ワクチンの突然死があまりにも多いため、現在では症候群という名前がつけられています。成人突然死症候群(SADS)

2022-06-10


naturalnews.comより

(ナチュラルニュース)殺人的な医療体制は、コビドワクチンが健康な若者を驚くべき速さで殺していることを知っているので、真実から人々の目をそらすために、突然この現象に医学的なラベルをつけた。今、医学的な説明なしに突然死亡した健康な若者は、ワクチンのせいではなく、成人突然死症候群(SADS)のせいで死んだと言われている。

SADSはコビド以前から医学用語として存在していましたが、医師やメディアは今、この症候群のラベルを新しい方法で使っています。それは、ワクチンによる死亡を説明するためです。これまでのところ、ワクチン未接種の若年層でこのような「突然死」は起きていない。今のところ、これはワクチンを接種した人たちだけの間で起こっているようです。

英国のDaily Mail紙は、この新しいいわゆる「症候群」を詳述した記事を掲載している。もちろん、この症候群は、これらの突然死の本当の根本原因を隠すための便利なラベルに過ぎない。記事のタイトルは、"健康な若者が突然、謎の症候群で死亡している-医師が新しい国家登録を通じて答えを求めるように "であり、40歳以下のすべての人が、"...潜在的に成人突然死症候群(SADS)の危険にさらされるかもしれない "と言っているのである。

40歳以下のすべての人が "心臓の検査を受ける "ことになっており、一方、無自覚な医師たちは、SADSの背後にある "遺伝的原因 "を探していると主張しているのである。

医学の歴史上、医師やマスコミが若い人たちに「心臓の検査を受けなさい」と言ったことは一度もない。これは、体内の細胞をハイジャックして、血栓の原因となるスパイク状のタンパク質粒子を作らせるコビド・ワクチンが世界的に推進された後だけに起こっていることなのである。

こんなことはありえない。医療怠慢、無能、そして悪意さえもこの背後にあるのだから、呆れるばかりである。大手製薬会社の回し者である医師は、血液中にスパイク状のタンパク質を生成する実験的なmRNA配列を含む遺伝子治療カクテルを若い人々に注射し、人工的な血栓を作ることに貢献している。人によっては、血栓は時間をかけてゆっくりと形成される。つまり、多くの人々が、循環器系に部分的に形成された血栓を持ったまま歩き回っているのである。

mRNAを注入するとDNAが変化し、遺伝暗号に組み込まれるため(出典:ハーバード大学とマサチューセッツ工科大学の研究者)、体の細胞の一部は、これらの凝固促進スパイクタンパク質を永久に生成し続けるのである。これらの凝固因子は、体内でさらに凝固を促進し、心血管系の機能を低下させ、さらに重要なことに、脳への血流を減少させ、その結果、高い認知能力を喪失させるのである。(これが、多くのワクチン接種を受けた人々が、脳に損傷を受けたり、認知的に遅れたりして、周囲の世界に対して動物的な怒りの感情処理に突入してしまった理由であろう)。

ある時点で、体内の1つ以上の血栓が、意識を維持するのに必要な血液循環を完全に遮断する。この時点で、人は意識を失い、死に至る。多くの場合、運転中、飛行機の操縦中、あるいは夜間睡眠中にもこの現象が起こります。このため、パイロットの死亡事故が多発し、航空会社のパイロットが全国的に不足している大きな原因になっている。

エリザベス・パラッツ博士という医師は、「どんな遺伝子がこのような症候群を引き起こすのか」を不思議に思っていると言っていますが、この自然死の90パーセントは病院の外で起きているそうです。(出典:英国デイリー・メール)

オーストラリアでは、一見健康そうな大人がなぜ自然死するのか、その謎を解明するために「SADSレジストリー」を立ち上げようとしている。その一方で、mRNA注射が "血栓注射 "であることに気づかないまま、そのような人々にさらにmRNA注射を押し付けようとしている。

ウイルスの遺伝暗号がヒトのDNAに容易かつ自動的に組み込まれることは、生物科学の分野では広く知られていることである

mRNA注射は、厳密にはワクチンですらない。細胞内のタンパク質合成を変化させるだけでなく、逆転写によってヒトのDNAに組み込まれる「遺伝子治療」の実験的医薬品なのである。ヒトのDNAのかなりの部分は、何千世代にもわたってこのようなプロセスで獲得されたことが判明しており、環境中に存在する遺伝物質がヒトの染色体に組み込まれるのである。この現象は、従来の科学界でも広く知られている。

MITホワイトヘッド研究所の生物医学研究者リグオ・チャン氏は、「非レトロウイルス性RNAウイルス配列は、人間を含む多くの脊椎動物のゲノムの中に検出されています」と述べています。(出典:MIT.edu)

Zhang氏は、SATS-CoV-2ウイルスの断片がヒトのDNAに取り込まれる可能性があるかどうかを検証する実験も行った。

このことを念頭に置いて、ZhangとJaenischは、このウイルスの組み込みが新型コロナウイルスで起こり得るかどうかを検証するための実験を計画し始めたのである。研究チームは、Jaenisch研究室のポスドク、Alexsia Richardsの協力を得て、実験室でヒトの細胞にコロナウイルスを感染させ、2日後に感染細胞から採取したDNAをシーケンスして、ウイルスの遺伝物質の痕跡が含まれているかどうかを確かめた。

すべてのサンプルから、ウイルスの遺伝物質の断片が見つかった...」。

つまり、SARS-CoV-2の一部がヒトの細胞のDNAに取り込まれたのである。別の研究者はこう説明する。

「LINE1が組み込まれた足跡は非常にはっきりしています」とJaenischは言う。「ウイルスの配列と細胞のDNAとの接合部で、20塩基対の重複が起こっているのです。

スパイクタンパク質の遺伝コードがDNAに組み込まれることはあり得ないと主張する人は、現代の遺伝科学の状況を全く知らないのです。

スパイクタンパク質のmRNAがヒトのDNAとなり、体を血液凝固工場に変える

上記の実験が示すように、遺伝物質を体内に注入すると、その物質の一部は生きている細胞の染色体に取り込まれることがある。つまり、体はスパイク・タンパク質の工場となり、mRNAワクチンが機能すると予想される期間をはるかに超えてスパイク・タンパク質を生産するのである。

言い換えれば、ワクチン接種を受けた人は、決して電源を切ることができない、歩くスパイクタンパク質工場になるのである。その時点から、ワクチン接種者はスパイクタンパク質を排出するマシンとなり、自己合成したスパイクタンパク質を自分の循環血液中にどんどん流し込むようになる。

やがて、これが血栓を形成する。その血栓が大動脈を完全に塞いでしまうと、血液はもはや脳に届かなくなる。脳に血液が供給されなくなると、脳死が起こり、その後すぐに体の死が訪れる。

これは、明らかにワクチンによる血栓が原因であるにもかかわらず、現在では「成人突然死症候群」と呼ばれています。

これはコビトの患者から採取した血栓の写真です。コビドワクチンにも含まれるスパイクタンパク質の凝固力を示している。



地球上の数十億の人々が、血栓による突然死の危険にさらされている、すべては意図的なものだ。ワクチン過疎化症候群

要約すれば、殺人的な医療体制は、まず何十億もの人々に、彼らを殺すかもしれない生物兵器を注射し、次に、多くの健康な若者が医学的理由なしに死に始めると、ショックを受けて驚いたふりをするのである。このような医療界の怪物には、人間性(あるいは科学的信頼性)は全く残っていないのだろうか?

この症候群はSADSと呼ばれているが、本当に悲しいのは、すべて世界的な過疎化を達成するために意図的に行われたことである。どちらかと言えば、これらの死は「ワクチン過疎化症候群」の死とラベル付けされるべきなのだ。しかし、もちろん、メディアと医学界の暴君は、このすべてを隠蔽するために三重に働いている。彼らは、死んだワクチン犠牲者は話さないことを知っているので、生きている人間に、これらの致命的なジャブを避けることによって自分自身を救うために伝えることができないのである。

この話の詳細と、世界中の不換紙幣の完全崩壊を生き抜くための経済的生存戦略もカバーする今日のシチュエーション・アップデートのポッドキャストで多くを得る。

Brighteon.com/35995936-dd2b-4546-962f-2e5d9e0f0ba6

https://www.naturalnews.com/2022-06-09-sudden-vaccines-deaths-are-now-so-common-theyve-assigned-a-syndrome-name-for-it-sudden-adult-death-syndrome-sads.html
1590 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧