私のCOVID-19ワクチンバッチはどの程度有害なのでしょうか?- 今すぐ確認する...

2023-03-28

expose-news.comより

米国のワクチン有害事象報告システム(VAERS)のデータを調査したところ、コビッド19ワクチンの特定のロット番号に対して極めて多くの副作用や死亡例が何度も報告されており、実験用注射の致命的なロットが特定されていることが判明しました。

科学者たちは、インフルエンザワクチンのロット間のばらつきとコビドワクチンのロット間のばらつきを比較し、コビドワクチンの異なるロット間のばらつきが非常に大きく、非常に不自然であることを発見し、ショックを受けた。

22,000のインフルエンザワクチンのロットを調べたところ、ほとんどすべてのロットで重篤な副作用の発生が5件以下でした。これを超えたのは2ロットだけでした(SAE22件、SAE37件)。

同じ数のコビドワクチンを比較したところ、非常に大きなばらつきがあることがわかりました。多くのロットでは重篤な副反応が5件以下でしたが、他の多くのロットでは1000~5000件の重篤な副反応がありました。

つまり、コビドワクチンの変動係数は1000%であり、インフルエンザワクチンの変動係数(99%)と比較すると、その差は歴然です。

つまり、コビドワクチンはインフルエンザワクチンの10倍以上のばらつきがあるのです。

FDAの規制では、異なるロット間や異なるメーカー間でこのような高いばらつきがある場合、医薬品が高純度化されていることを意味し、重大な法的罰則が課されます。

また、このようなばらつきは、製品の一貫性に基づいて付与されるEUA認可を無効にする可能性があります。

エクスクルーシブ - Covid-19ワクチンによる100%の死亡は、政府の公式データによると、製造されたロットのわずか5%が原因であることが判明した。

米国のワクチン有害事象報告システム(VAERS)のデータを調査したところ、コビッド19ワクチンの特定のロット番号に対して極めて多くの有害反応と死亡が何度も報告されていることが明らかになり、実験用注射の致命的なロットが特定されたことになります。

しかし、さらに問題なのは、「致命的」なロットが全米に広く配布されたのに対し、他の「良品」ロットは数カ所にしか送られなかったということです。


調査に使用されたデータは、一般に公開されているVAERSデータベースから抽出されたもので、こちらから閲覧することができます。ワクチン有害事象報告システム(VAERS)は、米国疾病管理予防センター(CDC)と食品医薬品局(FDA)が共同で運営する、ワクチンの安全性に関する米国のプログラムです。

このプログラムでは、ワクチン投与後に発生した有害事象(有害な副作用の可能性)について、医師、看護師、患者からの報告を通じて情報を収集し、リスク・ベネフィット比が高く、特定のワクチンを継続して使用することが正当化されるかどうかを確認します。

データベースから抽出された報告は、2021年10月15日までに提出されたもので、ファイザーとモデナのmRNAコビッド19注射に対して報告されたすべての副作用と、インフルエンザワクチンに対して報告されたすべての副作用が含まれており、これらは対照データセットを作成するために使用されました。



VAERSデータベースによると、インフルエンザワクチンに対する有害事象報告は合計1,608件で、死亡者15名、入院者73名が報告されています。報告されたロット番号の総数は494件でした。

ロット番号」とは、製造から人の腕に入るまでの特定のワクチンのバッチを追跡する数字と文字の羅列で、通常、ワクチンのラベルや付属の包装に記載されています。



上のグラフは、VAERSに報告されたインフルエンザワクチンの有害事象報告数を、有害事象が発生する前に投与されたワクチンのロット番号で分類したものです。

いくつかの急増を除いて、ロット番号ごとの有害事象の数は概ね同じであり、1つのロット番号のインフルエンザ・ワクチンに対して26件以上の報告がなされたことはありません。



上のグラフは、インフルエンザワクチンについて、ロットごとの副作用報告数でロット数を示したものです。これによると、33%のロット(165 / 494)で1件の副作用報告があったのみで、20件以上の副作用報告があったロットはわずか0.6%(3 / 494)であることがわかります。



上のグラフは、インフルエンザワクチン接種後に死亡した方の副作用報告で、特定のロット番号が何回確認されたかを示しています。97%のロット(480 / 494)が死亡ゼロであったのに対し、13ロットが死亡1回、1ロットが死亡2回であった。



上のグラフは、特定のロット番号のインフルエンザワクチンが、米国内のどの州に配布されたかを示しています。

VAERSのデータによると、ロットの44%(219 / 494)が米国内の1つの州にのみ送られ、さらに17%(86 / 494)が2つの州に、10%(50 / 494)が3つの州に、5%(24 / 494)が4つの州に、3%(17 / 494)が5つの州に、2%(11 / 494)が6つの州に、0.4(2 / 494)が12州の州に送られたということです。

上記のデータはすべて、ファイザーとモデナのmRNA Covid-19ワクチンのVAERSデータと比較するためのコントロールデータセットとして使用されました。



VAERSデータベースでは、2,828人の死亡と14,262人の入院と並んで、ファイザー社のCovid-19ワクチンに対する有害事象報告が合計171,463件あったことが示されています。返送されたロット番号の総数は4,522件でした。

このデータだけで、ファイザー社のCovid-19ジャブによる副作用は、他のすべてのインフルエンザワクチンによる副作用の合計の106倍、死亡者数は189倍、入院者数は195倍であったことがわかります。



上のグラフは、ファイザー社製ワクチン「Covid-19」に対してVAERSに寄せられた有害事象報告数を、有害事象発生前に投与されたワクチンのロット番号で並べ替えたものです。標準的なロットサイズに関する信頼できる情報はありませんが、ニュース記事では、平均的なロットサイズは1000バイアル(約6000回分)であることが示されています。

インフルエンザワクチンの1つのロット番号に対してVAERSに報告された有害事象の数は、最も多いもので26件でした。2021年10月15日までにファイザー社のコビッド19ワクチンの単一ロット番号に対してVAERSになされた有害事象報告の最高数が3,563件であり、これが異常ではないことを発見したことは、より衝撃的である。

ファイザー社製Covid-19ワクチンの単一ロット番号に対して何千もの有害事象報告が何度も行われており、残念ながらModerna Covid-19ワクチンもこれ以上の結果は得られていません。



VAERSデータベースによると、Moderna Covid-19ワクチンに対する有害事象報告は、死亡2,603件、入院10,225件と合わせて188,998件にのぼります。返送されたロット番号の総数は5,510件でした。

このデータだけで、Moderna Covid-19ジャブによる副作用は、他のすべてのインフルエンザワクチンによる副作用の合計の118倍、死亡者数174倍、入院者数140倍であることがわかります。



上のグラフは、VAERSに報告されたModerna Covid-19ワクチンの有害事象報告数を、有害事象発生前に投与されたワクチンのロット番号順に並べたものですが、Moderna Covid-19ワクチンの単一ロット番号に対する有害事象報告数が最も多く、合計4,967という驚異的な数で、Pfizer Jabよりもこの部門で悪い結果を示していることを示しています。



上のグラフは、ファイザー社製ワクチンCovid-19のロットごとに報告された有害事象の範囲に対するロット数を示しています。このデータから、2,908ロット(64%)の有害事象報告が1件だけであったのに対し、特定の2ロットでは3000件を超える有害事象報告があったことが明らかになりました。

また、ファイザー社製ワクチンの30ロットで1,000~1,499件、20ロットで1,500~1,999件、23ロットで2,000~2,499件の有害事象報告があったという衝撃的なデータも出ています。

このことから、Pfizer Covid-19ワクチンの危険なロットが少量存在し、Pfizer Covid-19ワクチンの一見無害な(少なくとも短期的には)ロットが大量に存在したことがわかります。



しかし、VAERSデータの調査により、ファイザー社のワクチンによる死亡報告が、やはり特定のロットのワクチンとしか関連していないことも明らかになりました。上のグラフは、ファイザー製薬のワクチンの96%のロットで死亡報告がゼロであることを示しています。つまり、2,828件の死亡報告は、ファイザーワクチンのロットのわずか4%に関連していたことになります。

5つのロット番号はそれぞれ61-80人の死亡に関連し、さらに5つのロット番号はそれぞれ81-100人の死亡に関連し、わずか2つのロット番号はそれぞれ100人を超える死亡に関連しました。



同じことは、Moderna Covid-19ワクチンにも見られます。Modernaワクチンの95%のロットでは、死亡報告がゼロでした。つまり、2,603人の死亡は、Modernaワクチンのロットのわずか5%に関連していたことになります。

13のロット番号は41-60の死亡に、2つのロット番号は61-80の死亡に、1つのロット番号は81-100の死亡にそれぞれ関連していた。

また、VAERSデータの調査により、米国内の13~50州に配布されたファイザー社およびモデナ社のCovid-19ワクチンの特定のロットでは、米国内の12州以下に配布されたロットと比較して、有害事象報告数および死亡数が異常に多いことがわかりました。



上の表からわかるように、ファイザー社製ワクチンの4,289種類のロットが米国内の12州以下に配布され、9,141件の有害事象報告があり、99人が死亡、657人が入院していることがわかりました。これは、1ロットあたり平均2件の有害事象報告、死亡および入院は0件ということになります。

しかし、さらに130種類のロットのファイザー製ワクチンが米国内の13~50州に配布され、166,170件の有害事象報告、2,799人の死亡、14,155人の入院が記録されています。これは、1ロットあたり平均1,278件の有害事象報告、22人の死亡と109人の入院に相当します。

したがって、このデータは、13州以上に配布された130種類のロット番号のファイザー社製コビッド19ワクチンの各ロットが、平均639倍の人々に害を与え、平均109倍の人々を入院させ、平均22倍の人々を死亡させたことを示しています。



左の上図は、米国内の13州以上に送られたロット番号別の有害事象報告件数を示しています。このグラフは、米国で最も有害な被害をもたらしたファイザーワクチンの実際のロット番号を特定しています。その中で最も有害なのはロット番号「EK9231」であり、3,500件以上の有害事象報告を引き起こしています。



左の上図は、米国内の13以上の州に送られたファイザーワクチンのロット番号別に、副反応として報告された死亡者数を示したものです。このグラフは、米国で最も多くの死者を出したファイザーワクチンの実際のロット番号を特定しています。その中で最も死亡者が多いのは、120人近くを死亡させたロット番号「EN6201」です。



左の上図は、米国内の13州以上に送られたModernaワクチンに対する有害事象報告件数をロット番号別に示したものです。このグラフは、米国で最も大きな被害をもたらしたモデナワクチンの実際のロット番号を特定したものです。その中で最も有害なのはロット番号「039K20A」で、4,000件を超える有害事象報告を引き起こしています。

2番目に有害なModernaワクチンのロット番号は「041L20A」で、メディアの報道によると、アレルギー反応の報告を受けて2021年1月にオレンジ郡医療機関によって実際に回収されたことが示されています。





左の上図は、米国内の13以上の州に送られたModernaワクチンのロット番号別に、副反応として報告された死亡者数を示したものです。このグラフは、米国で最も多くの死者を出したモデナワクチンの実際のロット番号を特定したものです。その中で最も死亡者が多いのは、ほぼ100人の死亡者を出したロット番号「039K20A」です。

結論

このVAERSデータの調査は、さらなる調査を必要とするいくつかの重要な発見を明らかにしましたが、同時に、コビッド19ワクチンの安全性を監視するはずの米国内の当局が、なぜこのことを自ら発見しなかったのかという疑問にもつながっています。

このデータは、Covid-19ワクチン接種キャンペーンが、インフルエンザワクチン接種キャンペーンよりもはるかに有害で致命的であったことを明確に示しています。この事実だけでも、FDAの諮問委員会が、5歳から11歳の子供に使用するファイザー社のワクチンを承認することに、17対0で賛成票を投じることがあり得るのか、という疑問がわく。

食品医薬品局(FDA)の諮問委員会の投票メンバーの一人は、ファイザー社のワクチンが5歳から11歳の子供たちに安全かどうかは、投与が開始されるまで完全にわからないと認めている。

ハーバード大学のエリック・ルービン博士は、「ワクチンの投与が始まらない限り、その安全性を知ることはできないだろう」と述べています。

しかし、VAERSの調査により、米国全土で最も被害をもたらしたファイザーとモデナのワクチンの特定のロットが特定されました。このことは、緊急の回答を必要とする他の極めて深刻な問題につながります。

なぜ、特定のロットのワクチンが他のワクチンよりも有害であることが証明されたのでしょうか?

なぜ、Covid-19ワクチンの特定のロットが他のロットよりも致命的であることが証明されているのでしょうか?

最も有害で致命的なコビッド19ワクチンがアメリカ全土に配布されたのに対し、最も有害で致命的でないものが数州にしか配布されなかったのはなぜか?これは意図的に行われたのでしょうか?

品質管理の問題なのだろうか?

カンザス州の製造施設にいたファイザーの内部告発者は、「通常なら署名しないようなことに署名させられ、なぜ自分の従業員が署名しないのか不思議に思っている」ことを明らかにしたのである。

マイク・イェードン博士 「Covid-19ワクチンの100%の死亡原因が、製造されたロットのわずか5%であるという調査結果は、前例のないものです。
https://expose-news.com/2021/11/01/dr-mike-yeadon-just-when-you-though-things-couldnt-get-any-worse/

医療規制当局が、最も危険なロットのコビッド19ワクチンを故意に子どもたちに投与し続け、無数の障害と死亡を引き起こしていることが調査により判明した。
https://expose-news.com/2021/12/12/medicine-regulators-harming-children-with-dangerous-batches-of-covid-vaccine/


https://expose-news.com/2022/05/18/how-harmful-is-my-covid-vaccine-batch/

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
967 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧