西ヨーロッパは今、金融総崩れに直面している - 専門家やアナリストが緊急に警鐘を鳴らしている。

2022-09-09

naturalnews.comより

西ヨーロッパは、食料、肥料、エネルギー、産業を取り巻く壊滅的な欠乏と価格高騰による「完全崩壊」に直面していると、本日の状況アップデートポッドキャスト(下記)に登場したデビッド・ダビーン氏は警告しています。銀の第一人者であるデビッド・モーガンは、ヨーロッパの銀行は、エネルギー市場へのエクスポージャー(資産運用)と、西ヨーロッパ政府が、今や不可逆的となった壊滅的なエネルギー不足に対処しようとお金を印刷し続けることを望むために、システム不全(および「ベイルイン」)の可能性に直面していると付け加えている。

米国の銀行も欧州経済へのエクスポージャー(資産運用)を持っているため、西欧の銀行、政府、通貨の破綻は伝染病のように米国とドルに波及することになる。解決策が見えず、ヨーロッパの政治家はこの危機を招いた自殺的な政策を撤回することさえ考えようとしないため、西ヨーロッパは食糧、エネルギー、産業、農業、通貨が同時に崩壊する運命にあるようだ。

プーチンは、結局のところ、NATOと戦争をする必要はなさそうだ。NATO諸国は驚異的なスピードで自滅している。

女王の死は西洋文明の死を意味する

今日のエリザベス二世の死は、西ヨーロッパの死がそう遠くないうちに起こる可能性が高いので、これ以上ないほどタイムリーな出来事である。女王は死んだが、常識、合理性、財政的健全性、農業の健全性も死んだのである。いかなる文明も、食料、エネルギー、貨幣なしでは存続できない。西ヨーロッパの指導者たちは、この3つを完全に破壊することに腐心している。

数十年にわたる徳政令と誤った政策決定が結実し、第二次世界大戦以来目撃されていないレベルの惨状を呈する西ヨーロッパを、我々は恐怖のどん底に突き落とすまであと数ヶ月しかないのだ。

スイス政府は現在、摂氏19度(華氏約66度)以上の暖房をした人に3年の実刑判決を下すと脅している。また、60℃以上のお湯を沸かすことも犯罪になるとのことで、料理にも適用されるとなると、スイスでは犯罪者にならない限り、誰もお湯を沸かすことができなくなる。

どうやら、スイス政府は、「温度警察」と呼ばれる人たちが、人々の家に押し入り、室内の温度を測定し、誰も実際に暖かくしていないことを確認するために放つようです。たとえ薪で暖房していても、熱の出し過ぎで刑務所に入る可能性があるのです。

ヨーロッパの没落は、他の多くの国々に波及する

残念ながら、この自業自得の破滅は西ヨーロッパの崩壊だけでは終わらない。このすべての軌道を直ちに変更しない限り、破局は米国、カナダ、オーストラリア、日本を含むすべての西側諸国に広がり、その産業、不動産価値、GDP、通貨を崩壊させるだろう。中国、ロシア、インド、サウジアラビアがすでに進めている世界的な脱ドル努力と相まって、ユーロ、円、ドルさえもシステム的に容赦なく一掃されると見ているのである。

豊かさの時代は終わった。崩壊の時代に備えよ。

結論は?崩壊」とは、企業や産業の50%以上が操業を停止し、大陸中に大量の貧困と怒りの反乱を引き起こし、広範な飢餓と露出死(凍死)を伴うものと定義される。

米国の崩壊は、完全に再生するのに時間がかかるが、それも避けられない。ドルは間もなく歴史的な存在となり、米国政府の財政的な支払能力は事実上一晩で蒸発することになる。

アメリカもヨーロッパも、大規模な反乱、一揆、暴力革命で終わりそうだ。グローバリストたちが、生物兵器ワクチンや人工飢餓で何十億人も殺そうと必死になっているのも無理はない。

ところで、この努力の一部は、西側諸国が不可抗力を宣言することで負債の「帳消し」を行い、それによって財務省の債務者と自国民の受給者の両方に対する全ての金融債務をキャンセルできるようにするために意図的に行われたものである。例えば、連邦政府の年金を受け取っている人は、干上がったまま放置されることになる。さらに悪いことに、ユーロ、円、ドルなどの通貨を保有する人々は、「偉大なるリセット」が完全に実現した後、1ドルで5セントを得るのがやっとだろう。

連邦政府のために働いていたチンピラたちは、言い換えれば、何も残らないことになるのだ。8万7000人の新しい国税庁職員もそうだ。彼らはまだアメリカ人を脅すつもりでいるが、すぐに生ゴミを捨てに行くことになるのだろう。

経済専門家Tuomas Melinenは、ヨーロッパの大惨事は「騒乱」が解き放たれるまで「数週間」しかないかもしれないと警告している。

フィンランドのヘルシンキにあるGnS EconomicsのCEOで博士のTuomas Malinen氏は、「私は皆さんに、#欧州の状況は多くの人が理解しているよりもずっと悪いと伝えています」とツイートした。

我々は本質的に、再び銀行危機に陥り、産業基盤と家計が崩壊し、その結果、経済が崩壊する瀬戸際に立たされているのだ。

マリネン氏はSubstack.comにも寄稿しており、The Epoch Timesにもコラムを掲載している。

マリネン氏は、食料、水、現金、木材を買いだめするよう人々に警告し、耳を傾けてくれる人々に対して「完全なプレッパー」になるよう呼びかけている。悲しいことに、ほとんどのヨーロッパ人、そしてほとんどのアメリカ人はまだ聞く耳を持たず、すべてが大混乱に陥ったとき、全く準備不足のまま捕まることになるのだ。

マリネン氏は、ヨーロッパでは「騒乱」が起こるまで(せいぜい)「数週間」か「数ヶ月」しかないと言っている。



さらに2人の専門家から話を聞く。モーガンとデュバイヌ、お金と食と農の真実を解き明かす

今日のシチュエーション・アップデートは、デビッド・モーガンとデビッド・デュバイヌによる2時間の「ダブル・デビッド」スペシャルで、私自身の分析も加えて、人類にとって壊滅的な結論にまとまっている。

私見では、これは今年(今のところ)最も重要なポッドキャストであり、一聴の価値がある。

Brighteon.com/154448a9-484e-4bab-80a6-059753c14e81

https://www.brighteon.com/154448a9-484e-4bab-80a6-059753c14e81

https://www.naturalnews.com/2022-09-08-western-europe-now-facing-total-financial-collapse-experts-sound-alarm.html
601 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧