地球同盟の逆襲─The Earth Alliance Strikes Back【season6, episode1】

原文:Cosmic Disclosure
The Earth Alliance Strikes Back
HONYAKU:DeepL(機械翻訳)

Season6,Episode1


David Wilcock:
「コズミック・ディスクロージャー」にようこそ 私はホストのデイヴィッド・ウィルコックです。
今回は皆さんが一番好きだと言っているエピソード、つまりコリーに起きている最新で最高の、そして奇妙な出来事についてのアップデートをお届けします。

では、コーリー、番組にお帰りなさい。

Corey Goode: ありがとうございます。

David:
あなたと私は、南極大陸の上で起こっている戦争についての情報を得たのに、それを公表しなかったために、実は大変なトラブルに巻き込まれましたね。では、まずこの戦争がどのようなものだったのか、教えていただけますか?何が起こったのでしょうか?そして、それを報道しなかったことで、あなたにとってどのような影響があったのでしょうか?

Corey:
そう、それは戦争と、南極の棚氷の下で発見されたものに関係しています。

David:そうですか。



Corey:
以前から、南極大陸の上空で、直径約90フィート(約27.5メートル)の球体で、周りに小さな穴が開いている奇妙なものが目撃されていると報告されていました。



私はその報告をいくつか受けていましたが、SSPアライアンスのメンバーに話を聞くまでは確認できませんでした。

David: うーん。

Corey:
これらは単なる偵察のようでした。南極で何が起こっているのかを観察していたんです。さて、何がきっかけで戦闘になったかというと、6隻のダークフリート(Dark Fleet、秘密宇宙計画、SSPの軍事部門)が、涙型でとても大きく、南極の沖合で海に出て、まるで出発するかのように軌道の外側に向かっていたのです。



David:
さて、この時、地球の周りにバリアはあるのでしょうか?理論上、彼らは出発できたのでしょうか?

Corey: はい。

David: でも、太陽系の外側のバリアはまだあるんですよね?

Corey:そうです。

David:
だから、何らかの理由で、南極はもう彼らにとって良い場所ではないと感じるかもしれませんね。

Corey:
そうですね。彼らは太陽系内の他の基地に行こうとしていたんです。

David:
ピート・ピーターソンとの関連でとても興味深いことがあります。私がこの球体の周りにポートホールがあると言ったとき、彼はキャリアのある時期に実際にその球体を格納庫内で見て、ポートホールはガラスで、ポートホールから船内を見ることができると言いました。

そして、私たちが話し合ったところ、彼は、ピーター・デービッド・ベーターが報告した、ロシアが持っているこの宇宙船かもしれないとかなり自信満々でした。

Corey: そう報告されました、あれはロシアのものである可能性が高い、と。

David: おお!?そうですか。

Corey: そうです。

David:
それが私を魅了したことの一つで、この球体の正体について、2つの独立した相関点を得たからです。

これはどうやら、私たちが「地球連合」と呼んでいるものの一部らしいんです・・・。

Corey:そうですね。

ドラコに対して行動を起こしていましたね。

2機の船が大気圏に突入すると、突然、普通のジェット戦闘機くらいの大きさのシェブロン型の機体が何十機も、これらの船を攻撃し始めたのです。



そして、閃光と爆発がありました。それから、逃げようとした巡洋艦は、すぐ下に戻り、元来た場所に戻っていったのです。

David:
では、ここにあるのは球体で、ロシアのものかもしれません。南極から地球を離れようとしている涙型の船、ドラコがあります。そして、非常に新しく、予想外のシェブロンクラフトが到着したのです。

Corey:そうですね。涙型の巡洋艦はダークフリートでしたね。

David: ああ、ドラコじゃなくてダークフリートだったんだ。

Corey: そうです。

David:
なるほど、この三角形の船は基本的に三角形なんだけど、シェブロンクラフトと呼ばれていて、その到着には何か本当に予想外のことがあったとあなたが言っていたのを覚えています。では、何がそんなに意外だったのでしょうか?

Corey:
常に強力な武器を持っていたこと、そして、その正体を誰も知らなかったことです。実は、これは地球連合が秘密裏に入手した兵器だったのです。そして、カバルグループが地球の表面から離れるのを阻止するために使っていたのです。

David: これは本質的に、ゲームを変えるようなことですよね?



Corey:その通りです。

David:
これはとても大きなゲームチェンジャーですね。なぜそんなに大きな変化なんですか?

Corey:
今、地球上の同盟グループの中には、高度な技術を持っているものがあります。彼らは基本的に、自分たちだけの秘密の宇宙プログラムを持っています。

そして、これらの資産は、ICCから得られるようなものです。これらは非常に高度で、新しい技術です。そして、これらの船は防衛関連の請負業者によって作られました。

David:
でもICCの防衛関連企業は、必ずしも地球でこれらの船を作った企業と一緒に仕事をしているわけではありませんね。

Corey:
そうです。どうやって入手したかは不明ですが、何十機もあって、これらの船を攻撃していました。

David:
では、これらの船が撃墜されることでどのような影響があったのでしょうか?それは明らかに戦争の転機となるようなものですよね。

Corey:
そう、それはカバルに衝撃を与えました。SSPアライアンスにも衝撃が走りました。彼らは、自分たちが完全に理解していないことがレーダーに映し出されることに慣れていないのです。

David:
そうですね。社会的政治的な闘争はどのようなものだと思いますか?なぜ今、闇の艦隊が地球を離れようとするのでしょうか?

Corey:
同じ理由で、多くのシンジケート団がブラジルやアルゼンチンに行って、地下基地に入り、水で満たされた亀裂を通って地中に送り込んでいるんです。彼らは南極大陸まで旅をしています。

彼らは何かから逃れようとしているのです。つまり、ある種の出来事が起こることを予期していて、そこから逃れようとしているのです。そして、どうやら地球を離れて、太陽系の最も遠い場所に行った方がいいと判断したようです。

David:
今起こっている地政学的な争いにおいて、ある種のデータダンプや、ある種の大きな叙事詩的な変化をもたらすような変化が起こっていると思いますか?

Corey:
それは以前から噂や脅威になっていますが、カバルグループは大規模なデータダンプの影響を最小限に抑えるための措置を取っています。

David:
これは不思議な状況で、あなたも私も、この戦闘情報を公開しなかったために、大きなトラブルに巻き込まれたわけですが、それでもほとんどの人は、「まあ、どうでもいいか」と言うでしょう。

Corey:
そう、私たちが公開することが重要だったのは、戦闘情報ではありません。私が氷点下で報告した、基地の位置や地下にあるものなど、すべてが重要だったのです。





当時は、明らかに同盟軍の部隊が作戦中でしたから。

David: ああ。

Corey: だから、彼らがさらに行動を起こすには絶好の機会だったんです。

David:
つまり、私たちが情報を十分に早くリークしなかったから、同盟軍はあなたが見たものがどこにあるのかわからず、行動を起こせなかったと言うんですか?

Corey: そうです。その通りです。

David: その結果、あなたと私に対する同盟の評価はどうなりましたか?

Corey:
そのすぐ後に、あなたが言ったように、不良資産を説得する「ザ・ラングラー(口論・論争をする人)」を送り込みました。

David:
視聴者から寄せられた意見の1つに、このネットワークが何らかの形で私たちの情報公開を抑圧しているというものがありますね。それが事実なのかどうか、少し考えてみてください。

Corey:
いえ、私たちがリリースやアップデートで報告していなかったので、ガイアはまだ情報の詳細を知りませんでした。ですから、Gaiaが私たちにエピソードを書かせたのは、それから数日後か数週間後だったでしょう。

David:
私もあなたと同じように、本を仕上げることに夢中で、他のことはすべて横に追いやっていましたから。朝の5時、6時まで仕事をしていたこともありました。だから、近況報告も書く暇がなかった。だから、文章にすることはありませんでしたし、収録の方法もうまくいきませんでした。

Corey: その通りです。そうなんです。

David:
「ザ・ラングラー」が断られたすぐ後に、「砂漠での接触(Contact in the Desert)」というイベントがありました。コンシャスライフExpo以外で、あなたが何者であるかを人々が知っているカンファレンスに行ったのは、これが初めてだったんですね。

Corey: そうです。

David: 生の聴衆の前に出るのは2回目ですね。

Corey: そうです。そうですね。

David:
では、「砂漠の接触(Contact in the Desert)」に行ってから起こった不思議なことをいくつか教えてもらえますか?

Corey:
ある晩、夕方、机に向かっていたら、天窓から青い光が見えたんです。私はそれを見て、ガラスの曲率が屈折して青く見える星なのかもしれないと思いました。

そして、立ち上がって、外に出て見てみることにしました。そして外に出てみると、青い光が見えました。家に戻って携帯電話を取り、外に出ると、それは動いていて、点滅しながら空を横切っていきました。

David: それまでは点滅していなかったんですか?

Corey: いいえ、青一色でした。

David: そうなんですか?そうですか。

Corey: そうです。それで、あなたにメールか電話をしたんです。

David:
そう、私にメールしたんだ。そして、あなたは私に外に出るように、とても、ほとんど馬鹿にしたように迫ってきた。

Corey: そう、「今すぐ外に出ろ!」みたいな感じ。

David: それで僕は......それが何なのか言わなかったけど。

Corey: そう。

David:
それから、私は何が起こるかわからないまま外に出たんです。まずはあなたから。そこからはどんな風に見ていましたか?

Corey: あの、青い球体は何度も見たことがあったんです。

David: そうです。

Corey:
でも、これは明らかに…大量に目撃されるイベントだと思ったので、かなり興奮しましたよ。それで、iPhoneでできる限りのことを記録しました。これがその様子です。



5,000人ほどの人々が下にいるときに起こったので、とてもエキサイティングでした。

David:
これは私も見たことなんですが、面白かったのは、私のところにアシスタントとして滞在している人がいて、彼女は私の頭の上に青いエネルギーの雲を見たんです。

Corey: ええ、それはかなり奇妙ですね。

David:
結局、私は外に出て、1時間以上その物体を観察しました。他の多くの人がそれを見たという話を聞いたことがありますか?

Corey:
ええ。次の日、空中で青い球体や球体を見たという人が大勢いましたよ。

David: そうですね。

Corey:
ある人は点滅しているのを見ました。固まっているのを見た人もいますよ。

David: この青い球体で実際に何が起こっていたと思いますか?

Corey: そのときは、私にはあまり興味がないように見えたので、よくわかりませんでした。

David: 後から何か明らかになったことはある?

Corey:
そうです。後で聞いたんですが、その時期、あなたも含めて、点滅しているときに、ある種のダウンロードをしたことがあるそうなんです。

David:
もしかしたら、一緒にいた人が私の頭の上に青いエネルギーが見えたときに、それが起きたのかもしれないってことですね。

Corey: ええ、奇妙な相関関係でしたね。

David: じゃあ、青いウィンカーを見た後、次に起こったことは何だったんですか?

Corey:
実は、次の日の朝だったんです。ベッドで横になっていたら、あらゆる年齢、あらゆる性別、両方の声の合唱が聞こえ始めたんです。そして、これを4回ほど繰り返したと思います。私たちは、唯一無二の創造主のメッセンジャーであり、ファシリテーター(進行役)である」と、4回くらい繰り返し聞こえてきたんです。

私は起き上がり、「いったい何が起こっているのだろう?」と思いました。

外に出て、あたりを見回して、空を見上げて、地形を見回しても、何も見えなかったんです。

David:
「一なるものの法則(The Law of One)」に出てくるような台詞ですね。

Corey:
その話題で、私はベッドに横たわりました。しばらく「一なるものの法則(The Law of One)」を持ち歩いていたのですが、読むことができませんでした。読もうとしても、文字がページの上に浮かんでしまうんです。何も残らない。とてもがっかりした。

しかし、今回、その本を手に取り、読み始めたら、すべてを記憶することができたのです。さらに不思議なことに、その後ティアエアとコミュニケーションをとったとき、彼はその本とよく似た、あるいはまったく同じ用語を使って私とコミュニケーションをとるようになったんです。

David:
さて、SSPアライアンスを前にした最初のミーティングの話に戻りましょう。あなたがその場にいたとき、同盟はブルーエイビンズに最初にどんな質問をしたのですか?

Corey:
「あなたは「(一なるものの法則(The Law of One)」のラーですか?」と。

David: そして彼らの答えはどうだった?

Corey:「私はロー・ティアーエールです」と繰り返させられただけです。

David: Rawは基本的にラーと同じですね。

Corey: そうです。

David:
これは「一なるものの法則」とあなたに起きていることの関連性を、より高度に表現しているように見えますね。これが本当に同じグループだということを、もっとはっきりさせなければならないところに来ているように思います。そう思いますか?

Corey:
今はそう思いますね。以前は、私自身がその兆候を見せないのに、そのつながりを描くことに、いつも少し慎重になっていました。

David:次に、新しい人脈ができたのはどんなことですか?

Corey:そうですね、まだ報告していない新しいコンタクトは...。

David:そうですね。

Corey:
カーリーから連絡があり、ザ・ラングラーという人物に何が起きているのか少し教えてくれました。彼らは非常に興奮しており、何らかの理由で私に恨みを抱いているとのことでした。彼らはさまざまな代理人や知り合いに接触して、その人たちがどんな方法で私に接触できるかを調べていたんです。

David: 「彼ら」というのは、ザ・ラングラーのことですね。

Corey:
ザ・ラングラーは知り合いに連絡を取っていて、その知り合いを通じて私にどんなアクセスができるか聞いていたんです。

David:
表向きは、ブルーエイビンズがあなたへのアクセスをブロックしていたとしても、彼はそれを回避する方法を考え、手を回そうとしていたんですね。

Corey:
そうです。そのことに気づいて、彼らは彼を監視していると言っていました。

David:
ちょっとお聞きしたいのですが。もし私たちが南極大陸に関する情報をタイムリーに発表していたら、もし私たち二人が個人的な問題や本の執筆で頭がいっぱいでなかったら、彼らができなかったことは何だったのでしょう?

Corey:そうですね、氷の下にある施設の作戦を成功させることです。

David: どんな作戦ですか?

Corey:そうですね、彼らから物を奪うか、破壊するか、攻撃するかのどちらかです。

David: すごい。

Corey:
そうです。彼らは氷の下で何かが起こっていることは知っていましたが、これらの施設の場所は知りませんでした。

David:
そうです。では、カーリーは今あなたと話していますが、その方法は何だったのでしょうか?あなたの部屋の中で光が点滅して、あなたは以前のようにインナーアースに連れて行かれたのでしょうか?

Corey: これはエーテル的な電話会議の一つですね。

David: 私たちが「構築物」と呼んでいるようなものですね。

Corey:そうですね。

David: じゃあ、あなたは白い空間の中にいるんですね?



Corey:
そうですね。周りは全部白です、ただし...まあ、椅子も白いですが、ええ、白です。

David:
「ラングラー」があなたにアクセスしようとしたけど、できなかったと言っていましたね。

Corey:
そうです。そして、これらの施設の安全を守るセキュリティグループは、偵察中にアンシャール・バスを発見できなかったことと、氷の下にあるものについて、これらの特定の場所が伝えられていたことに非常にびびっていたとも彼女は教えてくれました。

David:
ええ、想像するに、もし彼らがいつも、入ってくるどんな船も見えると思っていて、その船が見えないとしたら、それは彼らにとってとても怖いことでしょうね。

Corey:
そして、もし彼らの上空で作戦を進めていた同盟国がこの情報をすべて知っていたら、特に彼らが今持っている高度な船でやってくる同盟国から、とてもひどい目に遭わされていただろうと、彼らは気づいているのです。

David:
さて、カーリーはあなたと個人情報を共有したとも言っていましたね。もちろん、それについて何か具体的な話があれば、誰もが知りたいと思うでしょう。

「ラングラー」のことで、とても落ち込んでいるとおっしゃっていましたね。私は、あなたの中にそれを見ました。あの時、あなたはとても暗い気持ちになっていたんです。

あの男は君を拷問したんだ。それで、彼女は精神的な支えになって、あなたを元気づけようとしたのでしょうか?

Corey:
カウンセリングもありましたが、私の領域で活動している人たちのこと、彼らとのこと、そしてとても個人的なことをたくさん話していました。

David:
そう。では、カーリーと会ったときに、何か他に起こったことはありますか?

Corey:
彼女は、ゴンザレスが、私がよく聞いていたマヤの離脱グループの「ヒーリング」を受けて、本当に離れていることを教えてくれたわ。

David:
彼がそのようなことを経験したということについて、あなたはどう感じましたか?

Corey:
彼のことは嬉しかったけど、もう二度と会えないと思ったわ。彼は、もし機会があれば、いつか突然姿を消して、癒しのために旅立つかもしれないと言っていたから。そして、私に「さようなら」を言う機会もないかもしれない。

David:
このカーリーと最初に会った後、カーリーと他のミーティングをしたのですか?

Corey:
はい。数週間にわたって、あちこちで小さなミーティングがありましたが、特に大きなものはありませんでした。もっと個人的な会合でした。

David:
ウェブサイトの記事には、当時はとても落ち込んでいて、自分が何の価値もないと思っていたと書いてありますね。

Corey:
そうです。私は彼女に、私には何の価値もないのに、なぜまだこんなに頻繁に講演に来るのかと聞いていたんです。私には何の知性もありませんでした。連絡係としてそこにいる必要があるようなことは、何もなかったんです。

彼女はただ...その満面の笑みで、私は将来また役に立つだろう、と言ってくれたんです。

David:
彼女はあなたと一緒に仕事をすることになるとも言っていましたね。

Corey:
彼女は、私たちが作ったマインド・メルドの性質上、私たちの間につながりができて、彼女はずっと長生きするんだから、私の残りの人生をずっと見守ってくれるだろうと言ったんです。

David:
それで、あなたのアップデートでは、次の大きな出来事として、7月10日[2016]午前3時40分までとなっていますね。

Corey: そうです。

David:
では、今からそれを見ていきましょう。7月10日の午前3時40分には何が起こるのでしょうか?

Corey:
えーと、私はこのとき、確か会議があることを知らされていなかったんです。

David:
普通なら、事前にどのように知らされたでしょうか?どうなっていたんだろう?

Corey:
そうですね、カーリーは私にミーティングがあることを期待していると言っていました。

David:そうですか。

Corey:
それから、夢の中でも会議の準備をするように情報を受け取っていました。

David:ああ、夢の中で。

Corey: そうです。

David: 面白いですね。

Corey:
そうですね。私はベッドに寝ていました。目を閉じていたら、淡いブルーの光が目から入ってきたんです。目を開けたら、ブルースフィアがジグザグに動いているんです。

David:ふむ。それが起こるとは思わなかったんだね。

Corey:
いいえ、これは違います。私は立ち上がって、移動の準備をし、準備ができたことを示しました。そして、前に説明した、宇宙にある大きな球体の一つに連れて行かれました。

そこに運ばれた瞬間、ティアエアのシルエットが見えたんだ。

私は見上げました。私の注意を引きました。球体の外側はフィルターのような役割をしています。球体の外にいたら太陽系の他の球体を見ることはできません。

でも、球の中にいると、壁というかエネルギーの壁を通して、他の球を見ることができるんです。また、太陽系で起こっているパチパチというエネルギーも見ることができました。

David: それは太陽からきているんですか?

Corey:
そうです、太陽からパチパチと音がしていました。それに、球体はキラキラ光って、ゆっくり太陽から遠ざかっていくんです。金星と地球の方向に向かっていたんですが、他の方向にも向かっていたんです。でも、それは私が見た中では・・・。

David:
直感エンパスとして、あなたが見ているもの、あるいはこれが表しているものから、何か霊的なものを感じませんでしたか?

Corey:
思うに、太陽からのエネルギーが増加しているので、そのエネルギーを緩衝するために位置を変えているのだと思います。

David:
球体が遠ざかっていくのを見て、ティアエールの隣にいるこのシルエットは誰なのか、気になったのではないですか?

Corey:
まだ興味を持つチャンスがなかったんです。見えたんです。ちょっと離れたところにいたんですけどね。

David: そうですか。

Corey:
そして、私が見上げていると、彼らが私の方に近づいてきているのが、周辺に見えました。それで振り返って、私に挨拶してくれたティアエアを見て、それからもう一人の個体を見てみたのですが、彼らの種族は見たことがありませんでした。彼らはほとんど人間に見えました。

その人物は、私にミカ大使と名乗りました。

David: それで、彼は具体的にどのような姿をしていたのですか?

Corey:
彼は165cmくらいでした。緑色のきらめくローブを着て、薄茶色のサンダルを履いていました。私たちの頭を上から見ると、楕円形をしているでしょう?彼の頭はほとんど丸く見えました。

David: そうなの?

Corey:
額も頭も、もっと丸かった。混血しているような、でもアフリカ的な。鼻はすごくアフリカ的でしたね。

David:そうですか。



Corey:
そして、彼の頬骨はほとんどネイティブ・アメリカンのようでした。肌の色は、今のリビアやエジプトで見られるような色でしたが、ほんの少しオレンジがかっていました。

David: なるほど。

Corey:
ええ。髪は塩と胡椒で、ほとんど黒でした。目は茶色で、...顔と目がとても慈悲深そうでした。



そして、ほとんどこのあたりにしわがありました[コリーは顔の横の耳の近くに触れる]。年配の方のように見えました。

David:
では、ちょっとお聞きします。もしこの男がマンハッタンの通りを歩いていたら、誰も彼に気づかないでしょうか?それとも、そのまま歩き回ることができるでしょうか?

Corey: 気づくでしょう。気づくでしょう。

David: そうですか。

Corey: ええ。

David: だから、彼は人間には見えなかったけど、近かったんですね。

Corey:
そうです。彼の仲間は、私たちの地元の星団の中にある星系にいるそうで、基本的には私たちの宇宙でのいとこだと言っていました。

David: じゃあ、一番近くにある星々ってことですね。

Corey: そうです。

David: 他にはなんて言ってました?彼は私たちの星団の中にいて、何?

David:
彼は、彼の人たちは地球の人たちにとても夢中になっていると言っていました。私たちの文化、芸術、音楽、娯楽を愛していました。

彼らの星にも同じようなものがあって、私たちのラジオ、テレビ、インターネットを、その始まりからずっと追いかけていたそうです。

David: ははは。それがいいことなのか悪いことなのかわからないけど。

Corey: ええ。でも、彼は完璧な英語を話していましたよ。

David: そうなんですか?

でも、私たちのことをよく研究しているようです。でも、どうやら私たちのことをよく研究しているみたいですよ。

David:
じゃあ、彼らは私たちのテレビを見たり、映画を見たりすることができ、それらに興味があるんですね?

Corey:
はい、とてもそうです。彼は、私が言ったように、彼らは宇宙のいとこで、私たちと同じ遺伝子を約94%共有していると言っていましたが、とても興味深かったです。

David:
彼は電磁波を分析しているので、テレビで放送された番組や映画のようなものを得ているのでしょうか?それとも、インターネットにもアクセスできて、YouTubeの動画とかも見られるんですか?

Corey:
ええ、インターネットやラジオ、テレビが始まったときから、ずっと調べ続けていると言っていました。

David:
ふむ。私たちは他の惑星に行くことができないからです。私たちは他の惑星について公式に知ることも、見ることもできないのですから。

Corey:
ええ、彼らは先進的な種族です。大使として我々の太陽系にしばらく滞在しているんだ。

David: ふーん。

Corey:だから、彼の大使館がどこにあるのか知らないんです。

David:
彼自身の文化について何か聞いたことはありますか?どんな人たちなのか?歴史は?

Corey:
唯一、それと似たようなことを話していたのは、彼の民族は、この地球で私たちを抑圧しているのと同じ存在に抑圧されていたこと、そして、その下から抜け出したのはたった3世代で、彼らは自由を勝ち取ったということでした。

David: すごい!

Corey:
それに、彼らの寿命は星の周りを300回ちょっと回るくらいだそうで、それを1年と考えるなら、彼らを支配していた人たちから抜け出してから、そんなに長くは経っていないことになりますね。

David:
あなたが前に開示した範囲と、他のインサイダーから聞いたドラコが人類をマインドコントロールしていることを考えると、もし彼の仲間がドラコを打倒したなら、その後、大規模な量子的進化の飛躍を経験し、彼はちょうどその直後だったということになりませんか。

Corey:
その可能性は大いにありますね。でも、私たちがこのコントロールシステム、つまり爬虫類のようなもの、そして私たちをコントロールしているエリートや他の種族を突き抜けた後、彼の仲間たちがここに来ることにとても興味があると言っていました。

彼らは、私たちが移行するのを手助けすることにとても興味を持っていました。彼らの問題は私たちほど複雑ではありませんが、私たちが彼らの助けを受け入れれば、大きな助けになるだろうというくらい似ていると言っていました。

でも、爬虫類人や他のグループと同じようなことが起こった後では、私たちが自由を手に入れたとしても、すぐに手を差し伸べてくれるとは思っていないでしょう。

David:
ドラコはどうやって倒したんですか?ある種の戦争によるものなのか?意識の変化ですか?アセンション(次元上昇)でしょうか?彼らに何が起こったのでしょうか?

Corey:
わかりません。でも、彼らの争いが終わったとき、彼は私とほとんど同じようにティアエールとコンタクトをとっていたことを示しました。

David: そうなんですか?

この集団に支配されていたとき、彼の仲間は難民として地球にいたとも言っていました。別のグループが脱出して、地球にやってきて、長期にわたってここで生活していたそうです。

David: その時間軸を感じましたか?

Corey:
いいえ。でも彼は、それはよくあることで、当時はいろいろな難民がここに来ていたと述べています。

David:
あなたの記事によると、彼はごく最近、私たちが受けているのと同じようなプロセスを経てきたとも言っていましたね。

Corey:そうですね。

David:
私たちが経験していることは、「一なるものの法則」の用語で言うと、彼らが「ハーヴェスト(収穫)」と呼ぶもの、あるいは私が「アセンション」と呼んでいるものに非常に近いようです。ということは、彼が言っていたのは、彼の人々は実際にアセンションしていたけれど、それはごく最近起こったことだったということでしょうか?

Corey:
そうです。そういう意味である可能性は十分にあります。彼ははっきりとは言いませんでしたが、文脈上では、彼の民が最近解放されたことも話していました。だから、彼が自分の惑星の解放について話しているのか、それからアセンションについて話しているのか、あるいはその両方なのか、はっきりしませんでした。

David: 彼が実際にアセンションした能力を持っているという証拠はあったのですか?

Corey: あの短い会見の中では、なかったですね。とても短いあいさつでした。

David: 彼はテレパシーでコミュニケーションする能力を持っていたんですか?

Corey:
ええ、実はそうです。なぜ英語で話しかけてきて、非言語でコミュニケーションしないのか、彼に聞いてみたの。

すると彼は、テレパシーでのコミュニケーションは完全に可能だが、私とは自分の言葉でコミュニケーションしたいのだと言ったのです。たぶん、彼は英語の練習をしたかったか何かだと思います。

David:
彼や彼の部下が私たちのメディアを調査して、彼らが実際に私たちを好きだと思う?

Corey:
彼は、私たちには克服すべきことがたくさんある、彼の仲間は私たちの文化の多くに魅了されている、しかし、私たちの暴力的な性向は好きではない、と言っていました。私たちの暴力や今の行動の多くは、コントロールされていると理解されています。

David:コントロールされているとはどういう意味ですか?

Corey:
そう、マインドコントロール、プロパガンダ、今地球上で起こっているすべてのことは、私たちを一緒にするのではなく、お互いの喉元に追いやる原因になっているんです。

David:
もし私たちがその人たちと話したら、彼らは地球の普通の人とは性格が違うように見えると思いますか?

Corey:
そうです。彼はとても淡々としていて、でもとても落ち着いていて、思いやりのある人でした。彼は基本的に同世代で、自分の星でティアエアと同じような役割を果たしたことがあると自己紹介していました。

彼は私に会いたがっていて、私たち、つまり人類に、私たちには家族がいること、このローカルコントロールのすべてが終わったとき、そして今私たちが経験しているすべてのことが終わったとき、より広いコミュニティ、家族がいて、私たちに会い、これを助けてくれることを楽しみにしていることを知ってほしいということでした。

David:
この提携が私たちにとって有益になると感じること、あるいは彼が言ったことは何ですか?

Corey:
経験です。感情的なものを克服する手助けをしてくれる......まさに、すべてです。彼の民族は、暴君の下から抜け出した後、治癒し、成長し、そして銀河系種になる必要がありました。

彼らは自分たちの惑星にも隔離されました。

David: じゃあ、彼らは私たちとよく似た物語を持っているんですね。

Corey:
とてもよく似ています。私たちの惑星にはさまざまな人種、民族、宗教があるので、彼らよりもかなり複雑な状況になっているようです。

David:
アップデートの中で、この会議は突然終わったとおっしゃっていましたね。

Corey: そうです。

David:では、その経緯を具体的に教えてください。

Corey:
彼がコメントを終えたところで、ティアエールとミカの背後にブルースフィアが現れました。それはミカの頭上をかすめるように、しかしティアエアの肩の近く、ちょうど二人の間に飛んできて、私の目の前で止まりました。そして、明らかに行くべき時が来たのです。

David:
ティアエアともっと話ができると思っていたので、少しショックでがっかりしたと言っていましたが、このミーティングではどうだったのですか?

Corey:
そうです。私はティアエアともっと話ができると思っていたんです。自分が見た宇宙の光景についても話したいと思っていました。そして、私は自分の部屋に戻されました。

David:
長い間いなかったのに、やっとそこに連れてこられたのはどんな気持ちだった?

Corey:
興奮しました。この先も続いていくんだと思うと、嬉しかったですね。私はとても・・・禁断症状を感じていたんです。

SSPから通常の情報を得られなかったのです。ティアエールと顔を合わせることも少なくなっていた。だから、心強かったです。

David:
この男性があなたと同じようにティアエアからコンタクトを受け、全く異なる太陽系の大使になったということについて、どう感じましたか?自分のこともそのように考えていたのでしょうか?

Corey: いいえ、そうではありませんでした。

David:そうですか。

Corey:
でも、彼が自分の星で、今私がしているのと同じような役割を果たしたというのは、とても興味深いと思いま した。

David:
もちろんです。
さて、このエピソードはこれで終わりです。
「コズミック・ディスクロージャー」には、まだまだたくさんの話があります。
私はホストのデビッド・ウィルコックです。
見てくださってありがとうございました。

681 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧