人類をアセンションに導く─Guiding Humanity to Ascension【Season6,Episode10】

2022-09-10
David Wilcock:
デービッド・ウィルコック
「コズミック・ディスクロージャー」にようこそ
私はホストのデイヴィッド・ウィルコックです。
コーリー・グッドと一緒にお送りします。コーリー、ようこそ。

Corey Goode:
ありがとうございます。

David:
前回話したとき、あなたは金星に連れていかれて、とても興味深い体験をしましたね。

あなたはセンチネルと呼ばれる存在に会いました。

あなたは自分が誰で、今誰で、これから誰になるのかを知る機会を与えられましたが、あなたはそれを拒否しました。
そのことについては、あなたが自分を救世主のように描こうとしている、自分がなるのは「救世主」へのお遊びだ、といった否定的なコメントもありました。




Corey: いいえ。

David: では、それをはっきりさせてください。

Corey: もちろんです。彼らはこの情報をすべての個人に対して持っています。私やゴンザレスが他の人たちよりも上に持ち上げられているわけではないんです。

David: そうです。

Corey:
他のみんなは、ある時点で、自分が誰で、今誰で、これから誰になるのかを知るために、この機会を与えられるんです。
彼らは私たちのように直線的な時間のとらえ方をしませんから。
ティア・エールは、私たちが輪廻転生するとき、それは必ずしも直線的な方法ではないと言っています。



経験のために逆向きに転生することもある。
だから、これは基本的に人生の見直しの申し出であって、私がある種の救世主であることを明らかにする申し出ではないんです。

David:
攻撃の中には、あなたの謙虚さは偽りで、実際は謙虚であるかのように振る舞いながら、同時に自分を惑星の救世主のような存在に仕立て上げようとしているだけだと言う人もいますね。

だから、あなたに起きていることは、とても本格的なものだと理解しています。
自分に関するこの情報を正確に知りたくない理由は何ですか?

Corey:
それが私のすべての人間関係の性質を、非常に深刻な形で変えてしまうだろうと伝えられたからです。
だから、この情報を知ると、家族や友人と同じ人間ではいられなくなるところまで、私は変わってしまうかもしれません。
多くの人はそのことを理解していません。
彼らは、「情報を知りたい」ということに終始しています。
「結果がどうなろうと構わない」とねでも、私はとても家庭的な人間で、子供と妻は私にとってとても大切な存在です。

David:
では、今カメラに向かって、自分を救世主のような存在だとは思っていないこと、そして今後もそれを変えようとは思っていないことを、言ってもらえますか?

Corey:
全てのメッセージは、人々が救世主を探すのをやめて、自分の内面を見つめ直し、自分自身の救世主になることです。
それがメッセージであり、私が生きていることなのです。

David:
さて、これで確立されたわけですが、前回のアップデートであなたが体験したこと、これらの興味深いコンタクトを含めて、あなたはブルー・エイビアンズから、太陽エネルギーが活発化していること、幽霊が現れ始めること、そして物事が近づいていることを知るのは人々が幽霊を見るようになる時だと言われましたね。

私たちが取材していない、次の出来事は何ですか?

Corey:
前回の収録後、すぐに飛行機で帰国し、セドナでSSPコンファレンスに参加する予定だったんです。
その夜、私はブルー・スフィアのひとつに乗せられ、やはり遠くにティア・エールが立っているのが見えました。



いつものように私は上を向きました。
これまで説明した宇宙の光景が、太陽、地球、そして位置によっては月、そして太陽系に等距離に広がるこれらすべての青い球体へと変化していく様子を見たいからです。

そして、太陽の外側にある電気コロナが少し広がっていて、その電気がこれらの球体に当たっているのが見えました。
球体の間で電気が交換されているように見えたのです。

David:
あなたは以前にもそのような描写をしたことがあると思いますが、今回はもっと劇的で、もっと重要な光景だったのでしょうか?

Corey: そうです。
このときは、いくつかの理由がありました。
見上げると、一番近くでよく見えた青い球体が、前回よりもさらに半透明で、まるで存在が消えていくようでした。

David:
そして、彼らはあなたに、私たちがこれを経験すれば、いずれ完全にフェードアウトすると言っていたのですね。

Corey: その通りです。その通りです。

David:
では、今回のエネルギッシュな現象は何が違っていたのですか?

Corey:
青い球の外側では、波紋が広がっていたよ。
池に石を投げ入れたときの水の効果のように、狂ったように波紋が広がっていたんです。
それが起こっていたのですが、球体間の同期がとれていなかったのです。

あるものはより多く、あるものはより少なく当たっていて、ある種の太陽風か、水面に当たったときの音波のようなものがあるように見えました。
球体は、何かがぶつかっているように、ブーン、ブーン、ブーンと脈打つんです。

David:
でもこれは、あなたが以前のアップデートで言っていたように、ドラコのマインドコントロールグリッドが、私たちの意識を抑制し続けるために、すでに最大にせざるを得なかった後のことですよね。

Corey: その通りです。

David:
じゃあ、これはマインドコントロールグリッドが止められないような、もっと劇的なエネルギーの変化を示唆しているんですね。

Corey: そうですね。そうです。

David: わかりました。

Corey:
このブルースフェアは、このエネルギー出力に反応していますが、明らかに増加していますね。

David:
それで、今まで水のようにブルブルするのを見たことがなかったんですか?

Corey:
波紋は見たことがありますよ、わずかですが、こんなに劇的ではありません。

David: そうですか。

Corey:
もう一つ気づいたのは、大きな金属球が太陽系外縁部からゆっくり移動してきたことです。



David: 金属の球体?

Corey: 金属製の、大きな金属製の球体です。

David: どれくらいの大きさですか?

Corey:
でも、月の3分の1くらいの大きさに見えたんです。
でも、比較できるようなものが隣になかったから、憶測ですが。

David: それは何でしょう?

Corey:
一度それを見たとき、私は振り返って下を見ました...ティア・エイルを見返すためにね。
そして、彼が私に近づこうと滑空しているところを捉えたんです。

あの金属の球体は何なのかって聞いたんです。
すると、連合軍の他のメンバーがある任務のためにここに来ていて、準備をしているのだと言いました。

David:
ティア・エールは、彼らが何をしようとしているのか、何も教えてくれなかったんですか?

Corey:
いえ、話題を変えたというか、もっといい話があったという感じです。

David: これはある種のアークで、私たちがこの変化を経験したとき、地球のある人々が、地球の振動の上昇に対応できない場合、彼らにとってより適切な他の惑星に倫理的に移転させられるという可能性はありますか?

Corey:
それは私には伝わってきませんでしたが、その可能性は大いにあります。
だって、彼らは・・・。

David:
「Law of One」には、3つに分かれると書いてありますね。
ネガティブな人はネガティブなタイムラインに、ポジティブな人はポジティブなタイムラインに、地球の新しいバイブレーションに対応できない人は他の第3密度の惑星に移されるんです。

Corey: ふむ。

David: だから、これはそういうことかもしれませんね。

Corey: そうかもしれませんね。

David: では、次に何が起こるのでしょうか?



Corey: 彼が移動してきました。
彼はいつもの挨拶をして、この30万人という話題を取り上げる必要があると述べています。
彼は、私たちが情報を公開した後、その公開の仕方が多くの不安と混乱を引き起こしたので、人類または混乱した人々が明確化を求める呼びかけを出したと述べています。

David:
まず、30万人というのはどういう意味なのか、そのエピソードを見ていない人や理解していない人のために説明しておきましょうか。

Corey:
以前、ティア・エ-ルとインターフェイスしたとき、どれくらいの人がアセンションする準備ができているのか気になったんです。

その時の彼の回答が「30万人以下」だったんです。
それを報告したら、また、ある計算がおかしくなってしまったんです。

David:
そうですね、人類の何パーセントになるかを計算しようとしたのですが、それを文字に変換するときに、ゼロが1つなくなってしまったんです。0.0045になるはずだったのを、0.045に変えたんです、たぶん。

Corey: はい。
それについては、たくさんのメールをいただきました。
ええ、公開時に混乱があったんです。

David: そうですか。

Corey:
彼はコミュニケーションを始めて、私が最初に「何人がアセンションできるようになるのか」という質問をしたその時に戻してくれたんです。
そして、「その時のあなたの現在の時間的現実では、何人がアセンションする準備ができていて、その数は常に流動的である」と述べました。

今の一時的な現実は決定されつつあり、私たちと私たちの共同創造意識のために絶えず変化が起こっているのです。

David:
瞑想効果について見てみると、「Wisdom Teachings」で話したことがあるのですが、7,000人、このように様々な人口の研究が39件ありますが、中心となるのは7,000人が集まって瞑想することです。

戦争、犯罪、死亡事故、テロなどが、世界中で平均72%減少しました。
これは、ごく少数の人々がより積極的に行動することで、みんなの意識に非常に大きな不釣り合いな影響を与えることができるということを示しています。

この番組を見ているような少数の人たち、つまり7000人をはるかに超える人たちが、宿題を始めて日常的にもっともっとポジティブになれば、地球全体にこの放射効果によってその数を大幅に増やすことができるという可能性はあると思いますか?



Corey: そのとおりです。
人々の反応で一番多かったのは、地球上には何百万人もの子どもたちがいるのに、どうしてこの数字がこんなに少ないんだろう、というものでした。

David: ええ。

Corey:
そのほとんどは、少なくともある種の説明責任を果たす年齢に達していないのでは?
そしてティア・エイルは、私たちの惑星の歴史の中で、今この瞬間ほど多くの放浪者はいなかったと述べ、今日ここにいる子供たちのほとんどは、この経験を経て、愛の波動をもたらし、私たちが経験しているこの意識の移行を手助けするためにここにいると言いました。

ですから、その30万人から外れた存在の多くは、放浪者(ワンダラー)であり、他の魂のグループからここに来て、私たちが経験しているこの大きな移行を援助しようとしている人たちなのです。

David:
この番組を見ている人のほとんどは、おそらく放浪者でしょう。
1981年の時点で、その数は6,500万人でした。今、その数は3億人以上になっている可能性が高いと思います。

Corey: もっとです。

David:
30万人というのは、放浪者ではない人たち、つまり、惑星から惑星へとリサイクルされてきた凝り固まった魂たちかもしれませんね。
彼らはアセンションを得ることができません。
彼らは失敗を繰り返しています。

実際に準備できたのは、現時点で30万人だけでした。

Corey: まさにその通りです。

David: そうですか。

Corey: はい。

David:
そして、今転生している子どもたちの大半は、すでに高い波動を持っていますね。

Corey: そうです。
子どもたちは、ある種の契約に同意して、ここに来て、私たちの移行を助けてくれています。

David: ちょっと質問させてください。
私たちが本当に高尚な形而上学などを扱っているとき、私は以前、「内なる光の仲間」というところに通っていたことがあります。
バージニアビーチにある異宗教の教会でした。

最高の講演者はいつも、すべての複雑さを取り除き、精神的な道のりの核心は、自分自身を愛することを学ぶことであると言っていました。

もし、ある人が自分自身に対して、非常に一貫して非愛の思いを抱いているとしたら、たとえ、その人が他人に対して奉仕的であっても、自分自身を愛していないとしたら、その人の極性を打ち破ってしまう可能性があると思いませんか?

Corey: とてもそう思います。
もし、他人を許し、自分自身を許すというプロセスを経なければ、他人への奉仕になるときに、ガラスの天井のひとつにぶつかることになるでしょうね。

あなたが自分自身を変化させ、癒しているとき、あなたは超意識、私たち全員がその一部である存在に変化を起こしているのです。

だから、あなたが自分自身を援助し、自分自身を愛しているとき、あなたは人類の残りの部分をも愛することを援助しているのです。

David: では、次に進みましょう。

Corey: はい。

David: 何が起こるの?

Corey:
それからしばらく、もっと個人的なことに触れました。
私は自分が何パーセントのService-to-Others(善意者)なのか知りたかったんです。
その返答にとてもがっかりしました。
そして、周りの人たちのことを聞き、30万人にふさわしい人間になるために、あるいはその数を増やすために、何をしなければならないかについて、さらに尋ねました。

そして、私たちは皆、第3密度の問題を抱え込みすぎている。
それを手放すことを学べば、このエネルギーの変化が私たちにポジティブな影響を与えるのがずっと容易になる、と言っていました。

私たちは皆、自分の魂の暗い隅や、自分が大きな力を与えてきた人生のさまざまな出来事に目を向けることを余儀なくされているのです。
人は、子供の頃にある人から虐待を受けたとしても、今は40歳かもしれませんが、その人を許さず、そのエネルギーに対処していなければ、その人は虐待していたときと同じパワーを今も持っていることになるのです。

だから、いったんそれを逆転させて、自分自身と、集中すべきネガティブなことに集中し始めると、ティア・エールが伝えていた最適な時間的現実に自分自身を導くことができるようになるんだ。

David:
その最適な時間的現実とは何ですか?

Corey:
私たちの集合意識にとって最良のシナリオのことです。
それはアセンションです。

David:
じゃあ、この会議で次に起こる重要なことは何?

Corey:
そうですね、どうやらマンデラ効果についても混乱があったようです。
彼はマンデラ効果についてもう少し突っ込んで、それがいかに宇宙的な現象であるかについて説明しました。
この地球上で起きていることではなく、宇宙や私たちの現実に変化が起きているような宇宙的なレベルであるということです。

私たちの共有する現実の中で、編集されたもの、大きな出来事があり、今の私たちにはその記憶がないのです。
ですから、突然、明日、ある種のシフトが起こり、私たちの誰もが9.11の記憶を持たないとします。

彼が伝えたのは、そのような非常に重要なことが、私たちの過去において再編集されているように思えたのです。
彼がこのことを話しているとき、私は巨大なクリスタルの棒の壁が回転しているのを見ました。
プリズム効果で、物事が瞬時に変化し、車の色や木の形が変わるなど、奇妙なものを見ました...
つまり、それはまるで...とても奇妙で理解するのが難しいものでした。

でも、彼は、これが私たちが経験しているシフトのとても大きな部分であることを私に知ってほしかったのです。

David:
第三次世界大戦が始まったり、核爆弾が爆発したり、そういう大惨事になるような出来事もあるとおっしゃるのですか?そのようなもの?

Corey: そうですね。
そう、そういうことです。

David:
それらは編集されているんですか?

Corey: そうです。それで...

David:
これはスフィアの人たちがやってるんですか?

Corey: それは私の質問です。
私は「あなたがこれをする目的は何ですか」と言ったんです。

彼の返事は、彼らはやっていないよ。
私たちがやっているのです。
あるセクターにいるすべてのビーイングが、彼らの共同創造的な意識が、このマンデラ効果を生み出しているんです。

David: ふむ。

Corey: ええ。
私はそのことを理解するのに苦労しましたよ。

David:
火星のチャートを見てみるととても面白いんですが、9.11の直前の4日間に、火星全体が赤い煙、赤い雲に包まれているんです。
そして、かつてないほど惑星全体が砂嵐に包まれているのです。

火星は戦争の星ですから、私たちが地球で経験した集団的トラウマが、時間を逆行させて反映され、9.11のような戦争の歴史である火星が、実際にそれを目に見える形で表現していることが示唆されたのです。

もし、時間が直線的でなく、9.11が過去に影を落としているとしたら、これから起こる出来事は、私たちの潜在意識に影を落としていて、私たちはそれを起こさないように選択しているということでしょうか?



Corey:
それは私が説明するより、もっといい方法かもしれませんね。

David:
じゃあ、どうやってタイムラインを変えるんですか?

Corey:
どう動いているのかよくわからないんです。
私たちの共同創造意識は私たちの現実を変えています。
そして、問題のひとつは、私たちが今の状態ではこの効果を完全に理解できないことです。

いったんこのシフトを経験し、第3密度の問題を抱えなくなれば、私たちのマインドはまったく異なる視点から物事を見るようになり、さまざまなタイプの物理学や宇宙論のアイデアが意味を持つようになるでしょう。

このプロセスにおいて、私たちの共同創造意識がいかに重要であるかに驚かされました。
だから、私はまだこの多くのことを理解できていないんだ。

David:
それは、私たちがカバルのない現実に移行するのと同じくらい極端なことなのでしょうか?

Corey: そうです。
私たちは突然、情報公開後の現実になる可能性があります。
私たちは、ここに座ってディスクロージャーを恋しがっていたことなど、まったく覚えていないのです。
私たちはその中にいるのです。そして、それは瞬く間に起こり得ることで、私たちは何の言及もしないでしょう。

つまり、私たちはこのことを理解するのが難しいのです。

David:
聖書のペテロ書を引用させていただくと、「新しい天と新しい地が来ると、以前の世界は思い出せず、思い起こすこともないでしょう」と書かれています。

この聖書の言葉には、いつも驚かされています。

Corey:
もう一つ、ティア・エールは、私たちが今接続している地球外生命体の多くは、まだ私たちの惑星を発見していない、と伝えていますね。

David: それは理解できませんね。

Corey: その通りです。

David: ははは。
今交流してる地球外生命体の多くは、僕らの星を発見してないんですか?

Corey: そうです。
2080年に地球外生命体が私たちの太陽系にやってきて、私たちを発見したとしましょう。
その人たちは時空間を移動します。
この2つの間に違いはありません。

だから、彼らは太陽系に来て、現在の状態を見つけ、太陽系内の時間をさかのぼって、太陽系を操り始めるんです。

David: すごいですね。

Corey:
私もまだそのことを理解しようとしているところです。

David:
これはHenry Deaconのことも思い出させるのですが、彼はもともと、私がRichard Hoaglandと書いた、太陽系のすべての惑星が変化しているというNASAの証拠を文書化した「惑星気候変動」の論文にとても感銘を受けて、私に連絡してきたんです。

彼は、自分が携わっていた宇宙計画で、太陽系爆発が起こることを知っていた、と言いました。

そして、太陽系フラッシュに近づくにつれ、タイムラインが大きく変化するため、私たちは混乱し、まとまった会話もできなくなる可能性があると言っていました。

Corey: 興味深いですね。

David: それは、もしかして...
このままでは、人々はますます混乱してしまうのではありませんか?

Corey:
ええ、多くの混乱が起こるでしょう、人々は何が起こっているのか知らないのですから。
あなたと私でさえ、議論していますし、内部情報も少しは持っていますが、完全に理解することはできないのです。

David:
人々が困ることのひとつは、「ちょっと待ってくれ」ということでしょう。
もし私たちがいる現実が変わるなら、私たちが書いた歴史の本には古い現実が残っているのではありませんか?
それとも、非直線的な時間の中で変化するので、歴史、書かれた歴史でさえも本の中で変化しているのでしょうか?

Corey:
そうですね、私たちはまだ理解できないことを理解しようと、ここで行ったり来たりしているのです。
時間と空間、時空、私たちは自分が思っているほど理解していないのです。

David:
もしかしたら、ベールが落ちて、アセンション後の世界に入った後、私たちは一つのタイムラインにいたことを認識し、その時点でタイムラインがうまくシフトしたと言えるのでしょうか?

Corey: わかりません。知る由もない。

David:
じゃあ、マンデラ効果に関するインターネット上の奇妙な憶測は、彼ら(ブルーエイビンズ)は、それは真実で、私たちが考えているよりもっと大きなものだと言っているわけですね。

Corey:
それは宇宙レベルで起こっているんだ。

David:
では、このマンデラ効果についての議論は、私たち自身の意図で変えることができるのでしょうか?
私たちは集団で、このようなシフトが起こるように意図することができるのでしょうか?

Corey: もちろんです。
ティア・エールは、ごく少数の人々が、私たちの集合意識の残りの部分の舵取りをすることができると、とても明確に述べています。
なぜなら、他の誰もが混乱状態にあり、このコミュニティや、覚醒して集まってきている他の人々は、自分たちが思っている以上に共同創造能力の力を持っているからです。

そして、2人、3人、4人が集まって、ポジティブな意図に集中し始めたら、私たちはそのポジティブな未来を創造しているんだ。

David:
そう、そして、もしあなたの仲間(ブルー・エイビアン)が「一なるものの法則」のように話していて、あなたに「一なるものの法則」を読むように言っているのなら、彼らが「一なるものの法則」の源であるように思えるのです。
あなたはそれに同意しますか?

Corey: そうです。

David: これで確定したんですね。
彼らが「一なるものの法則」の源なんですね?

Corey:
そこにたどり着くまで時間がかかったけど、そうだね。

David:
「The Law of One」はエドガー・ケイシーのリーディングを本物だと認めていて、その中に入っているんです。
誰でもそれを読むことができる。
ケイシーは第二次世界大戦中、「グラッド・ヘルパーズ」というグループを持っていました。
ケイシーは、第二次世界大戦中に「グラッド・ヘルパーズ」というグループを結成し、リーディングを行いました。

しかし、彼らはそれを理解しませんでした。
40人いればヒトラーを止められる、第二次世界大戦を止められるということを理解していなかったのです。

Corey:
それは、これらの否定的なグループが、私たちの共創的な力を知らぬままにしておくことに成功したからです。

David:
マンデラ・エフェクトの後、このミーティングで彼らはこの共同創造的な力について、あなたに全く話をしなかったのですか?

Corey:
マンデラ・エフェクトの後、私たちは意識の話に移り、このコミュニティーにいる私たちが...
秘密宇宙計画や地球外の人間が私たちと交流していることに注目するのはまったく問題ないことだ、と話しました。

ティア・エールは、この分野で意識とUFOに取り組んでいる私たちは、種をまき、私たちのグループの意識に良い影響を与えることにもっと焦点を当て始めるべきだと伝えました。

そして、私はそれを行うための具体的な方法を与えられませんでした。
なぜなら、私たちは皆、異なる才能、異なる到達点、能力を持っており、一人一人がこの努力において同様に重要であるからです。

今、家でこの番組を見ている人は、自分の人生の中で多くの人と交流を持っています。
そして、もし彼らが1人、2人、3人の共同創造意識に影響を与えることができたなら、それは彼らが全体的に与える大きな影響となるのです。

David:
だから、あなたがここで教えてくれていることは本当に価値のあることだと思います。

私たちは単にこの番組を見ていて、権力者から情報開示を受けることを望んでいるわけではありません。
しかし、私たちは自分が思っているよりもずっと多くの結果をコントロールしているのです。

Corey: その通りです。

David:
これはとても力づけられるメッセージですね。
コーリー、ここにいてくれてありがとう。
そして、見てくれてありがとう。
このチャンネルには、健康、ウェルネス、フィットネスなど、素晴らしいリソースがたくさんありますし、購読者なら何でも利用できます。

ぜひご覧ください。
私はデビッド・ウィルコックです。
コズミック・ディスクロージャーで、また次回お会いしましょう。



このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
2056 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧