鳥インフルエンザ、検閲、100日ワクチン:「次のパンデミック」に関する7つの予測

2024-05-19

off-guardian.orgより

今月初め、ホワイトハウスは新たな「パンデミック対策」の目標を発表した。

これを取り上げているのはホワイトハウスだけではない。3月、スカイニュースはこう問いかけていた: 「次のパンデミックはすぐそこまで来ている」と専門家は警告する。

4月3日付の『フィナンシャル・タイムズ』紙も似たようなことを問うている。我々は準備ができているだろうか?

わずか1時間足らず前には、『デイリー・メール』紙が「次のパンデミックを引き起こすかもしれない、世界で最も致命的な洞窟」の中に私たちを招待した。

つい2日前には、パニック拡散のプロがCNNに寄稿した:

次のパンデミックの脅威は、今すぐ行動を起こすことを求めている!


感嘆符は私がつけたものだが、原文にはそのように書かれている。

イランとイスラエルが一面でサーベルを鳴らしている間に、私たちはもっと静かな裏のページを見て、何を学ぶべきか、そして「次のパンデミック」がどのように展開するかを予測するのに役立てるべきだと思った。

次のパンデミック」とは何か?

というか...かなり自明な気がする。

真面目な話、コビッドが始まったときから予測されていたことなんだ。最初はサル痘--MPoxには悪いが--になりそうだったが、それは失敗に終わった。

次のパンデミックは、前回のパンデミック以上に現実的なものではない。というのも、次回のパンデミックは、前回のパンデミック以上に現実味のあるものにはならないからだ。

詳細はまだわからないが、いくつかの推測をするのに十分な漠然とした報道はある。

どんな病気を使うのか?

おそらく最も重要な質問だろう。サル痘についてはすでに述べたが、その可能性はもうなさそうだ。

今現在、彼らはほとんど「X病」について話している。この病名が初めて登場したとき、一部ではちょっとしたパニックを引き起こしたが、それはトップシークレットの機能を持つスーパー病名ではなく、文字通り場つなぎ的な名前である。

しかし、それはトップシークレットの機能を持つスーパー病などではなく、文字通りプレースホルダーの名前なのだ。

結局のところ、実際の病名が必要である以上に、実際の病名はまだ必要ないのだ。彼らはただ、健康を基盤とした専制政治の立法規則を構築する間、人々の頭の上に病気というアイデアを掲げておく必要があるだけなのだ。

実際、"病気X"という曖昧さは、法律を曖昧に保つのに役立っている。

とはいえ、いつかは実際の病気を作り出したい、あるいは作る必要があるだろう。

というのも、既存の風土病とその均一な症状を利用すれば、「偽造」するのは簡単だからである。

その最有力候補が鳥インフルエンザである。鳥インフルエンザは2年前からニュースになっているが、最近、牛から人に感染したという疑惑で大きく報道が増えた。

国連は「パンデミックの専門家」が「鳥インフルエンザの人への感染を懸念している」と報告している。つい昨日、世界保健機関(WHO)のジェレミー・ファーラーは、「鳥インフルエンザが人間に広がる脅威は大きな懸念である」と警告した。

デイリー・スター紙のこのような嬉々としてセンセーショナルな見出しを促している:

新たなパンデミックが「予想される」 ヒトからヒトへの鳥インフルエンザにWHOは「大きな懸念」


鳥インフルエンザは、彼らが健康暴政と食糧移行を同時に推し進めることができるため、都合のいい選択だ。彼らは、乳製品、牛肉、鶏肉、卵が「危険」になったと主張することで、それらを配給制にしたり、少なくとも希少性を強要したりする口実とすることができる。

そして、菜食主義や実験室栽培の肉は「パンデミックを防ぐ」という考えを押し付けるだろう。少なくとも2021年以来、彼らが主張してきたことだ。

デイリー・メール紙がほんの数時間前に報じた:

鳥インフルエンザのH5N1型が初めて「非常に高濃度」で牛乳から検出、世界保健機関(WHO)が警告


鳥インフルエンザの欠点は、気候変動を物語に組み込むのが難しいことだ。

いつ実現するのか?


おそらく冬まで、早くて2025年1月だと思うが、理由は2つある:

1.パンデミック(世界的大流行)」のシナリオに通常の季節性感染症による死亡を取り込むために、インフルエンザの流行が必要なのだ。
2.彼らは「大きな選挙の年」が終わるのを待ちたいのだろう。

その2点目は単なる勘ではなく、先に述べたSkyの記事に基づいている。ロックダウンは二度と起こらないか」と問いかけ、"専門家 "が答えているのだ[強調]:

...再度の封鎖が必要になった場合、現トリー政権は自分たちのルール違反に関するスキャンダルを最小限に食い止めるか、あるいは国民の支持を維持するために完全に政権交代をしなければならないだろう。もし新政権が誕生すれば、『前と同じ連中だ、なぜまた同じことをしなければならないのか』と言う可能性は低くなり、国民は新政権を信頼するようになるだろう。


それは正しいと思う。

それは、コビッドのスター選手であるアンゲラ・メルケルやジャシンダ・アーダーンを含む、コビッドをきっかけに世界を席巻した政治家の突然の辞任の数々も説明できるだろう。彼らは当時も今も、選手たちが使い果たしたことを自覚しており、第2レグに戻る前にフレッシュなロースターが必要だったのだ。

だから、まずは選挙-それに伴うあらゆる無意味なこと-、それから「次のパンデミック」だろう。

「コビド」との違いは?

今後のパンデミック(世界的大流行)対策は、コビッドのパターンをそのまま踏襲することはないだろう。

あれから4年、何が間違っていたのか、次回はどうすれば修正できるのかを解明するために、ワーキンググループや研究者たちがパンデミックのデータを読み返していることは間違いない。

繰り返されるテーマは3つある。

1. ロックダウンではなくワクチン ロックダウンではなくワクチンの確保に重点を置く。実際、「ロックダウンが損害を与えるなんて誰が考えたんだ」という騒動の一部は、「次は」ロックダウンを避けるためにできることは何でもしなければならないという構図を作り上げることにある。

ロックダウンは事実ではなく、脅威となるだろう。

「ワクチンを義務づけなければならない。」

「ワクチンを打て、また立てこもりたくはないだろう?」

だから、より多くの検査、より多くのマスク、より多くのワクチンの義務化...そして/またはワクチン未接種者のための隔離キャンプが行われるだろう。そして、もし閉鎖が行われれば、もちろん、それはすべて"反ワクチン派"のせいにされるだろう。

2. スピード スピード スピード スピード コビド物語の主な失敗は、それが力尽きたことだ。2021年初頭にワクチンが発売されたときには、すでにパンデミック疲れが始まっていた。そして、第3次ブースターと第4波がヘッドラインに載る頃には、誰も気にしていなかった。

2020年初頭のプロパガンダ電撃作戦は、間違いなく史上最大かつ最も広範な誤報キャンペーンであり、ほとんど圧倒的な効果があった。しかし、それは鈍化し、停滞し、停止し、息絶えた。

次回はもっと早くする必要がある。ビル・ゲイツは2022年のミュンヘン安全保障会議でそう語った。人々が事態に気づく前に、病気を取り除き、死者を増やし、ワクチンを接種する必要があるのだ。

それゆえ、「100日ワクチン」計画があるのだ。いつも頼りになるヒステリックなデヴィ・シュリダーが『ガーディアン』紙に書いている:

つまり、ワクチン、診断薬、治療薬などの科学的対応が承認され、製造され、公衆に提供されるまでの間、いかにしてウイルスの蔓延を食い止めるか、ということである。


「100日ミッション」は、ゲイツとWHOが支援するNGO、CEPIの発案である。その主な目的は、未知の病原体に対する新しいワクチンを100日間で製造できるようにすることである。

米国では、病原体の発見から全国的なワクチン普及まで130日を目標としている。

言うまでもないことだが、本物の、信頼できる、"安全で効果的 "なワクチンを100日で製造することは不可能である。その間に何を作り、何を売り、何を注射させるにせよ...それはワクチンではない。

3. 言論の自由は危険 2020年以降のシナリオの展開が遅々として進まなかったことは、健康専制のアジェンダを妨げたかもしれないが、本当に傷つけたのは独立メディアだった。反体制的な専門家、独立した研究者、ソーシャルメディアの動きからなる即席のネットワークは、権力者が事実をチェックするよりも早く「誤った情報」を広めた。

それ以来、私たちは「誤報と偽情報」の危険性についてのメッセージを見続けてきた。今年初めに開催されたダボス・サミットでは、「誤報と偽情報」が地球が直面する「3大危機」のひとつに挙げられた。

先週、英国議会委員会は「提言」を発表した:

政府はパンデミックから教訓を学び、コミュニケーションを改善し、誤った情報に対抗すべきである。


ほんの数日前、ゴードン・ブラウンはニュースでこう "警告 "していた:

「フェイクニュース」が次のパンデミックへの備えを危うくする


これは、「次のパンデミック」が始まる前に、彼らがこの「フェイクニュース」に対抗するために動くことを強く示唆している。

WILDCARD PREDICTION:多極的な角度から。次のパンデミック」がどのような形をとるにせよ、2020年のような一枚岩のメッセージは避けられるだろう。次回は、インド、中国、ロシアのような国々が独自のパンデミック戦略を打ち立てることになるだろう。

これを裏付けるソースはまだない。ただの直感だ。



では、私は公式に「次のパンデミック」について何を予測しているのだろうか?

  1. 新型コロナウイルスの影響で汚されていない新しい政治の顔を求めているため、この制度は今年の主要選挙が終わるまで発足しないだろう。
  2. おそらく鳥インフルエンザか他の呼吸器疾患であり、再び本格的なインフルエンザの季節を乗っ取るために冬に流行するだろう。
  3. 選択された病気は、食品に影響を与えるか、何らかの強制的な「気候変動」との関連に起因するか、またはその両方のいずれか、またはその両方の 1 つ以上の既存の課題に適合します。
  4. 彼らはより迅速に行動し、新型コロナウイルスのときのように人々が欺瞞に賢くなるのを防ぐために100日以内に「ワクチン」を生産するだろう
  5. 彼らはロックダウンを回避しようとするが、ワクチン義務をより厳格に施行するための脅しとして利用するだろう。
  6. 彼らは、新たな物語を立ち上げる前に、「誤った情報」をより厳しく取り締まるだろう。
  7. 次のパンデミックは多極性の角度を持ち、偽の二元論を確立するだろう

私はそう考えている。今後の参考のために、この記事をブックマークしておいてほしい。

たとえ私がここで詳細を見誤ったとしても、彼らが近い将来、別のパンデミックを展開する予定であることは間違いない。過去の失敗から学ぶコビッドの続編。

ある意味、コビドよりもひどいものになる可能性は高いが、今回はそれに備えることができるというのは良いニュースだ。

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
707 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧