国連、「危険な」陰謀論に宣戦布告 「世界はグローバルエリートによって密かに操られているのではない


tapnewswire.comより

国連は陰謀論に宣戦布告し、陰謀論の台頭を「心配で危険だ」と表現し、世界政府が完全に誠実で高潔で透明でないことを敢えて示唆する人物を「事前告発」し「論破」するツールキットを一般に提供している。

国連はまた、ジョージ・ソロス、ロスチャイルド家、イスラエル国家を、いかなる "陰謀の疑い "にも結びつけてはならないと警告している。

ユネスコは、Twitter、欧州委員会、世界ユダヤ人会議と協力して、 #ThinkBeforeSharing: 陰謀論の拡散を阻止するというキャンペーンを開始しました。

2022年7月21日 13時43分

国連は、出来事は「ネガティブな意図を持つ強力な力によって裏で密かに操作されている」のではなく、グローバルエリートが権力を強化し、世界の出来事を独裁しようと共謀していると考える人に遭遇したら、行動を起こさなければならないことを知ってほしいと思っています。

ユネスコによれば、インターネット上で「陰謀論に出会ったと確信したら」、直ちに「事実確認サイト」への関連リンクをコメントに投稿して「反応」しなければならないという。

(「ファクト チェッカー」のほとんどは、極左の政治的コンテンツを個人のブログに投稿してからハイになるまでの間、快適な寝室から「ファクト チェック」を実行する、訓練を受けていない無資格のハッカーであるという事実を気にしないでください。)



ユネスコはまた、陰謀論者と実際に遭遇した人へのアドバイスも提供している。国連機関によると、どんな状況でも陰謀論者との議論に誘われてはならない。「どんな議論も、あなたが陰謀の一部であり、その信念を強化する証拠と取られるかもしれません」そして、陰謀論者はおそらく「自分の信念を守るために激しく議論するでしょう」。

その代わり、あなたは「共感」を示し、「嘲笑」を避け、あなたがジャーナリストなら、彼らをソーシャルメディアに「報告」し、「地元/国の報道評議会や報道オンブズマンに問い合わせ」なければならない。



驚くべきことに、ユネスコは細則の中に陰謀論が存在することを認めている。本当の陰謀とは何か」という見出しで、国連官僚は「大小の本当の陰謀は存在する」と説明しています。

国連によると、「メディアによって発掘された」ものだけが本当の陰謀論である。

「陰謀論は、暗殺やクーデターのような自己完結した事件や個人が中心であることが多い」。内部告発者やメディアによって、検証可能な事実や証拠を使って発掘される。」



国連の「本物の」陰謀論の定義には、ただ一つ問題があります。メディアは、エリートに完全に買収されています。エリートが、大衆に陰謀を企てているのです。

最後にメディアが陰謀を暴いたのはいつだったか、考えてみてください。

また、メディアが陰謀を隠蔽したのは、いつ以来でしょうか?

https://tapnewswire.com/2022/08/un-declares-war-on-dangerous-conspiracy-theories-the-world-is-not-secretly-manipulated-by-global-elite/
318 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧