研究結果 COVID-19ワクチン接種が、疼痛、筋萎縮、麻痺を引き起こす稀な神経障害と関連することが判明

2024-03-30

naturalnews.comより

武漢コロナウイルス(COVID-19)ワクチン接種が、主に中枢神経系以外の神経に影響を及ぼし、疼痛、筋萎縮、場合によっては麻痺を引き起こす稀な神経障害を誘発する可能性があることを、新たな系統的レビューが示唆している。
3月14日付の医学誌『Vaccines』に掲載された論文で、研究者らは、パーソンセージ・ターナー症候群(PTS)がすべてのCOVID-19ワクチン接種後に発生する可能性があり、類似あるいは無関係のワクチンを追加接種すると再発する可能性があることを発見した。

PTS(神経性筋萎縮症)は末梢神経系に影響を及ぼす疾患で、激痛の急激な発現とそれに続く著しい筋萎縮が特徴である。主に体の片側の頭蓋骨、肩、上肢、胸壁が侵される。全米希少疾患機構によると、PTSは肩と腕の運動と感覚を司る神経のネットワークである腕神経叢に影響を及ぼす。場合によっては足の神経も侵される。

PTSを経験した人は通常、激しい痛みが常にあり、動くと悪化し、数時間から数週間続くことがある。症状が1年以上続く人もいるが、ほとんどは2年以内に回復する。痛みが治まると、通常は進行性の脱力や麻痺に取って代わられる。また、筋萎縮、反射の消失や低下、感覚の喪失を経験することもある。

PTSの正確な原因は不明であるが、研究によると、PTS発作の少なくとも50%は、感染症、医療処置、過度の運動、ワクチン接種などの誘因となる出来事によって引き起こされる。治療なしで回復する人もいるが、再発を繰り返す人もいる。

COVID-19ワクチンとPTS発症の間に関係があるかどうかを調べるため、研究者らはCOVID-19に関する文献を追跡するシステムであるLitCOVIDと世界保健機関のCOVID-19データベースを検索し、1月25日までに発表された文献を調べた。

このデータベースの調査により、COVID-19ワクチン接種後のPTSの報告例が59例見つかった。この59例のうち、36例がmRNAワクチン、18例がウイルスベクターワクチンであった。(関連記事 世界最大のCOVID-19ワクチン安全性研究は、ワクチンと神経、血液、心臓関連疾患との関連性を示した)

mRNAワクチンを投与された36人の患者のうち、24人はファイザー社、10人はモデナ社のワクチンを投与された。ウイルスベクターワクチンを受けた18人の患者のうち、15人がアストラゼネカのワクチンを受け、2人がジョンソン・エンド・ジョンソンのワクチンを受けた。5人の患者はワクチンの種類は不明であった。

因果関係の評価を行った結果、32症例が「ワクチン接種が原因である可能性がある」ことが判明した-mRNAワクチン接種後22症例、ウイルスベクターワクチン接種後7症例、ワクチン不明3症例。

患者はワクチン接種後2週間以内にPTS症状を発症した

この研究によると、PTS患者のほとんどは、ワクチンの種類に関係なく、ワクチン接種後14日以内に神経症状を発症し、主に体の片側(注射を受けた側)に症状がみられた。PTSはワクチンの種類に関係なく男性に多くみられ、年齢が高い患者に比べて41歳から50歳の患者に多くみられた。

mRNAワクチンを接種した患者のうち、15人が1回目の接種後にPTSを発症し、16人が2回目の接種後に発症した。1人の患者はmRNAブースター接種後に初めて神経症状を発症し、もう1人は4回目のワクチン接種後にPTSを発症した-最初の3回はファイザーワクチン、4回目はModernaワクチンであった。3例ではワクチンの種類は特定されなかった。

ウイルスベクターワクチンを接種された6例は1回目の接種後にPTSを発症し、3例は2回目の接種後にPTSを発症した。PTSを発症した9例では、以前のワクチン接種の詳細が不明であった。

mRNAワクチン群ではPTSを発症した患者のうちCOVID-19に罹患していたのは1例のみであり、ウイルスベクター群ではCOVID-19に罹患していた患者はいなかったため、PTS症状はSARS-CoV-2感染に起因するものではなかった。両ワクチン群とも半数以上の患者は他の合併症を認めなかった。

痛みを発症してから2週間以内に、患者は運動障害、筋萎縮症(臀部や大腿部の激しい痛みや灼熱感)、下肢の筋力低下と衰弱、知覚障害(異常な「ピンと張りつめた」感覚)、感覚喪失を経験した。

ウイルスベクターワクチンを接種した患者では、腕神経叢以外の神経病変が多くみられた。さらに検査を行ったところ、mRNAワクチンを接種した人の33%、ウイルスベクターワクチンを接種した人の100%で脳脊髄液アルブミン細胞学的解離が認められた。この症状は、COVID-19ワクチン接種に関連したもう一つの神経疾患であるギラン・バレー症候群としばしば関連している。

同側腋窩リンパ節腫脹も認められた。これはmRNAワクチン投与に関連した病態で、注射を受けた側の脇の下のリンパ節が腫れるものである。続きは広告の下にあります。

この研究によると、2例のPTSは2回目のmRNAワクチン接種後に悪化し、もう1例はインフルエンザワクチン接種後に再発した。別の患者はウイルスベクターワクチンの2回目の投与に耐えたが、別の患者は耐えられず症状が再発した。

転帰と症状の改善は患者によって異なっていた。mRNAワクチンを接種した患者の12%は完全に回復したが、ウイルスベクターワクチンを接種した患者の25%は完全に回復した。

検証可能なCOVID-19ワクチンによる傷害事故のコンピレーションビデオをご覧ください。

https://www.brighteon.com/36a91752-462c-482e-aa07-600cbba51667


https://www.naturalnews.com/2024-03-29-rare-neurological-disorder-linked-to-covid-vaccination.html

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1140 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧