コズミックディスクロージャー Season6,Episode3「古代のセンチネルとの出会い」



原文:Cosmic Disclosure
Encounters with Ancient Sentinels
翻訳:機械翻訳+


David Wilcock:
「コズミック・ディスクロージャー」にようこそ
私はホストのデイヴィッド・ウィルコックです。
コリー・グッドと一緒にお送りします。
コリー、ようこそ。

Corey Goode: ありがとうございます。

David: この大きな物語は次に
どうなるのでしょうか?

Corey:
さて、次はいよいよ金星への旅を再開します。
以前にも行ったのですが、金星を訪れていた
他のグループと日程が合わず、
旅を完了することが出来ませんでした。



David:そうですね、
対決のようなものもありますよね?
金星の周りを周回している船があるんですが、
彼らはあなたにこれ以上近づいて
欲しくないという感じで、ほとんど軍事的な
にらみ合いか何かのようでしたね。



Corey:
まあ、私たちを妨害するものはありましたが、
カーリーと彼らの間で通信が行われて
いたのでしょう。

彼女は黙ってそこに座っていて、それから、
私たちは戻る必要があると言いました。

David:
更新情報
[Corey Goode Intel Update
Part 2]で、8月3日[2016]に
準備をするように言われたとありましたが、
これはその準備をするためのようなもの
だったのですね。

Corey:そうですね。

David:では、
どのように準備をしたのですか?

Corey:
ゴンザレスが追い返されたので、瞑想して
正しい精神状態になるように頑張って
いました。

David:
じゃあ、カーリーはこの旅の準備について
何か具体的な指示をしたんですか?

Corey: いいえ、彼女はただ、
これから起きることだから、心の準備を
しなさいと言っただけです。

David:
あなたはゴンザレスが連れ去られたことを
知っていたんですね。
その時センチネルはゴンザレスが中に
入れない理由について何と言ったんですか?

Corey:彼に謙虚さが欠けていると。

David:謙虚さに欠ける?

Corey:[うなずく。]

David:
実際に金星に行く機会があったのは
いつですか?それはいつですか?

Corey: 1週間後です。
ベッドで横になっていたら、最初に
アンシャールの基地に転送されたときと
同じように、明るい閃光が走りました。
閃光の後、目が覚めると、私はカーリーと
他の二人のアンシャールの隣に立って
いました。

David:この時点では、
まだインナーアースにいるんですね。

Corey:そうです。

David:そうですか。

Corey: それで中に案内されました。
私たちはアンシャール・バスの一つ、
青い座席のバスの中に入りました。
そして、青い渦巻く光が、このように私たちの
頭上に長く開きました。
私たちはその中をまっすぐ登っていきました。
そして、それを通り抜けると、今度は海の
上に出て、下にも青い光が渦を巻いて
いました。



David:面白いですね。

Corey:
機体は縦に進んではいませんでした。
機首が上を向いていて、横向きで、水平で、
地面と平行なんです。
大気圏に突入したり離脱したりするために
許可されたこの小さな領域を通って、
空中にまっすぐ発射され、宇宙に出て
行きました。

David: へえ。

Corey:
出発してからは何事もなく終わりました。
あの時みたいに、行き来に問題は
なかったです。

David:
つまり、誰も撃ってこなかったんですね。
ハハ、ハ、ハ。

Corey:そうです。
でもそれは南極で起こっている紛争の
真っ最中だったんですよね。

David: そうです。

Corey:そして今回、
彼女は私たちを金星に連れて行ってくれました。
金星に連れて行ってくれたんです。
今回は10分くらいで行けた。
前回よりずっと早かったです。

David: へえ。

Corey:
そして、前とほぼ同じ位置で止まって
そこでちょっと小休止して、彼女は心の中で
何かしているようにそこに座っていました。
そして、彼女は言いました、
「よし、私たちはクリアだ。準備はいい?」
と言うので、私は「ええ、準備は万端です」
と答えました。

David:その時、
大気圏内に何か宇宙船はありましたか?

Corey:いいえ。
ただ、アンシャール・テクノロジーに表示
されていたのは、金星の大気圏のはるか
遠くにある小惑星とその破片のようで、
金星の重力場に巻き込まれたようでした。

David:面白いですね。なるほど。

Corey:それで、
私が準備ができたと示すと、私たちは
超高速で金星に向かい、厚い雲を突き
破っていきました。
あまりの速さに、黄色い色をほとんど感じ
られませんでした。

そして、地上約1,000フィート(約305
メートル)の高さで停止し、周りを見渡すと、
地球で見るような、たくさんの風雨に
浸食されたような地形が見えました。
まるで地球で見るような、風雨に浸食
された地形が広がっていたのです。
それはまるで、知的な手によって彫られた
ように見えました。

そう思っていたら、突然、南極の偵察飛行
のときと同じように、天井と床が透明に
なりました。

David:なるほど。

Corey: そして、下を見ると、
このクレーターの中に大きな、巨大な、
H型の建物が鎮座しているのが
見えたんです。

David:うーん。

Corey:私たちはその近くにいたので、
横切る線があるのが見えたんです。



David:ふむ。

Corey:それで、
私たちはそこに座っていたんですが、底の
ほうに、テクノロジーによるもののような
閃光が見えたんです。
それが起きると、私たちはものすごい勢い
で下に降りていきました。



David: 加速を感じますか?

Corey: いいえ。
慣性を感じることはできませんでしたが、
私の心がいたずらをしていたのでしょう、
お腹に落ちる感覚を覚えました。

David:ふーん。

Corey:でも、慣性を感じなかったんです。
2つのビルはつながっていませんでした。
比較できるものがないんです。

David:つまり、
これらの建物は巨大な大きさだということ
ですね。

Corey:ええ、
どんなものよりも大きいです・・・人工的な
ものでは比べようがないですね。

David:高さは何キロもあるんですか?

Corey:マイルです。

David:そうなの?

Corey:でかかったんですよ。

David:彫刻のような外見でしたか?
何かで作られたような・・・。

Corey:平らです。

David:平らで、
鋭角的な構造だったんですね。

Corey:そうです。そうですね。

David:
どれぐらいきれいに仕上がっていましたか?
壊れて劣化しているように見えましたか?

Corey:ええ、古く見えました。

David:そうですか。すごいな。

Corey:風化していますね。
私たちはフラッシュが見える下まで撮影
したんですが、見上げると建物の上部が
ほとんど見えなかったんです。

David:すごい!

Corey:巨大でしたよ。
私たちは底にある洞窟の中を飛行し、
ゴンザレスが以前行った場所に降り立ち
ました。
そこはあまり広くはない洞窟のような場所
でした。壁がキラキラと輝いていて、
まるで水晶のようでした。



David: ふむ。

Corey:
そして、その両側にオベリスクに似たものが
2つありました・・・そう、ここにドアがあって、
洞窟の大きな部分に入る大きなドアが
あったんです。
アンシャールの船はそこに停まりました。
それから、ドアの入り口の両側にオベリスク
のようなものがありましたが、正確には
入り口のそばではありませんでした。

そして、それらにはHsが描かれていて、
トーテムポールのように上に向かって
上がっていくような形をしていました。
そしてそれはどんどん小さくなっていきました。



David:OK、了解です。

Corey:
それで、一度周りを見渡して、それに
気づいて、開口部から見ていたんですが、
これから行く予定の構造物の小さな部分
が一つ見えていました。
それは着色されたガラスのように見えました。



David:
あなたが見たオベリスクもガラスのようなもの
だったのですか?

Corey:石です。

David:石ですか。そうですか。

Corey: それに、もっと新しそうでした。
あまり古くは見えなかったけど、保護されて
いたからかもしれません。

David:
「H」は石の中に彫られたんですか?
それともエンボス加工されて出てきたもの?

Corey:彫ってありますよ。

David:なるほど。

Corey:それから、何の前触れもなく、
高さ1.5メートルの白いものが現れた。



そして、白いプラスチックのような服を
着ています。

David: すごい!

Corey: ええ。
鼻梁が下がっていて、それからちょっと上を
向いているように見えたんです。
鼻の一部が下を向いていて、ここ(鼻先)
が上を向いているんです。

とても奇妙な形をしていますね。



David:黒い目というのは、
白目があったのか、それとも真っ黒だったのか、
ということですか?虹彩は黒かった?

Corey:虹彩。

David:黒かった。

Corey:そう。

David:じゃあ、鼻も変わってるんだ。

Corey: そうです。
骨格は彫りが深く、頬は直線的で、髪は
白髪か、髪に見えるものです。



それが現れたとき、私は少しショックを
受けたのですが、それはコミュニケーションを
とらなかったのです。
それはただ私たちを見て、それから頭をこう
やって動かして(コリーはグループに左に
ついてくるように合図するように頭を動かし
ます)、ターンして通路を通りました。

David:これが生きているもの、
あるいはある種のバイオホログラムか何か
だと感じましたか?

Corey:ある種の知的なホログラムの
ように思えました。

David:じゃあ、それは頭を回転させて、
あなたをどこに連れて行くんですか?

Corey:もっと大きな洞窟で、
この構造物の一部しか見えませんでした。

David:じゃあ、
今その構造物を見ているとき、実際には
何が見えているんですか?

Corey:そう、私が歩いているうちに、
構造物が大きくなっているように見えるんです。
コーナーがお互いにカーブしているんです。

David:凹んでいたんですね。

Corey: そうです。
それぞれの点、それぞれカーブして曲がって
下がっていく部分がありました。
約300フィート(約91.5m)もありましたよ。
本当に高い。



David:それで、
ピラミッドのようだと言ったのですか?

Corey:そうです。
ピラミッドと塔のようなものでした。
エッフェル塔みたいだけど、ピラミッドみたいな
形だったんだ。

David:もっとこう、
急な斜面の角度で、ロシアのピラミッド
みたいな感じですね。

Corey:そうです。
高さは1,000フィート(約305メートル)
以上ありましたよ。

David:すごい

Corey:
洞窟の上まで続いていたんですよ。

David:その保存状態はどうでしたか?
すごく古くて、傷んでいるように見えましたか?

Corey:新品でしたよ。
新品です。

David:新品ですね。

Corey:ええ。

David:
それがあった部屋は石壁だったんですか?

Corey:そうです。巨大な洞窟でした。

David:わあ、そうなんだ。
じゃあ、きっとすごいものを見たんだね。
今まで見たこともないようなものでしょう?

Corey:
後ろに倒れそうになりましたよ。
中に入って、上を見上げていたら、
後ろに倒れそうになりましたよ。

David:すごい

Corey:
アンシャールがセンチネルと呼んでいる
この存在を追って、アーチを描いている
角の一つに入りました。

David:なるほど。

Corey:私たちは少し歩いて、
それからみんなで振り返って、
角の壁を見たんです。

David:そうですか。

Corey:
そこに、ゴンザレスが言っていた大きな
シンボルがありました。
Eを逆さにしたような、下の方が平らになって
いるGのようなものでした。



そして、他の3つの角には、よくわからない
シンボルが描かれています。

そして突然、色ガラスが透明になり、別の
種類のシンボルが現れ始め、それらが
動き出しました。
そして、そのシンボルが動き始めたんです。
あらゆる方向に動き回る。

そして、スペクトルのあらゆる色が点滅して
いるようでした。




David:すごい!

Corey:それに、音も聞こえてきたんです。
オクターブの音階に沿った、あらゆる音が。

私は、「よし」と思いました。
カーリーのほうを見たら、彼女は細い小指
を立てて、「見てて」と言ったんです。

David:
まるで他の人のメールを読んでいるみたい
ですね。ハ、ハ。

Corey:ああ、
どうなっているのかわからなかったよ。

David:はは、はは、そうだね。

Corey:それで、私は見ていて、
このすべてが起こっていて、彼女に質問し
始めたら、彼女は「ただ見ていなさい。
よく見てて!」みたいな。

David:ふーん。

Corey:
それで私は注意して見ていたんですが、
このセンチネルは私とコミュニケーションを
とっていて、それはホワイト・ドラコの事件
よりも強力でした。



同時に全身のコミュニケーションを感じる
ことができたんです。

David:すごい

Corey:
そして、単純に、「あなたが誰で、今誰で、
これから誰になるのか知りたくありませんか?」
と聞いてきたんです。
という質問をされたことがあります。

David: ははは。
ゴンザレスも同じ質問をされて、「はい」と
答えたそうですね。

Corey: そうです。
でも、私は「ノー」と答えざるを得ません
でした。
そしたら目の端に動きがあって、カーリーが
こうなって(コーリーは両手で自分の体を包む)、
下を向いて満面の笑みを浮かべたんです。
彼女は驚いていませんでしたよ。

David:なぜ、
この質問に対して「Yes」と答えてはいけ
ないと、そこまで強く感じるのでしょうか?

Corey:説明されたときに感じたのは、
それが私のすべての人間関係のあり方を
変えてしまうということです。
私はただ...子どもや家族のことを
考えただけです。

David:では、
もしあなたがこのようなダウンロードをした
場合、このリコールを受けた場合、なぜ
それがあなたの家族や子供にとって悪い
ことなのでしょう?

Corey: わからない。
ただ、そう感じただけなんだ。

David:じゃあ、あなたはただ、
自分が根本的に変わってしまうかもしれない
ことに対して、ある種の不安を持っているの
かもしれないね。

Corey:あるいは、
意識的には知らないけれど、心の底では
何か知っているのかもしれませんね。

David:じゃあ、
「いいえ」と言った後に何が起こるか見て
いきましょう。

Corey:存在が消えて、
すべてのシンボルが止まっていました。
そして、残ったのは前に説明したシンボル
だけでした。

David:EとGが下にある、
逆向きのEはどれだった?

Corey: そうです。
記号があちこちに飛んでいる間、私が
カーリーにした質問のひとつは、
「これは数学ですか?」でした。

彼女は私にもう一度見るように言う前に、
「これは古代人の数学的言語よ」と
言ったんです。

David:ふーん。

Corey:そして、それは終わったんです。
その人は何も言わずにいなくなりました。
そして、構造体がまた色づきました。

それで、私たちは外に出ようとしたんですが、
私はカーリーに「今、何が起きたんだ?」と
「これで終わり?」と思ったんです。

古代ビルダー民族の遺跡を見学するような
大きなツアーを期待していたんですが...。

David:確かに。

Corey:...がっかりした。
がっかりしました。
そして彼女は、その情報は私に伝わり、
私からも受け取ったと言いました。

David:多分、あなたが見たものは、
古いダイヤルアップモデムで電話をかける
ような、「イーッ」みたいなものだったんで
しょうね。
でも、あなたが見ていたものは、もしかしたら
解決策ではないかもしれません。
単なるコードか何かだったのです。

Corey:そう、何を教わったにせよ、
私のハードディスクに巨大なZIPファイルが
置かれ、それが容量を圧迫しているのを
感じました。
でも、私はその情報にアクセスできな
かったんです。

私は彼女に「こんなの意味がない」と
言いました。
こんな情報を持っていて、なぜアクセス
できないんだ」と言いました。

すると彼女は、「近い将来、意味を成す
ようになるでしょう」と言ったんです。

David:その答えのいくつかは、
もしかしたら、あなたが誰で、今誰で、
これから誰になるかということも、この中に
含まれていると思いますか?

Corey:私が感じたのは、
もしその質問に「はい」と答えていたら、
おそらくその時にアクセスできていただろう、
ということです。

David:そうですか。

Corey:それで、
私たちはアンシャール・クラフトに戻りました。
二人のパイロットは機体の中に戻って
いました。
彼らは私たちと一緒に出てきて、洞窟の
ドアの前に立っていました。

私たちが戻ってきたとき、彼らはすでに
機体の中で準備を整えていました。

David:彼らは全員、最初のときと同じ
儀式用のローブを着ていたのですか?

Corey:いいえ、
青いジャンプスーツを着ていましたよ。

David:そうですか。

David:彼女は、
これから土星ステーションに行くと言いましたね。

David:そう。

Corey: それで、
私たちはアンシャール船に乗り込んで、
来た道を猛スピードで飛び立ちました。
しばらくして止まって、銀貨くらいの大きさの
土星が見えました。

その周りには白い点のようなものが
見えました。
それが何であるかはわかりませんでした。
たぶん月か何かだと思います。

David: なるほど。

Corey:私たちはそこに座っていて、
しばらく間をおいてから、ちょうど木星の
そばにあったような、超連邦の会合に行く
ために移動する時間異常空間のひとつに
向かったんです。

David:そうですか。

Corey:...そこでは、
入って出てくるまで同じ道を通らなければ
なりませんでした。
私たちはこの時間の泡の中に入って、また、
すべての星が、すべてが消えます。
真っ暗になります。
私たちが見ることができるのは、このくらいの
大きさのステーションだけです。
こちら側は丸みを帯びていて、長くて、
端のほうにはこんなものがあり、長い部分
にはスーパー艦隊の船がすべて停泊します。
そして、中に入って、より大きな丸いエリア
に入って、会議を行うのです。



そうですね、工作物が全然ないんですよ。
荒涼とした印象でした。

David: しかし、
これは超連邦の会議場とどれくらい似て
いましたか?

Corey:まったく同じです。

David:そうなんですか?

Corey:そっくりです。

David:でも誰もいない。

Corey:誰もいないよ。

David:
あなたの船は生命反応か何かを確認
できたんですか?

Corey:はい。何もなかったです。

David:そうですか。



Corey:
それで、ドッキングして外に出て、廊下を
歩きました。
天井は高く、壁はやや狭いのですが、
天井は高いのです。

David:そうですね。

Corey:
それで私たちは長い廊下を歩きました。
もう一つのステーション、木星のステーションに
ある大きな装飾のある玄関と全く同じように、
私たちは玄関に出ました。
そして、そこには誰もいませんでした。

こういう場所で完全に寂れているのを
見るのは初めてです。

David: 面白いですね。

Corey:
私たちはメイン廊下に入りましたが、
そこには人が座る馬蹄形のエリアはすべて
ありませんでした。
ただ、オープンフロアになっていました。

David:ふーん。

Corey:で、中に入ると、
また歩哨が現れるんです。

David:前と同じ人?

Corey:まったく同じに見えましたよ。

David:すごい

Corey:それで何も言わなくても、
僕の心の中に入ってきて、すぐにいろんな
シーンを見せてくれるようになったんです。
映画のクリップを見るような感じです。
でも、中には1秒にも満たないようなものも
ありました。
4、5秒のものもありました。

でも、「フフフフフフフフフフフフフフフフフフフ」
っていう感じで、狂ったように飛び回って
いたんです。

David:具体的にはどんなシーン?

Corey:そう、自分の人生を見て、
子供の頃の一番古いところまでさかのぼって
自分の記憶を見始めたんです。

David:じゃあ、今いるところから始まって、
逆算していくんですか?

Corey:そうです。そうです。
子供のころに使っていた古い青いロッキング
チェアに座っている父さんを見たんだ。
それが頭にこびりついています。
でも、あっという間だったんです。

David:これらの出来事は、
あなたにとって感情的な重要性や痛烈さを
持つように感じましたか?
何か重要な意味があったんですか?

Corey:いいえ。

David:ただ、あっという間だったんですね。

Corey:ええ。
私はただ、ストロボが光っているようなもの
でした。
あちこちで1つ、2つと選んでいたんです。

それから、私の記憶ではない、過去の
思い出のシーンが流れ始めました。
それはとても地味なものでしたが、親しみ
のあるものでした。

David:
中世の建物のようなものに気づいたり
しましたか?

Corey:いいえ、建物の中です。
建物の中とか、住居の中とか、人を見たり、
フラッシュを浴びたり。
手に取って細部まで見るようなものでは
ありませんでした。

David:ふむ。

Corey:それが終わると、宇宙空間で、
月くらいの大きさの巨大な物理的な球体が、
巨大な電気のボルトを放出して、太陽系に
入ってくる大きな船を破壊したり、技術的な
外観を持つ他の巨大な球体を破壊したり
している荒々しい宇宙の光景を見るように
なりました。

このような異なるシーンが何百も流れて
いたんです。

David:そうですか。
ちょっと立ち止まってみましょう。
ガイアの「ディープ・スペース」の第2話では、
太陽系の謎について話していて、イアペトゥス
(土星の衛星)にも触れているんですが、
イアペトゥスには非常に大きな隆起がある
というんです。
イアペトゥスには奇妙な幾何学的特徴が
あり、誰かがある種の兵器プラットフォーム
としてそれを作ったのではないかという
考えがあります。




ここで見ていたのは、そういうことですか?

Corey:そうです。
でも、あまりに速いスピードだったので、
細かいディテールにまで目が行き届かな
かったんです。

David:では、
それらは兵器である月だったのですね?

Corey:そうです。

David:すごい

Corey:それで...

David:で、あなたは今、
侵略を試みるような様々なシーンをたくさん
見たと言いましたね。

Corey:ええ!そうです。そうですね。

David:
月は月みたいなものに向かって撃って
いたんですか?

Corey:いえ、それは巨大な球体で、
技術的な、宇宙船みたいなものでした。

David:ああ!?そうなんだ。すごい

Corey:でも、すごく大きかったですよ。

David:それはすごいね。

Corey:でも、機能しているのを見て、
とても動揺しました。
不安を感じていました。

David: ああ。

Corey:心拍がすごく速かった。
これが起きている間、私は・・・呼吸が
どんどん早くなっていました。

David:でも、
ちょっと立ち止まってみましょう。
これは本当に重要なポイントだと思うん
ですが、昔あなたが言った、古代ビルダー
種族は、誰も入ってきて侵略できないように、
私たちの地元の星団全体の周りに統一
した保護グリッドを形成するためにこれらを
構築したらしいですね?

【画像20】

Corey:そうです。

David:それに、
すぐ近くに巨大なポータルがあって、そこから
他の銀河に行くことができると言っていまし
たが、それも侵略のルートになりえます。
つまり、私たちは城の跳ね橋の正面玄関
にいるので、実は侵略に対してとても脆弱
なんです。

Corey:そうですね。
そのようなことが起こっていたようです。

David:じゃあ、
これらの侵略はすべて撃退されたんだ・・・。

Corey:そうです。

David:
この月にある知的な技術によって。

Corey:そうです。

David:すごい。すごいですね。

Corey:次に起こった2つのシーンは・・・
私は非常に動揺しました。
火星が見えて、雲があり、海があり、大きな、
たぶん島のような大陸が上部のあちこちに
ありました。
緑色も見えました。

David:地球に似ているのに、
どうして火星だとわかったのですか?

Corey:ただ、そう思っただけです。

David:そうか。

Corey:そう。

David:OK、わかりました。

Corey:それから、火星を見て、
このような球体が通り過ぎていくのを見ました。

David:おお、すごい!

Corey:そして、
水はすべて水蒸気に変わり、火星の表面
から、大気から、そして惑星から吹き飛ば
された瓦礫がすべてありました。

そして、その破片の一部が赤熱して、
火星に落下してきたのです。

David:そうすると、
おそらく何十億人もの人々がこの現象で
死んでいくのが見えるわけですね?

Corey:ええ、とても動揺しましたよ。

David:参ったなあ。

Corey:そして、ある地域がありました。
ボルト(出逢うアウターの攻撃による電圧)
が大気圏に突入した地域だったと思います。
大気圏から蒸気が出てきて、宇宙で氷の
粉のように固まったんです。
まるで宇宙の氷の粉のように。

David:あなたは以前、
この番組や私との個人的な話し合いで、
スーパーアースがあった、あるいはブリリアント・
ペブルズのおかげでスーパーアースがあった
ことが分かったと推測していますね?

Corey:
ゴンザレスが話したところによると、スーパー
アースは兵器化された月の一つによって
爆破されたようです。

David:
スーパーアースがこの災害に関わっている
という証拠はありましたか?

Corey:スーパーアースは、
なぜか私に見せてくれたどのシーンにも
出てきませんでした。
スーパーアースを見たわけではありません。
惑星が破壊される様子も見えませんでした。

そのシーンを見た後、もう一度火星を見た
のですが、より現在の火星に近い姿をして
いました。
そして、火星の表面に閃光が走り、それから
背の高い、きのこ雲のようなものが見えました。

David:おお、これは!?

Corey:...てっぺんに小さな小さな
キノコの球根があって、その周りに大きな
輪があったんです。

David:煙の輪っかってこと?

Corey:煙のような...そう、煙のような...。

David:なるほど。

Corey:...そこから出てる...。

David:うわー!?

Corey:...そして、
これらの大きな楕円形の、楕円形をつぶした
ような形の船は、あらゆる方向に去って
いきました。
そのうちのいくつかは、地球に向かっていました。
あるものは、太陽系外に向かっていました。

このとき、私の心臓は非常に激しく鼓動
していました。
過呼吸になりかけていたので、シーンは
すぐに止まり[コーリーが指を鳴らす]。
そしてセンチネルは姿を消しました。

私はカーリーを見ましたが、彼女は少し
心配そうに私を見ていました。
そして彼女は私に、少し時間が必要ですか、
大丈夫ですかと尋ねたのです。

David:彼女はあなたが知覚したことを
知覚できたんですか?

Corey:わからないです。

David:そうですか。

Corey:わからない。

David:前回、私たちはスーパーアース
がどのように破壊されたかを推測しましたが、
あなたがゴンザレスに尋ねたとき、彼の最良
の推測は、兵器化した月のひとつに衝突
したことだったようですね。

スーパーアースと火星が同じ戦争中に
兵器化された月によって攻撃され、その
2つが同時に起こったとお考えですか?
過去には、この2つの出来事が同時に
起こったという情報があったようですが。

Corey:
それは私が受け取った情報ですが、
前述の通り、スーパーアースはシナリオの
中に全く入っていませんでした。
火星が中心になっているようでした。

David:スーパーアースは破壊されたが、
火星は私たちが考えていたような大災害
で破壊されなかったという可能性もある
わけですね。

Corey:そうです。

David:なるほど。
私たちはそこで何が起きたのか、十分な
情報を持っていないんです。

Corey:実際の文脈や直線的な発生は
ありませんでした。
ただ閃光が走っただけです。

David:そうですか。

Corey:だから、その場所を特定すること
ができなかったんです。

David:そうですか。

Corey:
だから私はかなり動揺していました。

David:そうですか。そうですね。
それなら納得です。

Corey:それに、
私は火星にあまり感情移入していないんです。
だからなぜか、起きていることにとても感情的
になってしまったんです。

David:そう。

Corey:とても動揺しました。
そして、カーリーが「大丈夫ですか」と言った
後、私たちはアンシャールの船に戻り、
出発しました。
船まで歩いて戻ったことはほとんど覚えて
いません。
なぜなら、私はただそこに座って、自分が
見たものを考え、イメージしていたからです。

そしてまた彼女に尋ねたんです。
何のために?

すると彼女は、「これは、あなたに伝授
された古代ビルダー種族の保管庫よ」と
言ったんです。

私は、「私は、その知識を保持することが
できません。
この保管庫が何であれ、そこから記憶を
引き出すことはできないんです。
もし私がそれを覚えて報告できなければ、
何の役に立つでしょうか?

彼女は満面の笑みを浮かべて、将来的には、
近い将来にはもっと意味のあるものになる
でしょう、と言ってくれました。

David:このアップデートで起こったことを
点と点で結ぶと、私たちが地球として団結
しなければ、また自滅してしまうという考えが
中心になっているように思いますね。

細長い頭骨を持つ人間を見たり、ゴンザレス
から瞬間冷凍や地上のブロックを聞いたり
しましたね。
今、あなたはこの大惨事を目の当たりに
しています。
最適な時間軸にいない限り、太陽は地球上
の生命に大きなダメージを与えるかもしれない
と考えているのです。

では、なぜこのようにさまざまな過去の
大災害が今、あなたに示されているのだと
思いますか?

Corey:教えてあげられたらいいのですが。
何の脈絡もないんです。
つまり、たくさんの情報を受け取っている
けれど、それをどう適用したらいいのか
よくわからないという感じです。

David:今の私たちへの警告の
サインみたいなものだと思う?
こういうことが起きたから、もっと頑張らないと
いけないよってアドバイスするために、
こういうビジョンが与えられたと思う?

Corey:そうかもしれない。
でも、もっと詳しいことがわかれば、みんなに
警告するのに役立つんだけどね。ハ、ハ。

David:ははは。
こういう存在というのは、しばしば謎に
満ちているものです。
すべての答えが得られるわけではありません。
でも、私にはここにいくつかの警告が
あるように見えます。

Corey: ええ。
でも、家に帰る途中、本当に覚えて
いないんです。
青い渦をくぐって、大きな格納庫に戻った
ことも覚えていません。
ただそこにいて、ドアが開いて、私たちは
外に出ようとしたんです。

エネルギーが枯渇して、精神的にも肉体的
にも疲れ切っていました。
歩くのも大変でした。
私はカーリーの後ろについて歩いていました。

その直後、私は部屋に戻されました。
同じ方法でフラッシュを浴びせられました。
私はまだ服を着たままでした。
私は疲れ果てていました。
ベッドに入り、横になり、眠りました。

目が覚めてから、家族に会いに行く前に、
そうする前に、私はそこに座って、長い間
そのことについて考えました。

David:ええ。

Corey:...そして、
この情報にアクセスしようとしていました...
ここに情報を感じられるのに、それにアクセス
できないとなると、何か神経的な問題が
あるように感じられますよね。
変な感じでしたね。

David:それなのに、あなたは自分の
過去世のめまぐるしいスナップショットツアー
をさせられたらしいですね。

Corey:そうですね。

David:それはそのデータファイルの中を
早送り、早戻ししているようなものですね。

Corey:そうです。

David:そうですね。

Corey:そう、それで終わったんです。
それ以来、「The Construct」で
カーリーとさらにミーティングを重ねました。
それはほとんど個人的なことだったり、
周りの人とどう接したら一番うまくいくか
ということだったりしました。

David:基本的にはいい人であること?

Corey:そうです。

David:ははは。そうですか。
さて、これは本当に魅力的で、めまぐるしい
旅でした。
個人的なことを言わせてもらうと、これらの
ことがクロスオーバーして、私の心を
揺さぶります。

私たちにこの歴史をまとめ、理解させたい
と願っている人がいるのは明らかです。

Corey:そうですね。

David:この仕事を続けてくださっている
ことに感謝します。
あなたやあなたのご家族がとても大変
なのは知っています。

そして、見てくださってありがとうございます。
これは「コズミック・ディスクロージャー」です。
コリー・グッドと一緒にお送りします。
フル・ディスクロージャーにご協力いただき
ありがとうございます。

584 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧