生成するリスクがどのようなものであるかは誰にも分かりません。古い「猿の数は無限にある」という議論を覚えていますか? つまり、サルとタイプライターが十分にあれば、昼食にバナナを配る前に、どこかのチンパンジーがランダムにハムレットをタイプしてしまうだろう。

何兆もの「ランダムなタンパク質」が有害なものを決して思いつかないというサイコロを転がしたい人がいるだろうか ?それとも、予期せぬプロセス全体がすべて有害である可能性がさらに高いでしょうか ? たとえそれが自己免疫の条件を作り出すだけであっても、薬のランダムな結果は受け入れられるべきではありません。

したがって、FDA [およびすべての国の国内規制機関] は これらの薬を中止しなければなりません 。

ジャブの4大低迷を振り返ってみよう

  1. 2 月、ケビン マッカーナンは、mRNA ショット中に予期せぬDNAプラスミドの混入を見事に発見しました。
  2. ケビンは同様に、FDA を含む地球上の他の科学者が何らかの形で見逃していた、ありふれ た光景の中に隠れている何かを見事に発見しました。mRNA ショットには、予想外に発がん性 サル ウイルス (癌に関連する) の一部が含まれていました。
  3. 8月に、私は、スパイクタンパク質、つまりショットがC4免疫細胞に予期せず結合することで自己免疫問題を引き起こす仕組みを示す研究について、「JACKPOT Tuesday, 8 August 2023, C&C NEWS」というタイトルの 投稿で 報告しました。
  4. そして昨日、この最新の研究で、ジャブの 4 番目の大きな予期せぬ問題が分かりました。これはジャブの設計そのものに関係しており、ランダムなタンパク質の生成です。
それで、あなたは私にこう言います:FDA(およびその他の規制当局)は現実的にいつまでこの茶番劇を続けることができるでしょうか?次回のFDAワクチン諮問委員会会議では、真珠湾での爆発よりも多くの爆発が起こるだろう。

私たちは今、ゴールラインに向かって全力疾走中です。


https://expose-news.com/2023/12/10/study-describing-unintended-immune-responses/


このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
637 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧