リモートビューイング ETによるロシア・ウクライナ戦争の操作


Written by Dr Michael Salla on April 28, 2022

exopolitics.orgより

4月16日、ファーサイト研究所は、ウクライナへの軍事介入を決定したウラジーミル・プーチン大統領とその側近に関するリモート・ビューイング・プロジェクトを発表した。ウラジーミル・プーチンとその側近」プロジェクトでは、高度な訓練を受けた4人のリモート・ビューワーが、プーチン大統領とその最高顧問に影響を与える地球外からの要因を特定しました。ファーサイト研究所所長のコートニー・ブラウン博士によると、地球外からの干渉は、人類の指導者を新たな協定に誘い込む計画の一部であり、それによって秘密主義が永続し、将来の工作が暴露されることなく行われることを可能にするものだという。

ブラウン博士は、リモート・ビューイング・プロジェクトの紹介の中で、次のように述べています。

このプロジェクトは、ロシアによるウクライナ侵攻をきっかけに始まりました。それは、論理的な意味において合理的とは思えなかった。ウクライナはロシアを脅かしていなかったし、侵略によってロシアは国際的な威信や経済、さらにはNATOという存在意義に悩んでいた防衛同盟に多大な犠牲を強いられた。プーチン大統領は精神的に安定しているのか、という声も少なくない。基本的に、ウクライナの戦争というものは、誰もが混乱するものなのだ。


ウクライナがNATO加盟計画を通じて純粋にロシアを脅かしていたのかどうかという問題は、議論のあるところである。確かに、ニュースの主流から見れば、ウクライナはより強力な隣国が残忍な侵略を開始したために、不必要に攻撃された無実の犠牲者である。しかし、これから紹介するように、状況は主流メディアが伝えてきたよりもはるかに複雑である。

リモート・ビューイング・プロジェクトは、世界の指導者たちが、裏で操る地球外生命体によって「神経接続」を通じて密かに影響を受けている危険性を示したのである。ブラウン博士は、リモート・ビューイング・プロジェクトの結びの言葉で、現在の世界的な秘密主義体制のもとでは、このシナリオがいつまでも続く危険性を指摘した。このため、より善良な地球外生命体が人類のために介入して、こうした操作を終わらせることが事実上できないのである。

プーチンとその側近たち」のプロジェクトでは、4人のリモート・ビューワー、インティサム、アジズ・ブラウン、プリンセス・ジェニー、シャンテに、英数字のターゲットと複数の被験者からなるリストが渡されました。ブラウン博士だけが、「2022年にロシアのプーチン大統領がウクライナ侵攻の最終決断をする瞬間」をターゲットとして知っていた。


https://www.youtube.com/watch?v=wM2rsPrrAWE

セッションは別々に独立して行われたが、リモートビューイングチームは、プーチン大統領とその側近が「神経関与」の一種を通じて異なる地球外生命体の影響を受けていることを確認し、驚くべき一貫性を示した。基本的に、地球外生命体は、程度の差こそあれ、プーチン大統領と、ロシアの国防大臣セルゲイ・ショイグ、ロシア連邦保安局(FSB/FSS)長官アレクサンドル・ボートニコフ、参謀総長ヴァレリー・ゲラシモフからなる彼の側近たちの心の中に入り込むことができたのである。

4人の遠隔視聴者は、ロシアのウクライナへの「特別軍事作戦」当時、プーチン大統領とその側近がどれほどストレスを感じ、心配し、興奮していたかによって、操る地球外生命体の成功の度合いが違っていたことを説明した。しかし、ボートニコフは、その冷静な態度と問題に対する几帳面なアプローチで、地球外生命体の影響をほとんど受けなかった。

すべてのセッションがブラインド科学プロトコルによって実施されたことを考えると、複数の被験者に関する遠隔視聴者のデータの結果と一貫性は驚くべきものです。このプロトコルは、ブラウン博士が主張する「フロントローディング」を防ぐもので、リモートビューワーが被験者や対象を意識的に意識するようになると、必然的に起こってしまうものです。このブラインド・サイエンス・プロトコルがあるからこそ、ファーサイトのリモートビューイングセッションは、地球外生命体の地球への介入を大局的に理解しようとする外政治的研究・分析の重要なツールとなっているのです。


https://www.youtube.com/watch?v=35OV3CEatbA

リモートビューイングでは、4人のリモートビューワーが、プーチン大統領とその側近の心理状態、そしてロシアの軍事介入を承認する最終決定における彼らへの影響に焦点を当てました。ウクライナ危機をめぐる意思決定において、地球外生命体が緊張状態にあるこれらロシアの指導者を利用し、影響を与えたことは明らかであった。しかし、軍事介入の最終判断に至るまでに、どのような問題があり、それがどのように評価されたのかは分からない。

また、ウクライナの政治・軍事の指導者やNATOの主要加盟国の間で、ロシアの軍事介入に至る直前の緊張を高めるようなプロセスが水面下で起こっていたのかどうか、極めて重大な問題である。

最後に、ブラウン博士はいくつかの重要な点を指摘した。

この時点で、我々のリモート・ビューイングのデータは、ある種の地球外生命体によってロシアの指導者に多くの精神的操作が行われていることを示唆していることは明らかでしょう。彼らはこのプロジェクトに多くの投資をしているようで、ウクライナの戦争も彼らが関与しているようなのです。さて、問題は、なぜなのか?なぜ、ある地球外生命体はロシアのウクライナ侵攻の引き金を引きたいのでしょうか?ヨーロッパの一国の戦争がすべてなのか、それとももっと大きな何かが起こっているのか?

ファーサイトの活動を長く見ていると、ある種の地球外生命体が人類の指導者を操るために、まず危機を作り出し、次に代償としてその危機を解決することを提案する、という状況があることをご存知でしょう...

こうした協定は、地球外生命体の地下基地設立への扉を開くものであり、数百万人とも言われる地球人を巻き込んだ大規模かつ高度な実験に深く関与してきた。さらに、このような地球外生命体との協定は、他の人が示唆しているように、アメリカの指導者のみが署名したものに限定されない...。

もし秘密主義が終わり、人類がよりポジティブな志向の地球外生命体に援助を求めたら、レプティリアンとその同盟国が人類から搾取するのを阻止するために介入できる地球外生命体が他にもいることはご存知の通りである。よりポジティブな志向の地球外生命体は、自由意志が尊重されることを要求し、人類が公然と援助を要請することを要求している。しかし、政府指導者と抑圧的な地球外生命体の間で結ばれた不正な協定に気づく人が増えるにつれ、そのすべてが崩れ去りつつあります。


ここまでは、ブラウン博士がリモートビューイングデータの評価で出した結論に賛成である。確かに、抑圧的な地球外生命体グループは、人間の指導者をコントロールし、操作するために神経関与を使用している。このような操作は、ウィリアム・ブラムリーの『エデンの神々』(1989年)やジム・マーズの『秘密による支配』(2000年)など、複数の研究者が観察しているように、長い間行われてきたことである。

ここでウクライナ危機の話になるが、ブラウン博士によれば、なぜ地球外生命体が介入してきたのか。

つまり、抑圧的な地球外生命体は、より前向きな地球外生命体の関与をさらに遅らせるような新しい協定を確立しようと警戒しており、これが現在のウクライナとロシアの危機につながっているのである。もしロシアの指導者がウクライナに対して無意味な戦争を行うように操られているならば、他の国々がウクライナの防衛努力を支援するために行動する中で、ロシア軍が敗北する可能性に直面するのは時間の問題であることはお分かりいただけるだろう。


ロシアが「ウクライナに対する無意味な戦争」に乗り出したという考えは、主流メディアのシナリオで大きく宣伝されてきた。主流メディアは、プーチンはもう一人のヒトラーであり、同様の専制的、悪魔的衝動に駆られていると広く主張しているのである。実際、否定的な地球外生命体がプーチン大統領とその側近に影響を与え、不当な残忍な侵略に乗り出したという考えは、多くの人がこの主流メディアの物語を検証するものとして解釈するだろう。

しかし、ウクライナ危機をより深く分析すると、この地球外からの負の影響はプーチン大統領とその側近をはるかに超えており、少なくとも2014年初めに発生したウクライナの出来事から始まっていることが示唆される。

ウクライナの熱烈な民族主義者である西部とロシアびいきの東部の間の溝を埋めようとした、民主的に選ばれたヴィクトル・ヤヌコヴィッチ大統領が暴力的に追放され、内戦と現在の危機につながる破壊的な政治力学が生み出されたのである。

この破壊的なプロセスは、ジョン・マイヤーズハイマー教授やスティーブン・コーエン教授など、東欧の歴史と政治に精通した学者たちの政治分析によく表れている。両教授は、ウクライナがEUやNATOとの統合を目指すか、ロシア連邦との緊密な関係を築くかという二者択一を迫られた場合、内戦の危険性があると警告している。

また、オリバー・ストーン監督のドキュメンタリー映画『炎のウクライナ』は、今日の危機に至った政治力学と、その裏で紛争を激化させる邪悪な力を生々しく描き出している。



2022年2月24日のロシアの「特別軍事作戦」に先立ち、ウクライナ軍が反乱軍のドンバス地域を雷撃によって奪還する態勢にあったという有力な証拠がある。これは、米国とNATOの主要加盟国がウクライナの指導者に、2014年のミンスク合意で政治的自治を約束された反乱軍支配地域に対して強硬なアプローチを取るよう奨励したことによって実現可能になった。

つまり、米国とNATOはウクライナの指導者たちに、反政府勢力との政治的解決の達成を避け、代わりにドンバス問題の軍事的解決を求めるように勧めたのである。NATOは、1995年8月にセルビア人居住区であるクラジナ地域の奪還に成功したクロアチアの「嵐作戦」のような軍事的解決をウクライナに追求させるために必要な訓練と軍備を提供したのである。


https://www.youtube.com/watch?v=2HoZKzCwIKE

ウクライナが核兵器プログラムの再開を考えているという驚くべきニュースに加えて、ウクライナにある複数のペンタゴン出資のバイオラボの問題もあった。米国政府は当初、国防総省がバイオラボに資金提供していることを否定していたが、バイデン政権のビクトリア・ヌーランド国務次官が、防衛目的のみではあるが、実際に行われていることを確認した。この2つの動きは、当然ながらプーチン大統領とその側近にとって大きな関心事であった。

最後に、いくつかの情報筋が述べているように、信じられないほど高度な古代技術を持つ「宇宙の箱舟」がウクライナ南部のケルソン州で発見されていた証拠もある。実際、ケルソンはロシア軍によって占領された最初のウクライナの都市である。NATOが支配しようとする宇宙の箱舟が加わったことで、すでに危険だったウクライナの状況は悪化するばかりだった。

以上のような要因が、プーチン大統領とその側近の意思決定に重くのしかかり、表向きはウクライナの非武装化のための「特別軍事作戦」を決行するという運命的な決断に至ったことは予想される。

この際、私はプーチン大統領とその側近がウクライナに対して「特別軍事作戦」を決行することに反対であることを表明しておきたいと思う。地球外生命体やその手先のディープ・ステートが切実に望み、何年もかけて企んできたこと、すなわちNATOとロシアを直接的に対立させる新たな戦争を起こしたのである。

それでも、プーチンと彼のアドバイザーたちが、なぜ追い詰められ、ストレスを感じ、復讐心を抱き、興奮したのか、そして、なぜ彼らが、その選択に対して他の選択肢がないと信じたのか、私には理解できる。このような状況において、Farsight社のリモート・ビューイングは、何がロシアの軍事行動へと質的に傾いたのか、重要な答えを与えてくれるのである。一方、プーチン大統領はこれまで、ウクライナ、NATO、米国との関係において、はるかに抑制的であった。

そこでブラウン博士の結論は、このシナリオの再現や将来の核戦争への発展を防ぐための長期的な解決策を与えているのである。

人間、特に人間の国家指導者は、なぜこうも簡単に騙されるのか不思議に思うかもしれない。その答えは簡単で、秘密主義だからです。地球外生命体の存在が多くの人々に秘密にされている限り、人間の指導者たちは、必要に応じて神経を使って何度も騙され続けることが可能なのです。これを防ぐには、情報を公開するしかない。

秘密主義の終わりは、情報公開を意味する。いわば、豆をこぼすこと。これが重要なのです。人間のリーダーが理解しなければならないのは、プーチンとその側近に起きていることが、重要な人間のリーダーシップすべてにさまざまな形で起きている可能性が高いということです。つまり、すべての大統領や首相を含む人類の指導者たちは、操作から安全ではないのです。安全な人間などいないのだ。


私は、地球外生命体が神経交信を通じて世界の指導者を操り、不必要な戦争を企て、搾取的な協定を押し付け、今後数十年にわたって秘密主義体制を維持することを終わらせるためには、完全な情報開示が不可欠であることに同意します。完全な情報開示は、そうしたひどいやり方をやめさせ、最も重要なこととして、世界平和と地球外からの訪問者との開かれたコンタクトを促進することになる。

© Michael E. Salla, Ph.D. 著作権表示

https://exopolitics.org/remote-viewing-et-manipulation-in-russia-ukraine-war/
1425 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧