2023年3月20日(月曜)キンバリーさんの動画翻訳(TimSTさん、モノリスさんご提供)

2023-03-23


https://timst.sakura.ne.jp/kim/ TimSTさん及びモノリスさんのご協力により、意味不明になりがちな機械翻訳を、より口語文に近くなる様再構成及び、意訳をしていますので直訳とは内容に相違があります。元の翻訳はぜひTimSTさんのサイトでご閲読ください


Sunny:
世界情勢をガーディアンのオフィスからキンバリー・ゴーグェンがお伝えします。
愛国者(パトリオット)コミュニティは何年も前から悪者の逮捕を呼びかけています。悪者が予想外の人物であった場合、何が起こるのか、確認してください。
トランプ元大統領の工作員が米国を墜落させ、内戦を起こそうとしている。プロパガンダに乗ってはいけません。
金融システムのクラッシュは起こるのでしょうか?

ディープ・ステートがこの週末に何を企んでいたかを知りましょう、今日は春分の日です。
予想されることを調べてください。以前と同じではありません。
今日の世界情勢をお伝えするために、キムにインタビューしています。
それでは、地上司令部、ガーディアンオフィスのキンバリー・ゴーグェンに確認しましょう。
おはようございます、キムがビデオに登場です。
会えてうれしいです。

Kim:
そうですね、とても楽しみです。

Sunny:
いつもありがとうございます。

Kim:
こんにちは、サニー。
今日はちょっと調べてみたよ。
そうですね、このトランプ容疑者が自分で逮捕を発表したのはちょっと驚きですね。

Sunny:
この話を調べていたら、どうやら彼の情報はすべてメディアから得ているようなんです。
それが彼の情報源みたいなものですよね?
検察庁も、事務所も、彼に連絡を取っていない。
彼はすべての情報をメディアの偏向報道から得ているんです。

Kim:
ええ、まあ、そうですね。
ここにプランがあるのかもしれない。ちょっと大きめなんだけどね。OK?
他にもいろいろなものが飛び交っていた。ソーシャルメディア、オレンジマン(トランプ)やオレンジマンを演じている人(現在のトランプは偽物)のものとされるものです。
銀行を襲うという事を呼びかけています。また、抗議も呼びかけている。抗議に来てください。来てください、抗議してください。抗議に来てください、抗議してください。
愛国者たちは抗議するんだ、でもどんな事件も聞いていませんよ。
そして突然、彼らはストーミー・ダニエルズ(米国ポルノ女優で、トランプと不倫関係にあった)を帽子から引っ張り出してきた。

Sunny:
いきなりなんですけど。ってか、いい加減にしろよ。
彼が悪いことをしたと言われる可能性があるものの中で、ストリッパーの件もあります。

Kim:
「ふーん」っていう感じです。
ということは、1月6日、それが何であれ、十分ではなかったので、今度は全国的な市民の内乱を起こそうとするのでしょうか?
明日起こるかもしれないし起こらないかもしれない。この疑惑の事態をめぐって。
今日の出来事全てに通じるものがありますよね。
すみません、マイクが耳から外れてしまいました。
今日起きている他のすべてのことに従っているんだ。というわけで、今日は春分の日です。
そうですね。そして、他にはないものになりそうです。そして、相手側、ダークサイドも私たちの側も、今年はこれまでとは違うことが起きると期待しています。

しかし、トランプとプーチンの話に戻りましょう。
彼らはどちらも「オーダー・オブ・ザ・ブラック・サン」の一員です。
2人とも人生で興味深いことをしました。二人とも、自分で言うよりずっと価値がある。
まあ、それに、実はイヴァンカなんですけどね。いや、イヴァンカじゃない。ごめんね、イヴァナ、そっちの方がお金になるんだ。
(トランプの元妻イヴァナ氏はお金儲けの天才で、現在行っているトランプ・ラリーの発案者です。
愛国者の大会を開けば絶対に儲かると言って始めたのが元妻であり、現在の偽トランプも活動資金の大部分をトランプ・ラリーで得ています)
そして、トランプ・オーガナイゼーションは、プーチンと同様に、プーチンは他人名義で多くの財産を持っています。
これは、各党が持っていると思われるものを盗むための仕組なのだろうか?
間違いなく、断然、狙ってるんです。

明日、春分の日の翌日に南北戦争が始まることは間違いありません。
ここアメリカでは、確かに、この10年で2人とも地球の救世主に指名された。
なぜその2人を選んだのか興味深い。プーチンを支持する人は何人いる?
知っている人が何人いるのでしょうか?
もう一つ、ちょっとした情報を。
私たちは皆、、中国がウクライナを動かしていることは周知の事実で、ロシアと友好関係を築いている一方で、それが今、ますます明らかになってきているのです。
そして、中国のウクライナへの関与が実際にエスカレートしているように、中国のアメリカへの関与はずっとエスカレートしていたわけですからね。
南アフリカも、同じことです。彼らは皆、今日何か大きなことが起こることを期待しているのです。
起こるはずだったことが実際には起こらなかった大きなことはありません。

この週末、破綻したとされる銀行のリストが出回っていましたね。
さて、そのリストが出回った時点で、その銀行は破綻していたのでしょうか?
その答えは、「いいえ、そうではありませんでした」。
そう、政府は破綻しているのです。それは私も同意見です。
中央銀行は普通の銀行と同じように破綻するのでしょうか?確かに昔のルールには当てはまりませんね。
次に、銀行のクラッシュが発生しますか?そうは見えません。
銀行自体が破たんしているのでしょうか?という質問に対する答えはイエスです。
銀行には、あなたの口座という流動性があるのでしょうか?はい、あります。
そのアカウントは利用できるのでしょうか?いいえ、できません。

つまり、SVB(シリコンバレー銀行)オーケストレーションは、どういうわけか取締役会の1人あたり1,500万ドルを調達しましたが、実際に銀行を購入するための1ドル以上の資金を調達することはできませんでした。
ええ、まあ、それは興味深いです。
ええと、もしUBS(スイス銀行)がクレジット・スイスを買収したらいくらの資金で買収するかという噂も流れているんですよ。
どんなお金で?まったくわからない。15億というのは冗談です。
スイス中央銀行から1000億ドルの融資枠を与えられるほど、彼らもそんなお金を持っていません。
さて、実際のところはどうなのでしょうか。金融に関連する現実の状況報告についてお話ししましょう。

週末に、ACH(小口決済システム)システムをハッキングする命令が出されました。
ACH(Automated Clearing House)システムとは、自動決済システムのことです。
これはPayPalやVenmo(個人間送金アプリ)に接続されているものです。
銀行口座から自動請求書払いを利用している場合、これらはすべてACHを経由しています。
米国内だけでも、ACHは年間約62兆ドルの取引を処理しています。
ですから、ACHでどれだけのお金が流れているかは想像がつくと思います。
さて、ここで彼らの思考回路は、極めて欠陥が多いとはいえ、週末に行ったプロセスを紹介します。
そこで、龍の騎士団とと協力している将軍たちは、ここは大金を稼げる場所だと判断しました。
そして二重の痛手として 銀行を破綻させることもできます。すべてのお金が消えてしまうからです。

さて、彼らはどのようにしてACHシステムに侵入するつもりだったのでしょうか?
その答えは、キャンドル(Candle)というソフトウェア会社があります。
彼らはその後IBMに売却され、IBMのポートフォリオの一部となっています。
しかし、このソフトウェアはまだACHの中に存在しており、彼らはこのソフトウェアをACHシステムへのバックドアとして利用するつもりでした。
このソフトウェアでは、分析やその他のいくつかのことを行っていました。
キャンドルは、メインフレームソフトウェアの数少ないメーカーの1つでした。
これが、彼らの向かった先でした。

さらにそこから、世界のどこにいるかにもよりますが、今朝、昨夜、ACHからすべての資金を吸い上げる計画を立てました。
ACHは世界的な決済機関ですが、イギリスではチャップスと呼ばれていますし、他にもいくつかの呼び名があるようです。
そして、それをIBMが所有するフロリダ州マイアミ、テキサス州ヒューストン、ロサンゼルスのデータベースに入れるつもりだったのです。
今、これが欠陥のあるモデルであることについて話しましょう。
銀行システムから資金を引き出せば、ここ数年、過去20回ほどこのようなことが行われてきましたが、それを学んでいないのであれば、割り当て番号がなければ、資金を戻すことはできません。

一旦、システムからお金を取り出したら、そのお金には割り当て番号がありません。
元に戻すことはできません。このお金の意図的な使い道は、ドクター・イーブル(邪悪)のように、実際に全世界の銀行システムをクラッシュさせることでした。
そしてこのデータセンターにあるお金で買い戻すことでした。
いや、そんなことはないでしょう。
それは、私たちがあなたを止めなかったとしても、うまくいかなかったでしょう。
しかし、ACHコミュニティーの多くの人々の耳には届いたはずです。
今では、そのソフトウェアはもはや存在せず、バックドアも存在しないので、誰もがアクセスできなくなりました。

また、彼らは量子コンピュータシステムも導入していました。オックスフォード大学のElement 6という量子コンピュータのバージョンで、Element 6は世界中のMIT量子コンピュータのスイート(一連のセット)に入っています。
それももう存在しません。
つまり、世界を破滅させようとした人たちは、おめでとう、大成功だ。
要するに、金融システムが、銀行が破たんするのでもなく、政府が破たんするのでもなく、実際に破たんしたら、それはこの人たちが仕組んだことだったということです。
だから、何ら危険はない。何の問題もないのです。
つまり、誤解を恐れずに言えば、彼らの組織には問題があるのです。
あなたのお金に問題はありません。

あの、SVB(シリコンバレー銀行)からごく短期間だけお金を引き出して、お金は戻っていったのでしょうか?
どうやら私のニックネームはFDIC(連邦預金保険公社)になったようです。いや、知らないよ。
でも、正直に言うと、FDICがそんなことをしたわけではありません。実際にやったのは私たちです。
シグネチャー銀行(Signature Bank)でも同じことをしました。どちらの銀行も問題ありません。
なぜ小規模な銀行を後押しするのでしょうか?
中小銀行を後押ししているのは、Tier2、Tier3、Tier4の銀行をTier1の銀行から切り離し、また連邦準備制度からも切り離したことによります。私たちは、ティア1銀行を連邦準備制度からも切り離しました。連邦準備制度は、まるでローン・レンジャーのように独りぼっちで、実際にはもう存在しないFed Nowシステムを立ち上げようと説いているわけです。
これには理由があるのですが、それはすぐにでもご紹介します。

銀行システムは、連邦準備制度が主導権を握っていたのです。クリスマスツリーの星の一番上のようなものでした。
もう一度言いますが、もしあなたが新入社員で、ティア1銀行が星のすぐ下にあるのなら、それはてっぺんにある小さな短い枝のようなものです。
そして、各ティア1銀行の下には、一連のティア2銀行があり、一連のティア3銀行、ティア4銀行がありました。
今、誰もが同じレベルにいます。
つまり、すべてのティアワン・バンクは、2つのスリーやフォーと変わらないのです。でもそれでティア1銀行はどうなったのでしょう?
子供たちであるすべての銀行、これはグローバルな話です。これはアメリカだけではありません.
流動性も資産も、すべてTier1銀行のバランスシートに載っていたのです。

ティア1銀行のバランスシートは、連邦準備制度が存在した当時は、連邦準備制度にも反映されていた。
その結果、今は各自が自分のために、小さな銀行が自分のために行動するようになりました。
シグネチャー・バンクは、ボニー・バンク・オブ・ニューヨーク・メロン傘下のTier2銀行でした。
さて、バンク・オブ・ニューヨーク・メロンも、他の例として、南アフリカに多くの銀行を持っていました。
なぜかみんな期待してしまう不思議。
ふむふむ。
全財産を奪おうという意図があったのだろうか?
ACH(小口決済)は南アフリカの決済システムに対して有効だったのでしょうか?
南アフリカの決済システムは独自のもので、国内で運営されており、ACHのプラットフォーム上で運営されています。

では、みんなは知っていたのでしょうか?
南アフリカの10パーセントの人たちはレノボ(IBMのPCを製造する中国の会社)にいたのですか?
そして、自国の銀行システムのクラッシュを可能にするために、おそらく偽のスーパーノートでいくら支払われたのでしょうか。
しかし、このような事態を招いたのはあなたがたの知るところであり、市民はこのことを気にも留めなかった。
彼らは、このACH詐欺ですべてのお金をそこに引き込むと、バズリオン(莫大な)・ドルを得ることができ、これらの銀行をすべて所有することになると売り込まれましたか?
絶対に彼らはそうしました、彼らのために、そしてドラゴンの秩序の世界支配のために。
同じことが約束されていたので、アメリカの将軍は参加しましたか?
もちろんです。彼らも同じように約束されたのです。だから、今どこにも行かない何十億ドルものお金があるのです。

トランプ本。この人の話を聞くのにもううんざりしていますよ。
誰か本当の事を言ってくれませんか?弁護士も実は検討中で、ただ逃げてるだけなんです。全くです。
だって、こんなの冗談でしょう、ストーミー・ダニエルズ、本当に。
これはジョークなんだ愛国者を煽って、国内で内戦を起こさせるための冗談半分。
彼らは、この男へのサポートがまだ存在することを過大評価しすぎ。
ユーチューブには、アンブレラ社やCIAの工作員から情報を得た人たちがいて、それを愛国者コミュニティに流しているんですね。
愛国者たちは、この男が戻ってくるまで待てないから、それを食べ尽くしています。
なぜかというと、ワープスピードの発明者であるこの男は偉大だと思われているからです。

そして、私は、彼の政権下で誰もが職を失ったことを覚えています。
私は、現実の状況を繰り返し説明します。
彼が描いているファンタジーについて何か起りましたか?
トランプを演じている工作員は今、沼の水を抜くと言って走り回っているわけです。
以前にもそんな話を聞いたことがあるのでは?私は何も排出されていないのを見ました。私たちはまだ向こうの狂った人たちと付き合っているんだ。
そして今、もし彼が2期目を迎えたら、4年間では時間が足りなかったのでしょう。
沼の水を抜くには、もっと時間が必要だった。おそらく排水ポンプが壊れていたのでしょう。
何が問題なのかはわからないが、排水はされなかった。
人々はまだそこにいる。ペロシはつい最近までまだそこに立っていた。

そして、誰もがDCでのこの混乱にまだ参加しています。
そのため、この週末にはバンク・オブ・アメリカに対して、トランプ・バックスとトランプ準備銀行のカードをバランスシートに戻せるかどうか、自分たちも破産しているからということで、圧力をかけられました。
つまり、銀行自体が破たんしているのです。
あなたは大丈夫です。
さて、緊急会議が行われた、という話をしました。先週、約140数名の議員が出席し、ファンドの使用について非常に熱い議論を交わしました。
ファンドがあるらしい。
どこにあるのですか?
銀行を救済することを検討する。それが彼らの口癖でした。

それで、何人かの議員の事務所から電話があったことはお伝えしたとおりです。
この可能性があるのなら、何もかも台無しにしたくないので、今はこのままにしておくことにします。
ええと、ジャネット・イエレンが職を失う可能性について、週末にたくさんのおしゃべりもありました。
さて、繰り返しになりますが、ジャネット・イエレンはしっかりと立ち上がっています。
ドラゴンの順序(order)の反対側、反対側をポップします。
彼女は、かつてFRB(連邦準備制度理事会)にいたと言われれば、何でもする。
連邦準備制度理事会は明らかにドラゴンの命令(order)を受けています。
今日は何か特別なことを期待していることを除けば、パウエルも同じです。
しかし、イエレンさんの話に戻ります。そこで、私たちが掲げた条件はこうです。

第一に、この国のティア1機関を国有化することについて話しました。
ティア2、3、4 には何の問題もありません。
いいえ、連邦準備制度が銀行に押し入ってすべてのお金を盗まない限り、何もありません。
しかし、どうせまたすぐに戻ってしまう。つまり、銀行を強制的に売却しようとする可能性があるという事実以外には、何も達成できないのです。
しかし、国有化によって銀行が守られるのは、実はこういうところなのです。
そこで、両陣営とも、以下の条件#1で国有化を議論することになりました。
私たちは実際に、これらすべての機関の役員に自国民を登用することになるでしょう。
#2当然、国有化の一環として、これらの機関は株式市場から上場廃止される。したがって、その機関からこれ以上投資家が利益を得ることはないだろう。 #3。混乱を一掃し、資産に基づく取引システムに戻すには、半年から1年かかるだろう。

最後に、ジャネット・イエレンを排除する必要がある。
もし彼らが財務省や財務省の公式の立場からジャネット・イエレンを正式に排除しないなら、連邦準備制度はこの時点では無関係だから、もし彼女を排除しないなら、私たちは深刻なリスクを冒すことになる。
いわば龍の順番(ザ・オーダー・オブ・ザ・ドラゴン)で、すべてを破産させて小銭で買い戻したいと思っているんですね。
そして、彼らはこれまでに2度、それを成功させています。
でも、そういう銀行はもうないんですよ。
そうですね、米国に拠点を置く銀行ほど裕福なところはありません。ウェルズ・ファーゴ、バンク・オブ・アメリカ、バンク・オブ・ニューヨーク・メロン、JPモルガン・チェースなどですね。これらはすべて、米国における一流銀行です。
国有化することで、外国人による銀行所有や、アメリカ人以外による銀行所有から銀行を守ることができるのです。

また、銀行を売却する場合は、アメリカ国民が所有する必要があり、99年間は非公開とする必要があると規定しています。
銀行を再び公開することはできません。結構なことだ。
私たちの仲間は、そこに入っていく、つまり、出身者の人たちです。国民が助かりますね。
政府のために働いている、あるいは働いたことのある、互いに納得のいく人たちです。
彼らは請負業者でも何でもいいのですが、このような人々は、これらの銀行機関で働くことに非常に精通しており、長い間そこにいたことがあるのです。
最終的には、すべての銀行が一掃されれば、この人たちが新しいオーナーになる可能性があるのです。
彼らは銀行を助けることで多額の報酬を得るでしょう。

ですから、こうすることで米国の銀行システムを実際に立て直すことができる可能性は十分にあります。
フリーズです。週末はずっとこのアイデアに翻弄され、今も議論しているそうです。
今日の東部標準時の正午に何かが起こったわけではありません。
彼らはおそらくそれを真剣に考えているでしょう。
東部標準時の今日の正午に起こるはずだったんだけどな。さて、今日は春分の日です。
我々の非友好的な友人たち、つまり我々の敵であるカバルがサタンが戻ってくることを期待しています。
ああ、そうだ、これは本当に起こっていることなんだ。

Sunny:
これは本当に起こっていることなんだ。
彼をとても褒めてあげてください。本当にそうなんです。
こんな感じなんです。どうなんだろう。
彼らは彼が死ぬことはないと思っています。

Kim:
国連の引用を引用。
「闇の支配者は、この特別な日に私たちを見捨てなかった。
我々は彼の仕事を快く引き受けた。彼は必ずや我々、オメガシステムのもとに帰ってくる。
そうすれば、私たちの力は回復する。」

Sunny:
ソースに戻るなら話は別ですが。

Kim:
ああ、ドット・ドット・モリス、電話くれたのは嬉しいけど、彼は家にいないんだ。
彼はもうここにはいないんだ、みんな。
それで、彼らは東部標準時の今日の正午を待っていけど、この記録(録画)の時点では、正午は過ぎている。
そして、彼らはすべての異なる場所に行き、信号をチェックしているのだ。
オリオン座から信号が来ているのか?
オメガが再インストールされそうな気配がある。ポータルサイトのいくつかの場所に行ってみよう。
テルアビブのビッグマック・ダディの店舗に向かい、そこで何かが起こるかどうかを確かめよう。
これが起こる兆候を探すために、あちこちに出かけているのはご存知の通りです。そして、彼らは朝からずっとそうしている。

残念ながら気配は見当たらず、そして今、こうして悪口を言いながら走り回っているのです。
あの、私を責めるのは?どうして私なんですか?わからないんです。
つまり、私はその仕事を成し遂げることができなかったのです。
それは、源そのものからしか生まれないものであることは、わかっているはずだ、それは、神のことだ。
キムのことではないんだけど。
今、この大きな富と連邦準備制度の復活と安定化、何十億ドルものドルを期待していた誰もが、パウエルから飛んでくることになるのです。
マウスとそれの、どれも実現しなかったのが悲しいところです。
そうですね。国有化すべきかもしれない。それが有効かもしれません。

あのね、彼らは実際にいつまで缶を蹴ることができるのでしょうか?
連邦準備制度理事会が何かするのをどれだけ長く待てるか?
質問に対する答えは、まあ、それは彼らの選択です。
私たち国民は、大丈夫です。私たちにはATM機があります。
お金にアクセスするために、あらゆることができるのです。
もう外部の助けは必要ないんだ、そうでしょ、我々はうまくやっている。
今日からまた起こったもう一つのことは、私たちが光エネルギーの巨大なバーストを得ているということです。
変遷があるからわかるんです。それはこの日に起こるはずだった。
バランスを作るために何年もかけて実際に起こっていることですが、今回は永久的なものです。

ですから、これから3日間、あなたはたくさんの良いエネルギー、良い波動を感じ始めることになります。
これはまた、残っているダークエッセンスの多くをクリアーしています。
昨日今日と一日中行われている喧嘩が、少しありました。
なんと呼べばいいのかわかりませんが、いわば、タイムリリースボックスです。
そして、それを放出するタイミングは、今年の4月初旬に予定されていた収穫日の前の春分の日だったのです。
さて、どうする?彼らは、闇の支配者が龍の秩序(オーダー・オブ・ザ・ドラゴン)であそこに人を待っていることを知らなかった。
彼らが気づかなかったのは、自分たちも全滅させても構わないということです。

彼等には行き場がなかったのです。みんな一緒に行ってくれたはずです。
だから、フル充電とかフルパワーとか、そういう感じでしたね。
タスクを達成できたかもしれませんが、昨年かそこらで行われたすべての作業のおかげで、今では、ちょっとあきらめたようなもので、それを片付けました。
そして、それを片付けて、次のもの、次のもの、次のものと、今朝、もう残っていないところまで、片付けました。
それが外れてしまう可能性もあります。
それで、彼らは何かが起こっていることを認識したのでしょうか?いいえ。
今日、彼らはもう少しハッキングをしようとしたのでしょうか?はい。

彼らはどこかに行きましたか?いいえ。
闇の魔王が来た?いいえ。
サタンはイスラエルから蘇ったのか?いいえ。
そして、失望したエリートの人たちがたくさんいます。
しかし、彼らが見始めるのは、何千年ぶりに今日起こっていると彼らが予想していたこととは正反対です。
ですから、私たちは非常に重要なポイントにいるのです。私たちにとって素晴らしいことです。
もう後戻りする事はありません。
ええと、これは、半分が明るく、半分が暗い日であり、均等であると言われています。
12時間の光と12時間の闇です。

だから、そう。そして、今まさに狂ったように祝っている他の人たちからは、元旦とみなされているのです。
私たちはそれを作った。やったね。やったね、新しい年だ。
どこかわかる?ここです。
そして、私たちはそれを成し遂げました。なぜなら、あの暗闇が戻ってくることは決してないからです。
ご存知のように、片付けなければならないことはほぼすべて片付けました。
システムは正常です。彼らはこのまま狂い続け、誰かが銀行で何かを手に入れたか、オメガが戻ってきたか、クロノスか、何かないか、もしかしたら、もしかしたら、今日一日、試してみるつもりなのだろうか。
正直なところうーん、でも、うまくいくことを願っています。

Sunny:
そういえば、昨日、私は完全にオフの日を過ごしたのに、人生をまったく楽しんでいなかったんだ。
それで、どうしたんだろう?普段はあまり気にしないんだけどね。
連鎖や変化、頻度などがあっても、私はいつも回復力があるんです。
でも、昨日はちょっと調子が悪くて、「どうしたんだろう?」
でも、今日はかなり良くなっています。
だから、なぜあんなに調子が悪かったのか、その理由がわかりましたよ。

Kim:
ええ、そうですね、彼らは超伝導量子デバイスなどをたくさん使用しています。
例えば、ダークエッセンスではなく、人工ダークエッセンスを使用しています。
それは、世界の特別な場所に行くんですよ。
チリのアンデス山脈にある昨日の宇宙ステーションは、彼らがいた場所の1つでした。
これはあなたに影響を与えます。負の周波数です。
いろいろなことをやっていて、かなり悪い波動を出しているんです。つまり、昨日はおそらくこれを14時間行っていました。
場所から場所へ、人から人へ、ACH(小口決済)は今朝すべてを片付け、SIPS(Special International Payment Systems)特別な国際決済システムを使用しようとしました。
略してSIPS。
それは中国のCIPS(中国国際決済システム)のようなSIPSではなく、実際にはヨーロッパのSIPSです。

そこからお金を盗めるかもしれないと思ったのです。
そして今はキムのSIPSシステムです。そのことを思い出させてくれてありがとう。
あれを思い出す。イバンを手に入れたが、あれは手に入れなかった。
では、そちらではすべて順調なんですね。
ええ、そして、世界はすべて正しいです。私たちにとっても。
私たちは日々、修復に近づいているのです。
まあ、私たちが地球を回復させるところでは、すでに地球を回復させているわけですからね。
これは、みんなが待ち望んでいるステップに過ぎないんです。そうですね。私たちはクリアーです。
分点の正確な時刻は、今日の午後3時46分です。
午後の山地標準時、OK、東部標準時の5時46分であると考えてください。
ですから、私たちの創造主からの愛に備えましょう。かなり興奮。

Sunny:
そして、あなたはそれが続くと言いました。どれくらいの間、それを感じるんですか、キム?

Kim:
2、3日。
そこからさらに強くなっていくんだけど、その最初のラウンドが2、3日くらい続くんだ、OK?
約3日後、そう、実際の春分から3日です。
だから春分の日はもう邪悪な日ではないんだよ、みんな。

Sunny:
初めて、これから先のすべての分点(春分)が、光の爆発とか、楽しみなものになるんですね。

Kim:
そうですね。そして至天節。(冬至と夏至です)

Sunny:
冬至、ええ?

Kim:
それらは今、光に属しています。
だから、この時期にはもう闇をまき散らすことはない。
異教徒の儀式や黒魔術など、かつて春分の日に行われていたすべてのことは、うまくいかないし、助けにもならないからです。
そうですね。やったね。ということは、いいニュースですね。
以上、月曜日の世界情勢報告でした。日にちが合いました。
(キンバリーさんは忙しすぎて毎回日付を間違えるのです)
OKです。ありがとうございました。

Sunny:
感謝します。

Kim:
ありがとう、サニー。

Sunny:
以上で、3月20日月曜日のニュース更新を終了します。
UNを友達や家族と共有してください。
全員が団結して地球を回復する必要があります。
あなたの地域でニュースが起こったら、それを記録して私たちと共有してください。
そうなる場合は、覚えておいてください。
それは私次第です。
私はサニー・ガルトです。
本当のニュースについては、月曜日、水曜日、金曜日にご参加ください。


このサイトは独立したサイトでありいかなる企業とも提携していません。完全に自己資金により運営されています。 もしあなたがこのサイトの記事を良いとお考えでしたら、是非ともサポートをお願い致します。どんなに少額のサポートでも活動には有益です。 以下のリンクから、クレジットカードあるいはアマゾンペイ(コンビニ購入可能)、ペイパルでも支払い可能なサポート送金システムがあります。勿論個人情報の記載は不要です。 https://doneru.jp/AK-system
1389 : PV
コメントを投稿
お名前
タイトル
コメント
※管理者の承認後表示されます(一度書き込むと変更できませんのでご注意ください)

コメント一覧