ゴンザレスの帰還─The Return of Gonzales【Season6,Episode2】

David Wilcock:
「コズミック・ディスクロージャー」にようこそ
私はホストのデイヴィッド・ウィルコックです。
コリー・グッドと一緒に、彼が私たちと共有する最新情報の中に入っていきます。
これは最も素晴らしいものの一部です。
では、コーリー、プログラムへようこそ。

Corey Goode: ありがとうございます。

David: これから何が起こるのか、見ていきましょう。

Corey:
私はブルースフィアにPicUpされある会合参加したのですが、ゴンザレスがそこにいたんです。
彼はマヤの脱会組と一緒にヒーリングのために離れていたんだけど、まったく別人になっていました。

David:
では、それを少し見ていきましょう。
そのコンタクトが始まったとき、あなたに何が起こりましたか?

Corey:
コンタクトが始まったとき、さっき言ったように、私はティアエールと、その隣にいるシルエットを見ました。
そして、その隣に立っていたのが、しばらく会っていなかったゴンザレスだとわかったんです。

David:
それは心配でしたね。
彼は以前、あなたにかなり敵対的でしたから。



Corey:そうですね。
正直なところ、最初彼を見たときは少し不安を覚えましたが、彼の表情はまったく違っていました。
しかめっ面はありません。
額にしわが寄っていないし、顎の腱も緊張していない。

そして、目の表情もまったく違っていた。
彼は楽しそうでしたよ。

David: ふむ。
新しく変身したゴンザレスを見て、どう思いましたか?
彼は以前の彼について何か言っていましたか?

Corey: はい。
私との会話で、彼は真剣な顔をして、前の行動を謝っていました。

彼は、自分が原因だったと述べています。
彼は本当に悪い場所にいたんです。
そして私は分かりました。
彼は、私が彼を許したことを私から本当に聞きたかったのだと思います。

だから私は彼に、普通の男同士の会話のように、気にしないで、と言いました。
もう過去のことなんだから。前へ進もう。
すると彼は、私が彼に対する敵意を持ち続けるつもりはないことを、目に見えて喜んでくれました。

David:よかった。
そのとき、他に何か言っていたことはありますか?

Corey:
そう、マヤのグループと一緒にプロセスを進めているときに、「自分が誰で、何であり、誰になるのかを知りたいか」と聞かれたそうなんです。
その質問に「はい」と答えると、すべてを別の目で見ることができるようになる情報を手に入れたそうです。
彼はもう、同じものを見てはいなかった。



David:
これは前世や輪廻転生、魂の運命、魂の使命といったものと関係があるように感じましたか?

Corey:
ええ、そのすべてに関係していると思います。

David: そうですか。
彼は自分の将来について、将来何が起こるかというビジョンも持っていたんですか?

Corey:
そう、彼は自分の過去について少し話してくれたんですが、彼はいつも使命感を持っていて、より大きな善のために働きたいと思っていたそうです。
そして、そのために軍隊に入隊した。
そして、軍隊に入り、どんな形であれ任務を完了することで、他の人の役に立つことができると考えたのです。
そして彼は、自分の階級と軍隊での出世のために、結局はエゴの低密度の罠にはまったと述べています。

David:
では、このアイデンティティーの問題は、あなたが以前言ったように、あなたに提示されたものなんですね。

Corey: そうです。

David: それでゴンザレスはそれについて何か言ってきた?

Corey: はい。
ティアエールとカーリーに聞かれたんですが、私は両方とも「いいえ」と答えました。
その時、カーリーは首を振って、頑固さは私のすべての転生についてまわる、と言ったんです。

David: はははは。

Corey:
そして、自分が同じ質問に対して「イエス」と答えたことを話した後、将来も同じようにするようにと励ましてくれました。
そして、彼はマヤのグループと一緒にいるつもりだということを少し話し、古い役割に戻ることはできないし、戻りたくもない。
マヤのグループと一緒にいて、太陽系の他のグループの代表者のような存在になるつもりだったんです。

David:
彼はある種のアセンションを経験したと思いますか?
それとも、感情のデトックスのようなものだったのでしょうか?

Corey: 感情的、心理的な癒しですね。

David:
あなたのアップデートによると、このとき彼は南極大陸をめぐる戦いについて何か言っていたそうですね。
彼はあなたがすでに知っていることを復習しただけなのか、それとも...?

Corey: ええ、彼は私がすでに知っている
情報の要約を話してくれました。

David: そうですか。

Corey:
彼は、私たちに情報を提供してほしいと言ったときに、彼らが始めに望んでいた作戦を行う別の機会があるかもしれない、と言いました。

David: ふむ。

Corey:
つまり、多くの同じ情報に、いくつかの新しい注意事項が加わったということですね。

David:
アップデートの中で、ウィリアム・トンプキンスが「太陽のくしゃみ」と呼んでいる事や、カバルグループや他のグループが考えていることが起こるということについて、彼が多くの情報を提供し始めたと言いましたね。

Corey: はい。そうなんです。
この会話で、私は少し緊張し、少し不安になりました。
彼はまず、南極に行くグループはみんなこの太陽の出来事から隠れようとしているんだ、と言いました。

David: ふむ。

Corey:
しかし、南極の氷の下にいた人たちは、この「太陽のくしゃみ」が起こったときに何が起こるかについて、それぞれ異なる考えを持っていました。

彼らは皆、太陽のコロナ全体が放出されるコロナ質量放出を予想していたんです。

David: すごい!

Corey:
そして、より科学的で現実的な人たちは、太陽から大きな爆発波が来て、私たちの電子機器や電気を破壊し、その後ろに質量放出が来て、それが地球を襲うと予想していたそうです。

この爆風が地球に到達したときに起こることは、グループによってかなり異なると、彼は言いました。

あるグループは、すべての電力網が失われ、すべての電子機器が破壊され、それを克服するのに数十年かかるだろうと予想していました。

また、その出来事によって、太陽系から人工知能が一掃され、同時に全人類にこれらの新しいテクノロジーを普及させる機会を提供することが期待されていると、彼は口火を切りました。

David:
この太陽系イベントについて、それ以外のタイプの意見もありましたか?

Corey: はい。
ある人たちは、太陽はやってきて、大気を焼き尽くし、あらゆる種類の地震や火山を引き起こし、核の冬のような状況を引き起こすと予想していました。
また、爆発の後、何日間か太陽が暗くなることも予想されていました。

David:
まるで、光を生み出す表面がすべてなくなって、再構築しなければならないかのように?

Corey:
太陽の黒点だけを見て、太陽全体が黒点になると想像してみてください。

David: すごい!
全体的に、ギリシャ人が「エクピロシス」と呼んだものについて聞いているようです。
この言葉は「巨大な火」という意味で、太陽からの巨大な火ということなんです。
そして、この古代ギリシャやローマの哲学者たちは皆、太陽がこれを起こすと信じていました。
キリスト教以前の時代には、これが私たちに起こることは常識とされていたのです。

Corey:そうですね。
このシンジケートの中で最も秘教的なグループは、私たちのコミュニティと同じように、これは一種のスピリチュアルな、あるいはアセンションのような出来事だと信じているそうです。
私たちのコミュニティの人たちはこのイベントを楽しみにしていますが、これらのシンジケートはこのイベントから隠したい、隠そうとするのです。

David:
ゾロアスター教の伝統を調べると、彼らが使う言葉は「フラショケレティ」、つまり「素晴らしいものを作る」と訳されています。
邪悪な者はこれによって焼かれますが、純粋な者はある種の昇天を経験すると言われています。
これはとても興味深い相関関係ですね。

Corey: そうですね。

David: 次はどうなるの?

Corey:
私たちは会話の途中だったんだけど、青い球体が部屋に入ってくるのが見えました・・・まあ、基本的に部屋というほどではないけど、私たちがいた場所に入ってきました。

David: あなたはどこにいましたか?
どこに立っていたんですか?

Corey: 私は立っていました...
私が到着したとき、ティアエールとゴンザレスが隣同士に立っているのが見えました。
そして、私がその宇宙的な光景を見上げていたとき、彼らが近づいてきたんです。
そのとき、彼らの後ろに他の二人のブルーエイビアンとゴールデントライアングル・ヘッドという存在がいるのに気づきました。

David:
あなたはスフィアの一つの中にいて、幾何学的な線が交差する床があり、星の天蓋などが見えているわけですね。

Corey: そうです。

David:
ゴンザレスはこの時、青い球体に拾われたりしているんですね?

Corey:はい。
会話のちょうど真ん中あたりで、青い球体がやってきて、もう行くという意思表示をする直前に、彼はティア・エールを見て、
「ティアエールは私が戻るまで、あなたに耳を傾けたいようですね」と言ったんです。

そして、「すっと」、彼はいなくなりました。

David:
あなたと彼は、私がこのネットワークに参加する理由の核心となる、とても印象的な会話をしましたね。
もし、今お話に出たような出来事が起ころうとしているのなら、私たちがこのことを知り、このことに備え、このことが私たちにとって何を意味するのか、どうすればこの変化と調和できるのかを理解することほど、大切なことはありません。

では、この重厚な議論を終えた後、ティアエールから何か言われたのでしょうか?

Corey: 実にたくさんのことを話してくれました。
彼は私に挨拶し、ゴンザレスと私が太陽系の出来事について話したことについて、少し話し始めました。

彼が見せてくれた太陽は脈を打っていて、そこから巨大な爆風波が発生していました。

David: 太陽は脈を打っていたのですか?
それは、表面の大きさが実際に変わったということですか?

Corey:エネルギーが脈動していたんです。
エネルギーが脈動していたんです。

David:
太陽の大きさや直径が変わったというより、エネルギーが出ただけかもしれませんね。

Corey: そうです。
太陽の周りには第二のコロナのようなものがあって、放射エネルギーはすべて外に出ていました。

David:そうなんですか?それは何色だったんですか?

Corey:白かったです。

David:そうですか。パルスの色は何色でしたか?

Corey:白です。

David: 面白いですね。

Corey:ええ。
その波が地球にぶつかっている画像も見せてもらいましたが、私が予想していたのとは違っていました。
私は、波が地球を「ポン」と通り抜けるだけだと思っていたのですが、この波が来て、地球の磁場にぶつかったのです。

この波が来て、地球の磁場にぶつかり、回り込んで、北極と南極に戻ってきて、地球のコアに入ったんです。



そして、そのエネルギーは地球のコアから外に向かって発散されました。

David: 外に向かって全方向?

Corey:地表の四方八方です。

David:すごい。
これは実際どう見えたんですか?
白い色、白いエネルギーのようなものだった?

Corey:ええ。
エネルギーは白かったのですが、磁場の周りにオーロラのような相互作用があり、地球の周りをずっと回っていました。

David:
ヒンズー教では、太陽から出る虹色のエネルギーだと言っていますね。
それが、あなたが言っているオーロラというわけですね。

Corey: そうかもしれませんね。
で、思ったんだけど・・・。

David: 地球のあちこちにあったんでしょう?

Corey:ええ、地球全体です。

David: すごいな。

Corey: それで思ったんです。
「どうしてこのシンジケート団は、自分たちが地下に隠れることができると信じているんだろう?

David:
そう、地球全体が軽いスポンジのような感じなんです。
まったく新しいエネルギーが染み込んで、しぼんでしまっているんです。
だから、どこにいてもいいんです。

Corey:そうですね。

David:
だから、このビジョンはあなたにとってとても驚きだったでしょう。
つまり、あなたは、おそらく何人かの人が涙を流してしまうようなものを見ているのです、とても深いので。
そして、それは私たちの未来です。
このような光景を目の当たりにして、どのようなことを感じましたか?

Corey: 心臓の鼓動が早くなりました。
呼吸も速いです。

David: ワオ!

Corey: ええ。

David:
では、エネルギーが地球を通り抜けるのを見た後、次に何が起こるのでしょうか?

Corey: ティアエールから聞いたんですが、今は私たちの共同創造意識にとってとても重要な時期で、地球上のみんな、私たちの共同創造意識は、この出来事がどんな体験になるのか、この出来事からどんな時間的現実に突入するのかを決めていたんだそうですね。

そして、大衆意識がこの出来事と連動して動くことに、私はそれほど驚きませんでした。
しかし、大衆意識がいかに重要であるかということに驚きました。

そしてさらに、この地球上の一人一人が他の人と同じように重要であると述べました。
このプロセスにおいて、これ以上特別な人はいない、私たちは皆、このプロセスに参加しているのだ、と。

そして、ここに捕らわれている地球外のグループでさえ、このプロセスに影響を及ぼしているのです。
彼らの大衆意識・・・彼らの意識は、起きていることに影響を与えているのです。

David:
「一なるものの法則(Law of One)」の中で、彼らは三者間分裂について話しています。
ある人々にはポジティブな結果があり、ネガティブな道にはネガティブな結果があり、そして、アセンションできない多くの人々が本質的にリサイクルされ、別の惑星に運ばれてそこで継続するのだと説明しています。

この最適な時間的現実というのは、その人がした選択と行動によって、さまざまな人がいずれかの時間軸を経験するということでしょうか?

Corey: それが示されたことのようです。

David: なるほど。

Corey:
そして、これらのことから、よく耳にする「マンデラ効果」について考えました。
この前、私たちはここで...

David:
どういうものか知らない人のために、もう一度定義してもらえますか?

Corey:
それは、人々が異なるタイムラインを経験し、異なる過去の記憶を持っていることと関係があるのです。
ある人はマンデラが刑務所で死んだという記憶を持っています。
その記憶がない人もいる。
そして、彼が刑務所から出されたとき、異なる記憶を持つ人々の間で、多くの混乱が生じました。

David:なるほど。
具体的には、「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」、「インタビュー・ウィズ・ザ・ヴァンパイア」、「ベレンシュテイン・ベアーズ」、「ベレンシュタイン・ベアーズ」、こういうのがいろいろあるんですね。

Corey:そうですね。

David:
じゃあ、彼にマンデラ効果について聞いたんですか?

Corey: そうする必要はなかったんです。
私がそれについて考えていたら、彼は、これはとてもリアルな経験で、それが増えていくんだと教えてくれました。

David:そうなんですか?
今、私たちは時間的な現実の融合を経験しているんだと。

David:ということは・・・
この部屋、このスフィアにいたことがどんな感じだったのか、私には想像がつきません。
私は基本的に観客と同じです。
その場にいなくても、皆さんが見ているものを解釈し、頭の中に絵を描かなければならないのです。

私だったら、きっと泣いていたでしょう。
太陽が閃光を放ち、地球に入り込み、地球を変えていくこのイメージ。
これこそアセンションです。
これは、私たちが期待していたことです。
素晴らしい出来事です。
それを見ていて、どんなことを感じましたか?

Corey: 不安です。

David: 本当に?どうして?

Corey:まあ、見ごたえはありますよ。
心臓の鼓動が速くなっていました。
呼吸も速くなりました。
そして、不安は解消されませんでした。
次にティアエールから連絡がありました。

もしこの瞬間にこの出来事が起こったら、この惑星から30万人弱の人々が収穫されるか、アセンションすることになるだろうと伝えたのです。

David: 「ハーベスト(収穫)」という言葉は、
「一なるものの法則(Law of One)」の言葉ですね。

Corey: そうです。

David: 彼はその言葉を使っていたんですか?

Corey:ええ、彼はその言葉を使っていましたよ。

David:そうなの?
じゃあ、それはとても小さいことですね。
もう一度、「一なるものの法則」でアセンションするための基準を教えてください。
とてもシンプルでしょう?

Corey:そうですね、51%他者への奉仕をすることです。

David:そして、ほとんどの人は当然そうだと思うでしょう。

Corey:そうですね、もちろん。
みんな少なくとも近いと思ってるんです。

David:では、どこで大きなつまずきが生じているのでしょうか?
ただ親切にすればいいように見えるのに、どうしてこんなに多くの人が準備ができていないのでしょう?

Corey:
そうですね、その多くは地球上で進行しているコントロールシステム、マインドコントロール、行動コントロールに起因しています。

David: でも、それは私たちのせいではありませんよ。

Corey:いいえ。
でも、それがあって、私たちに影響を及ぼしている。

Corey: その通りです。

David:
このコントロールグリッドはいったい何をしていて、そんなに悪い影響を与えているんですか?

Corey:
私たちのバイブレーションに影響を与えていて、私たちの潜在能力が十分に発揮されず、コントロールされやすくなっているんです。
より無気力になるのです。
そして、このコントロールグリッドは、非地球人かカバル系のグループのどちらかが、望む効果を得るために最大設定にしなければならないほど、この太陽の変化の影響を受けていることが伝えられました。

しかし、これはテクノロジーによる症状も引き起こすのです。

David:では、ちょっと待ってください。
今、私たちが話しているドラコのマインドコントロールのグリッドは、「奴隷」のコントロールを失わないために、可能な限り高くしなければならなかったと言うんですね。

Corey: その通りです。

David: じゃあ、今よりもっと高いところには行けないんだ。

Corey: それが私に伝わったことです。

David: そうすると、その波及効果はどうなるのでしょう?
10のうち10まで上げた結果、何が起こるのでしょうか?

Corey:この技術による症状があります。
人々は非常に不規則で奇妙な行動をし、まったく無関心で、効果的ではありません。

David:
つまり、これは実際にこのテクノロジーによって引き起こされたエネルギー的な効果だということですね。

Corey:
このテクノロジーによるもので、太陽からのエネルギーが累積して、私たちに対して使われているこのテクノロジーを妨害しているんです。

David: 信じがたい話ですね。
というのは、『一なるものの法則(Law of One)』の中で、地球でのサイクルの第2段階について話しているとき、地球上でアセンションする準備ができているのは150人しかいないということを、私は明らかに覚えているのです。
ですから、そういう意味では、30万人くらいがいいのかもしれませんが、それでも、これは私にとって大きな、大きな驚きなのです。
そんなに少ないとは思っていませんでした。
彼の言う「最適な時間的現実」とは、具体的にどのようなものなのでしょうか。

Corey: 最適なシナリオというのは...。

David: はい。

Corey:...たぶん、私たちが...
地球上のみんな、あるいは地球上の大多数の、他人に奉仕する人たちが、このアセンション的な出来事を経験することだと思うんです。

David:
じゃあ、その数はまだずっと増える可能性があるんですね。

Corey: そうですね、今はまだ時間的な現実は決まっていませんから。
私たちが決定要因なのです。
今起きていることにどう反応するか、私たちの大衆意識が、どの時間的現実に行き着くかの大きな要因になるんです。

David:
では、この先、どの時間的現実にいることになるのか、どうやって知ることができるのでしょうか?

Corey: 私はティア・エールにそう聞いたんです。
最適な時間的現実を選んだかどうか、どうやってわかるんですかと。
すると彼は、デビッドと私は...もし世界が私たちの周りで揺れ動けば、私たちが最適ではない現実を選んだことを知ることができると答えたんです。

カリフォルニアにいるデイビッドと、テキサスにいる私が、同じ地震を感じる可能性はどのくらいあるのだろう、と。
なぜなら、私はそれを地震だと思い込んでいたからです。
だから、それが何を指しているのか、よくわからなかったんです。

David:
ポールシフトは、世界的な地震と火山活動、津波、超巨大な嵐がすべて一度に起こるということです。
それが1つの現実のようです。
でも、彼は、もしこれがあなたと私に起きたら、その瞬間、私たちはそれを知ることになる、と言っているのです・・・それは何ですか?

Corey:
私たちは最適とは言えない時間的現実を選んでしまったんです。

David: 人類全体が?

Corey:そうです。

David:
でも、そうすると、あなたと私は実際に激変を体験していることになりますね。

Corey:
彼が言っていることを完全に理解するのは難しいんです。
彼はただ、世界が私たちの周りで揺れ動き、そして私たちは何が起きたのかを理解するだろうと言っていたのです。

David:
今話していることはとても深刻なことなので、これを見ている人たちにはっきりさせておきたいのですが、人々が悪夢を見たり、私たちへの信頼を失ったなどと書いてほしくないのです。
少なくとも私には、そのタイムラインが起こったとしても、私たちは引き上げられ(所謂携挙)、あなたのカルマがそれを招かない限り、肉体の死を経験することはない、と言われています。
あなたはそれに同意しますか?

Corey:はい。
全体として、これは地球に対するある種の宇宙的な警鐘だと思うのですが・・・。

David: そう。

Corey:...私たちは今、
自分のカルマを解決するために働く必要があって、他の人への奉仕にできる限り力を注ぐ必要があるということです。

David: ふーっ。
もしこの数字が低いのであれば、それを変えるようなことができることを期待しましょう。

Corey:ああ、もちろんありますよ。

David: そうですか。

Corey:
彼は、もしそれが今すぐ起こるとしたら、そういう結果になるだろうと言っていました。
でも、私たちは大衆意識として、これらの時間的現実のうちどれを経験するかという選択をまだしているのです。

David:
さて、私がガイアについて考えるとき、それはディスクロージャー・ネットワークだと考えています。
もし、ディスクロージャーがこのネットワークの目的であり、私たちがここでやっていること、なぜこのネットワークをやっているかというと、情報を発信するためだとしたら、それは結果に影響を与えるのでしょうか?

Corey:もちろんです。
世界規模のディスクロージャーは、地球上のすべての人の意識を変えることになります。
そして、それは私たちを正しい方向へと後押ししてくれるでしょう。

David:
今、取り乱している人たち、インターネットでいつもネガティブなコメントを書いている人たち、景気が悪くて将来に絶望している人たちの多くが、もしこのような「吐けば元気になる」ようなものがあったら、その人たちの意見が変わり始めるかもしれないと思いませんか。
もうそんなに怒らないかもしれない?そういうことなんでしょうか?

Corey: そうです。
もしみんなが真実を受け取ったら、次に進んで、自己改善のための作業を始めることができるんです。

David:
では、あなたと私がこのネットワークに導かれ、この情報開示の取り組みに参加したのには理由がある、これが流れを変えることのできる一部であるという感覚を持ちましたか?

Corey:明らかに、そうですね。

David:
人々が真実を知ることで、彼らの態度や意識が変化し、それが地球全体に影響を与えるということですね。

Corey: 確かに。
そして、ブルースフィアが戻ってきたとき、その線上にさらにいくつかの疑問があったのですが、それはゴンザレスが、私が前に述べた3人の存在、2人のエイビアンとゴールデントライアングル・ヘッドの存在の隣にいるのを見たときでした。

David: はい。

Corey:
それは、私とティア・エールの通信が終わったときに起こりました。
そして、彼らは滑るように近づいてきた。

David: では、彼らが滑空して戻ってきたとき、何が起こったのですか?

Corey: ゴンザレスが歩み寄ってきて、いつものように気の利いたことを言うんです。そして、「あまり寂しくなかっただろうね」と言いました。

David: はははは。

Corey: そして、彼が相変わらず、ユーモアのセンスを持っていることが嬉しかったですね。

David: そう。
マヤ人が彼の個性を奪っていないんですね。

Corey:その通りです。
彼は私の肩に手を置いて、私をグループから遠ざけ、話し合いを終わらせるようにしました。

David:
そのとき彼はあなたになんて言ったんですか?

Corey:
南極大陸で起こったことを最後まで話したかったのでしょう。
そして、同じことを繰り返しました。
新しい情報は何もありませんでした。

David: そうですか。
でも、そのとき、彼は今まで言ったことのないことを言ったんです。
あなたが偵察して、古代の建造物が散乱しているのを見たあの場所で、そこから遠くないところで古代の埋葬地を見つけたんだ」と言ったんです。

【画像4】

そして、この古代の埋葬地から、細長い頭蓋骨を持つ生物の遺骨が発見されたのです......。

David: おお、すごい!

Corey:... それに、お尻が広くて、胸郭が小さい。
これは明らかに、以前聞いたことのある話でした。

さらに、彼はこうも言っていました......。

David: すごいな。

Corey:ええ。
氷の中で瞬間冷凍されたような生物の遺体を発見したと言っていました。

David:
さて、この人たちの中には、細長い頭蓋骨を持つ巨人のような人もいますね。
この人たちの身長は普通の人間並みだったのでしょうか?

Corey:普通の人間の身長です。

David:
では、彼らが何歳くらいの人たちなのか、データの範囲をもう一度教えてください。

Corey: 1万8千年から6万年です。
それは墓の中のデータです。

David:すごい。

Corey:
今、彼らは先史時代の動物の遺骨や、氷の下で瞬間冷凍された生き物の遺骨を見つけました。

David: 南極大陸で。

Corey: 南極で。
いくつかの大きなブロックは地面から何メートルも浮いていて 瞬間冷凍されていました それはまるで巨大な津波があり、どういうわけかその真ん中で氷に変わってしまったかのようでした...

David: そのブロックはピラミッドや巨石建造物のものだったのですか?

Corey:巨石建造物のものです。

David: それが急速に凍って、文字通り氷の中に浮いたんですか?

Corey:
そう、水が当たったのか、何かが当たって破壊され、空中にいる間に、どういうわけか氷の中で凍ってしまったような気がします。
何が起こったにせよ、とても速い出来事でした。

David: 今回の発掘で、これらの遺体は何体見つかったのですか?

Corey: 聞かされてません。

David: でも、これは大きな新発見だと思われるほどの規模だったんですね?

Corey: そうです。
この文明は、ある種の破滅的な出来事が非常に早く起こり、対応する時間がなかったのです。

David:
ゴンザレスと2回目のミーティングをしたとき、他にどんな話をしたのですか?

Corey:
彼はアンシャールにいたとき、奇妙なものを見たとも言っていました。
それは、まだアンシャールでの仕事が一段落する前のことでした。
彼はいつもそこをを偵察して回っていたので、彼らは不満を抱いていたようです。

David: そう。

Corey:
そして、その偵察任務の1回、あるいは2回ほど、彼は2人の司祭が廊下を歩いていて、洞窟の壁のようなところを歩いているのを見たんです。
彼はそれを追いかけたのですが、壁を通り抜けることはできませんでした。

3回目に見たとき、彼は中を見る方法を探しました。
そして、いろいろと見て回った末に、壁に何か裂け目があって、そこから覗くことができた。
そして、彼はこの2人の司祭、アンシャールの司祭が、身長の違う何人かの巨人と話しているのを見たのです。

David: 巨人たち?

Corey: 巨大な人間です。
そのうちの一人は大きな岩の上に座っていて、額を手に持って、うめき声をあげながら彼らとコミュニケーションしていました。
そして、それ以上の情報は得られませんでした。
その直後、彼は帰るように言われたのです。

David: 巨人は苦悩しているように見えました。
なぜ巨人が悩んでいたのか、何か推測はありますか?

Corey: 彼は、彼らは囚人か難民で、
とても不幸だと思ったと言いました。
彼は本当に知りませんでした。そして私も知りません。

David: わかりました。
では、この時点でゴンザレスがあなたに話したことで、何か重要なことはありましたか?

Corey: ええ。
この後、彼はほんのさわりだけですが、いくつかのことを話してくれました。
地球の表面で起こっていることについて、いくつか触れていました。

シンジケートのグループと地球連合グループの交渉がうまくいっていない、と。
シンジケート団は、全員を赦免するか、誰も赦免しないかを主張しているとのことでした。

下っ端や、知らず知らずのうちに自分たちのために働いている人たちは、自分たちも赦免されない限り、赦免されたくなかったんです。

David:
でも、ある人が虫を踏んで、別の人が大量殺人を犯したら、どうやって全員に等しく責任を負わせようとするんですか?

Corey: まあ、そこが交渉の分かれ目なんだけどね。

David: すごいですね。

Corey: 彼はまた、小さなことですが、
軍事情報グループがDH(国土安全保障省)の(軍事)資産を追跡し、社会不安に備えて全米に静かに展開していた、というようなことも話していました。

軍情報部は、DHSがいかなる民衆の蜂起も暴力で鎮圧するつもりであることを聞いていました。

David:
では、これらの(軍事)資産は、アメリカでカバルに対抗する同盟の動きが予想されるからとか、そういうことなんですか?

Corey: 具体的ではありませんでした。
軍事情報グループは、特殊部隊のオペレーターのような軍人を配置し、これらのグループを影で操り、ある地域で仕事をさせて、何が起こっているかを観察しながら紛れ込ませ、彼らが何かを実行するのを防ごうとし始めたのです

David: ふむ。

Corey:
彼はまた、彼らがそうすることが懸念されると言っていました。
彼は、シンジケートが「就任式の日に彼を刺さなければならない」としても、トランプを大統領にさせるつもりはない、そう言っていたんです。

David: そうなんですか?
まあ、少なくとも左寄りのメディアでは、トランプは人種差別主義者で女性差別主義者で、あれやこれやと考える人が多いですね。
しかし、彼らは、彼が実はカバルメンバーではなく、もし彼が当選したら、私たちにとってポジティブなことをしてくれると信じ続けているというのでしょうか?

Corey:
そうですね、彼らは彼がカバルの手先ではないこと、そして彼があまりコントロールできないことを信じています。

David: ああ。

Corey:
もし彼がその地位を手に入れたら、これらのシンジケートにとってとても悪いことになると。

David:
なぜなら、彼らは基本的に自分たちのマリオネットのような大統領が好きだからです。

Corey:彼らにとっては、最後の砦ですからね。
ゴンザレスはまた、この交渉の間、彼らは完全な開示は行わないと主張し、100年の期間をかけて管理された開示を望んでいたと述べ、過去に話したように、彼らはそれが無責任だと考え、社会経済の崩壊を引き起こし、陰謀団の犠牲になった国々は反撃を望むだろう、陰謀団に都合の悪いことは人類にとって良いことではないだろうとしています。

David:
それで彼らはまだこの部分的な公開を推し進めているんですね。

Corey: そうです。
そして、多くのアライアンスがそれに賛成しています。

David:
でも、今年の初めにゴンザレスと話したときに、部分開示は不可能だという結論に達したと言ったと思ったのですが。

Corey:
そうです、SSPアライアンスはそう結論付けています。

David:
ああ、でも地球連合はまだそれをやり遂げられると思っているのかもしれませんね。

Corey: その通りです。
彼らはまた、あらゆる文書の廃棄に反対しています。
それも無責任だと考えています。
どんな種類のデータ・ダンプでも、突発的に行われることはもうわかっています。

インターネットを遮断し、情報公開のダメージを軽減するために必要なことは何でもする準備ができているのです。
だから、少しずつ情報を公開していくしかないでしょう。

David:
では、今のところ、この会議でゴンザレスがあなたに言うべきことは他にあるのでしょうか?

Corey: そうですね、彼は、
これらのシンジケート・グループが、ある地域で人種的な不調和や暴動を引き起こすことができたことに満足している、とも言っていました。
彼らは将来、それを私たちの社会とのさらなるくさびとして利用することを期待していました。

David: なるほどね。

Corey: それから、私たちが以前取り上げた、
海底の超火山が爆発して絶滅レベルの出来事を引き起こすという古い脅威も取り上げられました。

海底の超巨大火山が爆発して絶滅レベルの現象を引き起こすという脅しや、先ほど申し上げたように、インターネットを停止させるという脅しもありました。
シンジケート団が行っている脅威、瀬戸際作戦のようなものがたくさんあります。

David: しかし、私たちが議論してきたように、
人類の自由意志が集合的にそれを起こさないので、彼らがそのようなことをする権限がないように見えるのは間違いありません。
あなたはそう思いますか?

Corey:はい。
シンジケート団が第三次世界大戦を起こそうとしたり、このような大きな問題を起こそうとしたことは、すべて失敗しています。

David: さて、ラングラーの件が起こってから、
あなたがSSPアライアンスに本当にアクセスするのは今回が初めてですね。
ゴンザレスはもう参加していませんが、彼は彼らと連絡を取っていると言っていました。
では、アライアンスはゴンザレスを通じて何か言ってきたのでしょうか?

Corey: そうですね、
彼らは私に何か救いの手を差し伸べたいと言っていたし、ラングラーという人物に公の場で私に謝罪させるつもりだとも言っていましたよ。

David: 公にって、どこで?

Corey: 同業者全員の前で。

David: おお、すごいな。

David:
僕はその男にもう二度と会いたくないと思っていたので、その話はまったく興味をそそられませんでした。
でも、オリーブの枝については、もっと知りたいと思いました。
それは基本的に、以前ラングラーを通して私に提示されたのと同じオファーでしたが、ネガティブな意味でのオファーでした。

David: あなたは以前、
あそこにはかなり高度な治療技術があると言っていましたね。
そういうもので助けてもらえるかどうか、彼らに聞いたことはある?

Corey: まあ、そうですね。
そのことは何度か私の目の前にぶら下げられていました。
そして、もし彼らの仲間が追放される前に、まだLOC[Lunar Operation Command]にアクセスできるなら、それを私に利用させるだろうと言いました。

David:
「ラングラー」はあなたに同盟のために働く諜報員のような仕事を依頼していましたが、あなたはもう私にもこの番組の誰にも、何が起こっているのかほとんど話すことができなくなります。
でもゴンザレスがやっていたことを引き継ぐことになりますね。でも彼は実際回復しているので あまり嬉しくないようですね。

Corey: ラングラーが私に出したのと全く同じオファーだったんですよ。

David: 彼らはまたそれを復活させたんだ。

Corey: また持ってきたけど、しかし、
それをポジティブに解釈したのです。
全く同じ設定でした。
そして、私は丁重にお断りしました。

David:
あなたの役割は、情報を共有することのように思えますが。
明らかに、そんなことをしたら、すべての情報が途絶えてしまいますよ。

Corey:
私も社会病質者の集団の支配下に置かれたくはないですからね。

David:
それで、このゴンザレスとの特別な会合はどのように終わったのですか?

Corey: 今回もやや唐突に終わりました。
今回はスフィアが私たち二人を迎えに来ました。
そして、二人とも連れて行かれました。
結局、私は家に帰ることになりました。
そのすぐ後に、カーリーから連絡があり、金星への旅の準備をするように言われました。

David: おお、すごいですね。

Corey:
それで私は瞑想を始めて、ゴンザレスのように追い返されないように、行くときに正しいエネルギーがあることを確認したんです。

David: そうですね。
次の「コズミック・ディスクロージャー」のエピソードでは、そのことに触れていきますね。
これは本当に素晴らしい旅です、また次回お会いしましょう。
ご視聴ありがとうございました。

694 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧