英国、反ロシア制裁を緩和


tapnewswire.comより

ロンドンはロシア関連企業への航空機、船舶およびその部品の保険提供を再許可した

ロンドンは、現在進行中のウクライナ紛争をめぐりロシアに課している制限を一部緩和し、ロシアと関係のある企業への保険・再保険の提供を許可した。一般取引許可証のロシア制裁-船舶」の改正は、英国国際貿易省が月曜日に発表したものである。

「一般免許は、第1項(h)から第28条(制限された商品および制限された技術に関連する金融サービスおよび資金)を削除するために改訂されました」と同省は簡単な声明で説明しています。

「これにより、ライセンスのより広い制限と条件に従って、第1パラグラフ(a)の項目に関して、ロシアと関係のある人物に保険と再保険を提供することが可能になります」と付け加えた。前述のパラグラフでは、船舶、航空機、その構成部品、航空用ガスタービンエンジンについて言及している。

この規制は、主にロシアの石油貿易に損害を与えるための手段と見られているが、このような抑制は原油価格を上昇させ、世界のエネルギー安全保障をさらに不安定にするとの懸念から、保留されているようだ。
ロイズ保険会社の業界団体であるロイズ市場協会の引受担当ディレクター、パトリック・デイヴィソン氏は、「現在、ロシアの石油の世界出荷に影響を与える英国の禁止令はない」と述べている。

「再)保険業界のグローバルな性質を考えると、EUの規制の存在は、ロンドンにおけるロシアの石油輸送の意欲に影響を与えるかもしれない」と、彼は日曜日にフィナンシャル・タイムズ紙に語った。

反ロシア制裁を緩和する同様の動きは、先月もEUで行われた。7月21日、EU理事会はロシアの国有企業が第三国に石油を販売するために必要な取引を許可した。

EU理事会は当時、「世界の食糧およびエネルギー安全保障に対する潜在的な悪影響を回避する観点から、農産物の取引および第三国への石油輸送に関して、特定の国有企業との取引を行うための禁止事項の適用除外を拡大することを決定した」と述べている。

https://tapnewswire.com/2022/08/uk-eases-anti-russia-sanctions/
202 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧