クリフォード・ストーンが語るE.T.テクノロジーの可能性─Exploitation of E.T. Technology with Clifford Stones【Season6,Episode6】



原文:Cosmic Disclosure
Exploitation of E.T. Technology with Clifford Stone
翻訳:機械翻訳+


デビッド・ウィルコック:
オーライ!
コズミック・ディスクロージャーにようこそ。
私はホストのデイヴィッド・ウィルコックです。
コリー・グッドと一緒にいます。
今回はクリフォード・ストーン軍曹の
特別調査です。

私は幸運にも
2001年5月のディスクロージャー・プロジェクトの
イベントで彼に会いました。
彼はUFO墜落回収チームのメンバーとして
初めて名乗り出、それまで日の目を見なかった
文書を情報公開法を通じて実際に公開し、
それに手染めて来た人物です。

そこで、これからストーンとのインタビューの
映像をお見せします。
そして、それに対するコメントです。

この最初のラウンドでは 彼が関与した
2つのコードネーム付きの
「機密プログラム」について説明します
クラッシュの回収とそれらのドキュメントの
公開に関与する彼の仕事についてです
それでは、ご覧ください。

【確認作業】
クリフォード・ストーン:
私は、家族に自分の存在を証明するための
書類を探さなければなりませんでした。
彼らはそこにいたのです。
子供たちよりも妻の方が詳しいんです。
でもね、子供たちから批判されるのは、
私がその試合にいなかったからです。
あの試合にはいなかった、
この社交イベントにはいなかった、
こういうことなんです。

それに、私は事務員だったんです。
私は事務員でしたから、
こういうことはできないはずだったんです。
いつも現場に行っているわけではないんです。
何が起こっているのかは知りませんでした。

妻は知っていましたよ。
先ほど言ったように、彼女は最初からそこにいましたから。
しかし、私は当初、自分自身を確認するために、
先に進みたかったのです。
家族に対して、自分自身を確認したかったのです。

でも、除隊したころには、UFOを目撃した人たちに起こっている恐ろしい出来事を目の当たりにしました。
嘲笑された人たちを見ました。
UFOを目撃した人が、馬鹿にされたり、家族を失ったりするのを見ました。

自殺した人も知っています。
仕事を失った人も知っている。
自分が生きている社会から拒絶され、引きこもりになった人たちも知っている。
それは、彼らがたまたま奇妙な出来事に巻き込まれ、それを話すという大きな
間違いを犯したからだ。



少なくとも1973年以降、「嘲笑作戦」と、私は呼んでいます。
これは、UFOに関係するあらゆることを話す人を嘲笑する、政府や世界各国政府による指示的な活動です。

UFOに関係することを話す人は、誰でも馬鹿にされます。
軍隊では、何かイベントがあっても、航空会社のパイロットでも、「話すな」と言われます。
キャリアが台無しになります。
最終的には人生を台無しにすることになります。

だから、こういう出来事があってもいいんだ、という確証を得る必要があったんです。
もし、それを公式に記録することができれば、人々の助けになるはずです。

私が発掘した資料の中で最も素晴らしいものは、「ムーンダスト」と「ブルーフライ」の起源不明の物体に関する確認書だと思いますので、それらをまとめなければなりません。

「ムーンダスト」は、地球大気圏への再突入を免れた米国以外の起源を持つ
物体という、たった2つの項目を対象とした総合的な現場開発プログラムです。
もちろん、これらは情報機関にとって、米国に敵対する可能性のある政府から
その特定の機体に投入された技術の状態を判断するための情報価値を持つものです。

もう一つは、起源が不明な物体です。
UFOは、起源が不明なものの中に含まれます。UFOが該当します。

この文書には、様々な起源が不明の物体を回収した場所が記されています。
アメリカに持ち帰って調べました。

実は、NSAにはフラクトロジー研究室と呼ばれるものがあり、そこで破片を
調べていました。

情報機関とNASAの間で大きな論争がありました。
NASAは、自分たちが完全にコントロールすべきだと考えたからです。

CIAは、NASAがCIAと手を組んで仕事をすることもあるが、NASAは主に科学的な活動をしている、と明確に主張しました。

諜報活動のような秘密作戦は、情報機関の中にあるのです。

ですから、当初はこれらの物体はすべて諜報機関側に行くことになります。
もしNASAが起源不明の物体を入手したら、間違いなく情報機関のさまざまな部署に引き渡さなければなりませんでした。

そして、情報機関ができる限りのことをした後、NASAに引き渡し、NASAはその宇宙船を打ち上げた国の打ち上げ機関に引き渡します。

しかし、ここでもし、もしそれが起源不明の物体で、この世のものではないと判明した場合、NASAは何も取り戻せないでしょう。
しかし、NASAはフラクトロジーの研究室内にあった起源不明のデブリを手に入れました。

1985年、「ムーンダスト」と「ブルーフライ」という名称で、ブルーフライは実際に現地に赴き、秘密裏に回収を行うとともに、カバーストーリーの必要性に備えて現地に待機し、後方の安全地帯に回収し、最終的にアメリカ国内の施設に持ち帰るという役割を担いました。



そこで私は、
「Operation Blue Fly Research Project Report to Congress」と題した178ページの報告書を作成しました。



そして、上院と下院の27人の議員にそれを送りました。




この上院議員は、軍事委員会に参加している他の数人の上院議員にこの話を持ち込んで、実際にいくつかの公聴会を開きました。
ロズウェルで実際に何が起こったのか、大きな疑問が生じたときです。

UFOは選挙で選ばれた人ならあまり関わらない方がいいテーマなので、非公開
で何人かの議員に、「ちょっと待てよ、回収したのか?彼らは回収を行ったのです。
この文書がそれを示しています。
何が起きているのか、本当のところを知る必要がある」と。

要するに、私が94年に書いたレポートが原因で、国家偵察機構が摘発されたという事実があるんです。

暴露しなければならなかった理由は、実に単純です。
高度に洗練された、高度に機密化された有人・無人・無人衛星を使った偵察活動をしているんだ」ということを議会に理解してもらいたかったんです。

有人衛星はないはずなんですが、あるんです。

このような状況ですから、もし地球に落ちてきたら、アメリカの潜在的な敵に捕まる前に、あるいは将来敵に捕まる可能性がある前に、我々がそれを捕らえることが必須となります。
そして、彼らを捕まえて、ここアメリカか安全な避難所に連れていかなければなりません。

だから、彼らはとても控えめに、しかし少なくとも必要な露出は確保した上で、素晴らしい活動について語り始めたのです。

そしてもちろん、私のような小悪魔がやってきて、「NROについて、これ以上何があるんだ?

* * * * * *

デビッド・ウィルコック:わかりました。
これは、私たちが宇宙で話すUFOの話よりも、もう少し地に足の着いたタイプのUFO学ですが、それでもUFOの隠蔽を続けるために行われていることの非常に重要な部分なのです。

この映像の中で、彼はMoon Dustを基本的にアメリカへの脅威を調査する包括的なプログラムとして説明しています。
ブルーフライは実際のチームです。

この種のプログラムでは、どれくらいの普及率があるとお考えですか?
例えば、1年間にどれくらいの回収が行われているのでしょうか?

Corey Goode:
しばらく情報を見ていないので...
現在はわかりませんが、1986年頃以前は、準定期的に行われていました。
1年に4~12回くらいかな。

David:うーん。
まず第一に、ストーンがやっていたようなことをやっている人が大勢いて、それぞれ別の時期に配備されていると感じますか?

Corey:ええ。
彼らは同じグループを配備しようとします。
他の軍隊を派遣してその場所を確保することもありますが、遠く離れた場所に境界線を作って、自分たちが何を確保しているのかがわからないようにします。
そして、奪還を専門とする他のチームを連れてきます。

David:
ストーンの仕事は、もし彼らが墜落しても生きているのなら、その存在と直観的に対話することだとわかっています。
他の映像では、彼はそのことについて非常に動揺していますね。

我々の空域で活動する地球外生命体が、あのようなテレパシー能力を持つのは普通のことなのでしょうか?

Corey:はい、それは実際によくあることで、口頭で伝えるよりもその方がずっと簡単です。
他の星系から来た生物は、私たちを研究して、私たちの言葉のニュアンスをすべて理解した上で、ここにやってきます。

私たちと交流するとき、誤解するのはとても難しいんです。

David: 彼は、UFOについて少しでも話す人を嘲笑するために、ものすごい努力を払っていることを説明しました。
あなたが知っている限り、これはUFO現象が始まった当初から計画されていたプログラムなのですか?

Corey:
政府がUFOを調査していた初期の段階から記録されています。
UFOやその乗員を見たと報告した人を、どんなに専門家であっても、最初から嘲笑したかったことは明らかです。

David:異星人の訪問に対する関心が非常に高かったのに、どうしてこのようなことが成功したのでしょうか?

Corey:
50年代、コンタクティやUFOを見た人にインタビューしているニュース映像を見ると、その撮り方、やり方は・・・
人を馬鹿にしているように見えるんです。
だから、主流派はこのことにあまり興味を示さないのです。

だから、もしその話題が出たとしても、耳を傾けてから、その日一日を過ごすことになるのです。

David:
メディアの分散化が進むにつれて、その状況は大きく変わってきているのではないでしょうか。
確かに、メディアはオピニオン・メーカーであるように見えます。
そして、人々は嘲笑に対して非常に深刻な恐怖心を持っています。

では、この嘲笑への恐怖は、物事を見た多くの人が名乗り出るのを全く止めさせるほど効果的だったと思いますか?

Corey:
そうですね、
何か失うものがある人たちです。
彼が言ったパイロットのように、教育や資格
取得に多くの時間と労力を費やした様々な
専門分野で働いている人たちは、
失うものが多いので、仲間内で静かに話す
ことはあっても、公然と話すことはないでしょう。

David:
アメリカ政府はUFOを常に脅威とみなして
いたと思いますか?
それとも、UFOがまったく無害であることを
認識していながら、軍事的な反応を
選んだと思いますか?

Corey:そうですね、ポジティブな集団訪問であろうとネガティブな集団訪問であろうと、それは問題ではありませんでした。
どちらも現状を脅かす存在であり、それによって彼らは地球を支配することが
できるのです。

だから、これらの存在がどちらの極性であっても、私たちがある方法を信じるようにプログラムされているのです。
それがパラダイムを変えることになり、彼らは支配力を失うことになるのです。

David:
メディアに揶揄され、洗脳された時代に育った人たちは、このことに首を突っ込むとグループから追放されるのではないかという恐怖をまだ持っていますが、若い人たちはもうそういうことがないので、ずっとオープンマインドだという世代間ギャップはある程度感じますか。

Corey:
そう、若い人たちはほとんどの時間をソーシャルメディアに費やしているので、政府から承認されたニュースを配信する主流メディアがないんです。

David:そうですね。

Corey:だから、彼らは以前よりずっと幅広い情報を得ることができるようになった。

David:
あなたがいるテキサス州ダラスではどうかわかりませんが、コーリー、私がUFOの話をしたときに、興味を示さない人に会ったことがありませんよ。
一度も。どんな人であってもです。

何をやっているのかと聞かれます。
実際に問題を抱えた人たちを経験したことはありますか?
私にはとても稀なことに思えるのですが。

Corey:
そうですね、場所にもよると思いますが、ダラス周辺では、宇宙人やUFOの話をすると、人々はユーモアを交えて、横目で見ているような感じで、あなたのことを見ます。
でも、彼らの顔を見ると、もう会話が終わって立ち去ろうとしてるのがわかるんだ。

David:そうなんですか?

Corey:ええ。

David:
こういうプログラムが最終的に崩壊したとき、そういう人たちはどうなると思う?

Corey:
まず、彼らは否定的になって、それから、悲嘆のステップと同じように、受け入れることになるでしょうね。
彼らは自分のパラダイムを変えなければならないのです。
自分の信念体系をすべて持ち、新しい情報と比較しなければならないのです。
それは誰にとっても快適なことではありません。

David:わかりました。
さて、これから紹介するのは、ストーンとのインタビューの一部ですが、彼はベトナム戦争中に起きた、とてもとても興味をそそられる出来事について述べています。
これは非常に奇妙なことで、非常に興味深いものです。

そして、この映像を見た後、この非常に奇妙な話の意味するところを議論する
予定です。
それでは早速、ご覧ください。

* * * * * *

【ベトナムのトンネル】
クリフォード・ストーン:ベトナムに配属されて、結局タイニンに行くことになったんです。
そこに着いたら、また通信、NBC、その他もろもろの部署に戻ることになりました。

私は悪名高く、何度も防衛線の外に出ていました。そんなことしちゃいけないのに。

ある晩、外に出てみたら、ヘリコプターがいたんです。
いつも大佐と呼んでいる人がそこにいて、「どうして遅れたんだ」と言うんです。
待っていたんだぞ」と言うんです。

それで私は、「遅れた?どうして私が出てくるのがわかったんですか?知らなかったんです」と言ったよ。

とにかく、私たちはヘリコプターに乗り込み、離陸しました。
ヌイバ・デンに向かって飛んでいたんです。
そして、3分の2ほど上空に到達したところです。

問題は、昔から言われているように、ヌイバ・デンには頂上があり、その下には基地があることです。
北ベトナム軍と南ベトナム軍は中心部を押さえています。
トンネルやその他もろもろがあることも知っています。

私たちが上陸したとき、そこにはすでに他の軍人がいて、トンネルの上に向かっていました。

敵の研究は....まあ、それが何なのか、私にもわかりますが、黒死病です。
敵は軍事用の生物兵器であるペストを開発していて、それを米軍に使おうとしていたんです。
私たちはその施設を破壊しなければなりませんでした。

だからこのトンネルがある。
誰もトンネルであることを疑わなかった。
V字型であることを誰も疑わなかった。
山の壁に開いたギザギザの穴とは違って、V字型だったんです。



今、上部に岩があったりしていますよね。
底の地面はまったく滑らかでした。

もう一度言いますが、私たちはそれを疑問に思わなかったんです。
「VC(ベトコン)が何かしてくるかもしれない…」と思ったかどうかは分かりませんが、そういうことは考えもしませんでした。
誰も疑問を持たなかったんです。

私たちはトンネルに入り始めました。
トンネルを数百フィート進んだところで、まだ無線で外の人と話すことができます。

さて、ある地点に到達すると、そこはいわば砂上の楼閣のようなもので、こちら側では無線ではっきりと話すことができ、聞くこともできます。
それを越えると、今度はできなくなる。

そこで私たちは先に進んで、そこにラジオを置き、野戦電話312を設置して、そこにラジオ電話のオペレーターを置きました。
彼が外の人たちと連絡を取ることになったんです。

そして、私たちは洞窟の中に入っていきました。
洞窟の中を何百フィート進んだか分かりませんが、ある時点で、312で電話しても通じなくなったんです。動かなくなったんです。
電池に問題があったわけでもなんでもなく、ただ会話を続けることができなかったんです。

私たちは先に進みました。
洞窟の奥へ進んでいく。
近づいてみると、だんだん明るくなってきて、光源がわからなくなってきました。

そして、洞窟の中の大きく開けた場所に足を踏み入れました。
そこに立ち止まると、先に進んで巨大な実験室のようなものを見ることができます。



反対側には巨大な…私はそれを窓と呼んでいます。
その窓の外には、まるで空中を歩いているような部隊が何人か見えました。
そこには地面がありませんから。

夜空も完璧に見えて、何もかもが問題なし。
それで、どうしたんだろうと思ったわけです。

説明するのは難しいんですが、シルエットが見えているわけでもなく、見えているんです。
暗いんだけど、見えているんですね。

で、電話が繋がらなくなってから、伝令兵になった人がいて、その人が無線電話のオペレーターに伝えに行ったんです。
だから、「この人たちにあれをやってくれ」と言うのが、少し遅れたんです。

でも、私たちは彼らを見ることができたので、先に進んで「この人たちは外にいるのか?
そして、この人たちだとわかるように、あることをさせました。

そして、「何かいつもと違うものが見えるか?」と尋ねました。

すると、「いいえ、でもみんな空のほうを見ていますよ」と。

そこで私たちは、「いやいや、空は見るな。地面を見なさい。
地上に何か異常はないか」と。

誰も異常なものを見ていない。
もちろん、地面の方を見れば見えるんですけどね。
私たちは、彼らが私たちの友軍であることが分かるように、特定のことをするように言っています。
私たちはそれを見て、「これはリアルタイムで起きていることだ」と確信しました。

スクリーンに映し出されるわけでもなく、写真に映し出されるわけでもない。



さて、私たちにとって、それは洞窟の中でした。
私たちはこのすべてを目撃していたのです。

洞窟の外側にいた人たちは、何も変わったことはありませんでした。
しかし、私たちは洞窟の外側にいる人たちに、「溝を掘る道具を持って、土を2すくいほど掘ってみてください。
どうなるか見てみよう」と言いました。

洞窟の中を見ると、彼らが塹壕を掘る道具を地面に入れても、まるで透明な空気の中に入っていくような感じでした。
しかし、彼らが溝掘り道具を手に取り、溝掘り道具についた土を投げつけると、空中を飛んでいくのが見えましたが、地面に落ちると、また完全に消えてしまうんです。

それは、とても興味深いことでした。
でも、同時に......なぜそうなるのかの説明もなかったんです。
つまり、私たちはもっともらしい説明を考えようとしたんです。
外側にカメラがあるのでしょうか?

これはスクリーンとは違いました。
これは窓のようなもので、側面全体を覆っていました。
プロジェクション・スクリーンや、今でいう薄型テレビのようなスクリーンではありませんでした。
全くそのようなものではなかったのです。

突然、私たちは再び典型的なグレイを見始めるのです。
というのも、私はいわゆる「典型的な」グレイを、大きな頭、小さくてひょろっとした体、そして大きな目でしか知らないからです。
彼らは何も言いませんでした。

でも、近づいてきて、みんな撃ち始めたんです。
私は「撃つな、撃つな」と言い続けました。
その時にはもう、あそこには私たちだけじゃないと分かっていましたから。

私が「撃ち方止め」と言っても、それは叶いませんでした。
それでどうしたかというと、先に進んで彼らに聞いたり、あるいはまだ聞いていたんですが、突然、白くなって、まるで光があるようになったんです。



でも、まるで牛乳のコップの中にいるような感じでしたね。
しかも、液体でも何でもなかったんです。
呼吸も楽だし、いいことずくめなんですが、顔の前にこうやって手をかざしても、それが見えないんです。
言うなれば、蛍光色の白がみんなを取り囲んでいるような状態だったんです。

そして、まだ銃声が聞こえていたんですが、突然、何かが・・・目がとても痛かったんです。
目をつかもうとして、倒れたのを覚えています。

痛くてたまらなかったのを覚えています。
そして、倒れた後、それが最後の記憶となりました。

そして、「仲間に任せろ」という声と、「いや、仲間に治せるわけがない」と言う声が聞こえたのを覚えています。
「この人の面倒を見なければ、左目を失ってしまう。」という声が聞こえた。

その後、私は目を覚ましました。
私は洞窟の外にいたのです。
そして隊長、つまり私がいつも少佐とか大佐と呼んでいた人を見上げて、「私はどうやってここから出てきたんだろう?
どうやってここから出てきたんだ?

すると彼は、「さあ、わからないよ」と言いました。
「ある瞬間、あなたはそこにいなかったのに、突然そこに現れたのです」と言われました。

「その目はどうした?」と 聞かれたよ

「わからない」と答えたよ

彼らは…衛生兵は治療済みだと言ったが、パッチを貼ったのは我々の仲間だった。
1週間以上、それをつけていました。

公式には、私の目にスプレーを吹き付ける虫がいて、それを吹き付けたら目の角膜に当たって、ずっと切れてしまったという話でした。

今だから言いますが、熱帯でもどこでも、そんなことをする虫はいません。
私は他の人と話し、「どのような種類の虫がそんな事をするのか」と尋ねました。

専門家にも、そんなことをする虫はいないと言われたことがあります。

でも、私には何の問題もありませんでした。
私は老眼鏡をかけていますが、視力には全く問題がありません。

* * * * * *

David:わかりました。
ストーンのようなケースでは、実際に生涯を通じて地球外生命体とのコンタクトを取り続ける人がここにいるようです。
このような奇妙な出来事を、何らかの大きな理由のために生涯にわたって受け続けている人たちがいると思いますか?

Corey:もちろんです。
軍の情報機関は、誰がこのような体験をしているのかを知っています。
彼らは彼らを監視しています。

David:
彼らはどうやって知っているのですか?

Corey:
そうですね、彼らは飛び回っているさまざまな機体をすべて追跡しています。
もし、ある地域に探査機が来ていたら、情報収集のためにその人々を再拉致して、何が起こったのかを調べます。

ですから、多くの人々が体験しているのです。
多くの人は覚えていないのですが、彼らは見ています。

David:
では、グレイのようなグループがベトナムの奇妙な洞窟の中に大きな実験室を持っていることの最終目的は何だと思いますか?
彼らはそこで何をしているのでしょうか?

Corey:
そう、彼らは明らかに現地の人々を調査しているか、あるいは隠しておきたい何らかの科学を行っています。
だから、それを隠すのに最適なのが、あの洞窟の中なんです。

しかし、そこは紛争地帯の真ん中です。
地球外生命体のグループがこの研究所で何をしていたのか、どんな種類の研究所なのか、その地域で何が起きていたのかを知ることができれば、とても素晴らしいことだと思うのです。

David:彼らが戦争に関心を持っていて、何か特定の目的のために戦争を監視したいと思っている可能性はあると考えますか?

Corey:ええ、もちろん。
戦争を監視している地球外生命体は何種類もいます。
しかし、多くの場合、彼らは資産、人的資産、誘拐した人や接触した人を持っていて、その資産を安全に保管します。
そして、紛争中に彼らを追跡し、監視するのです。

David:
地球外生命体が持っている基地で、ちょっと異常なほど完璧な外観の洞窟とか
に入っていくことはよくあることだと思う?

Corey:
おそらく、洞窟の口はホログラムか何かで隠されているのでしょう。
ハニートラップでもない限り、人目を引くような、大きくて開いた、奇妙な形の入り口を持つのはとても珍しいことだと思います。

David:そうですね。
だから、ストーンがそこにいることを知っていて、彼がその洞窟に入るようにホログラムを消したとか、そういうことかもしれないですね。

Corey:可能性はありますね。

David:土をガラスに見立てて、まるで土がないかのように見ることができるのは、どんな技術なのでしょう?

Corey:
さまざまな画像処理技術があります。
その気になれば、自分たちの惑星を窓から覗き込むことだってできるかもしれません。
私たちにとって、それは魔法です。

David:そうですね、土はある程度コントロールされていたようです。
土を掘るときに、目に見える形で出てきたと言いますから。
そして、土を投げつけると、それが見えるようになりました。
でも、地面に落ちたとたんに、また見えなくなった。

Corey:そうですね。

David:土の物質状態に何か手を加えて、地面に落ちている間は見えないようにすることはできないのでしょうか?

Corey:
そうですね、彼らは物質に影響を与えているわけではありません。
このテクノロジーはフィルターのようなものです。
テクノロジーに送られる土壌などの情報をフィルタリングしているんです。

David:
「巨大な研究室を見た」と言ったとき、その研究室がどのようなものであるかについては詳しく述べられていませんでした。
でも、もしこれがグレイタイプの地球外生命体が運営する研究所だとしたら、彼は地球上の普通の研究所とはかなり異なる外観のものを見たのでしょうか?

Corey:
人間が運営する地球上の研究所でないことはすぐにわかるでしょう。
それに、洞窟の中をある程度進んだところで、一種の減衰フィールドにぶつかって、無線機や携帯電話が使えなくなったことも覚えていますね。

David:そうですね。
それはある種の電磁波スクランブル効果なんでしょうか?

Corey:
ええ、私はそれを「減衰フィールド」と呼んでいて、あらゆる種類の電波やそのようなものが浸透するのを防いでいると聞いたことがあります。

David:
では、彼と仲間の兵士たちが、1フィート(30cm)も見通せないようなマシュマロ型の蛍光エネルギーに囲まれたとき、何が起きていたと思いますか?
そこで何が起こっていたと思いますか?

Corey:防御技術でした。
似たようなことで、人がクラフトやいるべきでない場所に行くと、大きな閃光が続いて…
閃光よりも長く続くという話を聞いたことがあります。
それはまるで…留まるようです。
それが続いている

そして、彼はそこからテレポートしたように聞こえました。

David:
これはグレイが自分の意識でできることなのでしょうか?
それとも、そのような使い方をしなければならない技術を持っているのでしょうか?

Corey:
そう、彼らは武器を持たずに自分の身を守れるというレポートを読んだことがあります。
だから、これは技術的に彼らに植え付けられたものか、あるいは彼らの意識を通してのものかのどちらかだと思います。

David:
彼らには善意があるように見えます。
彼らは彼の目を気にしていました。
では、彼らはどのような技術で彼の目を治したのでしょうか?
彼は銃弾か何かに撃たれたような気がするのですが?
よくわからないんです。

Corey:そうです。
スマートグラスのパッドで読んだところでは、人体は非常に簡単に操作・修復できるそうです。
だから、組織再生、神経再生、何らかの技術を持っているはずなんだ。

David:
虫が目に当たったなんて馬鹿げた話は…
軍隊がこういうことに直面したときによくあることなんでしょうか?

Corey: ああ、そうです。
足首をひねったり、どんなタイプの怪我でも、いろんな説明、「公式な説明」をするんです。

David:
ストーンのような人がこのような体験をした場合、先ほど、人は生涯を通じてこのような体験をし、監視されるという話をしましたが、地球外生命体はこのような施設を見つけることができる人をコントロールする能力を持っているのでしょうか?

つまり、これを見ることが許されたのは、ある人だからなのか?
それとも、普通の人がランダムにこのようなものを見つけて、つまずくようなケースもあるのでしょうか?

Corey:
このようなものに偶然出くわす人は、非常に稀だと思います。
しかも、彼が到着したときには、すでに発見されていた。
だから、彼はすでに何かが見つかっている状況まで来ていて、後から送り込んだというわけです。

David:そうです。

Corey:前にも言いましたが、おそらく発見される前に、入り口を何かで覆っていたか…
入り口を何かで覆っていて、その技術が失敗したか、何かの目的でスイッチが切られたか、どちらかでしょうね。

David:
グレイズが姿を現したとき、すでに彼らがそこにいることを知っていたと思いますか?

Corey:はい。
おそらく何らかの警報が鳴ったから来たのでしょう。

David:
グレイズは人間の機関銃のような砲撃を阻止する能力に十分な自信を持っていて、彼らが完全武装していて、見ているものにショックを受けるかもしれないのに、そのまま歩いて行けると思いますか?

Corey:はい。彼らは銃声の中を歩いたり、自分たちに向かって撃ってくる人たちに向かって歩いたりしますよ。

David:じゃあ、彼らにとっては何の脅威にもならないんですね。

Corey:
適切な技術があれば、何の脅威もありません。
グレイを含む非英語圏の人々が軍に撃たれた例はたくさんあります。

David:ああ、あるんですか?

Corey:そうです。

David:
じゃあ、彼らが使っているのはある種の技術なんですか?

Corey:
おそらくテクノロジーか意識、もしくはその両方が混ざったものでしょう。

David:
これを聞いていて思い出したんだけど、とても不思議なことに、私の知り合いで、カバルのトップ90人のうちの一人と接触したことがある人がいたんだ。

彼は、発見されたさまざまな地球外生命体のテクノロジーについて説明を受けました。
ある川(ワシントンDC周辺のポトマック川だと思います)について説明し、その中で非常に金属的な卵が発見されたと言いました。
それは砂の奥深くにありました。

その卵は砂の奥深くにあり、長い間開けることができませんでしたが、見た目はとてもエキゾチックでした。

結局、犬笛を吹けば開くことがわかったんです。
すると、このように「プスッ」と音がして、パカッと開いたんです。

その中に入っていたのは、その川で起こった主要な出来事の実際のポラロイドタイプの写真の数々で、船の進入を阻止するために川に鎖が引かれた軍事封鎖の様子も写っていました。

これは、ある種の地球外生命体が、私たちの戦争や歴史を観察し、何がいつ
行われたかを見ることに非常に熱心であることを示唆しているような、小さな
ドローン装置のようなものです。

Corey:
そう、そして、映画「They Live」のように、肉眼では見えない状況で人々を観察して回る小型のドローンがあります。
彼が見上げるとドローンが飛んでいるのが見えるでしょ、ああいう技術は地球人ではない人たちが使っているんです。

David:
さて、これは本当に魅力的な調査でした。
ストーンは最も印象的な内部告発者の1人です。
なぜなら彼はロズウェルのような墜落物回収の観点から私たちに迫っており、そこにいて何度もそれを行っているからです。

これは魅力的な調査です。
こちらは「コズミック・ディスクロージャー」です。
ホストのデビッド・ウィルコックです。
コリー・グッドと特別ゲストのクリフォード・ストーン軍曹とお送りしました。

436 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧