ビル・ゲイツとWHOは世界保健緊急軍団を望んでいる

2023-03-28

truthtalk.ukより

ビル・ゲイツがNYタイムズに寄稿し、私たちがまた同じ過ちを犯すのではないかと心配しています。どんな過ちかというと、それは「ロックダウン」です。ロックダウン(閉鎖)?不必要に全員を検査すること?健康な人を隔離すること?もちろん、そんなことはない!オールド・ビルは、それらすべてを、より早く、より多くのお金を、自分のポケットに入れることなく、望んでいる。

彼は、この状況を消防士のいる都市に例える。訓練され、資金もある消防士がいれば、火災が発生してもすぐに駆けつけ、延焼を食い止めることができる。しかし、100年に一度くらいしか火災が起きないとしたら、どうなるでしょうか。消防士たちは落ち着きを失い、もしかしたら、何か行動を起こすために、火を起こしたりするかもしれません。彼らはヒーローになるために登録したのであって、自分たちが働いている間に起こる可能性のないことをただ座って待っているわけではない。

退屈な消防士たちが実際に火事を起こさなくても、火事の危険性を誇張することは間違いないでしょう。そして、彼らの視点から見れば、それは理解できるはずです。人の命を救うために常に訓練している彼らは、鉛筆を押す時間を無駄にしたくないのです。

世界保健機関(WHO)は、おそらくマイクロソフト社と共同で、「世界保健緊急部隊」を設立しようとしています。この軍隊のようなネットワークは、世界のトップクラスの緊急医療リーダーで構成され、パンデミックの発生を想定した訓練を実施する予定だ。そして、退屈な消防士と同じように、新しい病原体がとんでもなく誇張され、さらに悪化するまでにどれほどの時間がかかるのだろうか?

ゲイツ氏は、すべての国が人間の排泄物に最新のウイルスが含まれていないかチェックする大規模な検査能力を持つことを望んでいる。しかし、検査をすればするほど、また新しいウイルスを探せば探すほど、より多くのウイルスが見つかり、新たなパンデミックが発生することになる。もちろん、気候変動のせいであって、検査を増やしたせいではない。

また、さまざまな種類の病原体を探すことが重要だとも言っています。しかし、過去20〜30年の間に、私たちはどれだけの新型ウイルス恐怖症が発生したかを見てきました。幸いなことに、どのウイルスも多くの人を殺すことはなく、ソーシャルメディアや洗練されていないプロパガンダがなかったため、それほどパニックになることもなかった。しかし、今、彼らはすべての手段を備えている。何が効果的で、何が効果的でないかを見てきたのだ。何が恐怖を引き起こし、何がパニックを長引かせるのか、他人を煽るのか。同じようなモデラーや破滅論者が主導権を握っていれば、5年ごとに新しい世界的大流行が起こるだろう。

もし陽性サンプルが見つかったら、ビルは緊急部隊に「感染している可能性のある人々を探す」迅速対応チームを配備するよう求めています。サブスタックに書いていてくしゃみをしたら、感染しているかもしれない、検疫所行きだ。

ビルは、あらゆる国や地域から専門家集団が必要だと言う。ボランティアではダメで、国境を越えた脅威に対応するための報酬が必要だ。書けば書くほど、軍隊のように思えてくる。

救急隊は、各国の公衆衛生機関の長のような人たちが率いる必要がある、と彼は言う。なぜなら、公衆衛生機関は今回、とても素晴らしい仕事をしたからだ。

緊急部隊は、緊急事態の前に国や保健システムの調整を行い、危機の時にすべてが円滑に進むようにするのです。ここで彼が言いたいのは、言ったことは通る、国には主権がなくなるということです。ロックダウンに反対する政治家が選ばれたかもしれませんが、ビルはロックダウンが必要だと言い、緊急部隊はその決定を執行します。

そして、これらすべてにおいて重要な原動力となるのがお金であることは明らかです。ビルは、これは1兆ドル規模の問題であり、グローバルヘルス救急隊に投資する必要があると言います。さらに、裕福な国々は、資金を提供するために歩み寄る必要があります。あなた方は、さらなる閉鎖や事業閉鎖によって、自らの破滅の代償を払うことになるのです。食料品も買えなくなるのに、隣人が何度も咳き込んだことを密告して、あなたを検疫に引きずり込む緊急部隊の賃金はあなたが払っているのです。


https://truthtalk.uk/2023/bill-gates-and-the-who-want-a-global-health-emergency-corps/

このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
942 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧